最新閲覧日:

民間の託児所を経営するのに必要な資格や、諸手続について教えて下さい。

A 回答 (1件)

保育所は大きく分けると認可保育所と認可外保育所に分けられます。


認可保育所とは、厚生労働省が定めた保育士の数や保育室の広さ等の基準を満たし、都道府県知事の認可を受けて開設した保育所です。
一方、認可外保育所は、事業所内保育所やいわゆる託児所と呼ばれるもので、法人または個人が任意に開設した託児施設です。

認可外保育所は、開設にあたり何も届出義務がなく、ただ、人数にあわせて建物基準がある消防や、食事を作ったりすると保健所からの調査・指導等があり、開設前後に届けをすれば、市や県の児童家庭課からの指導・立ち入り調査等があります。ただし、立ち入り調査は、把握されているものに限られたり、個人で数人を預かっている場合、把握できなかったり、立ち入り調査も入らなかったりさまざまです。そのように直接規制がないだけに、行政からの補助や助成がなく、自分たちでいかに運営していくかが必要になってきます。

認可保育所の開設には「保育士」が必要です。

詳細については、各市区町村にお尋ねください。
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ