ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

はじめて質問させていただきます。某大学院にはいってRNA実験を始めたところです。RNase処理のためDEPC(Dietyl Pyrocarbonate)が必要でしたが、実験の性質上、DEPC処理水を購入すればいいことになったため、某社より、高圧蒸気滅菌処理されたDEPC処理水を買いました。既製品のため、ドラフトを使用せず、ふつうのテーブルで実験していました。手袋・マスクをしていましたが、臭いがしてきて少し気分が悪くなりましたが50~60分くらい実験してました。DEPCに発ガン性があるとのことで不安になりました。ドラフトを使用するようにいろんなweb siteに書いてあります。少し長くなりましたが、
質問は(1)オートクレーブした蒸気を吸ったわけではありませんが今回の実験は人体に危なかったでしょうか?(2)DEPCは強い臭いが有名ですが、常温でも揮発性なんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DEPCは水溶液に加えて高温で短時間(オートクレーブ、60度、100度など)の加熱、温和な条件(室温、37度)でも、一晩くらいで、エタノールと二酸化炭素に分解するとされています。

ですから、大丈夫だと思いますよ。
においは、エタノールや、炭酸エステル(?)のせいでしょう。
DEPC自体は常温で揮発性です。

で、お分かりと思いますが、DEPCは入れておけば新たなRNaseの混入に対しても効く、「予防薬」のようなものではなく、あくまで調製時にすでに混入しているRNaseを失活させるためのものです。
反応性の高いDEPCは、たんぱく質などのアミンを修飾して不活性化させますが(ですからtrisバッファには使えません)、過剰のDEPCは、上記のように速やかに分解してしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただきありがとうございました。安心できました。

お礼日時:2005/04/18 13:05

既製品を購入されたわけでしたらまず問題ないと思いますが、もしまだ不安でしたらもう一度オートクレーブされてはいかがでしょうか?自分で調整する場合はDEPC処理した後に臭いが無くなるまでオートクレーブを繰り返すのが一般的であると思います。

もう一つは、確かにDEPCを扱う際はドラフト内で行いますが、失活させた後はドラフト外でも問題ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました。おかげで安心できました。

お礼日時:2005/04/18 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDEPC処理水

DEPC水は超純水から作ると本には書いてあるのですが、蒸留水から作っているものがありました。それでも大丈夫なのでしょうか。
使用は主にRT-PCRのためで大量に消費するわけではありません。
数リットル作って、室温に置き、半年ほど使い続けているようなのですが、それはどうなのでしょう。例えば「100cc程度作って、冷蔵庫に保存して、1ヶ月程度で作り直す」など、通常どのように管理しているのか具体的に教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 超純水から作るのが普通だと思います。保存に関してはいろいろありますが、数回使用して数ヶ月たつ頃にはRNAse freeではなくなっている、とする実験書もありますので、小分けに分注しておくなどするのが通常だと思います。
 使用量がそんなに多くないのであれば、最近ではRNAse free waterもそんなに高くない値段で買えますので、小瓶に入ったモノを購入するのもてっとりばやくて便利です。

QDEPC処理水とRNase free水 違いは?

細胞を培養してRNA FISHを行うのですが、
そこでプロトコールに
「DEPC処理水で作った0.01M KClを・・・・」と書いてあります。

手元には『DNase RNase free水』はあるのですが、この水で0.01M KClを作ると後々影響が出てしまうのでしょうか?

Kclは培養細胞を低張処理する時に用います。その後固定します。

Aベストアンサー

DEPC処理水とDNase RNase free水は同じと考えて
良いと思います。

昔はDEPC処理してRNaseを失活させていましたが、
今はフィルターで取り除くことができます。

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

Qエチブロの処理

エチジウムブロマイドの処理について教えて下さい。
以前、漂白剤で処理すれば良いと聞きました。
調べたところ、かえって毒性が強まる報告もあるようで、困っています。
活性炭を用いた市販品を購入することも考えていますが、なるべく低コストな方法を探しています。
皆さんの処理法をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私がいたラボでももNo1.の方と同じようにポリボトルに入れて色が薄くなるまで光に当てて分解して流しに流して捨てていました。ゲルもゲル専用透明ゴミ袋にいったん捨てて、しばらくの間光に当ててから待ち指定のゴミ袋に入れてゴミに出していました。
あと、市販品のちゃんとした処理器具ではないですが、活性炭と一緒にボトルに入れて吸着させた後、液体を流しに捨てていました。活性炭の量あたりのエチブロの処理能力とかはちゃんと覚えていないのでわかりません、すみません・・・。
でも、この方法だとエチブロを吸着した活性炭も危険物として適切に処理(焼却?)しないといけません。ラボではこの活性炭も、捨てる前にはエチブロ吸着を休止して、光に当ててから捨てていました。
同級生には危険物としての認識が甘いのか、紫外線で手が光るようになったーと言っている人もいました。恐ろしい話です。

余談ですが、担当教官が留学していたとき、そこのラボではエチブロ入りゲルやバッファーを使って電気泳動して、エチブロ入りの物をそのままでがんがん流しに捨てていたそうです。
先生曰く「流しが(エチブロで染まって)赤かったよ・・・」。
それでいいとは思いませんが、処理方法は国によっていろいろなのかなあ・・・。

私がいたラボでももNo1.の方と同じようにポリボトルに入れて色が薄くなるまで光に当てて分解して流しに流して捨てていました。ゲルもゲル専用透明ゴミ袋にいったん捨てて、しばらくの間光に当ててから待ち指定のゴミ袋に入れてゴミに出していました。
あと、市販品のちゃんとした処理器具ではないですが、活性炭と一緒にボトルに入れて吸着させた後、液体を流しに捨てていました。活性炭の量あたりのエチブロの処理能力とかはちゃんと覚えていないのでわかりません、すみません・・・。
でも、この方法だとエチ...続きを読む

Q酵素活性とDTT

こんにちは。お世話になります。

ある酵素の活性を評価しているのですが、プロトコールにはDTTを入れることになっています。

1.酵素活性におけるDTTの役割は何なのでしょうか?

2.DTT入りのbufferを2週間ほど冷蔵保存して使用したところ思うような酵素活性が得られませんでした。DTTは一般に用時調製するものなのでしょうか?

3.仮に用時調製するにしても毎回微量を秤量するのは効率的ではありません。DTTの濃いstock溶液をつくり一定期間使用することは可能でしょうか?その場合、溶媒、保存方法はどうすればよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.酸化防止です。基本的なことですからタンパク精製の本にあると思います。ベータメルカプトエタノールも同様な働きです。

2.用事添加が基本です。察するに酸化に弱い酵素なのでしょうね。

3.1Mのストックで私は使用してます。比較的に安定です。ファイナルで1mMほどで使うことが多いので千分の一加えることになります。この場合は水で溶かせば問題ないです。別にバッファーでも問題はないと思いますけど。
使用期間ですが、実験の精度や酵素の性質によるので何ともいえません。10mlも作って分注して試されたらよろしいかと思います。

Qアンピシリンの失活温度について

アンピシリンの失活温度について教えてください。

LB(Amp)のプレート培地を作製する時にいつも思うことです。

オートクレーブ後の三角フラスコに入っているLB培地に、いつアンピシリンを添加すればいいのかわかりません。

僕の場合は、三角フラスコをクリーンベンチ内で両手で触って円を描くように揺らしてみて、手をつけてられる熱さまで冷ましてから入れるようにしています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も学部生の頃に同じことを考えましたが。。。結論は結構微妙なところだと思います。アンピシリンは酵素のように高温になると変成していっぺんに失活する訳ではなく、高温になるほど分解の進みが早くなるわけですよね。(もちろん1時間くらい煮沸すればかなり失活するかもしれませんが。。)。というわけで、結局実験的にできるだけ影響が起きない(しかし、ゲルが固まらない)ような妥協点の温度でやるために手で触れる=約60℃で添加することがスタンダードになってるわけです。


人気Q&Aランキング