ボタンの木が3種類、それぞれ違った場所に植えてあるのですが、その内の一つだけ、花芽が日中にくたっとしおれるのですが何故でしょうか?
3種類ともに、昨年の終わり頃に知人にもらって植え替えたものです。それぞれに花芽が1~2個出て喜んでいるのですが、問題のボタンは花芽を一つ付けています。ツボミは親指より大きいくらいになっていますが、こんな状態だと心配しております。別に陽が当たりすぎる所でもなく、土が乾ききっているわけでもないようなのですが、枝が弱すぎるのでしょうか?
原因はどんなことが考えられますが?また、どのように対処したらいいでしょうか?ご教授願えませんか?宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 新根が伸びきっていないことと栄養不足が原因でしょう。


葉から養分を補給してやってみてください。(例えばBH101霧吹き)
 さらに完塾腐葉土マルチングで水分及び地温が安定するようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>新根が伸びきっていないことと栄養不足が原因でしょう。
→鋭い指摘ですね。移植する時に広がった根っこを切っていると思います。葉から養分補給が出来るのですか?水分とかは知っていましたが、養分が出来るとは・・・。腐葉土マルチングとかいうのをやってみますね。地温の安定ですか、勉強になります。ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亀甲牡丹ヒントニーの育て方

1年前くらいに、亀甲牡丹ヒントニー(実生?)の小さい鉢植えを買いました。
お店の人が、肥料などはいらないから水だけ2週間に1回くらいでコップ1杯くらいあげて、と言っていたので、そうしていたのですが、最近になって、葉っぱ?が茶色になってきています(枯れてる?)
夏ぐらいまでは綺麗な緑色だったのですが。
室内の日はあんまりあたらないところに置いてます。
サボテンを育ててるのは初めてで、どうしたらよいのか全く分からないです。

水やりの頻度や量をこうしたらいいとか、肥料はいらないのか、とかアドバイスがあったら教えてください。
今は、まだ直径4センチ、高さ2センチくらいの大きさです。
鉢が買ったときの小さいもの(直径8センチ、高さ10cmくらい)なのですが、植え替えたほうがいいのでしょうか。
また、日なたに置くのと日陰におくのとどちらがいいのでしょうか。

参考になるのかわかりませんが、今朝とった写真をつけました。

Aベストアンサー

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植物が多いです。一部には寒さにも強い種類もありますが、そのよ
うな種類は世界中に数種類しかありません。
暑さに強いと言うのは、自生地が亜熱帯や砂漠等で自生する物が多いと
言う訳で、長期間も雨が降らないメキシコ等が有名です。
体に水分を蓄えられる機能を持っているため、水遣りを怠っても直ぐに
は枯れる事がありません。蓄えた水分を少しづつ使用し、雨が降るまで
生き延びようとします。蓄えた水にも限りがあるので、全て使い切って
しまうと当然ですが枯れてしまいます。逆に普通の草花のように毎日の
ように水遣りをすると、蓄えられる水分分量を超えますから、根腐れを
起こして腐敗して枯れてしまいます。

どんな植物や樹木でも共通しますが、植替え時期は必ず決められていま
す。何時でも植替えが出来るとは考えないで下さい。決められた時期に
植替えを行うようにし、状態が悪くなってからでは手遅れになります。
亀甲牡丹は通常のサボテンと同じですから、植替えは5~9月の間だけ
で行います。僕の長年の経験からすると、出来るなら梅雨時期と猛暑の
時期を除いた時期が良く、梅雨入り前までに植替えを済ませた方が良く
なります。古い土は全て捨て、新しい土を使用して植替えます。
土は市販のサボテンと多肉植物の土を使用し、何も混ぜないで購入時の
ままで使用しますが、保水性が高い種類が多いので園芸用の川砂を2割
程混ぜても構いません。

肥料は植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)を混ぜて使用し、
次回の植替えまで一切与えません。置き肥で与える時は5~9月の間に
2ヶ月に1回で少量与えます。

置き場所は年間を通して日当たりの良い場所に置き、真夏だけは光線に
より本体が焼けて茶色く変色する事があるので、真夏だけは直射日光が
当たらない場所で弱い光線に当てます。冬場は外気温が5℃近くになっ
たら早めに室内に入れ、光線が十分に当たる窓辺で管理をします。
それ以外の時期は全て屋外で管理をします。猫可愛がりをすると外気温
が7℃以上は無いと越冬が出来ないので、寒さに多少でも強くさせるに
は冬以外は屋外で光線に当てるようにします。
植替え期間は鉢の大きさで決めます。7号鉢を基準とし、それ以下なら
年毎に植替えをし、それ以上なら2年毎に植替えをします。

水遣りは4~10月は鉢土が完全に乾いてから、更に1週間経ってから
鉢底から十分に水が流れ出るまで与えます。この時にコップ半分や1杯
等と量を決めたり、2週間と言うような期間を定めるのは絶対に避ける
ようにします。与える時は鉢底から水が流れ出るまで与えるのが原則で
す。店員さんの言われた方法は、機械的水遣りと言い絶対に行っては駄
目な方法です。店員さんはサボテンの事を全く知らない人のようです。
冬場は休眠するので、1ヶ月に1~3回で与えます。出来るだけ乾かし
気味にした方が寒さに強くなるので、出来るだけ水遣りは控えます。

暖房がガンガン効いた部屋ではサボテンの本体が乾燥するので、場合に
よっては干からびてしまいます。暖房器具の放射熱が直に当たらないよ
うにし、湿度不足の時は霧吹きでサボテンの表面に水を噴霧し、乾燥か
ら守る工夫が必要です。冬場でも掃除で窓を開ける事があるはずですが
窓を開けても冷気に長時間も当てないようにします。サボテンでも風邪
を引く事を覚えて下さい。

画像を見ると鉢の大きさが大き過ぎます。画像のような深鉢が好ましい
のですが、大きな鉢に小さなサボテンが置いてあるような感じを受けま
す。実際にはサボテンと鉢の間が、人挿し指が1本入る程度が適してい
ます。現在の鉢では生育のためには好ましいとは言えません。

日向と日陰ですが、基本的には日向です。植替え直後や状態が悪い時は
明るい日陰に置くのが好ましいですが、基本的には年間を通して日向に
置くようにします。また日向であれば良いと言う事はなく、風通しが悪
いと病害虫の発生が多くなったり、土が乾きにくくなるため腐敗しやす
くなります。年間を通して風通しを良くする事は必ず必要です。

サボテンと多肉植物に関しては栽培経験が長いので、ある程度の事なら
回答が出来ます。他に質問があれば締め切らずに補足質問をして貰えれ
ば、分かる範囲で答えようと思います。

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植...続きを読む

Q芽が出たタマネギを植えると、新しいタマネギはできる??

 素朴な質問です。芽が出てきて食べられなったタマネギを土に植えれば、新しいタマネギができますか?
 できるとは思うのですが、予想では、丸くはならないでニンニクのような房状になる気がしますが・・・。
 知ってる方、お願いします。

Aベストアンサー

芽が出てしまった玉ねぎは植えておくと、二、三本に分かれてきます。これはネギの代わりに使えます。
【冬を越して】5月頃に小さめの玉ねぎが収穫できますよ。冬を越すのがポイントです。

Q多肉植物の育て方

最近、多肉植物に興味を持って、いくつか苗を購入しました。
虹の玉、レズリー、月兎耳、白牡丹、熊童子を買ったのですが、育て方でよくわからないことがあるので教えてください。

まず、置き場所なんですが、本当は室内に置きたいんですが、日光がたくさん必要だと書いてあったので、朝から夕方までは南側の庭に出して、夕方になったら部屋に戻したいと思っているのですが、毎日植物を動かすのはよくないでしょうか?小さな鉢に入れているので、出し入れは問題ないのですが、植物は今いる場所に適応しようとするから、あまり動かすのはよくないと聞いて困っています。

外で育てるのが一番だとは思いますが、どうしても部屋に飾りたいので、日が沈んだ後だけでも室内に置きたいのですが、そういう育て方をしている方はいらっしゃるでしょうか?

あと、植え込み後のお水は、植え込み後すぐにあげたほうがいいのでしょうか?調べてみたところ、少しあげたほうがいいという意見と、植え込み時は乾いた状態で、1週間後くらいにあげたほうがいいという意見があり、どっちにすればいいのかわかりません。今日植え込みをして、念のためまだお水はあげてない乾いた状態にしています。多肉植物は初めてなので、いろいろ戸惑っていますが、長くきれいに育てたいので、詳しい方、育てているかたのアドバイスをお願いします。


長文、読んでいただいてありがとうございました。

最近、多肉植物に興味を持って、いくつか苗を購入しました。
虹の玉、レズリー、月兎耳、白牡丹、熊童子を買ったのですが、育て方でよくわからないことがあるので教えてください。

まず、置き場所なんですが、本当は室内に置きたいんですが、日光がたくさん必要だと書いてあったので、朝から夕方までは南側の庭に出して、夕方になったら部屋に戻したいと思っているのですが、毎日植物を動かすのはよくないでしょうか?小さな鉢に入れているので、出し入れは問題ないのですが、植物は今いる場所に適応しようとする...続きを読む

Aベストアンサー

日暮れ後、室内に取り込むのは悪くないですよ。
多肉植物は結露すると葉が腐ってくるので、寒い時期は室内に取り込む方が無難ですし。

ちなみに私はカフェカーテンをつけた出窓(室内側)に置いています。カーテンの下側から直射日光を浴びて元気に育ってます。結露する頃には夕方少し室内側に移動させるだけなので楽させてもらってます。

あと購入は苗の形なんですよね。苗の形になっているものは土が乾いていれば水あげて大丈夫です。
挿し芽をして増やす時はすぐ水をあげると腐ってしまう場合があるので、しばらく水をあげない方が良いですよ。

多肉植物は多少育てるのに失敗しても挿し芽で何回も復活してくれるし、姿が乱れたら仕立て直しも簡単なので安心して育てて下さい。ずぼらな私でも何年も育てられているので大丈夫です。

Q私は、農業高校に通う1年生なのですが、確かサツマイモの定植?で、水平植え、船底植え、直立植え、斜め植

私は、農業高校に通う1年生なのですが、確かサツマイモの定植?で、水平植え、船底植え、直立植え、斜め植えがあると習いました。

そこで質問なのですが、何故、このような様々な植え方があるのか教えて下さい!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

学校用語で言うと、適地適作。
質問主様の年だと判らないかと思いますが、サツマイモを始めて作る畑だと、凄くデカイ物が出来ます。
よく見聞きするので言うと、出来た芋を孫に担がせて写真を撮る。(次の年の年賀状の写真になる)
でも、一升瓶みたいなサツマイモ、使い道が限られますよね。
なので、色々な植え方で、焼き芋サイズのイモを作る努力をします。
それが植え方の違い。

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q8月中旬にジャガイモを植えましたが、猛暑のためか未だ芽が出てきません。

8月中旬にジャガイモを植えましたが、猛暑のためか未だ芽が出てきません。
場所は千葉です。
1)1ヶ月以上たっているので見切る必要がありますか?また猛暑で腐るということがあるのでしょうか
2)ジャガイモは見切ってこの畝で冬野菜を育てる場合、腐った?ジャガイモは掘り起こして捨てるだけで良いのでしょうか? 次の野菜に悪い影響を与えない何らかの手段があるのでしょうか?
ご教示方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

他の方からの回答がないのは、今年のような経験をだれもしていないからでしょう。私も8月以降の高温の影響を受け、ジャガイモの発芽の遅れにやきもきしてました。

1)種イモを切断しないまま植えたなら、高温による生育停止の状態で、ここ1週間の気温低下でやがて発芽します。春と同じように切断して植えたなら大半が腐敗していることでしょう。あなたの栽培面積が不明ですが、発芽を待つことも選択です。当然、初霜までの期間と収量が問題になりますが、12月半ばまで、透明ビニールで覆うことも対策として考えられます。
2)ジャガイモは見切ってこの畝で冬野菜を育てる場合、品種が春でも可能な「出島」などでは、腐敗していなければそのまま放置することも可能です。次の作物として、春菊など根が深く伸びないものが良いでしょう。切断して植えたなら、面倒でも掘り返す必要があります。
 ちなみに、私の場合は広い家庭菜園で、どうなるか興味深々で観察しておりましたが、この数日ですべて発芽しました。切断せず、木陰で発芽させた後移植しております。今年の暑さで、レタスの発芽障害、トマトの低収量、豪雨で餌が少なくなった鹿と猪の来襲と、充実した夏でした。

参考URL:http://tenki.infoseek.co.jp/topic/20090819/

他の方からの回答がないのは、今年のような経験をだれもしていないからでしょう。私も8月以降の高温の影響を受け、ジャガイモの発芽の遅れにやきもきしてました。

1)種イモを切断しないまま植えたなら、高温による生育停止の状態で、ここ1週間の気温低下でやがて発芽します。春と同じように切断して植えたなら大半が腐敗していることでしょう。あなたの栽培面積が不明ですが、発芽を待つことも選択です。当然、初霜までの期間と収量が問題になりますが、12月半ばまで、透明ビニールで覆うことも対策として考え...続きを読む

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q一つの種から芽は・・・(柑橘系です)

今日土を掘り返すと根の出てきたカボス(金柑だったかも)の種が出てきました.
種を土に戻そうと思って拾い上げそうとしたとき
殻がとれて中から3つの芽のようなものが出てきました.
はじめは種を破壊してしまったのかと思っていたのですが,
よく見てみると三種類に分かれているようでした.
一つは根が伸びているもの,
二つめは根があるような無いようなちょっと中途半端な形のものです.
最後の一つはすごく小さいのですが,他の二つの形によく似ています.

ここで質問なのですが,一つの種からいくつ芽が出るようになっているのですか?
それとこのまま植え続けても育ちますか.
教えてください.

Aベストアンサー

#1の方が書かれているように柑橘類には多胚性のものがあり以前読んだ書籍には交配が進んでない品種は芽を複数出すものもあり蒔いた1年目にだけ花は咲くが実はならないとありました。
実際、グレープフルーツ等は果実の中で根が出ているものもあり植えましたが白い花は咲いても実はなりませんでした。
グレープフルーツやマンゴー等は二つ以上の芽を出すことがよくあるそうでこの多胚現象は決して病的な現象ではありません。
多胚性の柑橘類においては複数の植物が生じてそこには普通の遺伝子と母親のクローンの2種類出る場合があり複数の芽のうち生長が遅い方が母親のクローンの可能性が大きいそうです。
つまりこれを利用すると親とまったく同じ味の果実を付ける苗木を作ることが出来ますね。
普通の果樹では種子を蒔いても親と違った果実を付けるものしか生じないそうです。
shimadzuさんの種もきっと立派な苗木になると思いますので大切に育てて下さい。
そしてどんな果物の種でも果肉を食べた後は塵として捨てないで土に植えておくと良いですね。
やり方は色々ですが必ず発芽しますので育ててみるのは楽しいですよ。

#1の方が書かれているように柑橘類には多胚性のものがあり以前読んだ書籍には交配が進んでない品種は芽を複数出すものもあり蒔いた1年目にだけ花は咲くが実はならないとありました。
実際、グレープフルーツ等は果実の中で根が出ているものもあり植えましたが白い花は咲いても実はなりませんでした。
グレープフルーツやマンゴー等は二つ以上の芽を出すことがよくあるそうでこの多胚現象は決して病的な現象ではありません。
多胚性の柑橘類においては複数の植物が生じてそこには普通の遺伝子と母親のクローンの...続きを読む

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報