広告代理店に内定した大学生です。

マーケティングなどについて全く知識がありません。

来年の春入社までに勉強したいのですが、今は就活前から読んでいた本(広告業界の本)や雑誌(広告批評や宣伝会議、販促会議など)からの知識くらいです。

夏休みくらいにはインターン形式で実際に働かせてもらおうかと思いますが、何しろ全く知識がありません。おすすめの勉強法を教えていただきたいです☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

別に深く勉強する必要ないんじゃない?



でも実感マーケティング(造語)は、必要だと思うよ。
例えば、街に行って、どんなものが女性に人気があるかとか、データではない体験して、分かるマーケティングをしたらいいじゃないでしょうか?

いろいろ経験するってこと。

という俺は、広告内定0・・・
    • good
    • 0

まずはおめでとうございます。


皆さん大変良い事をおっしゃられていますね。
私からも一言アドバイスさせて下さい。

もしクリエイタ-を希望されるのであれば、決して広告を「作品」などと呼ぶような輩にはならないで下さい。
単なる自己表現の場として広告の舞台を借り「面白コピー」や「面白CM」を排出したがる若者が年々増加しているのは憂慮すべき事です。
彼等が作るのは広告ではなく、「広告らしきもの」です。
このまま業界がそういう人達を受け入れ続けると日本の広告はますますレベルが下がっていってしまいます。

そのためにも、コトラ-などの本を読んで、少なからず「マーケティング」を勉強してから業界に入ってきて下さい。
これまで以上に広告の役割や意義を理解できると思います。
きっと表現の幅も広がると思います。

以上です。
    • good
    • 0

おめでとうございます。



私からのアドバイスです。

まず、マーケティング知識について。
学問的な知識やハウ・トゥ的な知識は本を数冊読めば十分。
つまり、実践ではさほど役立ちません。
とはいえ、知識があって損することはないでしょう。
教科書的な本はフィリップ・コトラー教授の本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
あとはグロービスのMBAシリーズのマーケティング関連。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
こんなサイトもいいかも。
http://www.tdb.co.jp/marketing/index.html
実践に役立つマーケティングというのは
結局、市場や商品そのものに詳しくなることです。
担当クライアントや担当商品が決まったら
その業界~市場~流通~商品~消費者を勉強してください。

入社前からやっておくとイイと思うこと。
#3さんの仰るような今後重要になりそうな分野
つまり今、広告代理店の人間が苦手とする分野に
強くなっておくのは手かもしれません。

ITもいいかも知れません。
普通に○○ができる、といった程度ではなく
同級生のIT好きを唸らせるような知識を持っているとイイですね。

マーケティングを志望するなら
多変量解析に強くなっておくとイイかも知れません。
調査~解析スキルは入社後にOJTで学んでいくだろうと思いますが
解析手法は日進月歩でバージョンUPします。
最近は共分散構造がありがたがられます。
http://www.interscope.co.jp/method/a03.html
これらの新しいスキルは私のような40代のマーケターの多くにとって
新たに学ぶよりも若い人に頼みたいといったところが
本音ではないでしょうか?

最後に。
仕事が始まると自分の時間がなくなると思います。
ストレスもたまるでしょう。
今のうちに仕事とは関係なく
むしろ純粋に自分がやっておきたいことや習得しておきたいことに
比重をおいてはどうでしょう。
私事で恐縮ですがインターン(というかバイト)の合間に
大型バイクの免許をとったり
広告と関係ない自分の関心事の勉強をしたりしてました。

では、卒業できない!なんてことにならないように
残りの学生生活を頑張ってください。
    • good
    • 0

おめでとうございます!



さて専門知識も大切ですが今しか出来ない2つを私はオススメします。

ひとつは幅広く世の中の産業を知ること。
今から業界どっぷりになるのではなく色々なバイトにチャレンジしてみて、その業種がどのように人を集めているのかなどを体験してみる。

ふたつめは
自分の得意な分野(趣味で良いのです)を極める。
映画でも旅行でも何か好きなことと知識があると
人間的に深みが出たり面白がられるので目上の人に
可愛がってもらえます。

あなたは内定して安心するのではなく、勉強しようという
とても志の高い方ですから、きっと活躍されることと
思います。がんばってください。
    • good
    • 0

今のうちから広告の中の得意分野を作っといた方がいいかもよ。

ITがオススメ。ライブドアがいうとおり、広告業界はWebに弱い人がとても多いのです。
Webに特化した専門知識を今のうちにつけたら、
得意分野の部署に配属されることうけあい。
将来はテレビもラジオもNetもつながる時代なので
今ある媒体よりも先に進んでいた方がいいと思う。
    • good
    • 0

既に配属先がマーケと決まっているんでなければ、特に今から何かすることってないんじゃないでしょうか…。


別に、内定決定後にしたことによって人材評価することはないでしょうし。
マーケのことを知りたければ、書店に行くとマーケ関連の本がたくさん出ていますよ。

あと、インターンについてですが、現場としては未経験の学生に来られても…正直、迷惑…(汗)という感じではあります。

学生さんって「何でもやります!」って皆言うんだけど、結局こちらが教えてあげないと誰も動けないから、正直言って足手まといなんですよ…。
かといって、彼らは後々代理店のキャリアになる人材ばかりですから、雑誌の整理とか昼飯の買い出し等、ただの雑用だけさせるわけには行かず…。
結局仕事を一から教えることになるのですが、そうなるとただでさえ忙しい自分の仕事に、新卒の教育という新たな別の仕事が増えてしまうので、仕事量が倍になるというとても有り難い事態に陥ってしまい、現場にとって相当の負担になることは確かです。

とはいうものの、インターンについては、各企業毎によって対応が違うと思われますので、一概に無理と言うわけではありません。好意的に受け入れ体勢を取っている企業もあります。
が、現実的に考えると、受け入れにはかなりのパワーを要しますので、ある程度余裕のある企業でないと難しいでしょう。

また、宣伝会議など広告業界本に書かれている内容については「話半分」程度に受け止めておいてください。
一見、すごくステキな話ばかりが載っていますが、実際の代理店の仕事とは、大変泥臭く地味な仕事が大半を占めます。
3K(古いですが…)にも匹敵する大変な労働環境であることは今から認識しておくべきです。

後ろ向きな話ばかりですみません。
    • good
    • 0

ご希望の職種に内定おめでとうございます。



広告の知識は、マーケティングも大切ですが、専門化されています、大学での専門が判りませんが、制作ではなく営業でしたら、知識としては、「広く浅く」どんな業種でも対応できる経験が必要です。

就職前から、「宣伝会議」等を読まれたのでしたら、知識は充分でしょう。
日本中を旅するとか、地理に詳しくなるとか、いろんな職種のアルバイトをするとか、実際の現場を経験されて、それを話題に出来るようになることも、勉強だと思います。

理論と現実は食い違いますから、固定的な知識より、働くことで「学」気持ちをもたれて、少々遊んでください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広告制作会社の売上高ランキング

広告制作会社(東北新社・葵プロモーション等)の売上高ランキングというのは、
どこに書かれているのでしょうか?

広告代理店の場合は宣伝会議に載っていたりするのですが・・・。

Aベストアンサー

無いと思います。

これがあると、特に1社受注のところなんかは
完全に単価がわかってしまいますから....


人気Q&Aランキング

おすすめ情報