よく、パソコンの電源を切る時、強制終了とかで、止むを得ず主電源から切りますが、これの繰り返しはパソコンにダメージが加わって壊れやすくなると聞きます。具体的にパソコンのどの部分(部品)が壊れるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>強制終了とかで、止むを得ず主電源から切りますが


2つの事が書かれていますが・・・・


>>具体的にパソコンのどの部分(部品)が壊れるのでしょうか?
OSの機能を使ったか、或はリセットボタンで強制終了した場合は
ハードは電源を切る為の処理が入る為に余り故障の原因にはなりません。
寧ろ、ファイルシステムの更新が正常に終らないなど
ソフト面の整合性が取れなくなり起動出来なかったり
壊れたファイルがHDDを占有して行き容量不足になる
などの原因になります。

コンセントを抜く様な荒療治をすると駆動系(HDDなど)
を壊す原因になります。

XPなら、時間が掛っても強制終了で電源が落ちる筈ですけど・・・
    • good
    • 0

ハードディスクです。


磁気ヘッドがハードディスクにアクセスしているときに電源を切ると、ハードディスクが傷つきます。
これによりその部分のデータなりプログラムの一部が読み込めなくなります。
最悪のケースとしては、OSが読み込めなくなった場合、起動できなくなります。
    • good
    • 0

主にHDDですね。


HDDは、OSを終了すると、完全にアクセスしていない状態になります。
強制終了で主電源から切る場合、まだアクセスしている状態の可能性があったりします。
さらに、場合によっては、HDDの速度を上げるためにメモリキャッシュが使われていますが、そのメモリキャッシュからHDDへの書き戻しが終わっていなかったりする可能性があったりしますし。これはむしろデータ破損の可能性ですけれど。

もちろん、イレギュラーな切り方になるので、それ以外の部分に負荷がかかってもおかしくはありません。が、主に言えばHDDでしょう。
    • good
    • 0

>強制終了でのパソコンへのダメージ



無いと聞いてますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング