娘(高3)がこの分野に興味を持っているようなので自分なりに調べて見ましたが、素人の私には今一歩良く分かりません。そこで、(1)理学療法士と作業療法士って何が違うの?主な役割は?患者の対象は?(2)どっちがニーズがありますか?就職とか?収入とか?作業療法士はあまり聞きなれない言葉なので。(このような質問はこの分野に関わる方にとって失礼とは思いますが娘を思う気持ちと言うことで許してください。)(3)その他、全般的な市場状況。 以上、よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

病院の総務課で簡単な人事・給与関係の事務を担当しておりました。

今は准看護師資格を持つ看護学生です。

(1)理学療法士=PT(Physical Therapist)は簡単に言うと、運動機能の回復(リハビリ)の専門家です。骨折などの怪我や病気による安静が続き、筋力低下や関節拘縮を起こしている(もしくは起こす恐れのある)患者に筋力増強や歩行などの訓練を行います。
作業療法士=OT(Occupational Therapist)は身体はもちろん特に精神に障害を持った人々に様々な活動(レクリエーションや生活訓練)を促して、動作能力や社会適応のための能力を改善することが仕事です。

(2)介護保険の導入などで、医療と福祉の世界でどちらもニーズはあり、今まではどちらかという売り手市場でした。しかし知り合いのPTやOTに言わせると少しずつ人材不足が解消されており、これからは買い手市場になるのではないかということです。
しかし有資格者であることは変わりないので、
職に困るということはないと思います。
収入は私の勤めていた法人では、
PT・OTともに同じ給与基準で、
新卒で基本給19~21万+資格給3万=22万~24万(専門卒や大卒で多少違う)でした。
他の法人も多少違いはあれ同等クラスだと思います。
ボーナスや昇給率はけっこうよかったはずです。
(薬剤師や放射線技師と同等だった)

(3)就業場所は理学療法士は整形外科や脳神経外科がある病院、老人保健施設などになると思います。作業療法士は精神科の病院やいわゆる老人病院、老人保健施設になると思います。
私の見解ですが、理学療法士、作業療法士ともに女性が就くには良い職かと思われます(労働条件や再就職のしやすさなどを考慮すると)
実際、女性が多いです。
女性には作業療法士の方が向いているような気がしますが、将来性や難易度は理学療法士の方が上だと思います(作業療法士の方ゴメンナサイ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と参考になりました。最後は娘が自分で考えて決めることと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 07:38

OT学科の大学生です。


大体、No.1の方がおっしゃっている通りですが、簡単に言うとPTは例えば腕を怪我した人の腕そのものを動くようにするのが仕事で、
OTは手先指先のリハビリ担当といった感じでしょうか。

とりあえず腕が動けば生きていくうえで支障がないので、PTは基本的な体の機能を回復するためのリハビリをします。
しかし、腕が動くようになって、指が動くようになっても、箸や鉛筆などが持てなくては日常生活に支障がありますよね?
それを解決していくのがOTの仕事です。
更にOTは精神分野への関わりもあります。

患者の対象としてはPTの場合、主に整形外科を受診する人です。
OTは高齢者、精神に障害のある人、発達障害を抱えた人(子供)などでしょうか。

ニーズに関してはとりあえず選ばなければ仕事はあると思って差し支えないと思います。
絶対数でいうと、PTの方が多いのですが、これから高齢社会が進んでいって、
介護の仕事の分野が広がって、訪問介護などでOTの活躍する現場が増えていくという話もあるので、OTも需要あると思いますよ。

収入は両者ともあまり相違ないようです。
どのような所に就職するかで変わってくると思います。
地方などは高いようです。(高くしないと人が来てくれないため)

まだ入ったばかりなので、まだまだ説明不足とは思いますが…。
就職・収入といった条件以上に向き不向きも関係してくると思います。
私の場合、OTが向いていると感じたので目指したのですが、
娘さんが希望の進路を選べると良いですね!

余談ですが、同じ大学の医学部生や看護の学生にに「OTって一体何するの?」ってよく聞かれますよ。
一応専門を目指す学生ですらそうですから、まだまだOTの認知度は低いですねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と参考になりました。最後は娘が自分で考えて決めることと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 07:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理学療法士と作業療法士の違いについて

 私は高校3年生で理学療法士の学校を受験しようと考えています。でも理学療法士と作業療法士の違いがよくわからず悩んでいます。過去の面接の報告書を見ると必ずと言っていいくらいあるんです。いろいろ調べては見たのですが難しくてよくわかりません。もし知っている方がいましたら教えてください!!できればわかりやすい文章でお願いします。またそれぞれの職業についての仕事内容や情報もお願いします。

Aベストアンサー

理学療法士→基本動作を主に扱う
作業療法士→応用動作を主に扱う

基本動作とは歩行,寝返り,起き上がり,などの動作です.

応用動作とはそれらの基本動作を用いて,目的を達成させる動作です.

基本動作の歩行ができたり,座る動作ができたとしても,自分一人ででトイレにいって排泄をして戻って来られないと,歩行や座る動作ができる意味がないですよね?
なので,PT(理学療法士)は基本動作をできるようにして,OT(作業療法士)は基本動作を日常生活に活かす応用動作をできるようにリハビリの指導を行うのだと思います.

実際の現場では人手の問題からPTが作業療法をしたり,OTが理学療法をしているところもありますね.

あと,理学療法士法と作業療法士法に両者の違いも記載されているはずです.
それと,学校の面接でそういうことを聞かれるのでしたら,無理に正しいことを言わなくても,自分の思うことを正直に伝えた方がいいと個人的には思いますよ.実際の理学療法士も作業療法士もみていないかもしれないのに,実際がわかるわけないですよ.
かくいう僕もまだ養成校の大学生でぼんやりとしたイメージしかありませんけど(笑)
そういうことも含めて養成校で学ぶんでしょうし,知っているから合格に有利とは思いません.
まあ,個人的な考えですので...御参考までに.
それでは,頑張ってください.

理学療法士→基本動作を主に扱う
作業療法士→応用動作を主に扱う

基本動作とは歩行,寝返り,起き上がり,などの動作です.

応用動作とはそれらの基本動作を用いて,目的を達成させる動作です.

基本動作の歩行ができたり,座る動作ができたとしても,自分一人ででトイレにいって排泄をして戻って来られないと,歩行や座る動作ができる意味がないですよね?
なので,PT(理学療法士)は基本動作をできるようにして,OT(作業療法士)は基本動作を日常生活に活かす応用動作をできるようにリハビリの...続きを読む

QPT(理学療法士)OT(作業療法士)ST(言語聴覚士)の重なり合う領域(仕事)はどんなものでしょうか。

PT・OT・STそれぞれの「専門領域」と「重なり合う領域」について調べているのですが、専門領域については、文献を調べればわかったのですが重なり合う領域については、患者さんへの精神的ケアや家族への助言といったものしか分かりませんでした。具体的にどのような部分で(リハビリをする時等)重なる仕事があるのでしょうか?医療の現場で働く方、是非お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

病院で勤務している作業療法士です。

領域毎の違いもあると思うので、一概には言えないですが・・・

リハビリは患者様の退院後の生活を想定して行っていきます。
それはPT、OT、STともに変わりません。
うまく歩けない患者さまがいた場合、
PTは下肢の筋力訓練や歩行の練習、
OTは立ちながら行う家事やお風呂の立ちまたぎの練習といったように
情報交換しながらそれぞれの視点から訓練を進めていきます。

また、食事ができない患者様がいるのなら、
嚥下機能をSTがみて、食べる姿勢や箸・スプーンの操作をOTがみて・・・というように、情報交換しながら訓練をすすめていきます。

患者様の状態によってはPT、OT、STが協力しながら訓練すすめていきます。

PTだからADLはわからなくていいということはないし、
OTでも筋トレやROMなど機能訓練を中心にすすめることもあります。

それぞれの職種で全然違う訓練をすることもあれば、似たような訓練をすることもあります。
教科書的には、それぞれの領域があるとは思いますが
実際の現場では、おおよその区分はあるものの入り混じってると思った方がよいと思います。
お互いにお互いの職種を理解した上で、しっかりと目的を持って行うことであれば、特に決まりはありません。

質問の意図とは違うかもしれませんが、なんとなくご理解いただければと思います。

ご参考までに。

病院で勤務している作業療法士です。

領域毎の違いもあると思うので、一概には言えないですが・・・

リハビリは患者様の退院後の生活を想定して行っていきます。
それはPT、OT、STともに変わりません。
うまく歩けない患者さまがいた場合、
PTは下肢の筋力訓練や歩行の練習、
OTは立ちながら行う家事やお風呂の立ちまたぎの練習といったように
情報交換しながらそれぞれの視点から訓練を進めていきます。

また、食事ができない患者様がいるのなら、
嚥下機能をSTがみて、食べる姿勢や箸・スプーン...続きを読む

Q理学療法士と作業療法士の違いについて

理学療法士と作業療法士の違いがいま一つ解りません。現役の方、詳しい方、ぜひ教えてください。話では水泳の授業もあるとか聞きます。学ぶカリキュラムについても教えてくださればありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「理学療法士及び作業療法士法」という法令で定められる国家資格の名称だそうです。
以前、勤務していた病院ではOT(作業療法士)がいましたが、大昔、長く通院していた整形外科には理学療法士がいました。
参考までに
http://www.ptlife.net/
http://www.maruib.co.jp/ot/

Q作業療法士・理学療法士の方いますか?

こんにちは。高校2年生の女子です。
今将来について考えているのですが…
作業療法士と理学療法士にとても興味があります。
2つの違いは調べたりしてわかっているつもりなのですが、実際に働いている方の声を聞いてみたいと思い、書き込んでみました。
辛いこと、遣り甲斐があると感じることなどなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
理学療法士(男)です。

私の辛い事と遣り甲斐について回答してみます。
●辛い事
 1.休日が研修会でつぶれること(行けば行ったで有意義なんですけどね。でも、折角の日曜が・・・)
 2.患者さんの病気が再発(これは、仕方が有りません)
 3.患者さんの治療が上手くいかない時(なんでだろう、と試行錯誤します)

●遣り甲斐
 1.患者さんが回復する過程をサポートできる事
 2.お医者さんや、看護師さんとは違った方面から、患者さんに関われること
 3.医学分野以外にも、住宅改修や福祉機器などの分野にも関われること

以上、私の感想を述べました。
理学療法士によって、これらの感想は随分変わりますので、参考程度にしてください。
更に、もっと突っ込んだ内容を聞きたいと思われたならば、是非実際の理学療法士や作業療法士からお話を聞けるようにしてみて下さい(職場見学できるとなお良い)。

Q作業療法士と理学療法士の違いは?

タイトルの通りですが、子供(1歳)の運動発達が遅いので療育に通う予定なのですが、担当してくださるのは「作業療法士」さんのようです。別の方の体験談でうちの子供と同じようなケースで「理学療法士」さんが担当されていたようなので、ちょっと疑問に思って。
施設(たとえば、リハビリセンターのようなところか、病院内の附属施設か)によって、勤務されている方が違ったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

一般のリハビリ施設(病院)では普通大人の方が対象となっています。それに対して療育をおこなう施設ではあたりまえですが、こども特に乳幼児が対象となります。

基本的に理学療法士は基本的運動能力特に姿勢を保ったり、移動したりというようなことが対象で、作業療法士は上肢動作が中心となります。

しかしこども、特に乳幼児の場合発達過程にあり、機能的な分化がなされていません。ですから運動が少し遅いよ、というお子さんの場合理学療法士が担当したり、作業療法士がしたり、ということが起こります。未分化の状態では運動の非常に基礎的部分を練習することになりますのでどちらの職種でも、療育を専門としている施設であれば問題なく対応できます。対応できないと療育施設ではつとまりません。

これは全国どこの療育機関でも同様です。御不安もおありかと思いますがそういう点は遠慮なくお尋ねください。似たような説明が返ってくると思います。説明を求めて十分な答えが返ってこない施設は施設全体のレベルが低いか、担当のレベルが低いと判断されてください。都会であれば療育施設も複数あるでしょうから、選択できます。どこになにがあるかは市町村か県の保健師は知っています。

参考になさってください。

一般のリハビリ施設(病院)では普通大人の方が対象となっています。それに対して療育をおこなう施設ではあたりまえですが、こども特に乳幼児が対象となります。

基本的に理学療法士は基本的運動能力特に姿勢を保ったり、移動したりというようなことが対象で、作業療法士は上肢動作が中心となります。

しかしこども、特に乳幼児の場合発達過程にあり、機能的な分化がなされていません。ですから運動が少し遅いよ、というお子さんの場合理学療法士が担当したり、作業療法士がしたり、ということが起こります...続きを読む

Qどちらが将来性がありますか。理学療法士・作業療法士

私は29歳の男性です。現在、一般の民間企業に勤めています。
就職後、ある理由でこの職種に興味を持ちました。
精神的部分も含むということで、作業療法士の方を目指したいと思っています。

しかしながら、この年齢。
今から学校に行けば(おそらく夜間で4年間)、早くて33歳…。
正直なところ、キレイごと抜きで、収入や将来性も気になる所です。

ネットや本等の情報では、“理学“と“作業”の仕事内容の違いは
さほどないように感じます。
自分のこれからの生活も含め、リアルに考えて行きたいのです。
なりたいのは作業療法士ですが、作業療法士よりも理学療法士に
将来性があるならば、そちらを選択したいです。
少しでも年収が良くなる傾向がある職種はどちらなのでしょう・・・?


小汚い話かもしれませんし、あまい話かもしれませんが、かなり真剣に悩んでいます。
私は、心が触れ合うこのお仕事をして、“定年“を迎えたい…。
みなさん、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

当方は看護師ですが、現在理学療法士も就職難です
作業療法士は確かに精神面に特化している部分もあり
またとても専門分野に特化した事も勉強されています

どちらも一長一短で、また今の段階で未来を予測しても
今後医療の方向性がどうなるのか現場の人間もわかりません

間違いなくお年寄りの介護難民は増えると思います
その時には病院と地域の橋渡しをするケースワーカーのような
仕事が重要視されるのではと考えています

大切なのはまず興味をもたれなりたいと思われた
作業療法の分野で資格を取得され
その後収入面も考えられたらと思います
今では前述したケースワーカーやケアマネージャーなど
いろいろな道が開かれていますので

今の段階でPT・OTどちらかではっきりした差があるようには
思えず、これからの努力でいかようにも
出来ると考えています

精神面の勉強は作業療法の方のほうがかなり
専門的だと思われます

がんばってください

Q理学療法士と作業療法士の違い

タイトルの通りなのですがちがいってなんなんですか?いまいちわからないのでおしえてください

Aベストアンサー

 理学療法とは、身体に障害のある者に対し、
主としてその基本的動作能力の回復を図るため、
治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、
温熱その他の物理的手段を加えることをいう。
作業療法とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は
社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。
(理学療法士及び作業療法士法)

 ということで、両職とも障害を持った人たちに、日常生活動作を行う機能を
回復・改善するための指導・支援をします。
 違いは、理学療法士は「座る・立つ・歩く」というような
大きな日常生活動作を対象とするのに対して、
作業療法士はさらに細かい動作、例えば「文字を書く・髪をとかす・着替える」
などの動作を対象としています。
 また作業療法士は身体だけでなく精神に障害を持った方々に対するケアも行います。

Q理学療法士、作業療法士の方に質問です(聞いた話でもいいです)

 30代女性です。今から資格をとろうかと考えています。

そこで質問なのですが。
●今、どんな仕事をしていますか? 

●一番のストレスは何ですか?

●今の仕事を選んでよかったと思うところ、悪かったと思うところはどんなところでしょう?

●やりなおせたとしたら、また同じ仕事を選びますか?(もし違う仕事なら何を選びますか?)
 
●現実問題、お給料どれくらいですか?満足していますか?

●就職状況はこの先どうなりそうでしょうか?(専門学校卒でも大丈夫でしょうか?)

 私はリハビリを指導してもらった経験から、理学療法士になりたいと思っていたのですが、先天性の疾患があり肉体労働がちょっと無理そうなのです。
 前に整骨院で働いていたので、経験は活かせると思うのですが…。
 理学療法士のかた、肉体的にはハードでしょうか?

 また、以前知人の知人で作業療法士をやっていた方が自殺しました。
 その方は生前「よく知らない人は、障害のある患者に傷つけられることを心配してくれるけれど、彼らは私を傷つけたりしない。むしろ自分自身を傷つける。それが辛い」と言っていたそうです。

 自殺の原因がそれだったかわかりませんが、「これは生半可な気持ちでついていい仕事ではないな」と感じさせられました。

 専門学校でどちらかの科を受験しようと考えているのですが迷っています。

 また、理学療法士の学校ではテクニック的なこともならうのでしょうか?(つまりは実技です)
 全体的に関節がゆるくて、背中など(左側のみですが)押されただけで肋骨がぽこぽこいう感じがして正直人にさわられたくありません。恐怖です。
 膝や股関節、肩なども人並み以上にゆるくて(汗)
 学生同士で練習台にと考えたら、寒気がします。安心して試験に望めません(汗)切実です。どなたか教えて下さい。

 回答、アドバイスお待ちしています。

 30代女性です。今から資格をとろうかと考えています。

そこで質問なのですが。
●今、どんな仕事をしていますか? 

●一番のストレスは何ですか?

●今の仕事を選んでよかったと思うところ、悪かったと思うところはどんなところでしょう?

●やりなおせたとしたら、また同じ仕事を選びますか?(もし違う仕事なら何を選びますか?)
 
●現実問題、お給料どれくらいですか?満足していますか?

●就職状況はこの先どうなりそうでしょうか?(専門学校卒でも大丈夫でしょうか?)

 私はリハビ...続きを読む

Aベストアンサー

徒手的に患者さんに運動させることもあるし、
関節バキバキということはありえませんが、ほぐしのようなこともするかもしれません。
病院によって手技が違うこともあるようですし、
現場の理学療法士の仕事を見学して、質問されることをお勧めします。

専門学校の受験で、職場見学をしてくることを推奨している学校も多いですし、
入ってから後悔しても遅いですから、できるだけ疑問は晴らしてから受験に臨まれると良いと思います。

理学療法士のいる病院やクリニックに電話で見学希望の旨をお願いすれば、
受け入れてくれるところも多いと思います。
ぜひ、実際の仕事の様子を見に行ってみてください。

Q理学療法士 > 作業療法士なの??

どこかの本で、作業療法士は理学療法士にコンプレックスを感じる、
理学療法士過程を落ちた人で、浪人をさけるために作業療法士過程に入ったみたいことを知りました。また、病院では理学療法士は、多くとるが作業療法士はあんまりとらないとのこと。理学療法士の方が立場が強いのですか??

Aベストアンサー

確かにPT(理学療法士)とOT(作業療法士)のどちらかしか雇うことができない場合理学療法士が雇われることが多いそうです。ただ、PTにはPT、OTにはOTにしかできないことがあります。数が多ければ立場が強いというわけではないでしょう。

Q看護師よりも理学療法士・作業療法士のほうがいいのでしょうか?

看護師よりも理学療法士・作業療法士のほうがいいのでしょうか?


25歳男性です。看護師を目指しているのですが、従姉妹(病院で介護福祉士として働いている)が看護師は止めたほうがいいと言っていました。従姉妹は下記の理由を言いました。

・看護師の仕事は介護師の仕事に医療行為が増えただけ
・年収だけを見れば公務員(地方上級)よりも高い傾向があるが、夜勤やら残業やらがあるため
・何かあれば即呼び出し(ある意味警察官と同じ)
・週1日しか帰宅できない時がざらにある
・看護師は医師の指示でしか動くことができない
・理学療法士・作業療法士は医師の指示がなく働くことができる
・理学療法士・作業療法士は独立開業ができるが看護師で独立開業した人は見たことがない
・シフトの融通が利くのは女性のみで男性看護師は意見すら通らない(緊急呼び出されるのは男性が殆ど)
・看護師から理学・作業療法士へ転職をする人はいるが、逆は少ない
・安定しているように見えるのは気のせい
・看護師の求人が多いのは離職者が多すぎるから。理学・作業療法士の求人が少ないのは離職者が少ないから

とマイナスな面ばかり聞かされました。
すごく大げさにも思えますが、どうなのでしょうか?
ちなみにヤフー知恵袋で調べたのですが理学・作業療法士は専門学校などが乱立されているので将来的に待遇や就職が困難になるともありました。

看護師よりも理学療法士・作業療法士のほうがいいのでしょうか?


25歳男性です。看護師を目指しているのですが、従姉妹(病院で介護福祉士として働いている)が看護師は止めたほうがいいと言っていました。従姉妹は下記の理由を言いました。

・看護師の仕事は介護師の仕事に医療行為が増えただけ
・年収だけを見れば公務員(地方上級)よりも高い傾向があるが、夜勤やら残業やらがあるため
・何かあれば即呼び出し(ある意味警察官と同じ)
・週1日しか帰宅できない時がざらにある
・看護師は医師の指示でしか...続きを読む

Aベストアンサー

看護大学の教員をしています。

全体的に言えば大袈裟で、たくさんの誤りもあります。
看護師は准看護師も含めれば130万人近くいて、働く場もたくさんありますし、中には条件や環境の良くない職場もあるとは思いますが。

一般的な病院では、男女での違いなどはありません。そんなことをしたら訴えられてしまいます。
また理学療法士や作業療法士に開業権はありません。看護師は2.5人以上集まれば訪問看護ステーションを開設することができます。

もともと仕事の内容が違いますよね。リハビリでは自分のミスで人が亡くなるようなことはあまりありませんが、看護師は症状を見逃したり、技術的なミス、判断のミスで、患者さんを死なせてしまうこともあります。でもそれだけ、責任の重い仕事でもあると思います。
法律上は、理学療法士や作業療法士は医師や看護師の業務の一部を担うという位置づけになります。看護師の中からリハビリテーションを専門に学びたいという人が出てきてもおかしくはない様に思います。もちろん逆の人もいますし、私の大学には歯科大をやめて看護を学びに来たという学生さんもいます。人それぞれなのではないでしょうか。

個人的な意見ですが、少子化が進む中で大学の生き残り策として諸事情で看護学科を作れなかった大学が理学療法学科を乱立している感があります。高齢化社会でリハを必要とする方が増えるにせよ、現在の政策が続くとすれば供給過剰となることは否めません。

自分が何をやりたいのかをよく考えられて、大学の説明会などを見てみるとだいぶ分かるのではないかと思います。

看護大学の教員をしています。

全体的に言えば大袈裟で、たくさんの誤りもあります。
看護師は准看護師も含めれば130万人近くいて、働く場もたくさんありますし、中には条件や環境の良くない職場もあるとは思いますが。

一般的な病院では、男女での違いなどはありません。そんなことをしたら訴えられてしまいます。
また理学療法士や作業療法士に開業権はありません。看護師は2.5人以上集まれば訪問看護ステーションを開設することができます。

もともと仕事の内容が違いますよね。リハビリでは自分のミスで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報