今、テレビ番組とかをHDDに録画して保存したい場合はDVD-Rにダビングしています。
しかし、最近、知り合いの人が保存版も増設したハードディスクに録画して保存しているという話を聞いて、その方法を採用しようかどうか迷っています。

保存版を増設したハードディスクに録画しても、データが一気に壊れるとかデメリットはないものなのでしょうか?

それとも、一回一回取り出しするDVD-Rに録画するよりも、ディスクを傷つける心配もないし、増設ハードディスクの値段も安いし、保存スペースも取らないというメリットしかないものでしょうか?

ご意見をお待ちしておりますm(_ _)mよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

参考程度にお聞き下さい。


それは好みの差によると個人的には思います。
ハードディスクの利点は半永久的にデータが保存されるという所ですが、反面ちょっと落としたりしただけでデータが簡単に消えたりします。落雷でもダメです。傷を付けてはいけないのは他のメディアも同じですが、HDDには他のメディアよりもたくさんの情報が入りますので、いざ消えたら大損害という可能性もあります。しかも半永久的にというのは使っている場合です。放置すればデータはそんなに長くは持ちません。
対して、CDやDVDと言ったメディアでは、データが消えてもHDDよりも少ないデータしか入っていないので、損害は少なくなります。しかしどんなにいい状態で保存したとしても、もって数年です。最近色々保存期間が長いメディアも出てき始めていますが、基本的に永久にデータが残るということは無いです。FDならさらに早くデータは飛びます。
市販品の音楽DVDや映画のDVDなどはそもそも書き込み方法からして違うので、もしDVDなどに自前のデータを書き込んでデータを長持ちさせたいなら、特別なハードやソフトが必要になります。もちろん個人用ではないです。
結論として、本当に大切なデータでしたら面倒くさがらずに定期的にバックアップを取るのをおすすめします。はっきり言ってデジタルでは永久にデータが残るということは現段階ではありえないです。動画だとどうしようもありませんが、大事なデータはプリントアウトするなどしてアナログ化するのがおすすめです。少なくともいきなりデータが消える可能性は減りますので…
参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり長期保存するならDVDの方がハードディスクより良いという意見が多いようですね。
でもそのDVDももって数年ですか・・・。数年というと5年位放置してたらもうアウトという感じでしょうか?
ビデオも劣化していきますが、辛うじて見れたりするんですけれどDVDの場合は全く再生できなくなってしまうのでしょうか?
DVDも数年でバックアップしていくのはかなり大変そう・・・ですが、何か読み込み書き出しの性能のいい物を買ったりしてバックアップしてくしかないかな?

もう少し待って正式に回答を締め切ろうと思います。

お礼日時:2005/04/17 10:59

ハードディスクは DVD-R に比べ大容量なので壊れたら一つや二つのデータが失われるだけでは済まないからハードディスクは危険であるという論が一般にあるようですが、それは間違っています。

理由は以下の通りです。ハードディスクと DVD-R の壊れやすさが同じだと仮定します。ある一つのデータ(TV 番組でも何でもいいです。)に着目します。そのデータが失われる可能性は当然のことながらメディアの容量の大小には全く関係なくメディアの壊れやすさにのみ依存します。つまり両メディアで同じです。

こういう喩えはどうでしょうか。たくさんの人が乗れる飛行機と少しの人しか乗れない飛行機があります。両飛行機の墜落のし易さは同程度だとします。死ぬ可能性を出来るだけ避けるためにあなたはどちらの飛行機に乗りますか。

ハードディスクは壊れたら一つや二つのデータが失われるだけでは済まない。それはそうです。しかし多くの枚数の DVD-R を利用したならば、そのうちのどれかが壊れてデータを失う可能性は、ハードディスクが壊れてデータが失われる可能性に比べずっと大きくなります。

したがって、ハードディスクと DVD-R の容量の差から考慮されるべき事柄は、(1)一度に多くのデータが失われるかもしれないがうまくすれば全部大丈夫というのと、(2)いずれかのデータが失われる可能性が大きく全部無事を期待しないほうがいいが一度に多くのデータが失われる事はあまりないだろうというのとで、どちらがあなたにとっていいかということです。上で、ハードディスクが危険というのは間違っていると述べましたが、「危険」という言葉の定義によっては間違いではないともいえます。(1)より(2)を望み、かつ、望ましくないことが起こり易いのを「危険」と名付けるならば、ハードディスクは危険です。いずれにせよ、繰り返しになりますが、個々のデータの失われやすさは全く同じです。

もちろん上記の議論は、最初に記したようにハードディスクと DVD-R の壊れやすさが同じだと仮定した場合の話です。
    • good
    • 0

一般にーRよりRAM,RWのほうがキレイに


なってます。
高価ですが書き直しができるのでよく使ってますが。
    • good
    • 0

HDDも消耗品ですので、故障すればデータが一気に死亡します。


最近は大容量のモノも多いですから、別途別のメディアにバックアップしていないと被害は大きくなります。

それに現状のHDDは水平面内記録方式ですので、10年も放置すれば記録した磁気情報が消えるともいわれています。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0405/hgs …

まぁ、DVD-R等でも海外製の安物は論外として、国産でも保存状態が悪ければ比較的短期間で読めなくなりますし・・・・
それ以前にいつまで読みとれる装置が現役なのかが問題ですからねぇ・・・
(FDですら現状標準じゃなくなったし・・・)

http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU2004 …

基本的には、消したくないデータは複数の異なったメディアに保存して、定期的に移し替えるのが一番です。
    • good
    • 0

いやぁ、HDDは壊れるときは一気に壊れます。


危惧している通りです。DVD-Rであれば、少なくとも読めなくなっても、同時に複数枚数が読めなくなる危険は低いですから、やはり安全度はDVD-R、できれば複数枚数に同じデータを入れておくのが安全です。これは別にビデオに限りません。どんなデータでも同じです。

HDDは消耗品です。本当に大事なデータであれば、HDDだけにおいておく、というのは避けた方がいいと思います。
ちなみに、DVDメディアであれば、ドライブさえ対応してれば、少し高いですが、DVD-RAMがお勧めです。DVD-RAMの方が、DVD-Rより耐久性は高いと思います。まぁ、対応してるドライブが少ないのが難点ですね。
    • good
    • 0

デメリット考えつきませんか?


ハードディスクの場合、振動や他のアプリケーションの影響でディスク破損する確立は多少DVD系メディアより増える事と思われます。
それよりも、やはり間違えて消してしまう可能性が高まるので、今の運用が宜しいかと思いますが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング