はじめて質問させていただきます。某大学院にはいってRNA実験を始めたところです。RNase処理のためDEPC(Dietyl Pyrocarbonate)が必要でしたが、実験の性質上、DEPC処理水を購入すればいいことになったため、某社より、高圧蒸気滅菌処理されたDEPC処理水を買いました。既製品のため、ドラフトを使用せず、ふつうのテーブルで実験していました。手袋・マスクをしていましたが、臭いがしてきて少し気分が悪くなりましたが50~60分くらい実験してました。DEPCに発ガン性があるとのことで不安になりました。ドラフトを使用するようにいろんなweb siteに書いてあります。少し長くなりましたが、
質問は(1)オートクレーブした蒸気を吸ったわけではありませんが今回の実験は人体に危なかったでしょうか?(2)DEPCは強い臭いが有名ですが、常温でも揮発性なんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DEPCは水溶液に加えて高温で短時間(オートクレーブ、60度、100度など)の加熱、温和な条件(室温、37度)でも、一晩くらいで、エタノールと二酸化炭素に分解するとされています。

ですから、大丈夫だと思いますよ。
においは、エタノールや、炭酸エステル(?)のせいでしょう。
DEPC自体は常温で揮発性です。

で、お分かりと思いますが、DEPCは入れておけば新たなRNaseの混入に対しても効く、「予防薬」のようなものではなく、あくまで調製時にすでに混入しているRNaseを失活させるためのものです。
反応性の高いDEPCは、たんぱく質などのアミンを修飾して不活性化させますが(ですからtrisバッファには使えません)、過剰のDEPCは、上記のように速やかに分解してしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただきありがとうございました。安心できました。

お礼日時:2005/04/18 13:05

既製品を購入されたわけでしたらまず問題ないと思いますが、もしまだ不安でしたらもう一度オートクレーブされてはいかがでしょうか?自分で調整する場合はDEPC処理した後に臭いが無くなるまでオートクレーブを繰り返すのが一般的であると思います。

もう一つは、確かにDEPCを扱う際はドラフト内で行いますが、失活させた後はドラフト外でも問題ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました。おかげで安心できました。

お礼日時:2005/04/18 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石で水に浮かぶ船をつくることができるか

比重の大きな鉄で水に浮かぶ船をつくることができますが、石で船をつくることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆるアルキメデスの原理で、浮かべた際押しのけた水の重さより
も軽いように船形のものを作れるなら材料は基本何でもいい筈です。
比強度が極端に小さい材料では限界があるかもしれませんが...。

以前、テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」で童話カチカチ山のタヌキ
の泥舟をホントに作るというのがあって、これは人を乗せて成功して
います。(結局溶けて浸水、8分間浮いた)
探偵!ナイトスクープ Wiki 泥舟は本当に浮くのか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A2%E5%81%B5!%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%97#.E6.94.BE.E9.80.81.E5.86.85.E5.AE.B9.E3.81.A7.E3.81.AE.E3.83.88.E3.83.A9.E3.83.96.E3.83.AB

QDEPC処理水とRNase free水 違いは?

細胞を培養してRNA FISHを行うのですが、
そこでプロトコールに
「DEPC処理水で作った0.01M KClを・・・・」と書いてあります。

手元には『DNase RNase free水』はあるのですが、この水で0.01M KClを作ると後々影響が出てしまうのでしょうか?

Kclは培養細胞を低張処理する時に用います。その後固定します。

Aベストアンサー

DEPC処理水とDNase RNase free水は同じと考えて
良いと思います。

昔はDEPC処理してRNaseを失活させていましたが、
今はフィルターで取り除くことができます。

Q船から排水される水

船から排水される水

先日のホルムズ海峡で攻撃を受けたタンカーも、今日香川県沖で沈んだヘリの捜索に出た海上保安庁の船も、喫水線の上の何カ所かから排水を続けていました。
これは海水でしょうか? 海水だとしたら、なぜそんなに船内に入り込むのでしょうか?

Aベストアンサー

いずれも冷却用海水の排水で、エンジンの冷却清水を冷却水、潤滑油を冷却水、造水機の冷却水などがあります。

http://homepage2.nifty.com/go_tokyo/enigin.htm

米軍から貸与された「ありあけ」と言う護衛艦は、トイレ(大の方)が?一列になっていて、その下を常時海水が流れて、喫水線付近から排水されていました。
港に入ると、排水口付近に小魚が寄って来て、流れてきた物を食べている事がありました。
今は海洋汚染防止のため、こんな事は出来なくなりました。

QDEPC処理水

DEPC水は超純水から作ると本には書いてあるのですが、蒸留水から作っているものがありました。それでも大丈夫なのでしょうか。
使用は主にRT-PCRのためで大量に消費するわけではありません。
数リットル作って、室温に置き、半年ほど使い続けているようなのですが、それはどうなのでしょう。例えば「100cc程度作って、冷蔵庫に保存して、1ヶ月程度で作り直す」など、通常どのように管理しているのか具体的に教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 超純水から作るのが普通だと思います。保存に関してはいろいろありますが、数回使用して数ヶ月たつ頃にはRNAse freeではなくなっている、とする実験書もありますので、小分けに分注しておくなどするのが通常だと思います。
 使用量がそんなに多くないのであれば、最近ではRNAse free waterもそんなに高くない値段で買えますので、小瓶に入ったモノを購入するのもてっとりばやくて便利です。

Q沈没船の船腹から吹き出た水の原因は?

横倒しになったセウオル号の喫水線近くの船腹から水が噴出していましたがあれは何でしょうか。
まさか船に穴が開いたと言う事はないのでしょうか。

Aベストアンサー

喫水線調整用の水が噴出した。

船は港ごとに喫水線が決められています。

入港する時は調整用の水を出して喫水線の調整をします。

出航する時は海水を入れて喫水線をさげます。

私は大阪ですが外国のクルズ船が入港しますので写真撮りに行きます。

入港する時は喫水線は沈んでいますが岸壁に来るまでに喫水線があがっているのがわかります。

岸壁に着くときは規定の喫水線になっています。

QDEPC処理の可否

よくTrisEDTA(TE)BufferがDEPC処理出来ないといいますが,
何故,TEにDEPCを処理させるといけないのでしょうか?
また,そのほかでもオートクレーブ処理が可能でも,DEPC処理が出来ない
日常的に使う試薬が幾つか存在するみたいなのですが,ご存じなら教えてください。

Aベストアンサー

DEPCはアミノ基、イミダゾール基をエトキシホルミル化するので、アミノ基をもつTrisが大過剰にあると、そちらに作用して分解されてしまう為、結果としてRNaseに作用しなくなってしまいます。

DEPC処理できないもの(というか処理してもRNase阻害に意味のないもの)は溶液中にアミノ基、イミダゾール基を持つものが大量に入っているものということになります。

化学式をながめると、反応の機構がわかりますよ。

Q船が進むときに上からはき出される水

 漁船などが船が進むとき、
水面の上からドボドボ水が吐き出されているものがありますが、
あれは何のためのものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エンジンの冷却水だと思います。冷却水は海水を取り入れ、熱くなったものを排出しています(直接冷却)。中には直接エンジンを冷やさず、エンジンの冷却水を冷やす場合(間接冷却)もありますが。
ビルジ(船内に溜まった水)の可能性もあるかな… ^^;

Q【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか? LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いま

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験。

動物愛護の人は人間より動物を優先するのでしょうか?

人間実験始めますって言ったらどうするおつもりですか?

よかった。動物実験がなくなって動物愛護法ができて良かった。

でも人間の実験を人間で行う人体実験は人権侵害、人間保護の精神は動物愛護の人にはないのでしょうか?

人間と動物どちらかで実験しないといけないと言われたら動物を差し出しますよ。私は。

動物愛護の人はあなた、動物、他人がいたら他人を実験台に差し出すってことですよね。

怖すぎます。

NO!動物実験にNO!です。

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことを読んでないですよね?
今まで化粧品をうさぎの目に垂らすという実験が行われていたのですが、それは人間の肌に有害かどうかを裏付ける物ではないとの科学的結果が出たのです。
だから、無駄に動物をいためつける実験はやめようと言っています。
例えば新薬のマウス実験をやめようとは言っていないです。

Q手袋。風を通さない出来るだけ薄手の手袋と水を通さな

手袋。風を通さない出来るだけ薄手の手袋と水を通さない出来るだけ薄手の手袋を探しています。そして保温性があることが必要です。そんな手袋は何かありますか?

風、水を通さない>薄手>保温性を優先順位とします。

Aベストアンサー

No.1 です。

>保温性は0ですけど・・
いえいえ。ゼロってことはないです。
素肌が冷気に晒されてるよりははるかにましです。

昔読んだ記事で、実体験ではないですが
カメラマン向けの「ピッグスキン」製手袋、オーダーメイドですが、存在するそうです。
カメラのシャッターの微妙な感触を妨げない薄さで、でも
撮影現場が寒冷地でもよいような。

まぁ完全な断熱も保冷もまず不可能です。
ある程度は妥協し、それでも素肌というか丸出しよりもマシな状況で妥協点で済ます、ということで。

>そして保温性があることが必要です。そんな手袋は何かありますか?
使用感に不満が生じるかも、ですが
最下層に薄手の木綿手袋を使い空気層を保ち、
その上に薄手なゴム手袋を使うという2層構造。
ゴム手袋は、手術に使うようなものすごく薄いものでもいいし、
少し厚い、炊事手袋のようなものも選択肢にあります。

外側の防水性がきちんとしていて内部に水が浸透しないければ
けっこうな保温性を発揮してくれます。
水濡れた上に風流によって強制空冷やら蒸散熱を奪われそうな状況でも、
空気を含んだ層があるためか、かなりマシです。

No.1 です。

>保温性は0ですけど・・
いえいえ。ゼロってことはないです。
素肌が冷気に晒されてるよりははるかにましです。

昔読んだ記事で、実体験ではないですが
カメラマン向けの「ピッグスキン」製手袋、オーダーメイドですが、存在するそうです。
カメラのシャッターの微妙な感触を妨げない薄さで、でも
撮影現場が寒冷地でもよいような。

まぁ完全な断熱も保冷もまず不可能です。
ある程度は妥協し、それでも素肌というか丸出しよりもマシな状況で妥協点で済ます、ということで。

>そして保温性があ...続きを読む

Q器具のオートクレーブ滅菌について

当方には、乾熱滅菌器はないのですが、オートクレーブはあります。
コンタミが時々起きるので、作業内容を確認しています。
オートクレーブは、缶内の空気を追い出し飽和蒸気で満たす必要があります
器具の滅菌について、空気を効率よく抜くにはどうすればよいでしょうか?
器具は、プラスティックボトル、ピペット、スプーン、シャーレ、メンブランフィルターホルダーです。
現在は、乾燥後、ボトル以外はアルミホイルでくるんで、滅菌し、その後乾燥しています。
ボトルは、ふたを少し緩めて滅菌し、オートクレーブから出して、ふたを閉めています。
滅菌前に乾燥するのはよくないのですが、滅菌後の乾燥時間に余裕がないので困っています。
最近のオートクレーブは、よく自動化されていて、どんな対象物でも空気をうまく抜けるようになっているということはありますか?
もちろん密閉容器は除きますが。

Aベストアンサー

 乾燥までやってくれるようなオートクレーブはうちにもありません・・・

 オートクレーブ後の乾燥時間が足りず、器機に水滴が付着したまま実験に使用しても、それは実験のデータを狂わせるかもしれませんがコンタミの原因にはなりません。

 コンタミの原因は作業手技や作業環境の可能性が最も高く、それらを全て検証して否定された場合に初めて「オートクレーブできちんと滅菌されていないのではないか」ということを疑った方が近道でしょうね。オートクレーブなんて単なる圧力釜ですから、そう簡単におかしくなるものでもないです。

 ただ、液体が入った被滅菌物を缶内容量一杯まで入れていないか、とか、きちんと設定温度まで上がっているか、といった検証は日常的に行っている必要はあると思います。
 インジケーターテープは被滅菌物全てに貼って滅菌していますか?それでちゃんと"Sterilized"の標識が出るのであれば、コンタミの原因に関してはオートクレーブの可能性は捨てて良いと思います。

>器具の滅菌について、空気を効率よく抜くにはどうすればよいでしょうか?

 それはオートクレーブの弁が勝手にやってくれていることなので、仮に弁の具合が良くなくて空気がうまく抜けてくれない時は、エラーが出てオートクレーブが止まってしまうか昇温にやたら時間がかかるようになるだけなので、コンタミの原因として考慮する意味はありません。
 機種によっては、バイオハザード対策モードといって、低温時から空気抜きの弁を閉じたまま昇温させる機能を備えたものがありますが、このモードを使うと昇温に通常の倍近くの時間がかかります。

 アルミホイルでくるむのは、滅菌後の移動や保管時に空中に浮遊する菌によって汚染されるのを防止するためなので、これもコンタミの原因としてはあまり考えられないでしょうね。
 もちろん、アルミホイルで「密閉」してしまえば、その内部は気圧が上がらないので滅菌効果はなくなるのですが、アルミホイルで密閉なんてできるわけもなし、です。
 ボトルの口を少し緩めた程度のほんの僅かな隙間でも、そこから水蒸気が入って器機内部の気圧は結局缶内気圧と同じになるので、きちんと滅菌されます。
 心配でしたら、アルミホイルでくるんだ器機の中にインジケーターテープを貼ってみれば良いです。私はコニカルチューブやガラスボトルの内側にインジケーターテープを貼ってみたことがありますが、きちんとSterilizedの標識が出ました。

 50ml程度の樹脂製コニカルチューブを、キャップの緩め方が甘い状態(けっこうしっかり閉められている)でオートクレーブにかけると、けっこう変形します。
 これは缶内が2気圧になってもチューブ内に水蒸気が回らず、チューブ内外で気圧差が生じているからだと考え、チューブ内にインジケーターテープを貼ってみたのですが、結果はきちんと水蒸気は回っていることを推察できるものでした。
 ちなみにがっちりキャップを閉めると、チューブ内のインジケーターテープはSterilizedの標識が出なかったです。チューブの変形ももっと激しかったですし。

 余談ですが、他にもやってる人は多数いると思いますが、乾熱滅菌をかけるときもオートクレーブ用のインジケーターテープを使っていますが、Sterilizedの標識は出るものの、少し色が薄いです。

 ということなので、アルミホイルでくるむのは滅菌に影響を与えない、と思います。不安なら試してみれば良いと思いますよ。
 むしろ、作業環境や保管場所に問題があるのであれば(その可能性が高いと思いますが)、アルミホイルでくるむのをやめるか、被せる程度にすれば、コンタミは酷くなることが予想できますね。

 他の作業内容、保管場所、作業手技などを疑った方が早道だと思いますよ。

 乾燥までやってくれるようなオートクレーブはうちにもありません・・・

 オートクレーブ後の乾燥時間が足りず、器機に水滴が付着したまま実験に使用しても、それは実験のデータを狂わせるかもしれませんがコンタミの原因にはなりません。

 コンタミの原因は作業手技や作業環境の可能性が最も高く、それらを全て検証して否定された場合に初めて「オートクレーブできちんと滅菌されていないのではないか」ということを疑った方が近道でしょうね。オートクレーブなんて単なる圧力釜ですから、そう簡単におかし...続きを読む


人気Q&Aランキング