この夏、ちょっと太ってしまい、体重が増えるとともに、腹部に脂肪がついちゃったんですよね。それで、ちょっとダイエットしなきゃと思って、どうせするなら効果的にやりたいなと思って、皆さんのご意見や、経験談などをお聞きできればと思ってます。
自分は、20才 学生 165cm 62kg です。
運動は月3回程度の草サッカーだけです。どうせだったら、サッカーでも使えるような筋肉や、持久力も鍛えられたらなと思っているのですが。
何かいい方法や、オススメのサイトや本などありましたら教えてください!なるべくお金がかからない方法がいいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ジョギングと少量の食事制限の組み合わせをお薦めします。



自分はこれで期間6ヶ月半 166cm 68kg(体脂肪26%) → 55kg(体脂肪12%)に減量できました。
ウエストは 80cm → 70cm です。

また、自分は草バスケットボールを月に1~2回程度しているのですが、3時間の練習もまったく疲れないほどの体力・スタミナがついています。
具体的には以下のように行いました。

○週に5回5Kmのジョギング、スピードは息が切れないぐらい(大体6~7分/Km)
 慣れてきたら10Kmぐらいまで距離を伸ばす.
○食事は朝・晩の炭水化物(パン、ごはん)の量を半分にし、その分タンパク質、
 野菜類を増やす。また、脂質は少なめに摂る。
○運動後もしくは寝る前に腕立て伏せ、腹筋、背筋のトレーニング
○最初の1ヶ月は間食は我慢する
○飲み物は水やお茶を摂る。
○低脂肪牛乳、100%果汁オレンジジュースを1日1杯飲む

ジョギングですが、たまにペースアップして走ると、ダッシュ力アップに有効です。
参考にした本はナツメ社刊田中宏暁著『ランニングで落ちるあなたの体脂肪』です。自分はこの本のやり方をもとに自分なりにアレンジして実践しました。
 
    • good
    • 0

お腹(下腹部・丹田)は本来細くて強い部位です。

身体を前後に二つ折りにすると、
そのときにできる折れ線が下腹部です。
もしも、腹部が出っぱっていると身体はスムースに曲げることが出来ません。
お腹をへこませるには、できるだけ屈伸運動姿勢を継続させる必要があります。
スキージャンプのアプローチ、相撲の仕切り、陸上のスタートを真似るのも一考です。
もう一つの方法は、胸を下腹部より前に出す、さらに胸より下腹部の位置を上にすると、下腹部が凹み胸が大きくなります。四つん這いになりお尻を上げる。
仰向けになり膝を曲げて下腹部を持ち上げる。・・・などお金がかかりません。
    • good
    • 0

腹といえば腹筋!でも腹筋にもいろいろあって鍛え方もそれぞれで奥がふかいですよね。

したのURLをのおいてみられたら?専門家がお答えしてくれますよ。

参考URL:http://www.cmnw.com/instructor/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちょっとの運動でも、すぐ腰や腿が張ってだるくなります

40代女性です。
学生時代もほとんど運動することなく、姿勢が悪いです。
今からでも少しでも姿勢を良くして、筋力もつけたいと思ってるのですが、
そんなに運動したと言えるレベルでなくても、
ちょっとウォーキングしたり、背筋を伸ばすようにしたりしただけで、腰が張ってしまいます。
ほかに、腿も張ってだるくなります。筋肉痛とは違う感じです。
背筋は伸ばしっぱなしではなく、時々かがむようなストレッチをしたりしてますが、それでもダメです。
数日運動をサボると、腰や腿のダルさは抜けますが、運動を再開すると、また同じことの繰り返しです。
いつかはこのような状態から抜け出せるのでしょうか?
筋力の弱い人は、どんな運動をすればよいのでしょうか?
お願いします!

Aベストアンサー

普通、そうです。
同年輩なら、よほど意識して運動続けてる人でもしてない限り、誰でもそうなりますよ。

40過ぎたら数日サボるってのは、できるかぎり避けたほうが、今の状態から抜け出せるのが早くなります。
ちょっとづつしか筋肉も体力もついてはきません。

私も40過ぎてから肥満してしまって、ウォーキング30分腹筋10回でヘトヘトになりました。これでも30代半ばくらいまで、ジム通ったりして多少は基礎的な体力はあると思っていたのですが、数年サボったら、また一からやり直しでした。
翌日は全身筋肉痛で、腹筋だけじゃなく、背中も足もパンパンでした。
その時は2日ほど休みましたが、あとはなるべく毎日ジムへ通いました。行けない日もステッパー踏んだり、腹筋だけは絶対するとか、通勤で一駅二駅は歩くとか色々工夫して、「何もしない日」を作らないようにしました。

現在はジョギング30~60分、ヨガも毎日して、20代の頃の体型キープしてます。(まあ、元々そんなに細いほうではないので、健康的な範囲程度に)

半月も続けたら、急に楽になっていくものです。筋肉痛も徐々に軽くなり、回復も早くなっていきます。
体が若返っていくのを実感できますよ。
焦らず、怪我をしないよう注意して、続けてくださいね。

普通、そうです。
同年輩なら、よほど意識して運動続けてる人でもしてない限り、誰でもそうなりますよ。

40過ぎたら数日サボるってのは、できるかぎり避けたほうが、今の状態から抜け出せるのが早くなります。
ちょっとづつしか筋肉も体力もついてはきません。

私も40過ぎてから肥満してしまって、ウォーキング30分腹筋10回でヘトヘトになりました。これでも30代半ばくらいまで、ジム通ったりして多少は基礎的な体力はあると思っていたのですが、数年サボったら、また一からやり直しでした。
...続きを読む

Q持久力のつけ方

4月から体育で1000mを走るんですが、運動もしていないのでとっても遅いんです(6分くらい)。しかも、クラスの平均タイムが学校で設定してあるタイムをきらないと終わらないので、クラスの足をひっぱてしまうんです。
春休みにプールで泳ごうと思うのですが、持久力をつけるのに効果的な泳ぎ方ってありますか??(一応クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライできます)

Aベストアンサー

いまどき連帯責任とは……。個人の運動能力や特性を無視したえらく前近代的・非科学的なやり方ですね。

と言っても問題が解決するわけではないので、アドバイスをするなら、

1000mとなると中距離系ですから、持久力の中でも酸素摂取能力(これはゆっくり長時間運動することで鍛えられる)よりも、耐乳酸性(そこそこのスピードを一定時間維持できる能力)が重要になってくるでしょう。

となると50~100mダッシュ→同じ距離をダッシュの2~3倍の時間をかけて流す→またダッシュというのを10~15本ほど行なうインターバルトレーニングが効果的です。

息が上がってきても流すペースを落とさず、またダッシュ、ということを繰り返すことで、スタミナがアップして、踏ん張りがきくようになります。
ただし、このやり方は負荷が高いので1~2日おきに行ないましょう。行なった翌日にはゆっくり30~60分泳いで疲労を抜くのが効果的です。

ただし実際のところは、やはり走ったほうがアップします。
その場合は、100mダッシュ→200~300m歩く→またダッシュというのを10~15本。行なった翌日はゆっくり30~40分走る、といった具合にします。

ですが、苦手な運動を続けるのは、はっきり言って苦痛でしかなく、途中で止めてしまう可能性が高いです。

ですから、3月中は得意な水泳である程度体を慣らす。そして4月に入ったら走るようにして実際に近いトレーニングをするという具合にしたらいいでしょう。

なお、これが一番大事なのですが、週1回はしっかり体を休めて回復の時間を取るようにしてください。そうでないと疲れがたまりすぎて、かえってタイムが悪くなる可能性があります。

食べるものもしっかり食べて、しっかり睡眠も取るようにしてください。

いまどき連帯責任とは……。個人の運動能力や特性を無視したえらく前近代的・非科学的なやり方ですね。

と言っても問題が解決するわけではないので、アドバイスをするなら、

1000mとなると中距離系ですから、持久力の中でも酸素摂取能力(これはゆっくり長時間運動することで鍛えられる)よりも、耐乳酸性(そこそこのスピードを一定時間維持できる能力)が重要になってくるでしょう。

となると50~100mダッシュ→同じ距離をダッシュの2~3倍の時間をかけて流す→またダッシュというのを10~15本ほど行な...続きを読む

Q有酸素運動・持久力について

僕は高校生にも関わらず、すぐ走ったりすると息を切らしてしまいます。
持久力をあげるにはマラソン・エアロバイク・水泳など・・・どの運動が一番息切れしない体をつくることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

持久力というのにもいろいろありますが
大まかにいうと『筋肉の性質』と『心肺機能』の
2つに大別されます。

筋肉は瞬発力の速筋と持久力の遅筋があります。
遅筋は軽い付加の有酸素運動を繰り返し続けることで
発達します。

心肺機能は一度にどれだけの量の血液を送り出せるか、
どれだけの空気を吸い込めるかのことで
これは普段から心臓や肺に負荷をかけていると
発達しやすいです。

あとは体を身軽にすれば筋肉の疲労は減ります。

マラソンは体重が重い人には膝に大きな負荷がかかるので
質問者様は水泳のほうがいいと思います。
水泳はゆっくり長時間泳げば遅筋を鍛えられ
呼吸も制限するので心肺機能を鍛えるにもいいと思います。

デメリットはプールの使用量がかかりることと
走るのに適した筋肉ばかりが鍛えられるわけではない
ということです。

Q体力(スタミナ)・持久力をつけるのに家でもできるオススメな方法をアドバイス下さい。

体力(スタミナ)・持久力をつけるのに家でもできるオススメな方法をアドバイス下さい。

私は子供の頃からそれほど体力には自信がなかったのですが、3年ほど前に仕事からの不安からか、うつ病を患い半年間休職した後になんとか復職でき、現在に至ります。
ただ、うつ症状がだいぶ良くなった現在でも週5日勤務自体が体力的・精神的にもきつく、つい当日の朝に欠勤してしまうこともしばしばです。
ありがたい事にこんな自分でも仕事を任せてもらえている組織(会社)、信頼関係を持ってくれている同僚や取引先があります。
本当にありがたい事だと思っており、例えば仕事のスキルや組織を形成する上でもっと役に立ちたいと考えていますが、努力しようにも体力のなさ、持久力のなさを痛感しています。
ウォーキングやジョギングなどもやってみましたが、全て三日坊主でどうしても続ける事が出来ませんでした。
唯一、簡単なストレッチ体操だけは起床後に5分程度ですが続けられており、何もしない日よりは身体が軽くなった気がしますが、やはり根本的な体力・持久力を手に入れたいです。

根気がなければ何をやっても同じかもしれませんが、ますは家でもできる軽いことからでもいいので何かを始めたいと思っています。
体力(スタミナ)・持久力をつけるのに家でもできるオススメな方法をアドバイス頂ければ幸いです。
また、書籍などがあればそれを紹介いただいてもありがたいです。
切実な悩みですので、どうか、よろしくお願いします。

体力(スタミナ)・持久力をつけるのに家でもできるオススメな方法をアドバイス下さい。

私は子供の頃からそれほど体力には自信がなかったのですが、3年ほど前に仕事からの不安からか、うつ病を患い半年間休職した後になんとか復職でき、現在に至ります。
ただ、うつ症状がだいぶ良くなった現在でも週5日勤務自体が体力的・精神的にもきつく、つい当日の朝に欠勤してしまうこともしばしばです。
ありがたい事にこんな自分でも仕事を任せてもらえている組織(会社)、信頼関係を持ってくれている同僚や取引...続きを読む

Aベストアンサー

私もあなたと同じような体験をしました。
命に係わる大病を3回、入院は何度も数えきれないくらい。
ですから、退院した後もすぐには体がいうことを聞きません。
リハビリは発語練習から、手足を動かす訓練(私は脳梗塞の影響で
右半身が麻痺したため、今でも健常者と互角に歩くことはできません)
それでも千葉県の郊外、佐倉から片道2時間以上もかけて都心の会社に勤務しています。現在は、かなり回復したので、健常者と見分けはつかないようです。
しかし、健常者でも苦痛に思われる往復4時間半以上の電車通勤です。
勤務は1週間に4日間、1日4時間の立ち仕事です。
疲れても座ることはできません。もうすぐこの仕事も、満1年になります。
以前の私は、さまざまな病気を繰り返すうちに、体力は普通の人の半分もなく、
2,30メートルも走れば倒れてしまいました。
持久力走は、無残な結果でした。
中学生のころ町内対抗の駅伝競争がありました。
バトンをもらい、100メートルほど走ったら、急に手足がつってしまいました。
その場にうずくまり、救援車が来るのを待ちました。
痛みには耐えられず、落伍してしまいました。道路の両側からは、ブーイングの嵐です。仲間は歯を喰いしばって全力で走っているのに、なんて奴だ!
今思っても辛い経験です。
最近、ウオーキングが体にとてもいいと、上司、医師から勧められましたが、
あなたと同じく、私も3日と持ちません。何度やっても同じです。
脳梗塞で倒れたのですが、奇跡的にも、口述する、ある方法で治癒した私は、
かつての厳しい職場に戻りました。
とても口に出来ない辛辣な扱いを受けました。
「ろくに仕事もできないのに、座っているだけで月給何十万円?
うそだろ、まるで給料ドロボーじゃないの?」
今扱いは当たり前。
針の筵でした。
ただひたすら、派遣されてくる老若男女のスタッフに、
基本から仕事を手とり足とり、一所懸命に教えました。
その中に、夫に先立たれ3人の子供のために働くある美しい女性に
出会いました。彼女は必死で仕事を覚えました。
そのうちに、一日も休まず働き続けたその真面目さが買われたのか、
退職の1年前に、私は本社へ転勤となりました。
例の美人のシングルマザーは、私の転勤を知ると、熱い涙を流しました。
シングルマザーは、私が本社へ転勤する日に、両手を握って泣いてくれました。
こんなことって、生まれて初めての経験でした。
私が定年が近いことを知った彼女達が、上司を通じて、本社へ推薦運動をひそかに
やっていたのかもしれません。彼女たちは、とても、大変な職場で必死に働きました。
彼女達は、指導役の私が頼りだったのです。
本社に挨拶に行くと、社長は私を労った後、とても楽な仕事を与えてくれました。
もう、針の筵はありません。
職場には、新品のパソコンと机、電話、秘書のような若い女性がついて、
給料は同じでした。
次の職場は、勤務時間は午後3時から7時まで、重いものは一切運ばなくていい。
私にはうってつけです。世界の政治経済情報を絶えずウオッチ、勉強しておく仕事。
頭脳にも肉体的にも効果がありました。
4時間の間、ひっきりなく多種多様の職種のお客様が訪れます。
外国人を含め、様々な会話を交わすのがメインワークなのです。
絶えず口も全身も動かし、頭もフル回転です。

実は、私は大学病院を退院の後、しばらく家で何もしないでボーっとしていました。
次第にボケてくるのが自分でもわかってきました。
まず、漢字が書けなくなり、友人の名前や地名、そして年号や、月日時間まで
わからなくなってきます。その必要がないからです。何もする必要がない。
すると、精神がやられてしまう。これが一番怖い。
そのままにしておくと、認知症はどんどん進んでいきます。転がるように。
薬や本では、絶対に治りません。すると、もう自棄になっていきます。
ここで、およそ7割以上の人は一巻の終わりですが、
私の場合は、そばにいた妻が、必死に私の脳を刺激しました。
それは、主治医の脳外科医が、こうアドバイスしたのです。
「私たちの手は尽くしました。助かる見込みは五分五分です。
後は、奥さん、あなた次第です。毎日、暇を見ては、意識を失っているあなたのご主人に語りかけてください。そうすることによって、たとえ、ご主人が何の反応も見せなくても、ご主人の脳と心の奥の奥まで、あなたの真心が伝わっていくのです。熱意です。誠意です。それは、無償の愛と言ってもいいでしょう。
とにかく、全力でご主人を助ける、その意志力です。それを持ち続けて下さい。そして、必ず主人は助かる!と強い信念を持つことです。私が夫を絶対助ける!と念じるのです」

家内は藁をもすがる気持ちで、その若い脳外科医のアドバイスを、毎日、朝から晩まで
根気よく忠実に続けました。
それからわずか10日足らずで、私は治癒(寛解)し、退院しました。
周囲が
「これは奇跡としか、言いようがない」と驚きました。
次第に、麻痺していた右半身も元のように回復していきました。
今では、健常者と一緒になって電車を4線も乗り継ぎいで、都心へ通勤し、
一応若い人達にも負けぬ仕事を任されております。
すべて、「絶対に負けるものか」という私の気合。それを全身全霊で支える妻の存在。

結論は、体操とか、ウオーキングなど、面白くもないことを長く続けられる人は、
そんなにいません。いるとすれば、その人がもともと人一倍強い意志をもっていたか、
そばに強力に支える人、信頼できる人がいたからです。
妻が必死で本を漁りました。その中で、正確な題名は忘れましたが、
健康関連の雑誌の特集に、これは!という記事がありました。
それは、
「す・あ・い・そ・う」という簡単な「手振り体操」です。
一日に5回、10回から始めてください。
5,6回なら今すぐできます。
そのうち、10回、20回、50回・・・と簡単に回数が増えていきます、
人によっては、500回、1000回と続けられるようです。
「楽しんで」「好きな場所で」「好きな人と」「好きな時間に」
自分でやれば、この体操は、誰にでも、できてしまうのです。
簡単な体操です。テレビを見ながら、音楽を聴きながら、床の上に普通に立って、
両腕を前後に振るだけです。鏡を見ながらやるのがベストでしょうか。
それだけ?
そうです、それだけでいいのです。要は、続けてみることです。
それを、奥さんとか恋人とか子供の前でもいい、誰かに
自分の手振り体操を見てもらいます。
一日にわずか5回だったのが、そのうちに10回、20回と自然に増えていきます。
驚きです。毎日できなくても別にかまいません。
あなたの自由です。
ただ、毎日、少しづつ回数を増やしながら、感じるのは、体力が少しづつ
付いてくることです。実感がわいてきます。驚きます。
持久力もついてきます。
かつて、妻に「病気のデパート」と呼ばれ、愛想をつかされそうになった、
軟弱だった私が、いくつもの困難を克服して、
佐倉から都心まで往復5時間かけて通勤できるまでになったのです。
費用は1円もかかりません。
あなたにもぜひおすすめします。
「手振り体操」、「すあいそう」をネットで検索してみては?

私もあなたと同じような体験をしました。
命に係わる大病を3回、入院は何度も数えきれないくらい。
ですから、退院した後もすぐには体がいうことを聞きません。
リハビリは発語練習から、手足を動かす訓練(私は脳梗塞の影響で
右半身が麻痺したため、今でも健常者と互角に歩くことはできません)
それでも千葉県の郊外、佐倉から片道2時間以上もかけて都心の会社に勤務しています。現在は、かなり回復したので、健常者と見分けはつかないようです。
しかし、健常者でも苦痛に思われる往復4時間半以上の電車通勤...続きを読む

Q一週間後のサッカー

こんばんわ、22歳男性です。
友人に誘われ、一週間後のサッカーに参加することになりました。
しかし、私は普段運動を全くしないので体力面や、
怪我などしないかとても不安です。
そこで質問なんですがサッカーまでに何か準備しておけばいい事って何かありますか?
(筋トレやストレッチ、室内でも出来る運動など)
では、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

他の回答者様が言われているように、ジョギングをお勧めします。
ただ、一週間では飛躍的な体力向上は望めないので、運動することに体を慣らす程度で良いのではないでしょうか。

 サッカーをする前に、準備体操、ストレッチが怪我をしないためにも必要です。

 試合形式でするかどうかにかかわらず、決して無理をしないで下さい。大怪我のもとです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報