株価の代表的な指標にPERやPBRなどがありますよね。
株価を検索するのには大変便利なものだとは思うのですが、少し疑問点があります。

例えば同じPER15倍の銘柄でも、業種によってその割安度が異なる、という点です。

株の解説本などでも、業種によって基準となるPER・PBRなどの数値があるので注意する事、などの記述を見かけます。

例に挙げますと、大手では自動車関連株(ホンダ・日産など)はPER10倍程度、
電気メーカー(東芝・日立など)では30倍程度とその差は大変大きいと感じます。

にも係わらず、現在のところ自動車関連株が特に値を上げる様子は見られません。
(他にも鉄鋼など、素人には割安と感じられる業種がありますが同様に感じます。)

このように、業種や銘柄で大きく指標の基準が異なる根拠を解説頂けませんでしょうか?

また、この業種間の基準はその時々によって変わってきたのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

成長業種と成熟業種のPERの差はいつの時代も存在します。

30年前は鉄鋼・造船・繊維などが成長業種でついで、自動車・電気にその位置を交代し、次はスーパー、コンビニ、通信などでしょうか。ドコモなどは成長産業からいまや成熟産業にはいりつつあるので、低いPERで取引される傾向にありますね。

10年前やバブル時代は日本の株価のPERは平均40以上で異常に高かったですよ。自動車株のPERなども現在よりはうんと高かったわけです。(業種間の差はもちろんあります)。この理由は、日本の企業は株式持合いが普通で、浮動株数が少なかったという需給面の特殊性によるものと、日本経済に対する期待が高かったという理由です。現在のPERの方が、アメリカ市場や海外と比べて標準的だと思います。

将来のことは、わかりませんが、現在のPERはやや割安な適切な水準だと思います。これ以上低くなったり、以前のように極端に高くなるということはあまり考えれらないのではないでしょうか。ということは企業業績が株価に直結するということであり、持ち合い解消による売りが日本株を押し下げるという需給面の問題はなくなっているということでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

その時代によって、その業種の今後の成長度の期待が変わるのは当然でしょうね。

バブルの頃は平均40ですか!? すごいですねぇ。
一転、今の国内株は海外に比べて割安だといわれていますよね。
海外にくらべ低配当であるのも一因でしょうか。

今後、日経平均等、国内株・経済はどのように成長していくでしょうか?

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 21:06

株価は主に将来の企業利益の期待によって決定されます。



したがって、主に成長期待の差によって、業種間のPERの差が生じます。鉄鋼・自動車などの成長産業はすでに企業規模も大きく、利益水準が倍になるのに何年もかかると予想されます。こうした業種では、現在の利益を基準に計算されるPERは低くなります。

逆に、情報産業などの成長産業や、特殊な要因で一時的に企業利益が落ち込んでいる業種では、将来の利益が期待されるのでPERは高くなる傾向にあります。

業種間でのPERの差は成熟産業と成長産業間では、過去も存在し、引き続き存在し続けると予測されます。しかし、成長産業も長い年月の間に成熟産業になるわけですから、そうした場合平均PERも低くなっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

よくPERの指標は、あと何年その会社が確実に存続しうると考えるか、との記述を見た事があります。
そうするとホンダや日産があと10年しか持たないというのは有得ないなぁと思った次第です。

現在、指標が低めな業種は以前(例えば10年前)から低かったのでしょうか?

やはり新たな成長産業が出てこないと株式市場が盛り上がりませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 15:55

例に挙げますと、大手では自動車関連株(ホンダ・日産など)はPER10倍程度、



 トヨタやホンダなどは会社は時価総額がでかいの
もし20倍になるとしても時価総額は倍になりますね

 では水準訂正は起こるか・・・・・

 無理ですね

 そうトヨタなら倍になれば10兆円のお金がいります
こんな巨額のお金 調達しようとすると

 他に持ってるお金をつかう
 他の株を売りお金を調達する
 こうなれば、10兆円分他の株が下がる

 お金は沸いてでてこないからね・・・・・

他にも鉄鋼など、素人には割安と感じられる業種がありますが?

 鉄鋼も時価総額でかいからおいそれとは上がりません

 それと、花形産業から転落して、この間まではどん底の産業でしたので・・・・・

 それと、アメリカと中国が失速すれば・・・・・・
 どうなるかを考えると・・・
 おいそれとは買えません

 それと鉄鉱石やコークスなのど値段が高騰しているのうまく価格転換できないと利益が・・・減りますね
 今年はこの価格だけで1兆円のとの話・・・・

 もし、今の利益率が今後も続くなら価格訂正もありうる話ですね
 

 


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、業界自体が大きく、成熟産業は割とPER・PBR共に低めですね。
今後の大きな成長は確かに見込めないでしょう。

要は株式においては企業・業種の伸びが重要ということでしょうか。

ただ、特に鉄鋼株などにはPBRが0.5程度のものが多く見られます。
株価が解散価値の半分とはいくらなんでも低いような・・・
それでも放置されているということは、やはり伸びが期待されないから、
もしくは目先の業績に大変な不安があると言うことなのでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替の動因とは経済指標??

為替の動く理由というのは、各国の経済の雲行きによってだと思いますが、だからその経済の雲行きを数値化している経済指標を皆が注目するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

 そうですね。
 しかし「経済の雲行きを数値化しているもの」だから、
 というよりは「数値化された経済指標が客観的であるから」
 と言った方が正確かもしれません。
 
 また為替の動因が経済指標、というよりは様々な経済活動の結果
 指標が確定される、と考えた方がいいでしょう。更に必ずしも
 為替は経済指標ばかりで上下するものではありません。各国要人の
 発言や戦争・テロ、思惑などが反映されることもあります。
 

QPERとPBRの変動と割安性について

例えば、PERが40倍でPBRが2倍の銘柄と

PERが30倍でPBRが8倍の銘柄があるとすると

どっちが割安と見るべきなのでしょうか?

それと、PERは、株価が下がらなくてもPERが40倍なのが

20倍まで下がる事は、あるのでしょうか?

株価は、右肩上がりで、業績も好調で

Aベストアンサー

その銘柄は同業種なのでしょうか?普通同業種であればそこまでPBRがかけ離れることはそうそう無いと思うのですが・・・
もし、知っていたらごめんなさい。PBRとPERは同業種で比べるモノですから違う業種で比べても仕方がありません。異業種での比較はフェザー級のボクサーとヘビー級のボクサーでどちらが強いかを比べるようなものです。

株価が下がらなくてもPERが下がることはあります。
PER=株価÷一株あたりの利益ですから一株あたりの利益が大きくなればPERは下がります。40倍が20倍になるのは一株あたりの利益が倍になるときです。

あなたの株式知識のレベルが分からず、もしかしたら失礼に当たるのかも知れませんが、以下のサイトが役に立つかもしれませんので載せておきます。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/s_guide/

Q制御系としての性能指標とは何なのでしょうか?

モータ制御系の実験をしていたときに、制御系の性能指標(例えば,開ループ伝達関数の周波数応答や閉ループ伝達関数の周波数応答など)を求め評価しなさいと言われたのですが、普通どうやって求めるのでしょうか?

ボード線図をMatlab/simulinkなので計算して解くのでしょうか?それとも実験から求めるのでしょうか?

判る方いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

制御系の性能指標

 周波数領域:位相余裕:(Bode線図でオープンループゲインが0dBを横切る周波数での
           位相が-180度から何度離れているかを位相余裕と呼ぶ。)
           60度以上で十分、安定であり、クローズドループでの周波数応答で
           ピークが発生しない。位相余裕が小さくなればなるほど系は不安定となり、
           クローズドループの周波数応答のピークは大きくなってゆき、位相余裕が
           0度でついには発振状態になります。
       
       ゲイン余裕:(Bode線図でオープンループ位相が-180度を横切る周波数でのオープン
           ループゲインが0dBにたいしてどれだけ離れているかをdBで表した指標)

 時間領域: 単位ステップ入力にたいするステップ応答:オーバーシュート量をパーセント・
           オーバーシュートで測定し、ダンピングファクタζを得る。ζ<1で
           オーバーシュートが発生しだし、ζが小さくなるほどオーバーシュート
           とリンギングが大きくなってゆきます(不安定になってゆく)
           

こんばんわ。

制御系の性能指標

 周波数領域:位相余裕:(Bode線図でオープンループゲインが0dBを横切る周波数での
           位相が-180度から何度離れているかを位相余裕と呼ぶ。)
           60度以上で十分、安定であり、クローズドループでの周波数応答で
           ピークが発生しない。位相余裕が小さくなればなるほど系は不安定となり、
           クローズドループの周波数応答のピークは大きくなってゆき、位相余裕が
           0度...続きを読む

Q株のPER、PBRについて教えて下さい。 

株価収益率(PER)の説明として「株価を1株あたりの利益で割って算出する」とありました。例えば現在の一株株価が1,000円だったとします。こちらを「1株あたりの利益で割って」?というのが良くわかりません。今現在の一株の株価1,000円がいくらの利益を出しているのかなんて計算することができるのでしょうか?また、株価収益率(PBR)についても株価を1株あたりの総資産で割って算出とありましたが、「1株あたりの総資産」ってどういうことなんでしょうか?さっぱりわかりません。どなたかわかり易く教えて下さい。

Aベストアンサー

PER = EPS(一株当たり利益)/株価 
※EPS = 発行済み株式数/当期利益(当期純利益)

PBR = BPS(一株当たり純資産)/株価 
※BPS = 発行済み株式数/純資産

興味のある会社で計算してみてください。
なんとなくわかると思います。

Q流動比率&負債比率とはどんなことを示す指標なのでしょうか。

詳しい方、教えてください。

タイトルのとおりなのですが、流動比率、負債比率が何を表しているのかがよくわかりません。

解説書などは読んだので、計算式等はわかるのですが、
経理の素人である私にはそれが示す意味がよくわからないのです。

これらの指標がどういう意味で、適正数値はいくつとか、
わかりやすく教えていただくと嬉しいです。

Aベストアンサー

伴に安全性分析の指標です。
流動比率は、短期に支払うべき流動負債の支払準備が十分にあるか否か、短期的な支払能力を判断するものです。別名銀行家比率とも言われ、銀行が企業に融資する場合に、その企業の安全性判断のために用いられます。
負債比率(金融負債比率)は、総資本のうち、金融資本に依存している割合で、借入金依存率とも言われます。割引手形の性質は銀行借入金と同じなので、これを借入金に加えます。借入金は長・短期の合計です。
自己資本が低いほど金融比率が高くなる傾向があり、その安全性が損なわれます。

適正数値
流動比率は、200%が適正といわれていますが、通常130%くらいあれば良いでしょう。ただし、業種により58.7%(飲食業)から187.2%(小売業)まで数値に開きがありますが、全業種の平均は122.6%です。
負債比率は、50%を超えると安全性は損なわれてきます。
この数値も業種により開きがありますが、全業種の平均は44.6%です。
〈いずれの数値も、「TKC経営指標」より)

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Q指標とは

指標と言う言葉の意味が良く分かりません。

辞書では、
「物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。」
と、あります。

そこで、目印を辞書で調べると、
「見てすぐわかるようにつけたしるし」
とあります。

と言うことは、指標とは、目印か、と思ったのですが、辞書には「目印となるもの」と載っていたので目印そのものでは無いのか、とよく分からなくなってしまいました。
どなたか、ご指南宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 「指標」という言葉そのものの意味だけを考え込んでしまうと分かりにくくなってしまいますね。「指標」という言葉が使われる文例と一緒に覚えるといいと思います。
 よく聞かれるのは、「●●が▲▲の指標となる」という使い方です。グーグルで「指標となる」で検索してみましたので、参考にしてください。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

QPERが割安な株?

 この株は、PERが割安な株で順調に成長しているので 買うべきだ
などと投資情報とかに歌われていますが

たとえば PER5 で成長率が20%の株の場合は
適正 PER 10などと 判断できるものなのでしょうか?
 また、実際にその水準になっていくものなのでしょうか?

以上 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PERは業種によって大きく異なるので注意が必要です。
例えば、消費者金融のPERは大手でも15倍前後、PBRは1倍に近いなど、割安に見える業界もあります。
NOLOANで知られるシンキの場合はPER13倍です。
ですから、同業他社と比較して見ないと意味が無いのです。

その他に、PERは1株利益によって変動するので、業績のブレが大きい銘柄は当てになりません。
又、成長性が見込めると市場が判断した銘柄のPERは割高になる傾向にあるので、PERが低い場合でも注意が必要です。

Qビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか? [輝度は明るさを表す指標である] という

ビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか?
[輝度は明るさを表す指標である]
という一文が誤りです。
調べると輝度は快適性に関わっているという記載がありました。
関わっているが指標では無いので理解できないです。
快適性を表す指標とは何なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

輝度は光源の光の強さを示します。
照度の誤りでしょう。

照度は照らされた箇所の明るさを示します。

Q世界主要国の平均PER・平均PBRなど

タイトルそのままなんですが、
世界主要国の平均PER・平均PBRなどの指標がわかるサイトを探しているのですが、検索のやり方が悪いのか、見つかりません。

皆さん良ければ御指南下さい。

Aベストアンサー

回答ではありませんが、参考意見としてお聞き下さい。世界のPER,PBRといってもあまりに大雑把過ぎてそれを掲載しているサイトは無いと思います。仮にあってもそんなの意味無いです。

1.PER
日本国内の銘柄だけに限ってもPERがいくつくらいまでなら割安なのか割高なのか人によっても違うし、業界によっても全く異なります。

例:

IT業界:一般的にPERが高い
・・・過度の将来的な期待からPERは一般的に高めで30~60なんてザラです。

最近は燃料電池車に注目が集まっていますが、ちょっと「水素」という言葉が出ただけでも投資家は過度に反応し、株価は急上昇しています。(三菱化工機などを見てください。同社は赤字企業なのに株価は風船のように舞い上がっています。)

金属、教育関係:一般的にPERは低い(PER15倍以下が多い)
・・・教育は投資になじまないのか優良企業でもPERは10倍台がほとんどです。(明光ネットワークや秀英予備校などを見てください。)
金属業界も地味な企業が多いせいかPERも本当に低いです。

(アドバイス)
業種やその時々の人々の関心によってPERはかなり変化します。ですからPERがいくつなら割安、割高というのはあまり意味が無く、せいぜい業種(セクター)ごとに標準値を自分で割り出し、それを物差しに比較を行うのがよろしいかと思います。

最近大人気のIPO(新規公開株)なんて最たる例でしょう。IPOにのめりこんでいる人にはPERもPBRも関係ないです。「ガンホー」や「ぐるなび」がいくらで売り出され、その後暴落して今どうなっているか見れば世の中の多くの人が株価の熱病にうなされているかが良く分かります。


・・・と独り言でした。

回答ではありませんが、参考意見としてお聞き下さい。世界のPER,PBRといってもあまりに大雑把過ぎてそれを掲載しているサイトは無いと思います。仮にあってもそんなの意味無いです。

1.PER
日本国内の銘柄だけに限ってもPERがいくつくらいまでなら割安なのか割高なのか人によっても違うし、業界によっても全く異なります。

例:

IT業界:一般的にPERが高い
・・・過度の将来的な期待からPERは一般的に高めで30~60なんてザラです。

最近は燃料電池車に注目が集まっていますが、ちょっと「水素...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報