単刀直入に聞きます。
プロのミュージシャンになるのは、どの位大変な事なのでしょうか??
また、どんな職種があるのでしょうか?
できるだけ詳しく教えて欲しいです

ちなみにボクが目指すのは、スタジオ系ギタリストです。
でも、最悪の場合、ギターで食えれば何でもいいと思っています。(←こんな事じゃダメですね)

では、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずどのくらい大変かってことですけど売れる曲を作れるバンドのギタリストとしてなら運の要素が大きいでしょう。

(ある意味では相当難しい。)スタジオ系で言うと、あらゆるジャンルの音楽(特にジャズ系)に精通し、
初見弾きが得意。さらにはコードだけ書かれた譜面を渡されてリハーサル(練習)なしで曲にマッチしたプレイを一発でレコーディング。ということが普通は条件で後は多少運が良ければ・・・。(ただしこれらのことができる人はたくさんいるので業界で気に入られるためには個性や音の良さも重要!)
しかし今の時代求められる事はさらに多くてギターだけがどんなに素晴らしくても駄目だと言われています。具体的にはコンピューターが扱えるようでないと仕事になりません。そもそもコンピューターの登場でスタジオ系ギタリスト自体需要が減っています。あのバークリー音楽院出身のギタリストさえ職にありつけない人がいっぱいいます。
ギターだけでスタジオプロになれる時代は確実に終わったと言えます。(打ち込みだけで曲を作れるくらいは当たり前。MIDIやレコーディング機材の知識も重要)
 しかしギター関係という意味ではギターテク(ギタリストの使うギターを管理調整する)やクラフトマン(ギターを作る職人)やリペアマン(ギターの改造、修理をする職人)という職種もあります。これらは技術を真面目に学んで鍛錬と経験を積めば需要はあります。ギターが好きな人には天職かもしれません。
 またギターから少し離れますがエンジニア系(ミキシングやマスタリング、シンセのプログラミング等)の人はある意味最も音楽を理解していなければならない職業で専門的な知識とセンスと耳の良さが要求され、レコーディングで大活躍です。実際プロのプレイヤーより楽器が上手い人も驚く程たくさんいます。ギタリストよりは需要もあります。
    • good
    • 0

>プロのミュージシャンになるのは、どの位大変な事なのでしょうか?? 。


 
 何度か見かける質問ですが,その質問を投げかけた時点でかなり困難な道が予想されます。もともと音楽家とは<なるもの>ではなく既に音楽家で<あるもの>だと思います。
 そのような人たちは自分自身でなんとなくミュージシャンになれそうな(なりそうな?)感触・・というものをプロになる前から既に持っているものです。なんとなく自信があるんです。
 適正や才能のないところでがんばる事が大変な事だと言えばそう言う事になるでしょう。逆にそれを持っている人は自然にプロになります。好き,とか,なりたいだけではダメなんです。
 
 私の考え方は以前に下記URLにて簡単に述べていますのでご参照ください。
 
 以前人から聞いた話なのですが,ドリフターズもクレイジーキャッツも,最初はジャズを演奏していたバンドだっと言う話です。その頃はジャズが全盛期だったのでしょう。
 ところがいろいろな事情で両バンドともコメディーをやらなくてはならなくなったそうです。
 その頃の体験から「植木等」さんは次のように述べています。
 
 人生には三つの「事」がある。
 自分のやりたいこと,自分ができる事,そして自分がしなければならない事。
 この三つが一致していれば,それは大変幸福な人生である。
 もし,そうでないならば!。
 その順序を間違えてはいけないよ^-^。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=75142
    • good
    • 0

どのぐらい大変なのか試してみる!


それで、世間を知る。
それが人生さ。

他のどんな仕事を選んでも、大変なのは同じだよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロのギタリストやスタジオミュージシャンの人たちは初心者の時どのように

プロのギタリストやスタジオミュージシャンの人たちは初心者の時どのようにエレキギターを練習していたのでしょうか?
また何時間も練習していたのでしょうか?

練習内容を知っている人は教えて下さい

Aベストアンサー

本人じゃないと本当のことはわからないです。
人のことより自分のやりたいか、できる時間を練習するしかないと思います。
やる気があるか、演奏が好きなら時間がなくても弾きます。

最初はスケール練習、ピッキング、簡単なコード進行を毎日やればよいと思います。
メトロノーム、リズムマシンの音を聴きながら。
それからたくさん名曲を聴いて音楽センスを身につけます。
プロになりたいなら音楽理論や楽譜を読めたほうが有利だと思います。

流行の音楽ばかり聴いてもよくないです。
基礎がないと何をやっても上達しません。
基礎練習の教則本を毎日やるのがよいです。
いろんなジャンルの曲を聴いて自分の中に貯め込みます。
毎日、数時間、数年練習して音楽に詳しい人に聴いてもらって
下手だったら趣味でやるのがよいと思います。
プロになれるのは天才か才能があって地味な練習を続けられるか
人間性に魅力があって運がよいなど少数なので。
それからギターはやる人が多いので競争が厳しいので
他の楽器を試して向いてるのを探すとか。

Qスタジオミュージシャンのゴール

 プロのスタジオミュージシャンを目指して練習しているものなのですが、どういうテクニックをどこまでできればいいのかわからなくなり、最近あまり練習にも集中できません。
 練習メニューとしては、前は理論、リズム、テクニックなどを教則本をすすめるという形でやってきたのですが、あまり効果が上がらないので、今はジャズ、テクニックの難しいロック、弾き語り的な歌もののコピー(ニュアンス、音、理論的なところも含めて)をしながら補助的に教則本をやっています。ギタリストの宮脇敏郎さんにも習っています。
 ただ、毎日コピーをやっているだけだとどこまでやったらいいのか不安なので、意見の方をお願いします
 

Aベストアンサー

スタジオミュージシャンの中にはとても巧い人が多いですね。歌手のCDなどを聴いているとバックでめちゃくちゃ上手い人が弾いているのを耳にします。

プロのスタジオミュージシャンになるには、テクニックや音楽性以外に、運やコネなどの要素もからんでくると思います。
運やコネを言っていても仕方がないので、まずは、テクニックや音楽性を磨く方法ということになりますが、自分でできる範囲のことをひととおり練習して身に付けたというのであれば、最後に磨きをかける武者修行の場は「セッション」だと思います。
具体的には、mixiに入って、セッションのコミュニティで、実際に手合わせするのを例会と位置付けているところを探して入れてもらい、セッション例会に参加して恥をかくことです。
色々なジャンルのセッションコミュがありますが、ジャンルを絞っても良いし、多くのジャンルに渡って、何でも来いのオールマイティプレイヤーを目指しても良いと思います。よく、天狗になって、狭い仲間の中でお山の大将気取りの人などを見かけますが、そのような人はセッションには参加しません。恥をかくのが怖いのです。
自分の実力の無さは自分が一番分かっていて、「本物」がうじゃうじゃいる場所は居心地が悪いのです。しかし、このような「井の中の蛙」状態ではそれ以上の進歩はありえません。
いっときの恥を忍んでそれを越えて行けば「本物」に慣れると思います。おぼっちゃまの道楽を超えて、ツブシの利くミュージシャンになろうとするならば、見知らぬ人とのセッションで鍛えられることが一番勉強になります。テクニックをパクるのもよし、アドバイスを乞うのもよし、質問するのもよし、という場をお勧めいたします。

スタジオミュージシャンの中にはとても巧い人が多いですね。歌手のCDなどを聴いているとバックでめちゃくちゃ上手い人が弾いているのを耳にします。

プロのスタジオミュージシャンになるには、テクニックや音楽性以外に、運やコネなどの要素もからんでくると思います。
運やコネを言っていても仕方がないので、まずは、テクニックや音楽性を磨く方法ということになりますが、自分でできる範囲のことをひととおり練習して身に付けたというのであれば、最後に磨きをかける武者修行の場は「セッション」だと思い...続きを読む

Qスタジオミュージシャンになるには

スタジオミュージシャンになりたいのですが、ギターのテクニックや理論や初見能力はどの程度必要なのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

初見はできて当たり前、しかし出来ない人もいます。
出来ない人は4小節くらいのフレーズは1.2回聴いて覚えられるくらい曲の覚えが早いか、『仕事は遅いけどこの人しかできないプレイ』を認められる必要があります。

スタジオミュージシャンはアレンジャーやディレクターに仕事を頼まれることがほとんどなので「この曲はぜひ彼にやってほしい」と思われる何かが必要です。
演奏スタイル、音色の良さ、センス、曲の理解力、アドリブが大事で、その次にスピード、器用さ、読譜能力、等が上げられます。テクニックはその人のスタイルによって変わります。

理論より曲の理解力や引き出しの豊富さのほうが大事で、例えばギタリストなら譜面には通常何も書いてなくてコードだけなのでその譜面を見てテイク1でなんらかのアイデアをもって曲が弾けることは最低条件でしょう。

Q女性ギタリスト

ギターだけ女性で、それ以外は全員男性という海外バンドはありますでしょうか?
あるいは、バンドの構成に関わらず女性ギタリストだけでも、教えてくださると嬉しいです。
インディーズでも構いませんので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アイドルやクラシックを除くと随分と少なくなりますが、ジャズ・ギタリストのエミリー・レムラー(Emily Remler)あたり如何でしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=music-jp&field-author=Emily%20Remler/250-9837564-7108254

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=music-jp&field-author=Emily%20Remler/250-9837564-7108254

Qお勧めのギタリスト

最近ギターを始めてバンドを組み、コピーをやっているのですが、自分ではソロギターを極めたいと思っています。そこでみなさんの好きな、あるいはお勧めのギタリストやCD、曲などを教えてください。

Aベストアンサー

思いつくままに書きます。()内は聞いてよかった曲。
アルディメオラ(地中海の舞踏?だったか?)。
ゲイリー・ムーア(シン・リジィ時代にオペラハウスでやった『アー・ユー・レディ』)。
マイケル・シェンカー(イントゥージアリーナ)。
トム・シュルツ(モア・ザン・フィーリング)。
スティーブ・ルカサー(グッバイ・エリノア、超好きです)。
ラリー・カールトン(ルーム335)。
ヤン・アッカーマン(ホーカス・ポーカス)。
ニール・ヤング(ライツ)。
サンタナ(ヨーロッパとブラックマジックウーマン)。
ランディ・ローズ(アイドントノウ)。
ジョニー・ウィンター(追憶のハイウェイ61)。
アルヴィン・リー(アイム・ゴーイング・ホーム)。

今思いついたのはこれだけ。でもやっぱり
くどいようですが、若い頃のエリック・クラプトンは
今聞いても凄いと思う。ペンタトニックのお手本のような
流れるプレイ。ロックギターの元祖はやっぱりブルース
なんだなーと気づかせてくれます。

くどくて済みません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報