先日テレビで、「死期」を「しご」と読んでいるのを聞きました。ずっと「しき」だと思っていたので驚きました。私の持っている辞書を調べて見ましたが、「しき」のみで、逆に「しご」を調べても「死期」はでてきませんでした。初めは、最近アナウンサーの方でも日本語の間違いが多い(現代風の言葉(?)とは別として、です)ので、それかなと思っていたのですが、パソコンで変換をしてみると「しご」でも「死期」が出てきていました。ということはそういう読み方も存在する・・・のですよね?
 では、「死期(しき)をはやめる」という使い方をしますが、「死期(しご)を早める」とも言うのでしょうか?それとも、まさかとは思うのですが、読み方によって用途が違うとか・・・?
 一人で考えているとぐるぐるになってしまったので、教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どちらでも構わないと思います。


意味が通じればね。
一応、検索してみましたので、下の結果を見てください。

しき↓↓↓
(1)死ぬ時。命の終わる時。しご。
「―が迫る」
(2)命を投げ出すべき時。しご。
「―を得る」

しご↓↓↓
死にぎわ。臨終の時。しき。

らしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

用途もあってわかりやすかったです。詳しい回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/16 11:32

どちらでも、OKのようです。



ちなみに、「期」を「ご」と読むのは、
人が死ぬときだけです。

個人的には、死期(しご)はほんとに死ぬ瞬間、間際を表していて、

死期(しき)は死ぬ少し前のある程度の期間を現すと思います。

参考URL:http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?col=KO&pg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~、やっぱりそうなんですね。お早い回答ありがとうございます!すっきりしました。でも今まで知らなかったのが何か少し悔しいですね(^^;)。

お礼日時:2005/04/16 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q「まさか」と「さげる」

1。(「まさか」という表現を練習してみたいと思います。)

 「まさかあの人気ナンバーワンのお店はハンバーガーの中で、変質の鶏肉を使ったとは思わなかったね。」

 若者の中で人気があるファストフードのお店は暴利をむさぼるために、悪い鶏肉を使いました。このことはニュースの中で披露された時に、若者Aは信じられない気持ちを含めて、若者Bに以上のような言葉を言いました。この言葉を自然な日本語の口語(できれば、女性ことば)に添削していただけないでしょうか。


2。(「さげる」という表現を練習してみたいと思います。)

 「ブランド物のカバンをさげたOLらは毎日地下鉄の地下通路を急いでいる。」

 小学四年生の国語の教科書から、「買い物かごをさげたゆみ子」という文を読みました。私も「さげる」という動詞を使って、文を作ってみたいと思って、日記の中でこんな文を書きました。「さげる」はこの場合で使えるのでしょうか。自然な日本語の書き言葉に添削していただけないでしょうか。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。宜しくお願いします。

1。(「まさか」という表現を練習してみたいと思います。)

 「まさかあの人気ナンバーワンのお店はハンバーガーの中で、変質の鶏肉を使ったとは思わなかったね。」

 若者の中で人気があるファストフードのお店は暴利をむさぼるために、悪い鶏肉を使いました。このことはニュースの中で披露された時に、若者Aは信じられない気持ちを含めて、若者Bに以上のような言葉を言いました。この言葉を自然な日本語の口語(できれば、女性ことば)に添削していただけないでしょうか。


2。(「さげる」とい...続きを読む

Aベストアンサー

1:「まさかあの人気ナンバーワンのお店がハンバーガーの中に変質の鶏肉を使うなんて思わなかったね。」

最後を「思わなかったわね。」「思わなかったわよね。」にしたり、「ねー」「ねぇ」と語尾を伸ばすと、女性らしいかもしれません。
私自身(20半ばの女性ですが)はあまり「わね」という言い方はしないのですが。
私だったらこう言います。
「まさかあんなに人気のあるお店がハンバーガーに変な鶏肉を使うなんて思わなかったよね~」

2:「ブランド物のバッグをさげたOLたちが毎日地下鉄の地下通路を急いでいる。」

たくさんの人を差すときは「たち」のほうが自然です。
「彼ら」「それら」という言い方も確かにありますが、それが人の名前や役職、また今回のように「OL」という特定の相手を示すのであれば「たち」がいいです。

それと、バッグを下げるという言葉は間違いではないのですが「さげる」というと手に持つ重いものというイメージがあります。
それなのでブランドバッグだと「さげる」よりは「持つ」のほうが自然かと思います。
「さげる」ならコンビニ袋とか風呂敷包みとか買い物かごとかがいいかなぁ。個人的な意見ですが。

それと、数字の後に使うなら「。」よりも「.」や「:」のほうがいいですよ。
(わざとなら構わないのですが)
「。、」などの句読点はやはり文章内の区切りで使うものですので。

ざっと拝見させていただいた中では、No.3(No.5の修正を含めて)の方が一番シンプルで自然かなと思いました☆

1:「まさかあの人気ナンバーワンのお店がハンバーガーの中に変質の鶏肉を使うなんて思わなかったね。」

最後を「思わなかったわね。」「思わなかったわよね。」にしたり、「ねー」「ねぇ」と語尾を伸ばすと、女性らしいかもしれません。
私自身(20半ばの女性ですが)はあまり「わね」という言い方はしないのですが。
私だったらこう言います。
「まさかあんなに人気のあるお店がハンバーガーに変な鶏肉を使うなんて思わなかったよね~」

2:「ブランド物のバッグをさげたOLたちが毎日地下鉄の地下...続きを読む

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q「貶める」の読み方が分からないのですがinternet上で調べる

ことはできますか?また、今後、このように漢字の読み方が分からない時に正確な読み方を調べられる有効なサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

読みだけでしたら…

コピーして、アドレスを入力するところに貼り付けます。
その言葉(ここで言うと「貶める」ですね)をドラッグして右クリックで[再変換]を選びます。
そうするとひらがなに戻ります。
簡単なものでそんなに正確じゃなくていいならこれでいいかもしれません。

Q漢字の読みを調べる方法

たまに難しい本を読むと、難しい漢字が出てきます・・・・・。そのような漢字の読みを調べる方法を知りたいです。漢字といっても、一つだけなら、IMEパッドの手書きなどで調べる事ができます。
また、単語(でいいのかな?)になっていても「再変換」したら読みがでてきます。しかし、それでもきちんとした読みがでてこないものもあります。そのような漢字の読みを調べる方法(できればPCを使用した)を知りたいです。できれば無料で。教えてください。
例えば、
・人夫頭
・阿房宮

という言葉・・・。読めません。

Aベストアンサー

いきなり「人夫頭」では読みに戸惑うかと。
貴方自身は当該単語を含む文章を読んでいるので、「人夫」の親分のこと(を頭[かしら]とも称する)だなぁ~程度は判るはず。
「人夫」の読みはインターネット辞書で「にんぷ」と直ぐに判明。これは音読みですね。
でも「頭」の読みは難しいかも。「頭領」は「とうりょう」だから、「人夫頭」は「にんぷとう」で正しいかどうか不安ですね。
ここはやはり、用例が載っている漢和辞典に頼るべきかと。
「番頭」は「ばんとう」だけど、「組頭」「旗頭」「前頭」はいずれも「~がしら」と読みます。だから「人夫頭」は「にんぷがしら」だろうと推察できそう。
ちなみに「座頭」は「ざとう」「ざがしら」の2通りの読みがあるけど、「親分」の意味では後者の読みですね。

Q「々」、「〃」、「ヶ」…の読み方。

タイトル通りなのですが、
「々」、「〃」、「ヶ」…の読み方、ご存知の方教えてください。
もともとの語源(?)なんかも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは♪o(^-^)o

↓こちらをご覧になってみて下さい。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jiten/jiten/kojien.html

Q「早よ」「怖ぇ」「遅せぇ」「悪りぃ」などと言った、特別な漢字の読みは、国語の世界(?)では認められるのか?

「早よ」→はや(く)
「怖ぇ」→こわ(い)
「遅せぇ」→おそ(い)
「悪りぃ」→わる(い)
などなど……
最近では、漢字の読みが、送り仮名合わせて2文字であっても、
強制的にそれを1文字にして、あとに送り仮名をつける、
特別な漢字の読みが、広まっているような気がします。

このような漢字の読み方は、日本の漢字の世界では、認められるのでしょうか?

例えば、このような特別な読みを、小説などで使用してもいいのでしょうか?


回答待ってます――m(__)m

Aベストアンサー

国語?日本語は外国の言葉も外来語として表記できる優れた文字じゃないかな?。

なので、
>「早よ」→はや(く)
>「怖ぇ」→こわ(い)
>「遅せぇ」→おそ(い)
>「悪りぃ」→わる(い)
>などなど……

は、良いのでは?。
で、平安時代にひらがなが登場したのでしょう?。
それ以前は、
漢字を使ったとは言え漢文をいろいろ細工して日本語読みにしていたのでしょう?。
漢字が来るまでは日本語は表記文字じゃなかったのでしょうからね。
言霊を『ひらがな』や『カタカナ』を『漢字』に混ぜて、
心の動きまで表現を許している文字が日本語じゃないかな?。

欧米の言葉は理論整然とコンピュータプログラムの感じさえする時さえあるかもね?。
欧米の言語がデジタル感があるかも、
対して日本語は感情というアナログ感が溢れていないかな?。
とは言っても書き手と読み手が共通の感性を持って始められる訳だから、
共通の認識が無ければ誤解になるね。

とは言っても、合言葉の様に、グループ内だけで共通の文章を使いたがるのも、
日本人は昔からあるでしょう?。
マスコミか放送業界が使う言葉とか、
国会内で使う言葉とか、
警察が使う言葉とか、
いろいろな組織が独自に他の人には解らない様な言葉がね。

『てふてふ』って知ってますか?。
Web検索しないで『てふてふ』が何か・・・。

国語?日本語は外国の言葉も外来語として表記できる優れた文字じゃないかな?。

なので、
>「早よ」→はや(く)
>「怖ぇ」→こわ(い)
>「遅せぇ」→おそ(い)
>「悪りぃ」→わる(い)
>などなど……

は、良いのでは?。
で、平安時代にひらがなが登場したのでしょう?。
それ以前は、
漢字を使ったとは言え漢文をいろいろ細工して日本語読みにしていたのでしょう?。
漢字が来るまでは日本語は表記文字じゃなかったのでしょうからね。
言霊を『ひらがな』や『カタカナ』を『漢字』に混ぜて、
...続きを読む

Q「橋」の読み方で、「はし」vs.「ばし」

日本橋、京橋はじめ、「~橋」の訓読みは通常「ばし」と発音されることがほとんどのような気がします。
例外では「上ノ橋」、「下ノ橋」等、「ノ」または「之」の後や「~大橋」の場合、固有名詞ではなく「浮橋」、「唐橋」、「柴橋」等、橋の種類をいう場合、および地名の「八橋」、「猿橋」、「豊橋」、「布橋」、そして人名の「高橋」くらいしか思いつきません。

音便のようなもので「の」の音の後は「ばし」になるのかとも思いましたが「長野橋」や「すすきの橋」はたぶん「ばし」でしょう。

これをうまく説明できる方いらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

「名詞+名詞」で、一語の名詞になる、ということを濁音化が示しているのではないでしょうか。つまり、二つの名詞と解釈されるのを防ぐための濁音化。(日本橋・豊橋(橋)・青空橋・旭川(川)・江戸川・淀川など)
「形容詞(的語)+名詞」であれば、修飾―被修飾の関係から明らかに一語だとわかるので、手は加えない。(高橋・大橋・浮き橋・早川・荒川・大川など/例外:小川など)
「名詞+名詞」でも、ice creamのように意味上は形容詞+名詞になっている場合は、手は加えない。(唐橋など/例外:石橋・土橋(どばし)・かずら橋・どぶ川など)
「名詞+の+名詞」であれば、「の」が連体修飾の意味を表すため、同様に手は加えない。(虹の橋など)

ずいぶん例外が出てしまいましたが、このような線でいかがでしょう。さらに、人名地名についてはまた別に考える必要があると思います。例えば「猿橋」などは、通常の文脈なら「さるばし」と読むのが自然ではないでしょうか(参照:犬橋・猫橋・馬橋など)。

と打ち終わった瞬間、山田・高田・小島など例外がどんどん浮かんできてしまいました…もう少し考えてみます。

「名詞+名詞」で、一語の名詞になる、ということを濁音化が示しているのではないでしょうか。つまり、二つの名詞と解釈されるのを防ぐための濁音化。(日本橋・豊橋(橋)・青空橋・旭川(川)・江戸川・淀川など)
「形容詞(的語)+名詞」であれば、修飾―被修飾の関係から明らかに一語だとわかるので、手は加えない。(高橋・大橋・浮き橋・早川・荒川・大川など/例外:小川など)
「名詞+名詞」でも、ice creamのように意味上は形容詞+名詞になっている場合は、手は加えない。(唐橋など/例外:石橋・...続きを読む


人気Q&Aランキング