bantamといいますよろしくお願いします。
 さて現在私は56Kモデムにてインターネット接続をしています。接続状態を確認しますと最高でも40K普通は36Kで接続しているようです。とても快適なインターネット環境とは言いがたいと思っています。
 最近、私が住むマンションにhomePNAなるものが導入されようとしています。これは説明会などを行って希望者を募っているのですが初期費用20,000円(機器含む)と1Mbpsの契約で2,900円/月と言うものです。まだ説明会がありませんが基本的な知識を持っておきたいと考えています。
 そこでちまたでにぎわっている、ADSLとの違いを教えていただきたいと思います。

 特に費用面と将来性(機器が無用になる可能性)が知りたいです。どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

HomePNAとは、マンション等で新規に配線が困難な場合に便利な既存の電話線を利用して、電話とデータ通信(Ethernet)を重畳させるための技術です。



ADSLはスプリッタとADSLモデムという機器を利用して、言ってみれば回線
を自分で占有してデータと電話を利用するのに対して、HomePNAは、マンション
が管理する集合装置に接続されているデータ通信用の回線を共有してインター
ネットへの接続等を実現し、同一の線上に電話も重畳させます。

ただ、マンションの各部屋から見れば、ADSLもHomePNAも似たようなものかも
しれないですね。メリットと言えば、マンション側にとって、各部屋に新規に
配線を行う必要が無いことと、ADSLでは不可能だったISDNを重畳させること
ができることでしょうか...。
    • good
    • 0

説明会があるのでしたら、そこで自分の疑問に思っている事を質問しては


いかがでしょう?
そのための"説明会"なのではないのでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ