先日、父が亡くなりました。父の家(つまり私の実家)は戸建ての持ち家です。ローンの支払いもすべて終わっており、確か抵当権も抹消しているはずです。なぜそうしたのかは、よくわかりませんが、土地、建物それぞれ、父が5分の4、私が5分の1の名義となっています。当然の様に「名義変更」をしなければならないと本等では書いてありますが、絶対にしなければいけないのでしょうか?司法書士事務所に問い合わせてみると、15万円程かかると言われました。費用と手間、正直言ってどちらも痛いです。引き続き母はそこに住んでいますし、当面売りにだす予定もありません。なのに、やはりしなければ、いけないのでしょうか。しなければどんな事になるのでしょうか。ほうっておくわけにはいきませんか?そして、もし仮に名義変更をするとなると、普通では母が5分の4を相続するということで、いいんでしょうか?そしてその場合相続税はどうなるのでしょうか?資産価値は1200万円程度しかないと思うのですが。また、何故父は、私と父の共有名義にしたのでしょう。どんなメリットがあったのでしょうか?教えてください。

A 回答 (3件)

こんばんは。



結果から申し上げますと、名義変更は異動があった時にしておいた方が良いと思います。

相続等の名義書き換えをしないでおくと、後年名義をいざ変えようという時に余計な手間がかかる恐れがあります。

ご質問者の例でいえば、お父様の死亡により、お父様の持分(5分の4)のうち、お母様が2分の1、子であるあなたも2分の1を相続することになります。
これで計算すると、お父様死亡後の不動産名義はお母様が4/5×1/2=5分の2で、ご質問者様が1/5+2/5=5分の3となります。(ご質問者様にご兄弟がいらっしゃれば2分の1を兄弟人数で分けることになります。)

お父様が亡くなったことで、本来お父様一人分だった名義がご質問者様とお母様の二人分に分かれたことになります。ご質問者様にご兄弟がいらっしゃればもっと名義が分かれることになります。

将来、お母様がお亡くなりになった時に、またお母様の持分を遺族で分割して相続することになります。

上記のように、時間がたてば権利関係が細かく複雑になっていきます。名義変更を行わずにいると、後々に整理する時にもっと手間とお金がかかると思います。

ご質問者のケースとは少し違うのですが、私が家を取り壊して新築するときに、取り壊しする建物の登記簿に抵当権が抹消されずに残っていました。ローンはとっくに返済済みでした。すでに亡くなっている父名義のローンの抵当権で、さらに返済終了証明等の書類も紛失していて、昔の金融機関に再発行してもらったり余計な手間がかかりました。

「母が5分の4を相続するということで、いいんでしょうか?」

 →不動産も含め、お父様全ての遺産の2分の1をお母様が相続することになります。配分は全部遺産を洗い出して計算することになると思います。預貯金で全遺産の2分の1を取ってもよいので、お母様は預貯金を相続して、不動産はご質問者様が相続するということも出来ると思います。

相続税は一般庶民はあまり関係ないです。5千万位まで相続税はかからないと思います。(←相続税非課税枠の記憶がうろ覚えなので・・・)

お父様の遺産が不動産・金融資産等あわせて多額な場合は税理士さんにお願いしたほうが良いと思います。

お父様がご質問者様を名義に加えた理由は第3者ではわかりかねます。家の購入費用を一部負担したわけではないのですよね?子供にも資産をの残そうという親心でしょうか?

回答内容に誤りがあるかもしれませんが、ご参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。専門的な内容を素人にもわかりやすく解説いただき、大変参考になりました。

お礼日時:2005/05/01 18:32

ちょっと訂正します。


>そういう場合は特段には問題にはならないでしょう。
と書きましたが「問題になりにくい」と訂正します。
ご質問者が母より先に亡くなった場合などちょっと面倒なケースがないとは言い切れないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました。

お礼日時:2005/05/01 18:37

父が5分の4、私が5分の1の名義となっています。

当然の様に「名義変更」をしなければならないと本等では書いてありますが、

>絶対にしなければいけないのでしょうか?
絶対ではありませんが、現在昔からの相続登記をしていなかったため売却も出来ず埋もれている土地が多数あります。最低土地だけでも行った方がよいでしょう。建物は壊せばそれで消えて無くなるので。
ただ時期的には特にこの時期という物があるわけではありません。

>しなければどんな事になるのでしょうか。
たとえばAさんに子供B,C,Dさんがいました。
Aさんが亡くなると、相続人はB,C,Dですから相続登記をしなくても実質的にはB,C,Dさんのものです。(この状態では売却できませんが)
さてB,C,Dさんにも子供が産まれ、そしてやがてB,C,Dさんは亡くなります。
そうしますと相続人はB,C,Dさんの子供が2人ずつとしても6人です。

そうやって相続人はどんどん増えていきますが、人間関係という物は複雑ですからそのうち相続人間で相手の行方はもはやわからないという事態が起きます。

そうしますとたとえばその土地は実はBさんが使っていてBさん亡き後はBさんの子供の一人が使っていたとして、ある日その子供がその土地を売却したいとか、その土地に新築の建物を建てたいと思ったときに、相続登記がなされていないので、売却もできない、建物資金を借りることも出来ないという自体になるわけです。

ちなみに使用しているのはBさんだけだからBさんが単独で相続登記できるかというと出来ません。
原則は法定相続割合で、法定相続割合であれば相続人の一人が自分の持分についての相続登記が出来ますが、自分の持分しか登記できません。
Bさん単独所有にするには相続人全員の同意が必要です。(この同意を遺産分割協議書という形でまとめます)

>ほうっておくわけにはいきませんか?
しばらく放っておくと言うことは出来なくはありません。これは相続人間のつながりが強いうちは何とかなるでしょう。でもつながりが切れるともはやどうすることも出来なくなります。

>普通では母が5分の4を相続するということで、いいんでしょうか?
法定相続人は、配偶者と子供です。ですから、その割合で考えれば、母1/2、子供達全員で1/2を均等割りとなります。
母一人に相続させる場合は母と子供全員による遺産分割協議書を作成しなければ登記できません。

>そしてその場合相続税はどうなるのでしょうか?資産価値は1200万円程度しかない
ならば相続税はかかりませんので申告も必要ありません。
基礎控除は5000万+1000万×相続人数です。

>何故父は、私と父の共有名義にしたのでしょう。
わかりません。

>どんなメリットがあったのでしょうか?
いくつかメリットはあるかもしれませんが、今となってはわかりません。

ご質問者に兄弟はいますか?
もし兄弟もいなくて父、母、ご質問者しかいないのであれば、母の持分はいずれご質問者に来ることになりますので、先に書いた懸念事項がありませんから、そういう場合は特段には問題にはならないでしょう。
(隠し子などがいると厄介なので父、母の戸籍を出生時まで遡って調べて下さい)

この辺りは司法書士に相談してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱりほうっておくのは、あまりよくなさそうですね。落ち着いたら、準備を進めていこうと思います。早速のご回答感謝いたします。

お礼日時:2005/05/01 18:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローン 償却計算をExcelでしたい

ローン 償却計算をExcelでしたい

ローン契約などの、割賦契約において、
償却計算をExcelで行ってみたいと思っています。

完済月を例えば2012/09月と指定、
月々100円とした場合 総額=100x24=2400円

あるセルに
=総額 - (24ヶ月 - 経過月) ←残額 となるようにしたいのです。
積立金を作り、それを取り崩すというイメージでしょうか。
経過月に関しては、xlsxファイルを開く度に、リアル月データを拾って
データに反映させられればと思っていmsづ。

うまく説明できていないかもしれません。補足致しますので、
不明点ありましたら、お知らせください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の方法でいかがでしょう。
B1セルに完済年月日として2012/9/30を記入して、
B2セル=2400-DATEDIF(TODAY(),B1,"M")*100

Q徒歩5分なのに30分以上も!

詳しい方,教えていただけませんでしょうか。

実はマイホーム用の大変いい場所が見つかり喜んでおりました
小学校も徒歩5分くらいで近いのでOKと思っていました。

しかし,私が間抜けなのですが,実はその徒歩5分の小学校は
隣の市の小学校で,入学が出来ないらしいのです。そして私の市の指定小学校は
2km以上離れており,大人でも30分近くかかる場所にあります。

★この場合,どうしても徒歩5分の隣の市の小学校に行くことは無理なのでしょうか?
(不動産会社に調べてもらった限りでは,選択性ではないので無理と言われました)


また,もし交渉をする場合は役所のどの窓口に行けばよいのでしょうか?

●小学1年生の娘に毎日30分以上歩かせるのはあまりに酷かと思っております。

どうぞよろしくお願い致します

Aベストアンサー

 他の回答者と同じですが、通いたい小学校がある市の教育委員会で尋ねてみるしかありません。電話でもいいです。まさに自治体の取り組み次第だと思います。他に例があれば許可されるかもしれませんが、望み薄でしょうね。双方の市にそういった場合の条例でもない限り不可能なレベルだと思います。教育委員会もそういった問い合わせは過去に何件もこなしているはずなので白黒は一発でつくと思います。
 ただ、小学1年生であれば、誰かしらと一緒に下校するので、楽しくはあるかもしれません。

「小学1年生の娘に毎日30分以上歩かせるのはあまりに酷かと思っております。」わたしもそう思います。治安もありますし。気持ちはわかります。

QExcel2003、ローン計算表の作り方で。

Excel2003です。
住宅ローンの計算表を作っています。
借入先がA・B・Cと3箇所あり、それぞれに借入額・借り入れ年数・金利を入力し、各毎月返済額をPTM関数で出し、別のセルでさらにA・B・Cの合計返済額が出るようにしたいのです。
ただ必ず3箇所から借りるわけではないので、入力部分の数値が0や空白になると、『#DIV/0!』というエラーが出てしまい、その後の合計返済額の欄も同じエラーになってしまいます。入力箇所が0や空白の場合でもエラーにならず、合計返済額もきちんと計算されるようにするにはどうしたらよいでしょうか。
説明が下手でわかりづらいかもしれませんが、どなたかおわかりの方、教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。

エラーを回避するやり方はいろいろとありますが・・・、

たとえば、

ISERROR関数を使って、計算式を入力しているセルに

=IF(ISERROR(計算式),"",計算式)

とすればどうでしょうか?

「計算式」の部分は、現在入力されている数式を入れてください。

Q徒歩5分で歩きと徒歩10分で自転車 安全なのは?

独身女性なのですが
都内はやはり治安が悪いですよね。

物件を探してるのですが、
駅から徒歩5分の物件で歩いて往復するのと
駅から徒歩10~15分で自転車で駅まで往復するのでは
後者の方が安全ですか?

Aベストアンサー

都内は治安が悪いと思ったということは、貴方の本能からの予言。予言に反して、貴方は都内に住むべきでは無い。何かあった時、当初のカンに従わなかったことに対して、貴方は、大きな後悔の念に襲われる。また、怖い怖いとオドオドしている人ほど危険のような気もする。「何でも来い」と胸を張ってる人、自信満々の人には、悪戯をし難いものという理屈もある。

蛇足ながら、都会の治安云々とは良く言われますが、人口に対する犯罪率は? という考え方もありますからね。

QEXCEL ローンの支払い計算

ローンの支払い明細のように、合計金額を支払回数で割った際に
端数が出た場合は初回に加算するという計算式を出したいのですが
どのようにすればよいでしょうか

『A2』に合計金額を入力すると『B2』~『D2』にそれぞれ 金額が表示される

    A       B       C        D
1  合計      1月      2月      3月
2  10000円   3334円   3333円   3333円


※支払い回数に関しては、変動がありません。


端数の切捨てや切り上げの関数はわかったのですが、
上記の場合はどのようにすればいいのかわかりません。
『B2』~『D2』に入る関数をどなたかお教え願います。

Aベストアンサー

C2,D3
 =ROUNDDOWN($A$2/3,-3)
B1
 =A2-C2-D2


ROUNDDOWN($A$2/3,-3)・・・端数を切り捨てます。
-3で千円単位、-2で百円単位

Qお風呂を入れる際、10分かけて38度でお湯を溜めるのと、50度で5分+

お風呂を入れる際、10分かけて38度でお湯を溜めるのと、50度で5分+水で温度調整するのでは、どちらがガス代は安いのでしょうか?(温度と時間はあくまで例ですが)

Aベストアンサー

水温と風呂の湯量が同じなのですから、ガスの使用量(消費カロリー)は同じはずです。
但し、ボイラーの熱効率や電気料などは考慮していません。

Q住宅ローン減税と繰り上げ返済

こんにちは。

今年マンションを購入して
今年の年末残高が4000万あります。

ただ、今年、臨時収入がありmax3000万繰り上げ返済できるのですが
明らかに繰り上げると住宅ローン減税が受けられません。
かんたんにexcelでシミュレートすると、2500万繰り上げるとギリギリ住宅ローン減税対象
ですが、結局、残高が減るので10年間の減税額が120万程度でした。

利息もフラットの1.63で、会社からは利子補給も出ているので
実質は利息もあまり払っていない感覚です。

いろんなシミュレーションをしてみたいのですが、どうしたものかと…

Aベストアンサー

フラットに限らず一般の住宅ローンの繰り上げ返済では、
月々の支払い額は変わらず期間を短縮するタイプ=期間短縮型と、
期間を変えずに月々の支払いを減らすタイプ=返済額軽減型が選択できます。
したがって、通算ローン期間が10年を切らないように調整できます。

シミュレーションの仕方ですが、
EXCELをお使いになられるのでしたら、
PMT関数(元利均等の支払額を計算)
PPMT関数(元利均等の支払い元本を計算)
などを組み合わせれば、完済までの資金計画を立てることができます。

その金利で、利子補給、ローン控除があればほとんど実質金利はゼロになります。
繰り上げ返済をするより、少し金利の高い定期預金保険に預けた方が
もうかる可能性もあると思います。

失業、金利の変動、制度の変化等があればそのとき改めて考えればいいことで、
今の状況で一番有利な方法をとられればいいと思います。
繰り上げ返済してしまうと、もう取り消しはできませんので、
あとで有利な方法を選ぶということはできなくなります。

Q土地の権利書が無くても土地の名義変更は出来るのか?。そして、税金は?。

 土地の権利書が紛失された状態です。
 この土地を息子に名義変更したいんですが、どうすればいいでしょうか?。
 まず、出来るんでしょうか?。
 やはり、息子に名義変更させるとなると「相続」という形になるんでしょうか?。 
 相続となるといかにも税金が発生しそうな感じがするんですが、発生するんでしょうか?。

Aベストアンサー

名義変更されたいという事ですが、
名義変更登記をするにあたっては
登記原因が必要になりますが、移転できる登記原因に
よって権利書が必要である場合とない場合があります。
質問者さんが生存している状態で100%移転できる
メジャーな原因は下記のようなパターンがあります。

(1)売買を原因とする所有権移転
(2)贈与を原因とする所有権移転

(1)と(2)ではその後の手続きが違います。
勿論登録免許税も(1)と(2)では違います。

また相続を原因とする場合は質問者さんは死亡していなければ
認められません。

また(1)と(2)では登記済証として権利書が必要となりますが、
保証書で変えられるのは他の方と同意見です。
相続を原因とする場合は必要ありません。

ただし来年の4月から現在の登記済証(権利書)の制度および保証書の制度が事実上無くなります。

詳しくは司法書士または最寄の法務局へお尋ね下さい。

Qexcelで作りたいです。

excelで作りたいです。
ローンの計算なのですが
借入500万
月々3万
金利2%

10年後の残高を結果として出したいのですが
教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

簡単な計算方法を紹介します。

まず、借り入れから一月後にかかる利息は(元金)500万円×(利率2%)0.02/12で
8333円となります。

(元金)500万円+(利息)8333円から(返済額)3万円を引きます。

初回返済後の元金は4978333円となり、2回目返済日までにかかる利息は
4978333×0.02/12=8297円

4978333+8297-3000=4956631

上記を120回繰り返すと10年後の借入残高が出ます。

どのように入力するかはご自分で工夫してみて下さい。


ただし、実務上の計算では借入日から初回返済日、前回返済日から次回返済日までの利息が
利率2%の1/12とはなりませんので多少の違いが発生します。

Q認知症の父名義の家の建替え

 自宅の建替えを考えています。現在、母は亡くなり、認知症の父と同居しています。父は全く何も解かりません。私は長男で姉と妹がおり、それぞれ家庭を
もっています。私は家内と子供2二人です。
 現在、父の名義の土地と家に住んでいいます。

 ○家を建替える場合、どのような手続きがいるので  しょうか。
  認知症の父名義の問題、相続権の問題。後顧の
  憂い無く、円満に建替えるには、どのような手順
  で、どのようなことをしていけばよいのでしょう  か、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「成年後見人制度」は“利用できる”というような何か得があるようなものではないのです。

成年後見人制度の目的は「本人の財産の保全」です。本人の財産を家族やその他特定の人に使わせないようにするものなのです。ですから、成年後見人制度を使って「後見人」になったとしても「お父様の財産を後見人の判断で使ってよい」というものとほど遠いのです。

まず、お父様が自分の財産の管理ができないほどの痴呆症である場合、財産管理の必要が出てきた場合には「成年後見人制度を利用しなくてはならない」のです。実際には手続きが非常に面倒なので、利用数は少ないのですが、原則は「後見人を指定しなくてはならない」のです。土地の名義変更や担保設定の手続きが出てくれば「成年後見人制度を使わなくてはならない」のです。

手続きは煩雑で最短でも3ヶ月はかかります。

また、後見人には通常は扶養していたりする親族があたりますが、多額のローンを抱えていたり、利害関係があったりすると認められません。後見人となるには相続権のある親族の了承がないと「後見人選定」の裁判となります。

後見人になった場合、お父様の財産(不動産と現金)について詳細は出納簿をつけ、定期的に役所へ報告しなくてはなりません。

最も頻繁に問題となるのが、後見人になるまでに「(本人の生活費以外に)年金を使い込んでいた」という場合です。同居していた家族の生活費にお父様の年金が使われていた場合、贈与税の問題は別として、「後見人として不適格」という大きな理由となります。実際には、年金の流用が発覚することを恐れるのが後見人制度の利用が少ない後見人側の最も大きな理由なのです。

また、先に書いたように、後見人に指定されたとしても、後見人に財産使用の決定権が与えられるものでは全くないのです。それを誤解している方が多いのです。つまり、お父様の土地を担保に入れるようなローンを後見人が勝手に組むことはできないばかりか、そのようなケースでは家庭裁判所が綿密な吟味をします。つまり家建築に他の相続権者に異論が無いか、家建築は本人(お父様)のためになっているのかどうか、などです。

成年後見人制度は不動産がらみで利用されることが圧倒的に多く、しかも特定の親族の利益になる場合が多いために、後見人の選定や手続きがスムーズにならないことも多いのです。同居者は金銭的利害関係がある場合は、同居をしているだけで後見人となる、とは一概に言えません。

◆結論は、お父様の土地の担保設定などの必要があれば成年後見人制度を使うしかありません。そして、財産の管理の詳細は役所の検閲下となり、後見人にさえも自由に使うことはできません(もともと自由に使えない)。

◆この場合、お父様は認知症ですので生前贈与の手続きはもうこの時点ではできません。

お考えになるより、あるいはネットや印刷物で調べるよりずっとずっと面倒です。けれども成年後見人制度を使うしかない状況です。

なぜ面倒か、というと「人の財産を他人が利用する」ということはたとえ親兄弟であっても憲法に違反する犯罪行為だからです。ですから法律は非常に厳密です。

「成年後見人制度」は“利用できる”というような何か得があるようなものではないのです。

成年後見人制度の目的は「本人の財産の保全」です。本人の財産を家族やその他特定の人に使わせないようにするものなのです。ですから、成年後見人制度を使って「後見人」になったとしても「お父様の財産を後見人の判断で使ってよい」というものとほど遠いのです。

まず、お父様が自分の財産の管理ができないほどの痴呆症である場合、財産管理の必要が出てきた場合には「成年後見人制度を利用しなくてはならない」ので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報