教えてください。修理に出したときに通常ハードディスクに録画しておいたものは賠償の対象にならないというのは十分理解しているのですが、先日我が家のDVDレコーダーが電源がまったく入らないという事態になりましたのでを修理に出しました。修理から戻ってくるとなんとハードディスクの中身がなくなっているのです。預かるときに当然説明があるべきだと思うのですが、説明はありませんでした。非常に不愉快な思いをしております。こういう場合、何かしらの方法でメーカーの保障または、お詫びをいただけるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それって、ハードディスクも交換してるんじゃないですか。



ハードディスクは、回転している状態で電源が落ちたりすると物理的な障害が出る場合があるので、故障内容からして取り替えている可能性があると思いますよ。

もし取り替えていないとしても、物理的トラブルが出ていないか検証し、フォーマットは掛ける必要があると思うので、結果的に内容は全部消去されると考えて良いと思いますが。
    • good
    • 0

私はパナのHS2でしたがDVDドライブをごっそり交換(もちろん無償)でしたのでHDDには残っていました。


事情をいっておけばHDDこうかんでもデータを残すのは可能だと思いますが
    • good
    • 0

>通常ハードディスクに録画しておいたものは賠償の対象にならないというのは十分理解しているのですが


とありますが理解しているなら不愉快になることないのでは?
たしかに説明しないのも悪いと思います。しかし説明があるというより念のため(とりあえず)聞かなければ駄目でしょう。
HDDの内容はDVDレコーダに限らずパソコンなどでも通常は保証されないのは常識なのでおそらく取扱説明書にも記載されているでしょう。

ちなみにビデオテープなどの場合も不良品は交換しますが録画内容は保証していません。(しかし私は某テープメーカにいます。不良品がくると可能な限り録画されている内容を記録し返却していたようです。結婚式などは無理ですが、TV番組の録画などは何とかしていたと思います)
    • good
    • 0

修理に出すときに、HDDの中身は出来るだけ残して欲しい旨を「文書で」伝えていたのなら、何か要求はできるかもしれませんが、今回の場合は無理と思います。


私の使用しているレコーダも一度故障しましたが、故障の状況の他、
修理に際して注意して欲しいことや、細かな疑問なども書き添えたところ、
修理品と一緒に、サービスエンジニアの方から詳細な回答もいただけました。
修理に出す側の注意も必要だと思います。
    • good
    • 0

ハードディスクは消耗品という説明書きがあるはずです。

消耗品という事は中身を保証しないという事です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング