いま候補に挙がっている建築中の建売物件があります。今回の台風が直撃しそうということで心配になり風雨の中見にいきました。
建築の進み具合は、基礎は終わって筐体の柱と屋根、あと床板がはってあり、でも壁ができていないので横からはツーツーといった感じです。
で、行って見て驚いたのですが、この台風の中シートで覆うわけでもなく雨ざらし状態で中はビショビショ。おまけに和室の畳をはる窪んでいる部分に雨水が2、3cm溜まって池になってました。
素人なのでわからないのですが、こんなのでいい家が建つのでしょうか?
場所は気に入ってるので問題なければいいのですが・・・
どなたかご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

窪んでいる部分の床面の素材はコンパネを使用されているのでしょうか?コンパネを使用されているのであれば、取り替えねばなりません。

コンパネは積層合板なので水に濡れると績層が剥がれてしまいます。取り替えされないと後々に大変な事になると思います。最近の建売物件で使用される木材は半乾燥材を使用されています。一見乾燥しているように見えますが、実際はけっこう湿っています。建築後1年~2年はどの室内でも湿気がすごいです。その後乾燥が始って、各所の柱が細くなります。この時に接合部に隙間が発生してきます。接続金具の羽子板ボルトのナットが手で締められるくらいゆるんでいます。出来る事なら、各柱の接続部に点検できるような点検口を作っておかれる方が良いと思います。それと、各部屋にコンセント、LAN回線も設置された方がいいですね。埋設配管は出来るだけしておきましょう。
後で配線をすると露出配線、ころがし配線になります。耐震についても充分に考えられた方がいいでしょう。外見にとらわれないで、構造をしっかり見ておかれる方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

床材が何かを早急に確認したいと思います。
もしコンパネというものならば交換するのか・・・もしくは交換してくれるのか等、業者に聞いてみたいと思います。
ご教授ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 12:28

 材木の事を考えると確かに濡らすことはあまりよくありません。

せっかく乾燥させた材木が水分を含んでくるいを生む可能性があるからです。
 しかし、長い期間の建築中に雨が降ることはしょっちゅうあることですし、天候ばかりはどうしようもありません。下の方が書かれているように、逆にシートを張ることによって大きな被害を生むこともありますしね。
 基本的には、濡れた後にしっかりと乾燥させてやれば問題はありません。乾燥していないのにふさいでしまうと、壁や床にカビが浮き出てきたりといろいろと問題が生じてきます。
 もし、気になうようでしたら乾燥させているかどうかだけはチェックしておいた方がいいのではないでしょうか。
 あと、アフターサービスがしっかりしているかどうか、業者の信頼度を確認しておけば、後々大きな問題にはならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここ数日天気の悪い日が続いているので、乾燥できているかが心配です。
これからマメにチェックしていきたいと思います。

お礼日時:2001/09/14 12:21

建物の周りの状況がわかりませんが、場合によってはシートを張らないほうがいいこともあります。



柱を介して回りにシートを張ると、シートに風が当たったときに柱にかなりの荷重がかかります。
補強がされていない(建築途中の)状態でこれをやると、最悪柱が倒れて全壊する恐れもあります。
(風速30/sec、柱間1.8mとした場合、柱1本にざっと60~70kgの力がかかる計算です)

また、シートが風で飛ばされて別の災害を誘発することも考えられます。


もし心配だったら、その業者さんに話せば何らかの対策をしてくれるかもしれません。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
なるほどシートは張らないほうがいいこともあるのですね。
でも中がビショビショで水たまりだらけであたかも床上浸水してしまったみたいな状況になっても後々問題ないのでしょうか?

補足日時:2001/09/11 13:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報