更新の時期にきているシステムがあり、最近のトレンドであるOSをLINUXへ変更する話が出ています。ユーザー側の立場の私は、コストが削減できるはずと思いベンダーへ見積もりを依頼するも、コストは変わらないという結論を出してきました。(構築費、運用コスト)さらに、UNIXからの移行でさらに、移行費用が膨らむという話を出されております。なお、これを回答してきたのは某大手ベンダーであり、さらにこのベンダーは会社としてLINUXをこれからの基幹OSに推奨するという宣伝をしているものですから、言っていることと現場の話と矛盾することしかりです。
システム規模にもよるでしょうが、やはり未だ、UNIXからは卒業できないのでしょうか?
同様の経験された方の意見を聞きたいのですが?
なお、サーバー30台、クライアント数千台の全国展開規模のシステムです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは


確かに、UNIXとLINUXへの移行は現時点であまり意義はないと思います。
未来の十年後の視点から考えましょう。

その前に今から20年前はNECの98シリーズとWindows3.1の競争がありました。
このようなことを話しても生まれていないかも知れないので、よく分からないかも知れません。
ちょっと、30代後半の技術者に聞けば、参考になります。
そして、今のOSはWindowsXPが主流になっています。
何故、20年前の話を持出したのかは日本ではその当時、NECの独自OSでPCの大半を占めていました。
それが、いつしか、Windowsに占領されたのには20年前に何かのターニングポイントがありました。
そのターニングポイントは人それぞれに違います。

先ず、そのターニングポイントの事象を収集し、原因と結果を分析します。

私の考えではそのポイントは流通ソフトの豊富さが差別化を生み出したと思います。
その流通ソフトの製造する人材はNEC側では日本人が多くを占めていたと思います。
それに対し、Windows側は米、欧洲と考えれば、人材的技量さ、絶対数さは大きな差があったことが
理解できると思います。

では、話を戻して、UNIXとLINUXの差は何で、類似点は何かを時代ごとに分析します。
20年前、10年前、5年後、10年後、20年後で考えれば、どの時点でOSを変更しなければ、
ならないか答えが出るはずです。

では、本題に戻しましょう。
事例についてはロジスティクス(3PL)、SCM等を参考にできると思います。
以下の事例集を参考にできると思います。

次に、クライアントのOSは5年後、10年後はどうなっていると思いますか。

(1)Linux
(2)Windows
(3)Unix
(4)組込みLinux
(5)Plam
(6)Mac
(7)トロン
(8)未来のOS

私は5年後はどのようになっているか分かりませんが、10年後は(8)未来のOSになっていると
思います。それは100年前の電話と現在の携帯電話を比較すれば、それが答えです。
これからの10年は100年前から現代までの技術革新と同等の変化をもたらすと思っています。

そのクライアントとサーバーの親和性をどのように保つかが重要です。

参考URL:http://www-6.ibm.com/jp/e-business/crm/casestudi …
    • good
    • 0

>さらにこのベンダーは会社としてLINUXをこれからの基幹OSに推奨するという宣伝をしているものですから、言っていることと現場の話と矛盾することしかりです。



UNIXからLINUXでコストが実現、という風には私は
解釈してないのですが、このベンダーさんの宣伝は
どうなんでしょう?

アプリにもよりますが、UNIXからUNIX、UNIXからLINUX
ともに同じような移行費用がかかると思います。
(アプリもハードもすべて同一ベンダーで移行ツールが
あれば別ですが)

現在のベンダーと、見積もりを取ったベンダーが同じ
なら多少ふっかけられているかもしれませんので、
どの程度の更新かわかりませんが、別のベンダーにも
見積もりをお願いしてみてはいかがでしょう?

メインフレームからUNIX/LINUXはコスト削減が見込める
かも知れませんが、自分がかかわっているシステムに
ついては、UNIXからLINUXへの変更で、移行費用以上の
コストダウンを見込めなそうですので考えていません。

>UNIXからは卒業できないのでしょうか?
現段階でUNIXを卒業する必要を感じないのですが…
UNIXサーバーも昔より安くなっていますし。

>最近のトレンドであるOSをLINUXへ変更する話が出ています。
なんでLINUXにするのか、というところがトレンド以外
にかかれてないのですが、もう一度検討してみてはい
かがでしょう?

現行のシステムを考えずに、新規で新しいシステムを
ということであれば(アプリも含めてすべて作り直す)、
UNIXで構築、LINUXで構築、他のベンダーで構築と
比較することが出来ると思います。

現行のアプリを引きずるなら、相当のコストダウンが
見込めないUNIXからLINUXへの移行は魅力を感じません。

あとアプリの問題もあると思います。
UNIX/LINUXどちらも同じように動きますという
パッケージで移行ツールもあればいいのですが…

複数のアプリの組み合わせで動いてると、OSが変わる
ことで検証作業が増えそうです。
    • good
    • 0

そもそもLinux=コスト削減という風に勘違いしてる人が世の中に多い気がします。


まあ、これはメディア、ベンダーが悪いのだとは思いますが・・・。

さてさてUNIXからの移行ということですが、この場合あまりコスト的に変わらないのでは、と思われます。

まず、H/WについてはUNIXサーバに比べるとIAサーバで動くLinuxサーバは安いと思います。
次にOSの費用についてはLinuxと言えどもディストリビュータとサポート契約をしっかり結ぶとなるとそれなりの費用になってしまうのが現実です。
最近ではUNIXの値段もLinuxを意識してかイニシャルコストはかなり落ちてきていますし。
また、各種ミドルウェアについてもリスクを理解したうえでオープンソースのソフトウェアを使うのでなければUNIX版もLinux版もあまりコスト的には変わりません。例えば、RDBMSをOracleでなくMySQLやPostgreSQLにするとかアプリケーションサーバをWebSphereやWebLogicでなくTomcatなどにするならば確実にコストは落ちますが、リスクとその維持コスト(ベンダに頼らずメンテできる要員の確保・育成など)は逆に高くなると思います。

構築費用や運用コストでも人の関わるところではUNIXもLinuxも変わりないです。Linuxの方が構築しやすいということは別段ないですし・・・。

移行コストが発生するのも当然かと。いくら各種UNIXとLinuxが似ていると言えど所詮は別のOSです。検証も必要ですし場合によってはコードの書き換えも発生します。

ぶっちゃけWindowsと比べてもLinuxが特別コストがかからないとは思いません。UNIXやLinuxに詳しい人が既にいるならまだしもそうでないなら多くの人が普段使い慣れているPCとほぼ同じインターフェースを用意しているWindowsサーバの方が要員育成などを考えると安いとも言えます。

UNIX→Linuxで一番差が出るのは初期費用だと思います。特にH/Wの費用になるかと。
これがM/Fからの移行だと話はまた別ですが・・・。

現実的にはこんなものかと。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC言語のHP-UXからLinuxへのポーティング

C言語で開発されたプログラムをHP-UXからLinuxへのポーティングする場合、どのように行えば効率的でしょうか?
また、注意する内容があれば教えて頂けないでしょうか?

ポーティング前のOSはHP-UX(詳細不明)
ポーティング後のOSはRedHat Enterprise Linux 5.5 (64bit)
C言語で開発されたプログラムは、ソケット通信でサーバ間通信を行う機能となります

Aベストアンサー

unix系(linux含む)でポーティングの際におもに注意すべき点は以下の3つです。
1.OS固有の問題
2.32ビット版と64ビット版との違い
3.エンディアンの違い(ビッグエンディアンとリトルエンディアン)
今回は、どちらも64ビットなので、2については考慮しません。
1についてですが、
私がHP-UXからsolarisへ移植したときに、シグナルの動作が異なるときが
ありました。今回もし、シグナルを使用しているようでしたら、動作が
多少異なる覚悟をしておいたほうがよいかと思います。
また、IPC(セマフォ、メッセージキュー、共有メモリ)を使う場合、
共有メモリは、多少調整を行った記憶があります。
(hp-ux=>solaris=>linuxの移植で、hp-ux=>solarisはOK、
solaris=>linuxで多少の調整が必要でした)
結論としては、もしシグナルおよびIPCを使う場合、100%そのまま使用可能とは
考えないほうが良いです。
2についてですが、
HP-UXはビッグエンディアンのCPU(sunのsparc系など)であり、
red-hatはリトルエンディアン(intel系)のCPUになります。
このため、受信した電文がバイナリデータの場合、そのデータの中身を見るのであれば、
ビッグエンディアンからリトルエンディアンへの変換が必要になります。
データの中身は一切参照しないか、文字データなら変換の必要はありません。
また、IPアドレスおよびポート番号などは
htonl,htonsなどにより適切なエンディアンにする必要があります。
(HP-UXはビッグエンディアンなのでこのような操作(エンディアン変換)をしなくても正しく動作しますが、red-hatに移植すると動作しなくなる可能性があります。)
エンディアンの問題はソケット通信のプログラムだけでなく、そのデータを使用するほかのプログラムにも影響します。
エンディアンの問題は非常に重要ですので、もし、エンディアンについての知識が浅い場合は、
ネットで調査および自分で簡単なテストプログラムを作成し、十分に理解されることをお勧めします。

参考URL:http://www.katto.comm.waseda.ac.jp/~katto/Class/GazoTokuron/code/socket.html

unix系(linux含む)でポーティングの際におもに注意すべき点は以下の3つです。
1.OS固有の問題
2.32ビット版と64ビット版との違い
3.エンディアンの違い(ビッグエンディアンとリトルエンディアン)
今回は、どちらも64ビットなので、2については考慮しません。
1についてですが、
私がHP-UXからsolarisへ移植したときに、シグナルの動作が異なるときが
ありました。今回もし、シグナルを使用しているようでしたら、動作が
多少異なる覚悟をしておいたほうがよいかと思います。
また、IP...続きを読む

QAIXからRHEL6への移行

現在H社のAIX(SJIS)のシステムをF社のRHEL6(SJIS)への移行を計画中です

業務アプリケーションは COBOL2002
データベースはORACLE 10GからORACLE11G

その他HULFTやFTPも使っています

実際に移行した方、ありましたら想定する問題点と解決策
その他注意事項等ありましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

ちょうど似たようなことをやってます。結果から言うと「結構大変」です。

まず、RHEL6はSJISサポートしていません。(※ベンダー個別のサポートは除いてます)

COBOL2002は日立サポートに確認するとよいと思います。RHEL6の設定次第では別のオプションソフトが必要となる場合があるようです(※ここは確証とれていないので、H社に確認するといいです)

COBOL資産のリコンパイルは必須です。オブジェクト移行しても動きません

Oracleは10G→11Gでいくつか非互換がありますので、それに該当しているアプリの造りかあるかどうか確認する必要があります。
DB系は再構築がよいと思います。Backup→Restoreでは復元できない可能性もあります。(ここは未確認)

HULFT、FTPは文字コードの設定が関係するので、まずはそこを解決してから・・・です。

AIXで使っているShellで非互換が出る、COBOLコンパイルでエラーが出るのは当然として、どこまで手を入れるか(PG変更する?Shell変更する?)がキーとなると思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報