ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

レンタルビデオで日本史の勉強をしたいんですけど、
おすすめは何かありますか?
上川達也が出演してる『竜馬が行く』は見ました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いろいろ書かれていますが、それらのドラマや映画に関してはフィクションや誤りが多すぎて、あまりお奨めできません。

細かいのはまだ許せても、義経を悲劇のヒーローにしたり、吉良上野介や石田三成を一方的に悪玉にするのはひどすぎるからです。
たとえばここ20年ぐらいの大河ドラマなどは主人公が美化されすぎて正義の味方のように描かれ、その敵は悪玉扱いです。
例としては山岡荘八原作なら徳川家康のことが美化されすぎていますし、新田次郎原作なら武田信玄が美化されています。小説やドラマはそういうものです。
真実を理解するためには本が一番いいですが、「映像の世紀」のようなドキュメンタリーや「東京裁判」のような記録映画の方が勉強になりますよ。
どうしてもドラマ的なものと言うなら、
大河ドラマ「翔ぶが如く」「花神」「風と雲と虹と」など、TBSドラマ「関ヶ原」が脚本、役者の質がよく、比較的ウソや間違いが少ないです。
映画では「おろしや国酔夢譚」とかがいいですね。
フィクションだと承知の上でいろいろ見て、それから専門書などでどこがフィクションなのかを知るのもいいと思います。
    • good
    • 3

思いつくままに。

古代から太平洋戦争後まで。
作品は、戦国時代、幕末、太平洋戦争を題材とした作品が圧倒的に多いですね。
『日本誕生』
『卑弥呼』
『アテルイ』
『天平の甍』
『日蓮と蒙古大襲来』
『空海』
『源義経』
『山椒太夫』
『地獄門』
『阿部一族』
『山田長政王者の剣』
『風雲児織田信長』
『織田信長』
『若き日の信長』
『太閤記』
『独眼竜正宗』
『新平家物語』
『新源氏物語』
『千姫と秀頼』
『新撰組』
『赤毛』
『人斬り』
『暗殺』
『祇園祭』
『幕末』
『明治天皇と日露大戦争』
『阿片戦争』
『太平洋の嵐』
『日本の一番長い日』
『人間の条件』
『軍旗はためく下に』
『南の島に雪が降る』
『東京裁判』
『首』

下記URLは、時代別に紹介していますよ。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/EIGA/rekisieiga.html
    • good
    • 1

お勧めとしては、秀吉・吉宗・太平記・毛利元就・花神・独眼流政宗・葵三代の関ヶ原合戦でしょうか



独眼流政宗はマイナーな題材でありながら考証がしっかりしていると評判です。

この5年の大河は歴史無視なので、ドラマとして見るには良いかもしれませんが…

映画ではトラトラトラ(両国政府協力で作ったため考証がしっかりしている)が秀逸です。真珠湾攻撃に至るまでの経緯が全体の1/3ですので勉強になりますよ。お陰で米国では酷評となり興業失敗でしたが…
    • good
    • 1

衣装、道具、話方など時代考証(?)にお金をかけている点では、NHKの大河ドラマは勉強するにはもってこいです。




映画よりはだいぶ長いですが、去年(?)放映されていた「利家とまつ」では織田信長や豊臣秀吉の天下とりの話の流れ、それにまつわるいろいろな事件、そのころの町、農村の様子が詳述されていて、見ていて大変勉強になりました。


好きな役者さんが出ているものだと、より楽しんで見ることができるかと思います。
    • good
    • 0

NHK の大河ドラマのビデオが良いと思います。


ほとんどの時代が網羅されています。
私が好きなのは、武田信玄、伊達政宗、など。
また大河ではありませんが、大化の改新なども
古代史の勉強には非常に参考になりますよ

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~JM5H-KTKW/
    • good
    • 0

あくまでも映画はエンターテイメントですから、事実と違っていたり、事実関係が入れ替わっていたりすることがありますので注意は必要でしょう。



今、思い浮かぶのは、「スパイゾルゲ」ですね。「KT」なども、噂とされている部分はありますが、事実関係は押さえていますね。なにか思い出せば、また回答します。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史がわかる映画を探してます(パールハーバーとか)

歴史がわかる映画を探してます。例えばパキスタン戦争を描いたものとか宗教対立を描いたものとかそういうのをたくさん知りたいです。知ってる方いたら教えてください!

Aベストアンサー

パキスタン戦争など近年のアジア諸国の情勢がわかるような作品はほとんど公開されていません。
「パールハーバー」は主要出演者のひとりで最近逝去されたマコ岩松氏が言っているように、あまりにも日本軍の描き方がいい加減、なのでお勧めはしません。
作戦会議の様子などは、ここまでハリウッドの監督はアホかと思えるくらいなので、まあ見てみてください(笑)

20世紀の世界情勢がわかる作品として、下記の作品がお勧めです。どの作品も国際的にも評価の高い作品です。

チトー政権下のユーゴスラビアの激動を描いた傑作(ちょっとコメディぽい作りでもありますけど)
「アンダーグラウンド」
http://www.amazon.co.jp/%30a2%30f3%30c0%30fc%30b0%30e9%30a6%30f3%30c9/dp/B00005LJV6/sr=1-1/ref=sr_1_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8&s=dvd

フランスの植民地だったアルジェリアの独立戦争を描いた力作で監督始め出演はすべて当事者というドキュメンタリータッチの映画「アルジェの戦い」
http://www.amazon.co.jp/%30a2%30eb%30b8%30a7%306e%6226%3044%30c8%30fc%30eb%30b1%30fc%30b9%4ed5%69d8/dp/B00006RTTM/sr=1-1/ref=sr_1_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8&s=dvd

セルビアとボスニアの民族戦争に介入する国連軍と両国の兵士をブラックに描いた傑作「ノーマンズランド」
http://www.amazon.co.jp/%30ce%30fc%30fb%30de%30f3%30ba%30fb%30e9%30f3%30c9/dp/B00007AJPC/ref=sr_11_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8

エジプト、シリア、イスラエルが戦ったヨムキプール戦争をイスラエルの青年側から描いた「キプール勝者なき戦場」
http://www.amazon.co.jp/%30ad%30d7%30fc%30eb%7e%52dd%8005%306a%304d%6226%5834%7e/dp/B000066O8F/ref=sr_11_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8


中国の文化大革命のなか、禁止されていたレコードを女の子に聴かせたいがために掛けてしまったため投獄されることになった少年を描いた「中国、わがいたみ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14722


タリバン政権崩壊後のアフガンの女性像を描いた力作「午後の五時」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319685


最後に重複しますが中東における第一次大戦、英国とアラブ、トルコの戦いを一人の英国軍人を通して描いた傑作「アラビアのロレンス」を。現在もこの映画の背景となった1910代も、アラブ諸国と西洋の関係はぜんぜん変わらないなぁと思い知らされます。
http://www.amazon.co.jp/%30a2%30e9%30d3%30a2%306e%30ed%30ec%30f3%30b9-%5b8c%5168%7248/dp/B0009RB7CY/sr=1-1/qid=1157299677/ref=sr_1_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8&s=dvd


真珠湾ものだったらまだ「トラトラトラ」の方がいいんじゃないかと思います。日米合作で日本からの視点でも描かれてますんで。
http://www.amazon.co.jp/%30c8%30e9%30c8%30e9%30c8%30e9/dp/B000A0K5GO/sr=1-1/qid=1157299851/ref=sr_1_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8&s=dvd

ついでなので邦画の戦争物をいっぽん。
人間魚雷で特攻していく青年を描いた傑作「肉弾」
http://www.amazon.co.jp/%8089%5f3e/dp/B0009S8G0E/sr=1-1/qid=1157299929/ref=sr_1_1/503-8418050-7061519?ie=UTF8&s=dvd

パキスタン戦争など近年のアジア諸国の情勢がわかるような作品はほとんど公開されていません。
「パールハーバー」は主要出演者のひとりで最近逝去されたマコ岩松氏が言っているように、あまりにも日本軍の描き方がいい加減、なのでお勧めはしません。
作戦会議の様子などは、ここまでハリウッドの監督はアホかと思えるくらいなので、まあ見てみてください(笑)

20世紀の世界情勢がわかる作品として、下記の作品がお勧めです。どの作品も国際的にも評価の高い作品です。

チトー政権下のユーゴスラビア...続きを読む

Qおすすめの歴史映画・・・

おすすめの歴史映画・・・

高校の授業でも日本史や世界史が本格的に始まりました。
そこで、歴史に興味が沸くような、
何か実際に起こった歴史上の出来事について、教科書で文字として習うのとは違って・・・
イメージが沸くような映画があれば教えてください。

時代や国は問いません。
完全に忠実なものじゃなくてもいいです。
レッドクリフとか、ダヴィンチ・コードとか・・・
と言ったような、歴史に興味が沸く、勉強になるというのと同じぐらい、
作品として魅力的なものであれば嬉しいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

では、レトロなものを。

キリスト教徒が、なぜイエスの教えに惹かれ、信じているかを理解する一助になるのが、「ベン・ハー」だとおもいます。長いし、旧い映画なので冗長なシーンもありますが、実は非常にこまかい考証まで気をつかった作品なので、一見の価値アリでしょう。
イエスの最後を克明に再現した、「パッション」、も「ベン・ハー」のあとにみると、ひときわグッとくるでしょう。

「ヒトラー最後の12日間」、も、主演の俳優が非常に巧く、歴史的再現度も高い作品です。事前に、ナチス関係者について予備知識を入れておくといいと思います。

邦画だと、「二百三高地」は、よくできていると思います。これも日露戦争の予備知識を入れておくと、おもしろさ倍増でしょう。変化球ですが、昭和34年新東宝作品「明治天皇と日露大戦争」も、サヨク映画、戦争悲劇がほとんどだった中で、なんとか日露戦争を戰っていく明治日本のことを、明治天皇を主人公にするというおもしろい切り口から撮っているので、よかったら見てみてください。

ソ連映画1本入れておきます。エイゼンシュタインの「イワン雷帝」 ロシアにおける権力者とはなにかを、考えさせてくれます。

ドイツ映画で、「橋」という作品があります。二次大戦ドンズマリ1945年、ある「橋」を守れと徴兵されたばかりの少年兵たちに命令がくるのですが……
当時のドイツの日常がわかります。この作品の監督、ブォルフガンク・ヴィッキが、のちに有名な「史上最大の作戦」のドイツ・パートの監督をすることになります。

では、レトロなものを。

キリスト教徒が、なぜイエスの教えに惹かれ、信じているかを理解する一助になるのが、「ベン・ハー」だとおもいます。長いし、旧い映画なので冗長なシーンもありますが、実は非常にこまかい考証まで気をつかった作品なので、一見の価値アリでしょう。
イエスの最後を克明に再現した、「パッション」、も「ベン・ハー」のあとにみると、ひときわグッとくるでしょう。

「ヒトラー最後の12日間」、も、主演の俳優が非常に巧く、歴史的再現度も高い作品です。事前に、ナチス関係者について予...続きを読む

Q日本史・世界史の分かりやすいDVD(ビデオ)

 今晩は。
 日本史・世界史の知識が皆無なので、何とか導入しようと思いますが、その際映像の方が入りやすいと思うので、DVD等を見たいと思います。
 網羅性があり、極度に時間がかからない日本史・世界史のDVD(ビデオ)をご存知の方、どうかご紹介願います。

Aベストアンサー

DVDではないですが、一番良いのは、NHKの通信高校講座です(教育TVで放送)。
毎週1回、30分番組です。
年間スケジュールは下記。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/

Q日本の歴史を勉強しながら観れる映画

先日黒澤明監督の(我が青春に悔い無し)を見たのですが1933年の(滝川事件)をモデルにした映画みたいで、歴史の勉強をしていた時に見たのですごく勉強になりました。このように日本の歴史を勉強しながら観れる映画を探しています。時代は問わないので知っている人いたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

1967年東宝の「日本のいちばん長い日」岡本喜八監督。
終戦前夜を描いた作品で大宅壮一さん原作のものです。今はDVDになっているみたいです。

あと歴史の勉強にはならないかも知れませんが、1964年日活「帝銀事件 死刑囚」熊井啓監督、というのもあります。
他にも「松川事件」(1961)、「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」(1981)などと云う、実際の事件を扱った映画は結構あります。

ただ、映画はあくまでも、ある一方向からの目線で描かれている、ということを踏まえた上で観てください。

Q子供を歴史や社会科の勉強好きにさせるには?

私は学生時代、社会や歴史がとても苦手で、一ケタ台の赤点ばかりでした。
勉強の仕方がまったくわからず 社会や歴史の勉強もすごく嫌いでした。
最近 大人になってから 友達の話で「社会や歴史の勉強は丸暗記だよ」とか「勉強はすごく好きだった」という話を聞きました。
まだ小学生前の子供がいるのですが、どうすれば社会や歴史を好きになりますか?
子供を無理に勉強好きにさせるのは どうかと思いましたが、勉強を楽しいと思えるきっかけを作ってあげたいと思ったので…。
世界地図のポスターや、歴史の漫画などを家に置いておくだけでもいいんですかね?
社会や歴史が好きだったという方 「こういう理由で社会や歴史が好きだった。興味があった。」などいろいろ教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
親子ともども社会好き、歴史好きです。
(ちなみに私は理系卒)

#5様のご回答が気になりますが、お子さんの性格によって興味を持つ、持たないはあるのですかね。

【私が社会科好きになった理由】
・家の中に歴史のシリーズ本が置いてあった。(1冊1冊は薄かったですが、たしか20巻ぐらいありました。)
・家の中に、日本地図のパズルが置いてあった。
・小学校時代の担任の先生に、社会科のノートの各ページの中央に横線を引き、上半分に自習してきたことを書けと命じられた。
・NHKの大河ドラマを家族と一緒に見ていた。
・記念切手の収集をしていた。


【うちの子供たちが社会科好きになった理由】
上記を踏襲したわけですが、
・居間のテレビの近くに地球儀を置いていたら、テレビで外国の地名が出てくるたびに、勝手に位置を調べていた。
・伝記漫画を買い与えたら興味を示したので、そこで、同じ人物の伝記小説も買い与えたら、自分の部屋に持ち込んで完読していた様子。
・日本地図パズルを買い与えたら、近所の子供たちが来たとき、一緒に遊んでいた。
・歴史の人名辞典を居間においていたら、勝手に、時々調べていた。


ちなみに、
うちの子たちは、社会科以外でも、
・ピアノ
・将棋
・囲碁
は、同じようなパターンで、小学生のうちにある程度マスターしました。
子供同士で囲碁をやっているのを見たときは、ちょっと驚きました。
天文学の本や、ことわざ、四字熟語の本も勝手に読んでいました。
風船でバレーボール遊びをするとき、1回打つごとに四字熟語を1つ言わなければならない、という変なルールを子供たちが考案して遊んでいました。それを見た私は、驚くとともに、爆笑してしまいました。

なお、美術書とパズル本も数冊置いていましたが、これは興味を示しませんでした。


ピアノだけは、厳しく教えました。
(その結果、ピアノ教室に通っていた同級生と同じぐらい、弾けるようになりました。いつの間にか携帯の着メロを自作していたのには驚きました。)

ほかは、特に指導も強制もしませんでした。


以上、ご参考に。

こんにちは。
親子ともども社会好き、歴史好きです。
(ちなみに私は理系卒)

#5様のご回答が気になりますが、お子さんの性格によって興味を持つ、持たないはあるのですかね。

【私が社会科好きになった理由】
・家の中に歴史のシリーズ本が置いてあった。(1冊1冊は薄かったですが、たしか20巻ぐらいありました。)
・家の中に、日本地図のパズルが置いてあった。
・小学校時代の担任の先生に、社会科のノートの各ページの中央に横線を引き、上半分に自習してきたことを書けと命じられた。
・...続きを読む

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q歴史映画

世界史を勉強する高校生にコレだけは見ておいて欲しいって映画があったら教えてください!!

Aベストアンサー

●SEVEN YEARS IN TIBET 1997・アメリカ 監督 ジャン=ジャック・アノー

●トロイ 2004・アメリカ 監督 ウォルフガング・ペーターゼン

●アレキサンダー 2004・アメリカ 監督 オリヴァー・ストーン

●天と地と 1990・日本 監督 角川春樹

●エリザベス 1998・イギリス 監督 シェカール・カプール

●ジャンヌ・ダルク 1999・アメリカ 監督 リュック・ベンソン

●始皇帝暗殺 1998・日中仏米 監督 チェン・カイコー

●ラスト・エンペラー 1987・伊中英合作 監督 ベルナルド・ベルトルッチ

●おろしや国酔夢譚 1992・日本 監督 佐藤純彌

●チャップリン独裁者 1940・アメリカ 監督 チャールズ・チャップリン

私のお薦め・各国入り乱れてますが、勉強するには何かと役に立つ…かな~と思います、参考までにどうぞ♪。

おまけ
●アマデウス 1984・アメリカ 監督 ミロス・フォアマン
●ベン・ハー 1959・アメリカ 監督 ウィリアム・ワラー
●アポロ13 1995・アメリカ 監督 ロン・ハワード
●タイタニック1997・アメリカ 監督 ジェームズ・キャメロン

●SEVEN YEARS IN TIBET 1997・アメリカ 監督 ジャン=ジャック・アノー

●トロイ 2004・アメリカ 監督 ウォルフガング・ペーターゼン

●アレキサンダー 2004・アメリカ 監督 オリヴァー・ストーン

●天と地と 1990・日本 監督 角川春樹

●エリザベス 1998・イギリス 監督 シェカール・カプール

●ジャンヌ・ダルク 1999・アメリカ 監督 リュック・ベンソン

●始皇帝暗殺 1998・日中仏米 監督 チェン・カイコー

●ラスト・エ...続きを読む

Q『明治・大正』時代の事が分かる、映画、アニメ、小説、漫画、ゲームを教えてください

失礼します。

図書館で『明治・大正』時代の本を読み漁っていたら、
実際動いている映像や、詳しい詳細が描写された絵や小説を見てみたくなりました。

『明治・大正』時代のことが詳しく描かれた、
映画、アニメ、小説、漫画、ゲームなどを探しています。
(検索で調べてみたのですが、よく解らないモノばかりヒットします;)

宜しければ、お勧めの物を教えてください。

もしくは、『明治・大正』時代の事を描かれた映画などの感想や、
紹介が詳しく載っているサイトを知っている方がいたら、宜しくお願いします。
(※お礼文は、暫く様子見しているので少し遅くなります)

Aベストアンサー

下記をご覧下さい。
情報がたくさんあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3
サイトに映画、小説、漫画の情報があります。

http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_03/g2002030503.html
菊池寛の新聞小説「真珠夫人」


http://ameblo.jp/favoritebooks/entry-10064233327.html
http://tompei.way-nifty.com/diary/2005/09/__afd2.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sebook/diary/200703200002/
浅田次郎の小説「天切り松」は4巻で読本もあるほどの人気作です。
DVD化もされています。

Qノートパソコンでブルーレイは見れますか?

2,3年前のノートパソコンでウィンドウズ7ですが、 PowerDVD 9が入っていて、DVD+/-RWドライブです。

このパソコンで、レンタルしたブルーレイーなどは見れるものでしょうか??

Aベストアンサー

そのPCにブルーレイドライブがなければ見ることは出来ません(DVDドライブでは駄目)。
具体的には、対応メディアにBDという表記が必要となります。

Q「前九年・後三年の役」の呼び名の由来は?

日本史に詳しい方、どうか教えてください。
平安時代後期の「前九年・後三年の役」ってありますよね。
鎌倉時代初期までは、前九年の役は「康平の十二年合戦」と呼ばれていたと古今著聞集にあるのですが、ではいつ頃からどういう由来で「前九年の役」と呼ばれるようになったのでしょうか。
同じように、後三年の役も、後白河法皇が後三年合戦絵詞をつくったことからそう呼ばれるようになったことまでは分かっているのですが、その後三年という言葉がどこから出てきたのか分かりません。
やっぱり、「前・後」というからには何かから起算して9年だったり3年だったりするんでしょうか?
学校の先生に聞いても「知らん」と言われてしまいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源頼義と安倍氏の戦いは、古くは、「奥州合戦」とか、「奥州十二年合戦」と呼ばれていました。それが、「前九年の役」と呼称されるようになったのは、鎌倉時代からです。ところが、この九年という年数がどこから出されたものかは甚だあいまいで、恐らくは十二年合戦というのを源義家の「後三年の戦い」を合わせたものと錯覚し、十二年から後三年を差し引いて出された年数と考えられます。もっとも、十二年合戦という呼称は、頼義が陸奥守となって赴任した永承六年から、安倍氏との戦いの終結する康平五年まで足かけ十二年に及んだことに基ずくのですが、実際に十二年の間戦闘が行われたわけではなく、こうしたことも後に誤解を生む原因の1つにもなりました。


人気Q&Aランキング