西田俊也著『love history』『love history2』(メディアファクトリー)を読みました。『love history』では、主人公・吉崎由希子は昔の恋の時代に聴いた音楽を聴くと心がその時代にタイムスリップしてしまうという設定でした。それは作者自身、ユーミンの曲を聴くとその時代の恋を想い出すことからこの小説が生まれたからだと、最後に書いています。

昔の恋、といっても、もう2度と思い出したくない相手もいれば、もう1度会ってやり直したいという相手もいるでしょうし、それが現在の幸せな恋愛や結婚に結び付いている場合もあることでしょう。

そこで、あなたの恋にまつわる、想い出の音楽・映画・本……ジャンルは問いません、何でも結構ですので、ご回答頂ければと思います。よろしくお願い致します。また、その恋のエピソードなど、もし差し支えなければお書き添え頂けますと幸いです。

ちなみに私の場合は『アリベデルチ・ローマ』(Arrivederci Roma 作曲R.Rasea/P.Garianel/S.Giovannini)。2度と思い出したくない恋で、当時婚約していた女性から、正確に言えばその父親から一方的に婚約破棄されたことを思い出してしまうからです。あれからもう4年も経ちますが…。当時はとてもショックで、半年くらいはこの曲を聴くことができませんでした。でも今ではとても苦い味のする思い出として聴くことはできます。もちろん好んで聴くわけではありませんけれど……。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。



興味深いアンケートですね。

音楽から:必ず失恋した時は「いつかのメリークリスマス」を聴きます。
思い入れのある曲を、というのでしたら
辛い恋の思い出ですがヤイコの「マイスィートダーリン」
あれは約4年ほど前、振られメールを見た平日の朝
頭が真っ白な状態で流れたテレビのCM。
今は普通に聴けるようになりましたが。。

映画は「ブリジット・ジョーンズの日記」
ヤイコの曲と同じ相手とたった一度観に行き
それからすぐに振られたので。。
2が今やっていますが、内容もともかくあの辛さを思い出すので観に行く気にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。また、アンケートに興味を持って頂いてありがとうございます。スミマセン音楽は知りませんが映画は知ってます。観たことはありませんが。でも、恋の思い出ってやっぱり音楽とか映画と結び付くみたいですね。

お礼日時:2005/04/17 23:50

こんにちは。


彼氏と別れたときによく聴いていたのがMisiaの「あの日のように」です。歌詞が自分のことのようだったのと、Misiaの声にやられてよく泣いてた覚えがあります。
今でもこの歌を聴くとその時のことを思い出します。

この回答への補足

回答を寄せて頂いた6名の皆様!どうもありがとうございました!とても参考になりました。アンケートですから、どのご回答もそれぞれ納得のいくものばかりで、ホントは皆さんに20ポイントずつ差し上げたいところなんです。あるいはマスター20ポイントと準マス10ポイントを山分け(?)してもいいんです。それともいっそ公平を期すためにポイントを付けないというのもありかな、とも思ったのですが、「お礼の意味を込めてポイント付けるように」とのこと。そうもいきませんね。そこでここは私の独断と偏見(?)でポイントを付けさせて頂きました。でも回答に優劣があるとは思ってません。ですので、今回ポイントが付かなかった方も、また機会がありましたらぜひご回答よろしくお願いします!

補足日時:2005/04/20 22:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。スミマセンその音楽知りません。でも、恋の思い出ってやっぱり音楽と結び付くみたいですね。

お礼日時:2005/04/18 21:32

こんばんは。

先日はご協力ありがとうございました。
想い出の作品ですが、

あまりにキツくて全編読めていませんが、
『若きウェルテルの悩み』。書籍です。
「これは自分の為に書かれた」と本気で思いました。
「ありがとうウェルテル!」と思いました。

『ラ・トラヴィアータ(La traviata)』
オペラです。ヴェルディ作のイタリアオペラ。
昔、アルフレドみたいな人(…汗)が、
ヴィオレッタみたいな私(…滝汗)に、
聴かせてくれました。すごく想い出深いです。

以上参考になれば幸いです。それと、
まだ…想い出ではないですが、
私が大好きな絵本、
『かえるくんとがまくん』のお話を、
いつか…好きな人に
読んであげたいと思っています(どきどき)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。こちらこそ先日はどうも。『若きウェルテルの悩み』。ゲーテですね。作者も作品名も知ってますが、読んだことはありません。でもそのうち読んでみたいです。『ラ・トラヴィアータ(La traviata)』は昔のアメリカ映画『オーケストラの少女』で最後に歌われる曲で、私も何度聴いたことでしょうか。

お礼日時:2005/04/18 21:30

恋、とはちょっと違うのですが・・・



ボウイなのかな?氷室京介なのかな?
CLOUDY HEARTという唄が記憶にはっきり刻まれています。

高校生の頃バイトの先輩に家まで車で送ってもらったとき
何度か送ってもらっていたのですが
その日はずっとこの曲が流れていたのです。
リピートで。しかもカセット・・・

この曲の中に
「傷つけてばかりだったけどいつもお前を愛してた」
という歌詞があるのですが
その先輩はいつも私に意地悪をしていて
私は結構本気で嫌がっていて他の先輩に
あの先輩には嫌われている、と相談していたくらい。
でもいつも帰り方向が同じだったので
他の先輩と一緒に3人で送ってもらっていたのです。

ですがその日はたまたま2人で
そのカセットを延々と流され家の近くで車をとめて
帰ろうとしたら告白されました。
告白された時にいきなりキスされて気持ちの悪い思いをしたのを今でも覚えています。

今はあの曲を流し続けていた先輩を思うと
ププっと笑ってしまいますが
当時は気持ち悪くて仕方ありませんでした。
恋とは違いますがこんなエピソードでした。

それと私ではないのですが
これもまた高校生の頃のバイト先の上司が
数年間付き合って結婚の約束もしていた彼女にふられ
死にそうに落ち込んでいた時があって見ていられないほどでした。
その時期みんなでカラオケしたときのこと
その上司がサザンの「涙のキッス」の
「ふられたつもりで生きてゆくにはダメになりそうなほど
悲しみが消えない」というフレーズが辛くて
サザン命の上司でしたが涙のキッスは歌えない、と言っていたのを思いだし
その後涙のキッスを聴く機会があるたびに
この上司の事を思い出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。前半のお話は、何だか好きな女の子をいじめてばかりいる小学生の男の子みたいな感じがして、tabiatamaさんと同じくププっと笑ってしまいました。後半のお話はとてもシリアスですね。共感しました。

お礼日時:2005/04/18 21:21

三木道三(←合ってる??)の『LIFETIME RESPECT』


別にこの曲が好きというわけではなかったんだけど、
付き合い始めた時に、いろんなとこで あの
「一生一緒にいてくれや~」というフレーズが
流れてたので、この曲を聴くと当時の彼のことを
思い出します・・。

思い出の映画は『Sweet November』ですね。。
懐かしさのあまりDVDを買ってしまいました・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。スミマセン音楽も映画も知りません。でも、恋の思い出ってやっぱり音楽とか映画と結び付くみたいですね。

お礼日時:2005/04/17 23:47

音楽『言の音/AI』、香水『ブルガリ/BLUE』です


かなりかっこぃぃ子と付き合って居たのですが
其の子ゎ歯槽膿漏で僕にも移りましたので、
2度と思ぃ出したくなぃ思ぃ出です!
でも曲ゎスキなのでたまに聴きます☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。音楽はスミマセン知りませんが、香水はブランド物のですよね。苦い方の恋でしたね。

お礼日時:2005/04/17 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報