「棘」のある花は生けない・・・という流派もあるそうですが、蛇結茨とか好きな私はそういうのに囚われたくありません。
そういった「棘」のある花でもOKな流派は存在するのでしょうか。
先日問い合わせたところ(流派解りません)、無下に言われましたので、そこには「お宅の流派は?」と電話する気もおきないのです。。。
多分、きちんと習われていらっしゃる方からすると、私は邪道なのかもしれませんが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔、小原流をかじったことがありますが、


『棘のある花はいけない』とは
聞いたことがありません。

発表会の花はバラでしたし、
柊なども特になにもいわれませんでしたね~。

ただ、先生から、
『怪我をするといけないから、 
 棘を手で取ってくださいね。』といわれ、
バラの茎の大きな棘は外しました。

棘があるからとかで花を差別するような流派は、
なんか自分的には好みではないですね。

花の持つ美しさを、
どうやってあの小さな空間に表現するか。

本当に技量のある人ならば、
どんな花であろうと活けることができる。。
と自分は思います。

次回からは、まず最初に流派をお聞きして、
その後にご質問文のように、
『私は蛇結茨なども好きなのですが、
 棘のある花はいけないという流派もあるとお聞きしたのですが、どうなのでしょうか?』
と問い合わせしてみたらいかがでしょうか?

そのときの対応で、その団体の質がわかります。
活けることがOKといわれても、
不愉快な対応をするような団体には、
入会しないほうがよろしいと思います♪

また、検索してみたら
こういう解説をしているところもありましたので
ご参考まで。

参考サイト
○浄土真宗本願寺派教念寺(←ページ一番下です。)
http://www.kyonenzi.net/bututon_200308.htm

参考URL:http://www.kyonenzi.net/bututon_200308.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyouichi-7さん、ご返答、どうも有難うございます。

本当に、習う前から不愉快突入でしたので、今にして思えば通う前でラッキーでしたよね。
お作法。。。と言われればそれまでですが(笑)

「花の持つ美しさを、
どうやってあの小さな空間に表現するか。」
素敵ですね~。
私ももう少々広く考えて、基礎を思えばいいのかもしれませんね。応用は自分でそのうちすれば良し!と思って。
頑張って自分に合う場所を探したいと思える様になりました。有難うございます!
(わざわざ検索までして頂いて恐縮です!)

お礼日時:2005/04/17 19:10

母に聞いてみました。


華道とは元々仏に供える花から発展したものらしいです。
「池坊」では、仏に供える花で「禁花」とされているのは曼球沙華(彼岸花)ノーゼンカズラ、アセビ等で異なりますが「バラ」はOKとのことです。
反対に「祝儀ごとの慶事」での「禁花」にバラ、アザミ、ボケなどの棘のある花が入っています。
ようはどのような時に活ける花なのかによって異なるそうです。

問い合わせてぞんざいな扱いをするのであれば、入門したところで先が見えてくると思います。
一度くらいで諦めないで、何件か問い合わせてみるのがよいのではないですか?

草月流あたりは自由なのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mr_rengelさん、ご返答、どうも有難うございます。

そうなんですよね、私も小さい頃に祖母から「禁忌」を教えてもらった記憶があるんですが、薄れてます。
mr_rengelさんのお母様の仰られてる事も言われた気がします。因みに、彼岸花、薔薇、アザミ、ボケ、全部好きですよ(笑)

ホントにかなりムッ!とする返答でしたので(電話越しにも私のニッコリ顔が変わった程)、もう少々回ってみようと思います。人との相性も大事ですよね。

素敵なお母様にも宜しくお伝え下さい。
我が家の母は聞いても無駄でした。。。

お礼日時:2005/04/17 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山の花の名前を調べるサイトありましたらお教えください。

山登りをして花の写真を撮ってくるのですが花の名前を調べるのに使えるサイト教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。下のサイトはいかがですか?名前、花の色、季節、山域で検索できるようです。
http://www.japan-net.ne.jp/~nagayama/y-hanaji/
こちらは色や場所、丈なんかで検索できます。
http://kawakita-hp.cool.ne.jp/hana-kensaku/index.html
ご参考までに。

Q華道の流派変え、流派の特徴

 こんばんは、早速質問させて頂きます。

 私は今、池坊の華道を習っておりまして、まだまだ下の方ですが免状も取得致しました。
私は「池坊がいい」と思って習い始めましたのですが、(一番歴史が古いという事と、やはり「正統派」なイメージがあったので・・・)最近、私は池坊にあわないのでは無いかと思い始めました。
 それは、私の先生曰く、私の作品(自由花など)が「派手好きで斬新」であるかららしいのです。
 私はどちらかというと古風で清楚なものに憧れていたので少しショックなのですが、池坊の売り(言葉悪くてごめんなさい、いい言葉が思い浮かばなくて)の一つでもあるお生花がイマイチ好きになれないので、自分でもそう考え始めました。
 自由花を生けても、「若い人は感性が鋭いね、斬新でいいです。『池坊っぽくは無いけど』」と言われます。一度思い切って「下手だというですか?」(こんなに直接的な言い方はしていないですが)とお聞きしたところ、純粋に雰囲気や好みが池坊っぽくないという事です。
 そこで、私は池坊も好きですが自分に合わないとは自分自身感じ始めたので、流派を変えようかなと思っております。
 今考えているのは、「小原流」と「嵯峨御流」です。(他にも「未生流」などいろいろ御座いますが、私にとって都合のいい場所には無く、この2つのうちどちらかと考えております。)
 よろしければ、この2つの流派の特徴やイメージなど、どんな事でもいいので教えて頂けないでしょうか?
ちなみに私は2つとも名前だけしか詳しくは知らないのですが、「嵯峨御流」に惹かれています。京都っぽいので・・・
 安直な人間でごめんなさい。どうぞ、宜しくお願い致します。

 こんばんは、早速質問させて頂きます。

 私は今、池坊の華道を習っておりまして、まだまだ下の方ですが免状も取得致しました。
私は「池坊がいい」と思って習い始めましたのですが、(一番歴史が古いという事と、やはり「正統派」なイメージがあったので・・・)最近、私は池坊にあわないのでは無いかと思い始めました。
 それは、私の先生曰く、私の作品(自由花など)が「派手好きで斬新」であるかららしいのです。
 私はどちらかというと古風で清楚なものに憧れていたので少しショックなのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

もう10年くらい前ですが、池坊をやっていました。
私の先生は、自由花を斬新に活けるととても喜んでくれました。
おそらく、いろいろなお弟子さんの個性を喜んでくれたのだと思います。
『池坊っぽくないけど』は、確かに凹んじゃいますね。。。
質問者さまは、流派というか、どちらかというと先生との相性がちょっとしっくり来なかったのではないかと思います。

とはいえ、ここの回答欄でズバリ流派の特徴を言い得てくださる方(おひとりで両方を極め、同じ視点で比較できるなど)がすぐに見つかるとは考えにくいことと、流派だけじゃなくて先生との相性もあると思いますので、お近くのお稽古をいろいろ見学なさったらいかがでしょうか。

見学の時に質問してみたり、他の生徒さんの雰囲気や、お道具の管理とか、見に行って感じるのがイチバンかなと思います。

ちなみに私は今、フラワーアレンジですが、先生は「いけかたの決まり事はあるけれど、だからといって先生のコピーを作っちゃいけない(=個性を生かす=ルールと個性は別)」とおっしゃっています。
「池坊っぽく」って、何でしょうね^^;

もう10年くらい前ですが、池坊をやっていました。
私の先生は、自由花を斬新に活けるととても喜んでくれました。
おそらく、いろいろなお弟子さんの個性を喜んでくれたのだと思います。
『池坊っぽくないけど』は、確かに凹んじゃいますね。。。
質問者さまは、流派というか、どちらかというと先生との相性がちょっとしっくり来なかったのではないかと思います。

とはいえ、ここの回答欄でズバリ流派の特徴を言い得てくださる方(おひとりで両方を極め、同じ視点で比較できるなど)がすぐに見つかるとは...続きを読む

Q野の花の名前を調べる良い本はありませんか?

野の花の写真を撮っています。
雑草というか野原や土手、山道に咲いている花が主な被写体です。

ところが、撮った花の名前探しに苦戦しています。書店で探しても、高山植物やガーデニングの植物は本があるのですが、野の花の本は見つかりません。何かいい書籍があれば教えてください。

ネット上でも探したいのですが、ご存知のサイトがありましたら、重ねてお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「身近な野草を調べよう」
◎http://www.tcp-ip.or.jp/~jswc3242/contents.html
(身近な野草)
◎http://ss.ngri.affrc.go.jp/weedlist/title.html
(外来野草)
◎http://member.nifty.ne.jp/mouzuika/
(モウズイカの裏庭)
●http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html
(ハイパー植物図鑑)

ご参考まで。

参考URL:http://www.naoe.hiroshima-u.ac.jp/~hirata/yasou/

Q流派による違い。お勧めの流派、教室

学生時代、嵯峨御流を勉強しお免状を取得しています。
また新たに勉強したいと思い教室を探していますが、別の流派に変えるかどうか迷っています。
嵯峨御流の流派じたいが好きになれないというわけではないのですが、勉強を始めたとき特に何も考えず嵯峨御流に決めたので、新たに始めるにあたって、他の流派との違いを考えるようになりました。
また、陶芸を趣味でやっておりまして、花器もよく作ります。色々な流派を知ることで、作品の幅も広がるかもしれないという気持ちもあります。
色々調べてみましたが、たくさんの流派があり、流派によって何がどう違うのかわからなくなってきました。
流派の特徴を簡単に教えてくださる方いらっしゃいませんでしょうか?また、流派の比較をしているようなHP等教えていただけるとうれしいです。
少しはなしがそれますが、大阪市内で通いやすいお勧めの教室などあれば教えて頂きたいです(実際自分の目でみてみたいので。)
お分かりの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お役に立つかどうかわかりませんが、参考程度に・・。

大阪でしたら、近鉄デパートや高島屋でも、カルチャースクールがあり、様々な流儀のお華教室ありますよね。スクールを見学したり、華展をご覧になったり、その場の先生やお弟子さん達の雰囲気をよく観察されたりして、ご自信が馴染めそうな所がいいかとも思いますが。

先生によって、お稽古場の雰囲気もかなり異なってきますから。
ただ、嵯峨御流のお免状をお持ちでしたら、同じ流儀を続けられて、その上を目指されるのもいいかとも思いますが。

私も奈良にお家元のあるお華習っておりますが、ずっと同じ流儀をお勉強していけたら、と思っています。
今の先生を始め、お稽古場の方々が大変すばらしい方々ですから、そのおかげですが。

Q何の花なのか調べる方法

庭付きの借家に引越ししました。
とても広い庭なんですが、植木の一つもなく、殺風景な庭です。
至る所に、雑草なのか花なのかわからない芽がいっぱい出ています。
せっかくなので花だったら残しておきたいのですが、芽だけで何の花なのか調べるサイトがないでしょうか?
小さい頃は花の水やりとかしていたので、花なのかは何となくわかります。
小さいうちに抜き取らないと草ぼうぼうになりそうなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず最初に葉脈が平行になっている「単子葉植物」・・・イネ科などは雑草と考えてよいのではないでしょうか。
単子葉で園芸植物は、ほとんど球根か宿根系だと思いますので、小さな発芽したばかりの物は、抜く対象だと思います。

つぎに庭全体を見て回って、ついでに家の外の道べりを見る。
ふつう同じ草花は全体に植える事はないので、どこでも見れたら雑草の可能性が高い。

今、大きい雑草はそれほどおそれる事はありません。
いわゆる春雑草ですから、強烈に伸びたり、硬くはなりません。
これから発芽して伸び始める物は、夏雑草で強いですから早めに退治。

早くご近所の方と仲良くなって、サンプル的にいろいろな物を抜いて問い合わせるのが、ベストの方法と思います。

芽だけの雑草サイトは見つけれませんでした。
http://www.agri.zennoh.or.jp/visitor/appines/zassou/hat_sel0.asp
http://www.takii.co.jp/green/prevent/weed.html
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/zasso/index.html

参考URL:http://narc.naro.affrc.go.jp/oldss/kouchi/weed/hatazaso.html

まず最初に葉脈が平行になっている「単子葉植物」・・・イネ科などは雑草と考えてよいのではないでしょうか。
単子葉で園芸植物は、ほとんど球根か宿根系だと思いますので、小さな発芽したばかりの物は、抜く対象だと思います。

つぎに庭全体を見て回って、ついでに家の外の道べりを見る。
ふつう同じ草花は全体に植える事はないので、どこでも見れたら雑草の可能性が高い。

今、大きい雑草はそれほどおそれる事はありません。
いわゆる春雑草ですから、強烈に伸びたり、硬くはなりません。
これから発...続きを読む

Q川瀬敏郎さんのような花を学ぶための流派は?

川瀬敏郎さんに感銘を受けて、生け花を始めようと考えている者です。
いま、展示されているところを探しては、伺っているところです(心斎橋そごう1周年で、12流派の家元のお花を見ることができました)。

「茶花を学びたい人には古流か御室流」と書かれているのを見まして、川瀬さんの花に通じるかと思い、これらの流派を考えています。
教室見学の前に、実際に学ばれている方のご意見をお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月開始で1年単位(らしい)のご本人の教室がありましたけど、東京なんです。二子多摩川のカルチャーセンター。でも心斎橋そごうとおっしゃるからには大坂の方なのかしら。お花は活けたあとも持ち帰りなどがあるので、難しいですね。
お住まいのエリアで同等の流派を学べる、もしくはお弟子さんで教えてもよいと言って下さるかたをご紹介下さいと事務所連絡しても、拒絶はされないと思います。

Qアパートを借りている人の名前を調べる

アパートを借りている人の名前を知りたいのですが
調べる事はできますか
調べられるならどのような方法が有るか教えてください

Aベストアンサー

家族でも、今のご時世、DV等の問題もあるので簡単に調べることはできないですよ。
探偵会社にお金を払って調査してもらうとあらゆる手段で調べてくれるかもしれません。
行政やまっとうなところでは個人情報の取り扱いについて約束をしていますから、何かあれば訴えられたり損害を食らうことになるのでいいません。

Q花の名前を教えて下さい ご近所さんに花を戴いたのですが、その方も私もその花名が分かりません。ご存知の

花の名前を教えて下さい

ご近所さんに花を戴いたのですが、その方も私もその花名が分かりません。ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

日日草(ニチニチソウ)ですね。

Q離弁花と合弁花を調べる方法と意味

植物分類素人です。離弁花、合弁花というのは何を信用したらいいのかわからなくなってきました。ネットで検索しても両方の答えがでできて、例えば「ノリウツギ」は合弁花とも離弁花ともでてきます。
分類も変化するということはわかりますが、白黒をはっきりさせるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?ネットで検索して目的を果たす方法はないでしょうか?
また、離弁花と合弁花を区別することは、単に花の形だけでなく、もっと深い意味があるのでしょうか?
今、身近にある多くの植物を分類していますが、小中高教育レベルで、離弁花・合弁花の二つを分類する価値と、ネット検索でで2つを分類する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

従来ユキノシタ科はおしべやめしべの数が少ない仲間として、離弁花のひとつの科にされていましたが、系統解析が進歩してノリウツギを含む木本のアジサイ科と、草本の狭義ユキノシタ科を分ける方がよいことがわかってきました。ノリウツギは、多くの図鑑などでは広義のユキノシタ科として離弁花に扱われている一方で、最新の分類の成果を取り入れた文献ではアジサイ科として合弁花になっていると思います。
合弁花と離弁花を分ける意味は、従来は大きな双子葉植物を便宜的に二つに分ける方法だと思われていましたが、近年のDNAによる系統解析でも、おもに合弁花からなるグループとおもに離弁花からなるグループがあるようです。単純に花弁が合着するかどうかでは判断できません。
こういうことはおそらく大学生になって植物学を学ぶと教えてもらえることです。最新の系統解析の結果を、感激を持って理解するためには、従来の分類体系を知っていることが大事だと思います。「小中高教育レベルで、離弁花・合弁花の二つを分類する価値」のひとつとして、従来の分け方を知っていて悪いことはないと思います。

Q生け花のそれぞれの流派の特徴のわかる本ご存知ないですか

昨日、生け花の展覧会へ行ってきました。
色々な流派の達人の方たちのお花が沢山展示されていたのですが、
華道のたしなみのない私には、最後までどの流派はどんな特徴がなど全く判断がつきませんでした。

展覧会出口の即売所で、
「華道初心者でもわかるそれぞれの流派にはどんな特徴があるみたいなHOWTO本ありませんか」
と伺ってみましたが、現在は取り扱っていませんとのこと。。。

どなたか良い本ご存知ないですか?

Aベストアンサー

日本橋高島屋のいけばな芸術展に行かれたのでしょうか。
私も先生のお手伝いで行きましたが、毎年見ごたえありますよね。

同じ花材だけを瓶に生けている流派以外は、席札を見るまでどこの
流派かわからないことが多いと思います。

華道の歴史は池坊から始まっていろいろな流派に分かれたようですが、
基本の教え方や進級のシステムに違いがあるだけで、
あとは流派に関係なく生け手によって作品も様々なので
これと言って特徴を挙げるのが難しいから
そういう本の取扱いがないのかもしれません。
せっかくさまざまな流派がそろって展示会をするのですから
そういう総合的な本を売ればいいのにと思いますけど。

お答えにならずに申し訳ありませんが、個々の流派のHPで、
流派の説明があると思うのでそちらで確認するとか、
生け花の歴史が書かれている本を読むと、ある程度書かれているかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング