資金循環分析とはどういうことですか?
概要など、わかるかた どうか教えてください
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 家計、企業、政府という各経済主体と、中央銀行を含む金融機関のあいだの資金の流れを記述した資金循環統計(表)を資金の流れに注目して分析し、その相互依存関係ならびに実物経済との関係を明らかにする分析方法です。



参考URL:http://www.boj.or.jp/wakaru/keiki/wsj.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考として教えて頂いた、日銀のHPも早速読みました。
まだまだ難しいことだらけですが、少しでも楽しみながら
経済について、学んでいこうと思っています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオス的分析と決定論的分析の違いとは

カオス的分析と決定論的分析の違いとは何でしょうか。
全然違うことだとは分かっているのですが、難しすぎて自分では上手く言葉でまとめられません。
教えて下さい。
よろしくお願いましす。

Aベストアンサー

分析のアプローチの仕方が違いますよね。

「カオス的分析」は、データの振る舞いから、法則性があるかどうかを
調べていくのに対し、「決定論的分析」は、法則性が有ることを前提に
モデルを立案し、データの振る舞いがそれに当てはまるかどうかを調べてゆく。

帰納法と演繹法の対比と似ているでしょうか。

# かじった程度なので、良く分かってないのかもしれません (^^;

Qアメリカの公的資金で金融機関の不良資産の買取、、の公的資金とは?

リーマン問題で
アメリカが公的資金で金融機関から不良資産を買取とありますが、
この公的資金とは 税金の ことですか?
いわゆる日本でいう公的資金とは 国民からの税金ですが
アメリカも同じですか? 
税金でなければ 何なのでしょうか?いまいちわかりません、、。

また、日本でも資金配給をするというような記事がありましたが、
この資金配給の元出は公的資金=国民の税金 なのですか?

Aベストアンサー

公的資金を税金と考えても間違いではありません。
ただし、政府には信用力がありますから、国債を発行するなり、中央銀行に借りるなりすれば、買取資金は用意できます。
今回は、不良資産の買取ですから、騒動が治まって売却できるようになったころに、徐々に売却していけば、資金は回収できることになります。

この時の売却金額は、今現在では推定するしかありませんが、これが買取金額より高ければ、税金を使うことにはなりませんが、売却金額が買取金額より低ければ、損失が発生し、それを税金で支払うより仕方がありません。

ですから、公的資金は潜在的には税金ですが、税金が使われるかどうか、その場合の金額については、まだ不明なのです。

Q「日本郵政公社決算の概要」についての疑問

郵貯事業の人件費は郵貯事業の経費に計上されていると思うのですが、
1、実際には他の事業に従事している人の人件費が郵貯事業の経費に計上されているということはありませんか?
2、また、窓口業務に携わる人の人件費はどういう扱いになっているのでしょうか?
3、郵貯事業の経費には人件費以外にどんなものが含まれていますか?
4、また、私がインターネットで検索したところ『日本郵政公社決算の概要』しか見つかりませんでしたがもっと詳しい資料はありませんか?

門外漢ですが、かつて郵政懇談会が取り上げ、全銀協や金融機関のトップも評価し、一方で労組は猛反発した「郵貯廃止」の可能性について考えたいのです。お願いしますm__m

Aベストアンサー

思いつきレベルで恐縮ですが、以下ご参考なれば・・・

1)2)
一般的に、経費算定における人件費は”配賦”というスタイル/考え方をとっています。(これは複数の事業を擁する民間企業においてもほぼ同様です)
つまり、
総人件費を、何らかのドライバー(業務別売上高、業務別労働時間etc.)によって割り振るスタイル/考え方です。
郵政公社の情報に関して、「配賦」というキーワードで探しますと、どのような配賦を実施しているか分かりますので、ご参考いただけるかと思います。
ex.
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/PDF/sonota/050311j90101.pdf
http://www.yuseimineika.go.jp/dai8/8siryou1.pdf

3)4)
上記参考URLに、他の経費項目についても触れられています。また「決算概要」以上に詳しい情報が記載されていると思います。ご覧下さい。

Q戦後の高度成長期の概要を探したい

戦後日本経済の高度成長期(1955~1971年)についての概要を四百字程度のものを探したいのですが、ご存知の方がいらっしゃいませんか。主な出来事とか文章的なものがほしいのです。

Aベストアンサー

四百字ではありませんが、↓ご参考までに。

参考URL:http://www.tku.ac.jp/~kagawa/download/02sengo.pdf

Q構造的財政収支と循環的財政収支

このふたつの中身について教えてください…循環的財政収支は景気による変動と言いますが、具体的には歳入歳出内訳のなにを指すでしょうか。また、景気による変動を受けないのはなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

循環的財政収支とは、税収や失業給付の増減など景気変動の影響を受けて増減する部分のことです。そのような循環的部分を実際の財政収支から差し引いたものを構造的財政収支といい、たとえば景気対策による財政支出や減税、社会保障費などがあります。


支出面では、平成25年度予算93兆円の内訳の主なものは、社会保障費29兆、国債費22兆、地方交付税交付金16兆、文教及び科学振興費5兆、防衛費5兆。地方交付税交付金のうち景気変動部分がもしあれば差し引くとしても、多くは景気変動に左右されにくい構造的な出費ではないでしょうか。

収入面は租税収入が42兆円で、あとは国債。税収は景気変動がかなり影響すると想像します。

(平成25年度予算)
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/03gaisan.pdf


また、古い資料で恐縮ですが↓をみると、財政全体に占める割合は構造的部分がかなり大きく、循環的部分はとても小さいとわかります。

http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je00/wp-je00bun-2-2-2(3)z.html


これは国際比較しても日本に顕著であるようで、結果として日本の諸外国より財政赤字が突出して高い原因になっているそうです。理由として考えられることは3つあって、

1. 景気後退期に経済対策をうつのに積極的であること。
2. 地方交付税交付金などで地方に移転する部分が多く、予算を使う側のコスト意識が低くなりがちで過剰な支出につながりやすい。
3.高齢化により社会保障費が増大してきていることも、当然ながら構造的財政収支を悪化させる要因です。

循環的財政収支とは、税収や失業給付の増減など景気変動の影響を受けて増減する部分のことです。そのような循環的部分を実際の財政収支から差し引いたものを構造的財政収支といい、たとえば景気対策による財政支出や減税、社会保障費などがあります。


支出面では、平成25年度予算93兆円の内訳の主なものは、社会保障費29兆、国債費22兆、地方交付税交付金16兆、文教及び科学振興費5兆、防衛費5兆。地方交付税交付金のうち景気変動部分がもしあれば差し引くとしても、多くは景気変動に左右されにくい構造的な出費...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報