いろいろ質問してすみません。林道に関してまるで初心者の私ですが、いい林道スポット(?)なんといったらいいのかわからないのですが、おしえていただきたいです。たくさん全国にあるのだと思いますが、私は静岡県静岡市在住です。身近なところにも林道ってあるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もう一度静岡市の詳しい地図を開いてみてください。


間ノ岳、悪沢岳、赤石岳、前岳、塩見岳、聖岳など南アルプスの3000m級の山々が皆”静岡市内”なんです。
普段市街地で生活していると実感がないかもしれませんが静岡市はとんでもなく広く、山深い所ですね。
自動車やバイクで行ける最深部の畑薙ダムまで行くと静岡市街地からでも1日掛りのドライブになります。
道路は舗装こそされていますが、車ではすれ違いもままならないクネクネ道です。
途中から枝分かれする林道は無数にありますので、まずは地元を見直すという意味で静岡市内から始めてみるのもいいと思います。

他県に住む者からすると非常に恵まれた環境に御住まいになられていると羨ましいです(笑)
    • good
    • 1

静岡の方でしたら佐久間ダムの方向に結構あるんじゃないかなぁ?



天竜スーパー林道とか兵越林道とか。(長野方面に向かう方です)

私は関東在住なので、なかなか一日では行けない距離なもんで

羨ましい所に住んでおられると思ったりして(^^ゞ

ぜひ行ってみてくださいよ!

マナーは登山者とかに気をつける、むやみにスピードを出さない、

通行止め(サクとか鎖とかあるところ)は入れたとしても

絶対入らず、潔く諦める、などでしょうかね?

http://www.ne.jp/asahi/drshin/website/sanennansh …

http://www.r-arena.net/trip-pieces/tokai-hokurik …
    • good
    • 0

新しいバイクを買って、楽しみにしているところに水を注すようですが、


伊豆方面の林道は、3年ほど前に外部の通行は禁止されました。
事故や林業の作業の障害となり、規制する傾向がつよくなり、柵を設けるようになってきています。
基本的なマナーが守られていない事が原因です。

丹沢方面では、まだ通行可能な所もあります。

バイク乗りでは定番の、ツーリングマップルに林道の記入があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかし、そうなんですか、、残念です。基本的なマナーについては大事なことですね。バイク乗りもそうですし、身近なところでもタバコなども。私がそういった林道を走る際にはマナーを守って走りたいと思います。思いつくとこですと、ごみは持ち帰るなどあるとおもいますが、他に林道ならではのマナーといったものはあるのでしょうか?

お礼日時:2005/04/16 03:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオフロードは何故チューブタイヤ?

オフロードバイクのタイヤはなぜチューブレスじゃないんですか?
仮に山奥走っていてパンクする事を考えると、その場で修理できるチューブレスタイヤの方が良いと思うんですが。何かメリットとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 セロ-225WEに乗ってます。
また、トライアル車も持ってます。←古くてチューブタイプ。

 セローはリアホイールがスポークでチューブレスになっています。

 現在、オフロード車とはいえ、特にトライアルの世界では、
リアホイールのチューブレスは当たり前になっていますよ。

 チューブレスの最大のメリットは、空気圧を下げられるということ
ですね。トライアル競技車は、一般に0.3kg/cm~3ぐらいまで
空気圧を下げて、タイヤをまるでキャタピラのように動作させて、
吸いつくようなグリップを実現しています。
だから垂直に近い壁を登ったり、岩場をぴょんぴょん飛び跳ねたりと
いうバイクにあるまじき曲芸のような動きができるのです。
空気圧が低いのでタイヤはもちろんペチャンコですね。それでも、
日本製のDIDチューブレスリムならば通常の使用でビード落ちした
とか聞いたことがないです。

 チューブレスのセローで林道アタックするときは、セローほど重量
のあるバイクでも私(体重70kg)は0.5kg/cm~3 に設定して
います。でも、トラブルはひとつもありません。

 これがもしチューブタイプで0.5kg/cm~3 近くまで空気圧を
下げようとするならば、リアのリムにビードストッパーx2個は必要です。
バランスは悪くなって時速80キロ以上で走行したら振れるのが分か
るし(まあフロントはチューブタイプなのでビードストッパー1個入っ
てるから同じといえば同じなんですが)バネした重量も増えますし、
何より、もし万が一パンクしたときの修理が地獄です。
その辺のオフロードバイクいじったことのないバイク屋じゃパンク修理
すらできない可能性もあります。
 そこんとこ、やっぱりチューブレスは山でも比較的簡単にパンク
修理ができる点で優れてると思います。ちなみに私の経験では、パンク
するのってなぜか8割がたリアです。
あと滅多にありませんが、スポークが折れても、スイングアームから
外すことなく、すぐにスポーク交換できるのも、泥水や砂などが
タイヤ内部に入らないのもチューブレスの強みです。

 チューブタイプのメリットは、ズバリ、タイヤを選べることと、
リム自体が安価ということでしょうか。
特にタイヤを選べる種類というのは、もう圧倒的にチューブタイプが
多いですね。セローでエンデューロ向けのタイヤを入れたい人は、
古い225W(リアディスク・チューブタイプ)のホイールを中古で
買って、チューブとビードストッパー入れてます。
なお、チューブレスリムにもチューブを入れればチューブタイヤが使え
ますけれど、さすがにリムを派手に加工しないとビードストッパーは
入りません。ただしチューブレスリムは高価なのでもったいないです。

 セローのように、あまりタイヤを選択する必要のないバイクなら、
チューブレスのほうがメリットある気がしますが、
もう少し走るタイプのオフ車ならチューブタイプの方がいいかもしれ
ませんね。前21インチ 後18インチに限りますが。

 最近のモタード車でオフロード走行しない前提ならば、
チューブレスのキャストホイールのほうがいいと思うんですけどね。

 セロ-225WEに乗ってます。
また、トライアル車も持ってます。←古くてチューブタイプ。

 セローはリアホイールがスポークでチューブレスになっています。

 現在、オフロード車とはいえ、特にトライアルの世界では、
リアホイールのチューブレスは当たり前になっていますよ。

 チューブレスの最大のメリットは、空気圧を下げられるということ
ですね。トライアル競技車は、一般に0.3kg/cm~3ぐらいまで
空気圧を下げて、タイヤをまるでキャタピラのように動作させて、
吸いつくような...続きを読む

Qセロー225は買いでしょうか?

セロー225は買いでしょうか?
実は、早ければ今夏、あるいは来夏のことになってしまいますが、ツーリングで北海道から本州に行く予定をしています。
現在手元にあるバイクはTY125という、およそツーリングに向かないバイクですが、それでも
何とかTYで行ってみようかなとも思っており、近所のバイク屋さんでそんな話をしたところ、
行けないことはないだろうけど、もし万が一旅先で故障したらパーツ入手も厳しいから捨てて
こなきゃならなくなるかもしれないよ(笑)と言われ、なるほどそれはやっぱりまずいなと思い、
ツーリング用バイクを手に入れようと考えてます。
軽量コンパクトなオフ車が好きなので、来夏であれば新車のKLX125の2011モデルでも、あるいはヤマハが好きなので、XTZ125の新車もいいなと思いますが、やっぱりツーリングなら多少でも排気量に余裕のあるバイクがいいかなと、中古のセロー225が、自分の中で俄然最有力候補の筆頭に挙がってきました(250より225がいいのです)。
中古だと金銭的にも購入価格にが出来、その分旅の費用に回せるので、昔から気になっていた
マウンテントレール購入を検討しようと思うのですが、
セロー225には歴代、いくつかのバリエーションがあるようなので、もちろん普通は同じ型式なら新しい年式の方がいいのでしょうけど、型式の違いからいろいろあるセロー225の中で、お勧めの年式と、その良い点、車両本体の見るべきところなど、できるだけ詳しく教えていただけないでしょうか?
もちろん、すべての型式のセロー225に乗ったという方はなかなかいらっしゃらないかもしれませんが、全国のセロー乗りの方、どうかご自分の所有したセローについての思い入れも含めて、ご教授のほど、よろしくお願い致します!

セロー225は買いでしょうか?
実は、早ければ今夏、あるいは来夏のことになってしまいますが、ツーリングで北海道から本州に行く予定をしています。
現在手元にあるバイクはTY125という、およそツーリングに向かないバイクですが、それでも
何とかTYで行ってみようかなとも思っており、近所のバイク屋さんでそんな話をしたところ、
行けないことはないだろうけど、もし万が一旅先で故障したらパーツ入手も厳しいから捨てて
こなきゃならなくなるかもしれないよ(笑)と言われ、なるほどそれはやっぱりまずい...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。
そうですか。シェルパは乗られていたのですね。オフロードでの取り回しが重く感じられて売却してしまったのですか。

しかしそうなるとセローもどうなのでしょうか。私が各歴代セローに乗った印象では、カタログスペック等から読み取れる印象と、実際のモデルは大きな隔たりがありましたね。

カタログスペック上はモデルチェンジを行ってもそれほどの変化はないような印象ですが、個人的にはモデルチェンジが進むごとに、感覚的な操作力?は重くなっていく傾向の様に思います。

実際、3RW(リアドラム)と4JG6(WE最終)を比べますと、同じ車種とは思えないほど操作力?に差がありますね。

これは私が4JG6に馴染めず売却してしまった理由でもあるのですが。その点3RWモデルはエンジンも車体も非常に軽い印象がありますね。リアドラムでも制動力に問題を感じた事もありませんし。

まあ個人的な感覚なんですけれど。何を持って良しとするかは、そのオーナー次第ですからね。私の様な世間一般論とはかけ離れた評価をする者も居るわけですし。

なのでご購入の際にはせっかくですから、色んなモデルを対象になさったら良いと思います。古いモデルはメンテの問題もありますが。

あと、ジェベル200についてです。このモデルもツーリング用と銘打っていますが、エンジンは意外とパンチがあり、車体も軽いです。ライトも大きいものがついているのですが、その慣性力をあまり感じさせず、非常に軽い操舵になっています。

先の回答に挙げた、ステップの位置さえ改善出来れば、トレッキング仕様としても、抜群の性能を発揮できると思います。一時期本気でステップの移動を考えたりしましたが(笑)。

とにかくエンジンが小気味良く、コロコロと良く回る印象ですね。セローの3RWに通じる感じです。

サスも3RW同様プアな仕様ですが、それはマイナス方向には感じられませんでした。ステップの位置関係から、殿様シッティングスタイルになりますが、それを承知の上ならツーリングバイクとして良い選択になるかもしれませんね。

電装に関しては、私の場合は特に気になったことはありませんでした。タマタマかもしれませんが。ちなみに、私はジェベルの亜種モデルであるDF125も所有したことがあります。

このモデルはフロント・リアキャリアがとても頑丈で大きいものが付いていますので、ツーリングに的を絞ればほぼ無敵です(笑)。このバイクは腰上、腰下を自分でOHしましたが、非常に単純な造りで、整備しやすかった思い出があります(200も同じかと)。

各モデルの事を思い出しながら、ホロホロと書いていますので、脈絡のない文章で申し訳ないです。

一度シェルパを売却されているようですから、同じセローでもモデルによって軽さ?の印象が違う場合がありますので、一般的な風評に流されず、確認なさったほうがよいかと思いまして(笑)。ジェベル(DF)も気になっておられたのなら、一度は視察、試乗されるのもよいかと。

No3です。
そうですか。シェルパは乗られていたのですね。オフロードでの取り回しが重く感じられて売却してしまったのですか。

しかしそうなるとセローもどうなのでしょうか。私が各歴代セローに乗った印象では、カタログスペック等から読み取れる印象と、実際のモデルは大きな隔たりがありましたね。

カタログスペック上はモデルチェンジを行ってもそれほどの変化はないような印象ですが、個人的にはモデルチェンジが進むごとに、感覚的な操作力?は重くなっていく傾向の様に思います。

実際、3RW(リアド...続きを読む

Q150~250ccクラスのバイクの寿命はどのくらい?

150~250ccクラスのバイクの寿命はどのくらい?
近々、車orバイク通勤になる可能性があり、軽四にするか、バイク(150~250ccクラスのスクーターが候補)にするかで迷っています。

通勤距離がけっこうあり、試算では年間40000kmを越えそうなのですが、このカテゴリで見かけるかぎりではバイクは車みたいに10万20万kmとはもたない、せいぜい数万kmでイカれる、と見かけまして、初期のコストは多少高くても長期的に見れば軽四の方が安く上がるのではないか?と思いました。
無茶な回し方はしない、メンテナンスは普通くらい(定期的なオイル交換やエレメント交換など一般的なもの)として、このクラスのスクーターに10万20万kmの寿命を期待するのは無謀でしょうか?
「無茶な回し方はしない」といいながら、高速道路を走るのがほとんどになると思います。フルスロットルまで回すつもりはありませんが最低でも80km/hのペースでは走りたいです。

バイク(軽四)をおすすめします、とか、排気量を上げた方がいいとか、しんどいから体力的にムリ!とか、その他のアドバイスでもよいので何かご意見をお願いします。

150~250ccクラスのバイクの寿命はどのくらい?
近々、車orバイク通勤になる可能性があり、軽四にするか、バイク(150~250ccクラスのスクーターが候補)にするかで迷っています。

通勤距離がけっこうあり、試算では年間40000kmを越えそうなのですが、このカテゴリで見かけるかぎりではバイクは車みたいに10万20万kmとはもたない、せいぜい数万kmでイカれる、と見かけまして、初期のコストは多少高くても長期的に見れば軽四の方が安く上がるのではないか?と思いました。
無茶な回し方はしない、メンテナンスは普通...続きを読む

Aベストアンサー

ちゃんと整備&メンテすれば10万キロも大丈夫かと思います。
もし、10万キロ手前でエンジンが死んだら乗せ換えできますし。
エンジン乗せ換え・整備コスト削減前提で選べば、ATはやめます。
MTの250CC単気筒で良く売れている車種、強いて言えば空冷でしょうか。
水冷だと、オイル交換量は若干少ないですが、ウォーターポンプや
ホース、ラジエター等の部品と工賃がプラスされるから。
整備は自分でやるのが好きな人なら、あえて空冷はすすめないけど。

私が参考にしているサイト(125CCなので根本的に違うけど)では
走行距離と交換&メンテ、費用等の情報が統計的にまとめてあり
現在はどうか分かりませんが、8万程度まで大きなトラブルは
ないようです。ちなみに逆車ですがYBR250もあります。
車種が決まれば、お気に入りサイトを見つけるといいですよ。
http://homepage3.nifty.com/hashimoto3/YBR/YBRlog.htm

あとは、どの程度バイクが好きかどうか、です。
家族の賛同があれば3500ccの車売って、軽とバイクってのもありかと。

ちゃんと整備&メンテすれば10万キロも大丈夫かと思います。
もし、10万キロ手前でエンジンが死んだら乗せ換えできますし。
エンジン乗せ換え・整備コスト削減前提で選べば、ATはやめます。
MTの250CC単気筒で良く売れている車種、強いて言えば空冷でしょうか。
水冷だと、オイル交換量は若干少ないですが、ウォーターポンプや
ホース、ラジエター等の部品と工賃がプラスされるから。
整備は自分でやるのが好きな人なら、あえて空冷はすすめないけど。

私が参考にしているサイト(125CCなので根本的に違うけど)...続きを読む

Q小石程度の林道で通常のタイヤは?

土がほとんどで少し小石が散らばっているような林道の場合

例えば、モタードに履いているようなタイプのタイヤとオフロードバイクに履いているタイヤでは、小石程度の林道を走る場合、安心(安定)して走れるのはオフロードタイヤなのでしょうか?

やはりだいぶ違うのでしょうか?

雨で轍に水溜まりができているような場合と晴れていて土が完全に固まっているような場合での違いが知りたいのでぜひ教えてください。

要は、通常は舗装路を走るが、本当にたまに林道を走ってみたいなという場合、モタード系とオフロード系のどちらがいいかな?と思い質問しました。

Aベストアンサー

 オンロードタイヤでの林道走行は、オフロードバイクのノーマルタイヤ程度のタイヤと
比較して、フラットな林道での走行性能にどれぐらい差があるのか?という趣旨で間違い
ないでしょうか?

 まず、オンロードと違って、オフロードでは完全に乾いた路面はとてもよく滑るという
のが常識です。しっとりと少し水分を含んだ路面が滑りにくいです。
バイクが走行した後に土煙がまき起こるような路面は、完全ウェットとは違う滑り方をし
ますが、同じく良く滑るということを覚えて置いてください。

 質問の趣旨を深読みせず、質問のまま素直にお答えしますと、以上に書いたように、
どっちの路面も良く滑るので、これは「似たようなもん」とお答えしますけれど、

 まあ、滑る路面と滑りにくい路面と、オンタイヤとオフタイヤ、大きく変わるか?という
質問でしょうから、そう勘ぐって解釈したうえで答えさせていただくと、
「大きく違う」といわざるを得ません。

 まず、オンロード走行では、空気圧どれぐらいで走っておられるでしょうか?
だいたい、規定、1.5~2.0kぐらいまで張ると思うのですが、

 オフロードでは、普通、1.0以下です。路面
トライアルタイヤの場合は0.3~0.5ぐらいまで
空気圧を下げて運用します(後輪)。前輪は0.6~0.8程度かな?私は。
オフロードタイヤというのは、空気圧を下げて、接地面積を増やしてグリップを稼ぐと
いう考え方で、砂や小石、泥などはタイヤのブロックの隙間(溝)に落ち込むことで、
滑りにくいようになっています。

 オンロードタイヤですと、空気圧を下げて接地面積が増えても砂、小石、泥などを落と
すブロックの隙間がありませんから、空気圧を下げても、オフタイヤほどのグリップ向上
はありません。おそらく、オフロードをオンタイヤで走行する以上は、どのような路面
コンディションであっても苦戦は避けられないと思いますよ。

 個人的には、どちらも行けるデュアルパーパスタイヤが良いと思います。

 オンロードタイヤでの林道走行は、オフロードバイクのノーマルタイヤ程度のタイヤと
比較して、フラットな林道での走行性能にどれぐらい差があるのか?という趣旨で間違い
ないでしょうか?

 まず、オンロードと違って、オフロードでは完全に乾いた路面はとてもよく滑るという
のが常識です。しっとりと少し水分を含んだ路面が滑りにくいです。
バイクが走行した後に土煙がまき起こるような路面は、完全ウェットとは違う滑り方をし
ますが、同じく良く滑るということを覚えて置いてください。

 質問の趣旨を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報