電子書籍の厳選無料作品が豊富!

中国の「気球」騒動に関し、下記についてお教え願います。

(1)米国の領空内に中国の大型気球が侵入していた問題で、中国は自国の「無人飛行船」(気球)と認めた上で「気象などの科学研究に使用される民間のもので、西風(偏西風)の影響などにより予定していた航路から大きく外れてしまった」と説明しています。
それならば、何故、中国の民間企業の社長等が、公の席で、誤って侵入したと謝らないのでしょうか?

※米国領空に侵入した気球 中国「民間のものが誤って入った」
https://mainichi.jp/articles/20230203/k00/00m/03 …


(2)一方、中国政府も「アメリカの気球も去年以降、十数回中国の領空を違法に飛行した」と主張していますが、
そもそも、「偏西風」に乗って、アメリカ本土から、中国本土に「気球」を飛ばすことが可能なのでしょうか?
それとも、その他の風、「偏東風」(貿易風)等に乗れば、アメリカ本土から、中国本土に「気球」を飛ばすことが可能なのでしょうか?

※中国政府「アメリカの気球も十数回、中国の領空を違法に飛行した」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d0a9951b8fa09 …

質問者からの補足コメント

A 回答 (14件中1~10件)

成層圏に物を浮かべておくのは10年くらい前から皆んな失敗に終わってるけど中国はできたんだ、凄いね

    • good
    • 0

> 日本なら、



日本はグローバルスタンダートじゃないです。
それどころか、ガラパゴス化してますがな。

簡単に言えば、日本社会は、謝罪が受け入れられるから、謝罪するのです。
そんな国は、世界でも珍しい。
日本企業も、海外では気軽に謝れないから、簡単には謝らないです。

アメリカでは、自動車事故の加害者が、被害者に文句を言うし。
中国では、「非を認めたら敗北」くらいの認識で、韓国だと、謝罪したら「謝罪し続けろ」とか。
ご存じない?

中国が他国に対し「遺憾」と言うのは、かなり異例です。


> 「不可抗力」では説明したことにならないでしょう。

私も「それで説明したことになる」などとは書いてませんが。
まあ、言い訳でしょうな。

> 米国に「徹底的な調査」を行うように求めたのは逆で、

難癖をつけてるだけです。
裁判じゃあるまいし、挙証責任などないし、そもそもアメリカも相手にしてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も有難うございます。

『中国が他国に対し「遺憾」と言うのは、かなり異例です。』は、おっしゃる通りですね。
私も、数年前に、温泉で中国人に「脱衣籠」を間違われた経験があり、先方の間違いは明らかなのに(ただ、言葉は通じませんが)謝る素振りを見せることなく、一方的に握手を求めてきたのには驚きました。それいらい、中国人は信じないことにしています。
また、韓国が元慰安婦問題で、日本に対して、執拗に謝罪要求してくるのは有名です。

※韓国の執拗な謝罪要求に正当性は?
https://diamond.jp/articles/-/247260

今般「日本なら、真っ先に当事者である企業が・・・」とは、例示として「日本なら」と記載しただけに過ぎません。
中国政府の関係者が「民間企業の気球が不可抗力で侵入した」と説明しているのに対して、アメリカ等が不審を抱いて騒いでいるのだから、当該企業の社長等か公の場で、経緯を説明すれば、アメリカ等の不審が解決する話です。

民間企業が気球を飛ばしている具体的な目標の説明もせず、「米が過剰反応している」と中国が騒ぐのは、気球の目的が、説明できない(軍事利用?)目的があることを証明しているようなものです。

※メンツを失った習近平政権 気球撃墜 中国は「米が過剰反応」と反発
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0722fb9aa80b9 …

おっしゃるように「非を認めたら敗北」くらいの認識の中国が、早々と「遺憾」と言ったのは、アメリカが気球に関して、中国のものだとする証拠をつかんている可能性が高かったので、早々と中国のものと認めて「遺憾」と表明しておけば、それ以上は追求されないと思った、甘い考えからでしょう。

※中国の偵察用気球、米軍は1週間追跡…海南島で打ち上げてから米領空に到達まで
https://www.yomiuri.co.jp/world/20230215-OYT1T50 …

また「裁判じゃあるまいし、挙証責任などない」はおっしゃる通りですが、証拠もなしで騒ぎたてたら、アメリカをはじめ各国が中国を信用しなくなるだけです。

お礼日時:2023/02/16 23:25

報道によると成層圏に浮いてて重要施設を通るように正確な航路を設定できるという印象。

半分風任せの気球よりも本当の飛行船みたい。 中国にそんなもの作れないと思うんだけど何でそこは信頼するの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

「中国にそんなもの作れないと思うんだけど」とのことですが、
中国は、2028年までに成層圏に偵察気球網を作って全世界を偵察するネットワークを構築する目標を掲げているそうですよ。

※中国の偵察気球、すべて計画されていたか…「世界をのぞき見る気球ネットワーク推進」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d671d5c9a9b5e …


中国は米国やロシアと並ぶ“宇宙強国”であり、自前の宇宙ステーションを完成する国であり、日本にとって脅威ですよ。

※宇宙ステーション「天宮」の完成で、中国は米国やロシアと並ぶ“宇宙強国”になった
https://wired.jp/article/china-is-now-a-major-sp …

お礼日時:2023/02/15 23:56

(1) あなたが貼ってるURLに、一応「遺憾」と言う記述があるので、中国としては、かなり謝ってる方ではないでしょうか?



(2) 偏西風は地球を周回しているので、アメリカから中国に到達する可能性もありますけど、文字通り「風まかせ」で、狙って到達させるのは難しいと思います。

ちなみにWWⅡでは、日本もアメリカに向けて「風船爆弾」を飛ばしたそうで。
でも大半は海に落下し、運良くアメリカまで到達した風船爆弾もあった様ですが、アメリカ側では「謎の山火事」と言う程度で、戦術的効果はほぼ皆無だったみたいです。

現在は各種技術がかなり進歩しているとは言え、偵察風船も、相当数を飛ばさないと、期待するほどの効果は得られないのではないかと思いますし。

千や万の単位で飛ばせば、ちょっと問題ですが、数個や十数個のレベルで、風まかせの風船が、「違法に領空侵犯」なんてのは、米中ともに、ちょっと過剰反応の様な気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

(1)
「中国は不可抗力により、飛行船が米国(領空)に誤って入ったことについて遺憾に思う。」が、中国が、かなり謝ってることになるのでしょうか。
日本なら、真っ先に当事者である企業が、状況を説明し謝ることになるのではないでしょうか。
「不可抗力」では説明したことにならないでしょう。
直接の当事者である企業が説明しないのは、軍が関係していると思われても仕方ないでしょう。

(2)
中国が米国に対して、米国の気球が昨年「10回以上」中国の領空内に侵入したとの中国の主張について、米国に「徹底的な調査」を行うように求めたのは逆で、中国こそ、「徹底的な調査」を行って、証拠を米国につきつけてから、追及すべきではないのでしょうかね。
そうでないと、風の向きからは通常では考えにくいので、捏造だと思われても仕方ないでしょう。

※中国外務省、「米気球の領空侵入」で徹底調査求める
https://www.afpbb.com/articles/-/3451365

お礼日時:2023/02/14 23:22

簡単ですよ!



ウクライナ危機になり米軍がレーダーの性能をバージョンアップした為に

今まで見えなかった上空のスパイ風船が有ることが分かっただけですわ。
    • good
    • 0

本当は


「馬鹿じゃないの?」と言いたいところなんでしょうが
そこは
政治外交上
丁寧な説明をしなければならない

「民間の」と言いながら
日本の記者が行ってみたが
そこにはなんの会社もなかった

なんだか
中国も
あれだけ大きいのに
怖い国ですねえ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

増々、中国が信用を無くすだけですね。

お礼日時:2023/02/14 23:25

1)


衛星など宇宙ではなく、気球が浮かべるレベルの気象情報が
欲しいと言うのは本当だと思います
空気中に含まれる二酸化炭素の濃度や化学物質
偏西風はどのように太平洋やアメリカを横断するのか?
実際にデータを取りたいと思うのは理解します
その時点でアメリカや各国から見つかってしまうことも想定内でしょう
このようにして各国の反応を見るのも外交だと思います
すでにデータはリアルタイムでとっていると思います

2)
十分にあり得ると思いいます
どこで飛ばせばどこを通り、どこに行くのか
理論上ではわかるでしょうが、実際に飛ばさないと分からないことも
たくさんあると思います

もし、現在のような最悪の米中関係でなかったら
スルーしていたのでしょう
アメリカは気球に何が搭載され生物兵器など危険か?は
とっくに判断しているはずです
今回、撃墜したのは感情的なパフォーマンスだと思います
アメリカの一般市民は銃やミサイルで撃墜すると喜びます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

1)
おっしゃるように「気球が浮かべるレベルの気象情報が欲しいと言うのは本当」であれば、当該企業が、状況を説明して謝ればよいだけでしょう。
それをしないのは、軍が関係していると思われても仕方ないでしょう。

2)
おっしやるように「実際に飛ばさないと分からないこともたくさんある」かもしれませんが、アメリカから中国に向けて気球を飛ばすのは、実際問題として、風の向きから考えて難しいのではないでしょうか。

そうであれば、中国こそ、具体的な証拠を示してアメリカを追求すべきでしょう。
それをしないのは、捏造と思われても仕方ないでしょう。

お礼日時:2023/02/14 23:39

>何故、中国の民間企業の社長等が、公の席で、誤って侵入したと謝らないのでしょうか?


→存在しないからでは。現に海外の記者が記者会見の中で「気球を飛ばした会社はどこか」と質問したが中国の広報官は無視。

>そもそも、「偏西風」に乗って、アメリカ本土から、中国本土に「気球」を飛ばすことが可能なのでしょうか?
 →実は中国は「アメリカ本土から」とは言ってないんですよ。アメリカ本土から飛ばして中国大陸に到達するには地球の裏側を回ってこないと無理だし。「アメリカ人が中央アジアあたりから飛ばしたんだー」ってんだったらまだ可能性はあると思うけど。

 誰も信じてないって。一番気の毒なのは中国の広報官だな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

おっしゃる通りかもしれませんね。

ただ、「一番気の毒なのは中国の広報官」は、同感できませんね。

「中国の広報官」は、女性も男性も、無表情で冷たく感じ、近寄り難い存在でしかありません・・・。

お礼日時:2023/02/14 23:44

① 中国の反応は異常に早かった。

民間の物なら所有者不明だし中国の物かもわからないとするのが普通。バレたとき民間のものというストーリーができていた。即刻問題の火消ししなければならない状況、中国はアメリカを怒らせたくない状況下にありブリンケンと中国外交トップ会談直前だった。
焦って馬脚を露すことになりました。さらに過去アメリカの気球が十数回飛行したと嘘の上塗り。

問題の気球は太陽光発電しプロペラで自立飛行をしていた。同じところに1日以上留まっている。仙台に来た気球も1日以上上空に留まっていた。誤って風に流されたという主張は通らない。

アメリカから飛ばした気球が中国に十数回も到達ってそんな技術はないし、中国がアメリカの物と探知する能力ない。
中国人、ロシア人、朝鮮人は見え透いた嘘を平気で言う。中国3千年嘘つきが支配してきました。正直者は淘汰されたんでしょうか。

のほほんとした日本は危ういですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

「中国人、ロシア人、朝鮮人は見え透いた嘘を平気で言う」は、同感てあり、「正直者は淘汰されたんでしょうか。」は、当該国の人々は、どう思っているのでしょうね。

それに「のほほんとした日本は危ういですね。」を解消するには、どうすれば良いのでしょうね。

お礼日時:2023/02/14 23:53

(2)についていえば、気象をまともにわかっている人から見たら笑止千万な話です。


偏西風は冬場は中国からアメリカに向かって吹いています。日本から冬場アメリカへのフライトに乗ると、行きは飛行時間が短く帰りは長くなります。
つまり、強い偏西風が西から東に向かって吹いているので、もしアメリカが中国に向かって気球を飛ばすのであれば、ヨーロッパを越えて、中央アジアやアフリカをこえないとだめで、その間に当然他の国から領海侵犯の申し出があって当然。つまり太平洋を、アメリカから中国側に飛ばすのであれば、風に乗ってただよう気球では不可能なので、制御できるエンジンを積んだ飛行物体でなくてはなりません。そうなれば、気球とはいいません。
つまり、中国の言い分はまったく科学的根拠がない役人の作文と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

同感です。

中国が米国に対して、米国の気球が昨年「10回以上」中国の領空内に侵入したとの中国の主張について、米国に「徹底的な調査」を行うように求めたのは逆で、中国こそ、「徹底的な調査」を行って、証拠を米国につきつけてから、追及すべきではないのでしょうね。
そうでないと、風の向きからは通常では考えにくいので、捏造だと思われても仕方ないでしょう。

※中国外務省、「米気球の領空侵入」で徹底調査求める
https://www.afpbb.com/articles/-/3451365

お礼日時:2023/02/14 23:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!