このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

私は小さな会社のママさん社長のセカンド=

雑役係りをしています。

うちのお客さんで19歳の御嬢様がいます。

とある美容外科で未成年なのに施術を親権者の承諾なしに
されたとのことです。

素朴な疑問なのですが。

私は美容外科は未成年者は親権者の承諾などが必要と

きいております。

これは「法律」であろうと思うのですが。

どのような「法律」で(素人ですみません)

○○法の○○条・・など教えてくれませんでしょうか。

要領の悪いご質問で申し訳ございません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと迷いがありそうですので若干解説しますと…。



まず、医療をお願いするのは民法上の準委任(「準委託」ではない)、
つまり「自分でやる代わりにお願いする」行為だと考えられています。

美容整形が医療行為かどうかはなんともいえませんが、
民法に言う「準委任」には違いないと思います。

ただ、医療行為自体は法律行為じゃないとされていますが、
準委任契約は立派な法律行為ですので、No.1さんのおっしゃるように
民法5条の適用があるのが原則です。

従って、親権者との間で何かしら問題が起こっても不思議ではありません。

ただし、本人や親権者が「それでもいい」と考えるなら、問題にはならなくなります。
というのも、民法5条は未成年者の法律行為について法定代理人(親権者)の同意を要求し、
同意が無い場合は取消すことができる、としていますが、
「後で取消すことができる」のであって「当然に無効」ではないからです。

なお、取消すことができるといっても、既に行われた整形について、
その費用を払う義務はもちろん残ります。
というのも、こういう委任という形の契約はたいてい
「やってしまったものを元には戻せない」というのは想像つくでしょう。
なので、法律上も契約解除は過去に遡っての効力なしとされていますし
(民法652条で準用される620条)
まぁ普通に考えても物の道理、というものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
大変よく読めてきました。
美容整形は
完全なる医療行為なのだそうです。

ありがたいです。有難うございます。
変参考になりありがたく思っております。有難うございます。感謝いたします。

お礼日時:2005/04/19 07:14

迷わせた張本人#3です。


#1、#2さんの原則をふまえた上でのお話でしたので、#3だけ読んで分からないのが当たり前でした。非常に悪い回答で反省してます。しかも、#4さんのご指摘通り準委託ではなく、準委任です。承諾能力もこの場合15歳以上ということで、やってしまった感がいなめません。
#4さんがうまいことまとめて下さっているので、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2005/04/19 07:15

民法第4条は未成年者の法律行為に関する規定ですが、医療行為は準委託契約とされ事実行為を任せる契約であるので、本人に承諾能力があれば法定代理人の同意は必要ないとされています。

ちなみに承諾能力があるというのは11~12歳とされています。

本題に戻りますが、美容整形も同じように考えて良いのかというと、そうもいかないのですが、法定代理人の同意を得ない美容整形は問題となっている割に和解で解決され判例は見あたりませんので、はっきりとは言えませんが、まあ、同意書が無いと訴えられても文句が言えないと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
「医療行為は準委託契約とされ事実行為を任せる契約であるので、本人に承諾能力があれば法定代理人の同意は必要ないとされています。」
ちょっと難しいです。
申し訳ございません。
でも
有難うございました。

お礼日時:2005/04/18 07:53

♯1さまの補足です。



基本的にはお小遣い程度の物を買う際は問題ないというのが考え方です。
まあ、風邪の受診はお小遣い程度という考え方なのでしょう。

ただ、美容整形は相当の金額が要る筈です。
そのお嬢様のお小遣いの金額はわかりかねますが、普通は出来ない筈です。
何故保護者の承諾がなく、美容整形が出来たのでしょうか。

ただ、民法第5条は未成年者を金銭的に保護するためのもので、美容整形契約の解除が可能だと思われるのですが、美容整形を受ける際、「私は成年者である」と騙したら解除が出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
19歳の御嬢様は私の小さな会社の
お客様であるのですが。

いまどきの19歳の御嬢様は
おひとにもよりますが。
通常の美容整形を受けられる単位のお金=
50万円単位かな・
はおもちのようです。

有難うございました。

お礼日時:2005/04/18 07:51

未成年者は単独では「法律行為」を行えません。



「契約」は法律行為となりますから、「手術をするかわりにお金を支払う」という契約を行うには親権者の同意が必要ということです。

第5条第3項に該当するならば同意が不要とも読めますが、後から親権者とトラブルが起きる可能性が残りますね。


「民法」より抜粋

第二節 行為能力

(成年)
第四条 年齢二十歳をもって、成年とする。

(未成年者の法律行為)
第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
ずいぶんと読めてきました。

けれども美容外科以外の例えば
歯科医や内科・耳鼻科を未成年が受診するのも
医師との診療契約の締結となるのではないでしょうか。

私の子供は未成年ですが風邪をひけば
勝手に内科医師を受診しますが。

だれも何もいいません。

お礼日時:2005/04/17 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続:未成年特別代理人について

(家族構成)
 父(70歳代)、母(70歳代)、姉(独身:40歳代)、私(弟:40歳代)、妻(40歳代)、子1(10歳)、未成年の子2(7歳)


 何かややこしい話になりそうなので、教えてください。

 父は高齢なため、父から相続の話がありました。おおむね、以下のとおりです。
●法定相続人の母、姉、私に加えて、妻、子1、子2にも相続財産を残す。比率は書いておくので、誰に何を残すかは書かない。
●上記のことを、遺言書にのこしておく。

 どこまで本気なのかはわかりませんが、遺言書には比率だけしか書いていないので、誰がどの財産を相続するかを決めなければならず、遺産分割協議書は必須となりそうです。

 さらに、子1と子2については私が適当に署名とハンコをおせばいいやと思っていたら、どうやら未成年でかつ私も相続人のため、子二人の代理人には自分はなれないような気がしてきました。

 そこでいくつか疑問点があります。
1 上記のケースで、子1及び子2の特別代理人は立てないといけないか。私または妻は代理人にはなれないのか。

2 特別代理人は一人でよいのか。または、子1、子2のそれぞれ、合計2人必要か。

3 特別代理人は誰になってもらうのか。親戚か。(ちなみに私の場合、適任者は妻の兄弟ぐらいしか思いつきませんが、忙しい人なので頼むのにも気がひけます。) 

4 弁護士等に特別代理人になってもらうことは可能か、その場合の費用?

 以上です。私も遠方に単身赴任する可能性もあり、長女も離れて住んでいるため、その調整を考えるだけでも気が重くなってきます。
 

(家族構成)
 父(70歳代)、母(70歳代)、姉(独身:40歳代)、私(弟:40歳代)、妻(40歳代)、子1(10歳)、未成年の子2(7歳)


 何かややこしい話になりそうなので、教えてください。

 父は高齢なため、父から相続の話がありました。おおむね、以下のとおりです。
●法定相続人の母、姉、私に加えて、妻、子1、子2にも相続財産を残す。比率は書いておくので、誰に何を残すかは書かない。
●上記のことを、遺言書にのこしておく。

 どこまで本気なのかはわかりませんが、遺言書には比率だけしか書いていない...続きを読む

Aベストアンサー

1.2.
未成年者には代理人が必要。「私」は利害が対立するため、代理人になれない。妻はどちらか一方のみの代理人になれる。(子供2人は利害が対立するために、その両者の代理人にはなれない)そのため、特別代理人を少なくともどちらか一方は選ぶべきとされている。

3.本人の利益を十分に考えることが出来、利害が対立しない人で、欠格事由(未成年者、破産者など)にあたらない人ならば誰でも良い(資格等は不要)ので、通常は親戚。いなければ弁護士など。

4.費用はなんとも言えないです。なお特別代理人の選任は裁判所への申立てが必要で、専門家に頼めば申立て費用だけで数万円の下の方。

Q「○○法律」なしに「○○法律施行規則」だけが存在する理由

法律は、普通は、「○○法」があって、その下に「○○法施行令」があって、その下に「○○法施行規則」があると思います。例えば、次の(1)があって、その下に(2)があって、その下に(3)があります。
(1)環境影響評価法
(2)環境影響評価法施行令
(3)環境影響評価法施行規則

つまり、「○○法施行令」や「○○法施行規則」は「○○法」があって初めて存在することができるものだと思っていました。

しかし、次の(4)の名称の施行規則の場合は、(5)の名称の法律は存在しません。(4)だけが存在します。
(4)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則
(5)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律

Q1
(5)が存在しないのであれば、(4)の名称は「法律」の2文字を削除して次の(6)のようにするべきだと思うのですが、なぜ(4)では「法律」の2文字が入っているのでしょうか。
(6)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する施行規則

Q2
なぜ、(2)が存在しないのに(1)だけが存在することができるのでしょうか。

Q3
一般に、「○○法」が存在しないのに「○○法施行規則」が存在することができるのは、どんな場合でしょうか。

法律は、普通は、「○○法」があって、その下に「○○法施行令」があって、その下に「○○法施行規則」があると思います。例えば、次の(1)があって、その下に(2)があって、その下に(3)があります。
(1)環境影響評価法
(2)環境影響評価法施行令
(3)環境影響評価法施行規則

つまり、「○○法施行令」や「○○法施行規則」は「○○法」があって初めて存在することができるものだと思っていました。

しかし、次の(4)の名称の施行規則の場合は、(5)の名称の法律は存在しません。(4)だけが存在します。
(4)経済産業省の所...続きを読む

Aベストアンサー

民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成十六年十二月一日法律第百四十九号)

(主務省令)
第九条  この法律における主務省令は、当該保存等について規定する法令(会計検査院規則、人事院規則、公正取引委員会規則、国家公安委員会規則、公害等調整委員会規則、公安審査委員会規則、中央労働委員会規則 及び船員中央労働委員会規則 を除く。)を所管する内閣府又は各省の内閣府令又は省令とする。ただし、会計検査院、人事院、公正取引委員会、国家公安委員会、公害等調整委員会、公安審査委員会、中央労働委員会又は船員労働委員会の所管する法令の規定に基づく保存等については、それぞれ会計検査院規則、人事院規則、公正取引委員会規則、国家公安委員会規則、公害等調整委員会規則、公安審査委員会規則、中央労働委員会規則 又は船員中央労働委員会規則 とする。

Q相続における未成年特別代理人申し立ての回答書

夫が亡くなり妻と2人の未成年の子供が相続人となりました。
すべてを妻が相続するという形で遺産分割協議書をつくり、未成年特別代理人を申し立て、回答書が届きました。その中で、「この遺産分割により、未成年の利益が保護されているあるいは不利益が回避されていると考える理由を記入してください」とありましたが、どうなふうに書いたら良いのでしょう

どなたかどうぞ宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

すべてを妻が相続するという形で遺産分割協議書を作ったのなら、普通に考えると未成年の子供の利益はないですし、不利益を被っています。
借金があり、子供には借金返済能力がないので、借金を相続させるわけにはいかないという理由があれば、それを書きます。

たとえ回答書に、成人するまで学費や生活費を妻が全て負担するということを書いたとしても、それは親の当然の責務であり、遺産相続とは関係ないので、理由になりません。但し、子供が幼少であれば上記の理由で通ることもあります。

相続財産が家しかなければ、共同名義に変更(夫の持ち分を、妻持ち分1/2、子供一人1/4ずつに)すれば良いので、分割するために売る必要もないですし、相続させても不都合はないと思いますが、相続させない理由は何なのでしょうか。
未成年特別代理人とどういう話をしたのか、それによって未成年特別代理人の方がどう納得され、なぜ遺産分割協議が整ったのかということを中心に考えて回答書を作成してください。

Q法律名の後に(日付法律第○○号)のことを教えてください。

たとえば 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年12月25日法律第137号)と記載されている137号ってなんの番号ですか?昭和45年12月25日ってなんの日付?教えてください

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

>記載されている137号ってなんの番号ですか?

法令番号といわれるもので、前に日付がある場合は1月1日で初期化されます。

>昭和45年12月25日ってなんの日付?

その法令が公布された日付です。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E4%BB%A4%E7%95%AA%E5%8F%B7


ご参考まで

Q【相続】特別代理人に誰を選任する?

妻と子供(7才と5才の未成年2人)が法定相続人のケースで、
未成年2人の特別代理人は妻の両親で問題ないでしょうか?

亡くなったのは私の弟です(3人兄弟でした)。
私ともう1人の弟が特別代理人になるのがいいのかもしれませんが、
相続人である奥さんと住まいが遠く何かと不便なので、
奥さんの近くにいる奥さんのご両親でもいいかと思ったのですが。
ちなみに相続財産の全ては奥さんが相続する予定です。

Aベストアンサー

亡くなった奥さんのご両親が一番適切だと思います。

利益相反しない人であれば誰でもいいのですが、選任届けに当事者との関係性を書くため、祖母と孫の関係が特別代理人の趣旨にそっています。

具体的には期日に家庭裁判所へ行くだけです。

Q成年者の親権、監護権

教えて下さい。

この度協議離婚することとなりました。
夫婦間には25歳の息子と22歳・20歳の娘がおり、
長男と次女は妻と同居しており、離婚後も同居を
希望しております。長女は嫁に行きました。

離婚協議書を作成する予定ですが、成年者に対しても
親権・監護権の所在を明確にした方が良いのでしょうか?
明確にしていなければ将来的に問題が起こる可能性があります
でしょうか?

また、息子は既に社会人として経済的にも自立しておりますが、
次女は現在学生で、この春専門学校へ進学を希望しております。
入学金等で多額の金銭が必要になるのですが、この費用は相手に
半額を請求することが出来るでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>成年者に対しても親権・監護権の所在を明確にした方が良いのでしょうか?
無意味です。
未成年者がいなければ親権の指定はしません。
親権とは未成年者に対してのみ有効です。

>次女は現在学生で、この春専門学校へ進学を希望しております。
>入学金等で多額の金銭が必要になるのですが、この費用は相手に半額を請求することが出来るでしょうか?
絶対出来るというものではありませんが、親の教育水準や生活水準からして進学が妥当だといえる範囲であれば要求できるでしょう。

Q特別代理人として適任である理由

遺産相続にあたり、未成年の子供たちのために特別代理人申請をしました。
 それに対し、家裁から、下記の照会が届きました。
「申立書記載の候補者が特別代理人として適任である理由を次に書いてください」

 ここで、適任である理由に何と書けばよいのでしょうか。
「心身ともに健康で経済的に困っていない」と書けばよいのでしょうか。祖父、叔父などの続き柄も必要でしょうか。

Aベストアンサー

No2です。

 私の場合は税金関係もありましたので全て弁護士に任せており、詳細はわかりませんが、「申立書記載の候補者が特別代理人として適任である理由を次に書いてください。」という問いに対しては、『今後、本人が親代わりとして何かにつけて頼っていく関係であり、本人の成人まで本人と利害が対立することはない関係ですので、今回の特別代理人をお願いするに適任と考えました。』ってなことではないでしょうか。

Q面接交渉権や財産分与等の取り決めをせず一方的に早急な離婚と親権承諾を求められて困っております

恐れ入ります、先日妻が2人の子供(小学生と幼稚園)を連れて家を出ました。

その後、妻の弁護士と会い、早急な離婚と母親親権の承諾を求められ困っております。

協議離婚の場合、

離婚の意思と親権者の決定→離婚にあたり発生する金銭についての取り決めをする→面接交渉権を決定する→離婚協議書を公正証書で作成する、→離婚届を提出

というのが通常の手続きだと思うのですが、
親権だけを決めてまず離婚してしまうという要求の意図がわかりません。

弁護士には、”年内に私の方から弁護士経由で妻に手紙を書くので、その応答をもらってから正式に離婚の手続きに入ってくれ、基本的に離婚と母親親権同意の意思はあります”と話して最後に何とか了解してもらいました。

夫婦の不仲の原因は何よりまず私の健康状態に起因する経済問題で、病状が好転しない今年の夏ごろから急速に悪化しました。自分でも本当に情けなく申し訳なく思っています。離婚は仕方ないと思っています。

今の私に出来ることは妻の気持ちをよく聞いて、できるだけ穏やかに解決することだと思うのですが、弁護士が非常に性急に事を進めようとするので、素人の私は解決に向かうどころか頭がとても混乱してしまい、今どうすべきか方法が分からず途方に暮れています。

そこでご教示頂きたいのですが、

1、親権者だけを決めてまず離婚してしまった場合、私にはどのような不利な状態が起こりうるのでしょうか?想定されるものなら何でも構いませんので、是非ご教示お願い致します。

2、弁護士が非常に強硬的で、私は落ち着いて段取りを踏んで円満に解決したいのですが、このままだと不本意にこじれてしまいそうでとても不安です。これからどう対処したらよいでしょうか?

3、私も弁護士を頼みたいのですが、恥ずかしながら病気療養中でお金がなく、私自身で対応するしかありません。私のような人間が力をお借りできる機関や団体はありますでしょうか?

恐縮ですが、何でも構いませんので、どうかご教示ご指導お願い致します。

恐れ入ります、先日妻が2人の子供(小学生と幼稚園)を連れて家を出ました。

その後、妻の弁護士と会い、早急な離婚と母親親権の承諾を求められ困っております。

協議離婚の場合、

離婚の意思と親権者の決定→離婚にあたり発生する金銭についての取り決めをする→面接交渉権を決定する→離婚協議書を公正証書で作成する、→離婚届を提出

というのが通常の手続きだと思うのですが、
親権だけを決めてまず離婚してしまうという要求の意図がわかりません。

弁護士には、”年内に私の方から弁護士経由で妻に...続きを読む

Aベストアンサー

2 なにも
  離婚の意思と親権者の決定→離婚にあたり発生する金銭についての  取り決めをする→面接交渉権を決定する→離婚協議書を公正証書で  作成する、→離婚届を提出
  じゃなければ離婚届はサインしないよ!でいいのでは。

3 弁護士会館に行けば毎日無料相談開催しています。
  市役所などでもたまに無料相談やっています。

Q特別代理人で迷っています

はじめまして。
夫の両親がなくなり遺産相続をします。
所が夫は亡くなった為 夫の兄弟と我が家の子供たち(未成年)に権利があり その場合 こどもについての代理人についてお聞きしたいのです。
一人は私が代理人となり 他は特別代理人という事は分かりましたが 
その特別代理人とは (1)血縁関係ではないといけないのでしょうか? (2)どの程度関わってくるのでしょうか (3)責任は重大
? (4)私にとってどのような観点で選出したらよいのでしょうか。(こんなこといってはなりませんが 不利にならないためにおききします)以上宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

>夫の兄弟と我が家の子供たち(未成年)に権利があり 

 未成年者は一人ではなく、二人(以上)ということですか。そうであれば、特別代理人は、それぞれ選任してもらう必要があります。(未成年者二人ならば、特別代理人も二人になります。)同一親権者の親権に服する未成年者同士の利益が相反することになるので、相談者は法定代理人として遺産分割協議に参加することはできません。

>(1)血縁関係ではないといけないのでしょうか?

 血縁関係がある必要はありません。

>(2)どの程度関わってくるのでしょうか。

 それぞれの未成年者の法定代理人として、他の相続人と遺産分割協議をすることになります。(相続登記などの手続のために、遺産分割協議書への署名や実印の押印、印鑑証明書の提出等も必要になる場合もあります。)

>(3)責任は重大?

 未成年者の利益になるように行動する義務があります。必要な注意義務に違反して、子供の不利益になる行為をした結果、未成年者に損害を与えれば、未成年者に対して損害賠償義務が生じます。
 もっとも、申立の際に提出された遺産分割協議書案について、家庭裁判所が未成年者にとって特に不利益がないと判断すれば、その内容通りの遺産分割協議をすることについての特別代理人を選任する場合があります。その場合は、その遺産分割協議書案の内容通りに遺産分割協議をすれば、ほとんど問題ありません。

>(4)私にとってどのような観点で選出したらよいのでしょうか。

 御相談者は、申立の際に特別代理人候補者を立てることはできますが、選任をするのはあくまで家庭裁判所の判断です。
 相続人間で争いがないような場合は、分割協議書案どおりに遺産分割協議をする特別代理人を選任すれば、未成年者の不利益が生じるおそれがないので、比較的、身内の方を候補者に立てても、その通りに選任される可能性が高いです。
 一方、相続人間で争いがあるような場合は、事前に遺産分割協議案のとおりの内容に制限した代理権しか与えないわけにはいきません。そうしますと、遺産分割協議について包括的な代理権をもつ特別代理人(原則的な形態ではありますが)を選任する必要があり、その場合は、弁護士などの専門家が選任される場合もあります。
 いずれにせよ、家庭裁判所によって実務の傾向が違うので、家庭裁判所に相談してください。

>夫の兄弟と我が家の子供たち(未成年)に権利があり 

 未成年者は一人ではなく、二人(以上)ということですか。そうであれば、特別代理人は、それぞれ選任してもらう必要があります。(未成年者二人ならば、特別代理人も二人になります。)同一親権者の親権に服する未成年者同士の利益が相反することになるので、相談者は法定代理人として遺産分割協議に参加することはできません。

>(1)血縁関係ではないといけないのでしょうか?

 血縁関係がある必要はありません。

>(2)どの程度関わってくるのでし...続きを読む

Q法律用語で「承諾しない」

「肯んぜない」と訴訟上の書類に表記がありましたので、質問です。
これは法律用語ですか?
辞書で調べると、承諾しない、のようなのですが、正しくは、
「肯んじない」のようです。
法律用語で検索をかけても出て来ないのですが、単なる間違いでしょうか?
書いたのは弁護士なのですが……。
相手を牽制する意図で普段聞き慣れない言葉を使用しているようにも感じるのですが、(そして間違った…?;)本当の所が分かりません。
訴訟上はよく使う言葉ですか?
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も、よく「蓋し」とか「失当である」「当然無効である」とか頻繁に使いますが、そんな類ではないでしょうか。「肯んじない」も特段、法律用語として辞書に載ってるわけではありません

使い易いからただ使ってるだけだと思います

私の場合、「当然にして無効である」とは使わないなあ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報