与謝野晶子の詩で、ねずみを題材にした詩があったと思うのですが、ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「晶子詩篇全集」雲片片(小曲五十六章)の章にある2つ目の詩です(初出 「詩十章」明星 昭二・一)。


「青空文庫」で公開されています。





わが家(いへ)の天井に鼠(ねずみ)栖(す)めり、
きしきしと音するは
鑿(のみ)とりて像を彫(きざ)む人
夜(よ)も寝ぬが如(ごと)し。
またその妻と踊りては
廻るひびき
競馬の勢(きほひ)あり。
わが物書く上に
屋根裏の砂ぼこり
はらはらと散るも
彼等いかで知らん。
されど我は思ふ、
我は鼠(ねずみ)と共に栖(す)めるなり、
彼等に食ひ物あれ、
よき温かき巣あれ、
天井に孔(あな)をも開(あ)けて
折折(をりをり)に我を覗(のぞ)けよ。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/card2557.html
    • good
    • 0

詩と言うか、作詞しているようですね。



『ねずみ』  と言う題名で合唱曲があるようです。

参考サイト
○「磯部 俶 男声合唱曲集」 出版楽譜 内容紹介
http://www.geocities.com/isobechorus/isobetosi-d …

○ねずみ
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/958 …

この回答への補足

その歌詞の全文が分かれば嬉しいのですが。

補足日時:2005/04/17 23:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング