タイトル通りどこがどう違うんですか(?_?)教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

他の回答者の方のご指摘の通り、生物の教科書などに書いてありますので、学校の図書館なども利用して調べてみることをお勧めします。



それをふまえて私なりに助言させていたただきますと、まず植物と動物では栄養の取り方が大きく異なります。植物は太陽の光と二酸化炭素、土壌からの無機物(窒素化合物など)をもとに、自分の力だけで生きることができます。これを独立栄養といいますが、植物の細胞にはそれを可能にする仕組みが備わっています。また、木を硬く維持する仕組みも動物細胞にはないものです。
 これらの能力を細胞に与えているものは一体何でしょうか?そういった観点で調べると、単なる宿題にも興味がわくかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今度調べてみたいとおもいます

お礼日時:2005/04/25 19:13

こんにちは。



見るからになんかのレポートか宿題でしょうか。中学の理科ですかね?

教科書にばっちり書いてありますから、調べてみて下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました~

お礼日時:2005/04/25 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細胞の呼吸

細胞の呼吸(中2の2分野)で、養分+酸素→二酸化炭素+水+エネルギーとありました。。ちょうど一分野の化学をその単元の後にやっています。この細胞の呼吸は化学的、化学式的にはどういう変化が起きているのでしょうか。ご存知の方がいたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

中学2年生ですか?
細胞の呼吸の内容はちょっと難しいかもしれません。
詳しく解説されているサイトを紹介します。
http://rc28092.rc.kyushu-u.ac.jp/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw%8Du%8B%60%83m%81%5B%83g.html#Anchor1719068

大学生用に説明がされていますが、化学が好きな人でしたらがんばれるかもしれません。

こちらの目次に「解糖系」、「クレブス回路」、「電子伝達系」というのがあります。
これらが細胞の行っている「呼吸」になります。
「養分」はブドウ糖でエネルギーは主にATP(アデノシン三リン酸)です。
NADHなどもエネルギーを運ぶ物として作られます。
ブドウ糖を少しずつ分解していく部分を「解糖系」と呼びます。
分解してできたピルビン酸をアセチルCoAに変換してクレブス回路(TCAサイクル、クエン酸回路も同じもの)でさらに分解してエネルギーを取り出します。
化学反応がぐるぐる回っているように見えるので「回路」と呼びます。
電子伝達系でもATPが作られます。

アミノ酸(タンパク質)や脂肪などの他の栄養素は別なルートを通りますが、どこかでTCAサイクルとつながっています。
中学の教科書より少し詳しい話は高校の生物で習います。

こんばんは

中学2年生ですか?
細胞の呼吸の内容はちょっと難しいかもしれません。
詳しく解説されているサイトを紹介します。
http://rc28092.rc.kyushu-u.ac.jp/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw%8Du%8B%60%83m%81%5B%83g.html#Anchor1719068

大学生用に説明がされていますが、化学が好きな人でしたらがんばれるかもしれません。

こちらの目次に「解糖系」、「クレブス回路」、「電子伝達系」というのがあります。
これらが細胞の行っている「呼吸」になります。
「養分」...続きを読む

Q植物の細胞と動物の細胞の違いはなぜ生まれたのか教えてください。

植物の細胞と動物の細胞の違いはなぜ生まれたのか教えてください。

Aベストアンサー

生物学の、「なぜ」という質問には、定番の答え方が4つ。

①植物にとってはその構造の方が生き残るために有利だったから。
 動物にとってもその構造の方が生き残るために有利だったから
 この形質はDNAに刻まれていて、有利な生物だけが生き残るから
 遺伝して受け継がれる。

②植物細胞と動物細胞で持っている遺伝子が違うから

③植物細胞をつくるもととなった卵細胞と精細胞に植物の遺伝子が入っていたから。
動物細胞をつくるもととなった卵子と精子に動物の遺伝子が入っていたから

④ある原核生物の中に好気性細菌だけが取り込まれて動物細胞ができ、一方で好気性細菌と光合成細菌の2つが取り込まれた植物細胞ができたから(細胞内共生説)

このどれかが該当するが、違いも細かく分けると多種多様。
各々で該当するものが異なる。

Q人の細胞

赤ちゃんの細胞の数は何個くらいあるのですか?
成長すると人の細胞は何個くらいになるのですか?

知ってる方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

成人で約60兆個です。
赤ちゃんは約6兆個だと、
聞いた事があります。

参考URL:http://www.246.ne.jp/~takeru/chalk-less/lifesci/biobasic/biobas01b.html

Q動物細胞、植物細胞の変化を教えてください。

動物細胞、植物細胞、それぞれを高張液・低調液に浸した時に起こる変化を教えてください。
よろしくお願いします(;>ω人)

Aベストアンサー

1.動物細胞、
高張液、収縮する。(ナメクジに塩)
低張液、破裂する。
2.植物細胞、
高張液、収縮して細胞壁から離れてしまう。
低張液、細胞壁の大きさ以上には大きくなれない。

Q細胞の老化について。

生物学、医学、分子生物学に詳しい方、教えて下さい。

p53のような癌抑制遺伝子が老化に深く関与しているといわれてるかと思います。
p53は、細胞周期を停止させ、遺伝子修復の時間を稼ぐかと思います。この細胞周期の停止と老化は、どのように結びつくのでしょうか?

細胞の老化は、テロメアの短縮によるものだと、認識しているのですが、上記の癌抑制作用の機能と結びつかない状態であります。
教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Cellular senescenceの定義をWikipediaから引きます。Wikiはレベルの低いソースですが、引用文献が記載されている分、個人のブログなどに書かれた情報よりは信頼できます。論文を探して提示するのが面倒なのでWikiの内容をペーストします。

Cellular senescence is the phenomenon by which normal diploid cells lose the ability to divide, normally after about 50 cell divisions in vitro. Some cells become senescent after fewer replication cycles as a result of DNA double strand breaks, toxins, etc. This phenomenon is also known as "replicative senescence", the "Hayflick phenomenon", or the Hayflick limit in honour of Dr. Leonard Hayflick, co-author with Paul Moorhead, of the first paper describing it in 1961.[2] In response to DNA damage (including shortened telomeres), cells either age or self-destruct (apoptosis, programmed cell death) if the damage cannot be easily repaired.

つまり細胞老化とはそれ以上分裂できなくなった状態を指します。大事なのは2文目で、複製限界が来る前でも、DNA損傷などがあれば細胞老化は起こると書いてあります。3文目からは複製限界による老化、つまりHayflick限界と老化について書いてあります。

なぜテロメアの短縮が細胞老化を引き起こすのかを知らなければなりません。短くなったテロメアがシグナルを送る、というわけではありません(最新の研究結果は知りませんが、教科書的には違います)。テロメアが短くなったことで、DNAを保護できなくなりDN損傷が起こるのが細胞老化に引き金です。よって細胞老化を引き起こしている本当のトリガーはDNA損傷なわけです。すると前の2文目が納得いきます。DNA損傷を起こす現象なら複製限界に無関係でも細胞老化が起こるわけです。模式的に書けば下記のようになります。

テロメア短縮→DNA損傷→細胞周期停止のシグナル、細胞老化(Replicative senescence)
抗癌剤投与→DNA損傷→細胞周期停止、細胞老化(Premature senescence)
癌遺伝子の活性化→DNA損傷→細胞周期停止、細胞老化(Oncogene-induced senescence)

だからCKIによる細胞周期停止によってテロメアの短縮が起こるなんてことは絶対に起こりません(上記の逆の現象になりますから、そんなめちゃくちゃなことは起きません)

あと、一過的な細胞周期停止は細胞老化と呼べるのか?、ということですが、答えはNOです。細胞老化は少なくとも数ヶ月の細胞周期停止が観察されることが知られており、多くは不可逆で半永久的なものだからです。

Cellular senescenceの定義をWikipediaから引きます。Wikiはレベルの低いソースですが、引用文献が記載されている分、個人のブログなどに書かれた情報よりは信頼できます。論文を探して提示するのが面倒なのでWikiの内容をペーストします。

Cellular senescence is the phenomenon by which normal diploid cells lose the ability to divide, normally after about 50 cell divisions in vitro. Some cells become senescent after fewer replication cycles as a result of DNA double strand...続きを読む

Q植物の根毛細胞や動物の吸収上皮細胞に穴はある?

twitterで会話したときに意見が食い違いました。

「根毛細胞や吸収上皮の細胞には
腎臓の細胞のような大きな穴は空いていない」
と思っていたのですが相手は「空いている」と言いました。

一般に細胞膜にイオンチャネルがあることはどちらも認識済みですが
それより大きな穴があるのでしょうか?

Aベストアンサー

植物についてはわかりませんが、哺乳類の小腸吸収上皮細胞には物理的な穴はあいてません。
そもそも細胞に穴があいてたら細胞質が流出して細胞が死んでしまいます。それに小腸には食べ物が流れてきますが、食べ物の構成物の全てが栄養ではないですよね。栄養ではないものまで細胞内に流れ込んできますよ。細菌やウイルスだっていますし。
栄養吸収についてはそれぞれの栄養(糖分、アミノ酸、脂肪など)に対応したレセプターやチャンネルによって特異的に取り込まれます。
脂肪については細胞膜を受動拡散で透過したりしますけど。また、細胞単位でなく上皮単位でも穴はありません。上皮細胞同士はタイトジャンクションによって結合し、隙間はありません。

腎臓でも細胞には穴は開いてないはずですが、もしかして有窓性毛細血管や穴あき型毛細血管と勘違いされてるのでしょうか?
細胞に穴が開いてたらその細胞は死にますよ。

Q【細胞障害性】たんぱく質量とLDH活性の違い

細胞が障害されると、たんぱく質やLDHが放出されるので、
どちらも炎症性の指標になるとは思うのですが、
両者の違いがよくわかりません。

例えば、
・たんぱく質量は上がったが、LDH活性は変化しなかった
・たんぱく質量、LDH活性がともに上がった
などの場合(実際にこのような状況があるかは分かりません)は
それぞれどういうことが言えるのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、
どうか御教授願います。

Aベストアンサー

血液検査の話ですか、培養細胞の話ですか?それすら判別不能なご質問ですが。
培養細胞が障害されると、たんぱく質やLDHが放出される、という実験はどういうものなのでしょう。
どうやって回収されているのですか。

>「どちらも炎症性の指標になるとは思うのですが、」
両者は別の物質を別の試験で計っています。培養細胞でも炎症の指標と言えますかね。

>「例えば、」
「上がった」というからにはコントロールがあるんですよね。

細胞は何を使っているのでしょう。
ご存知も何も実験内容が誰にも分りませんよね。
それらの試験をした目的に立ち返って、頑張って下さい。

Q恋愛:単細胞動物と多細胞動物の分かれ目

 ふとしたことで疑問がわきました。
 まず、人間の恋愛について。人間って十人十色です。いろんな特徴をもつ人がいます。それで、自分に似ているところがあったり、あるいは自分にないものをもっている人に無意識のうちに惹かれて結びつき、子孫を残します。人間はさまざまな人がさまざまな個性に惹かれて結びつきます。
 人間の祖先のおサルさんの仲間たちや、鳥や動物も、求愛して振られたり成功したりしながら子孫を残します。
 そうしてどんどん下っていくと、単細胞動物に行き着きました。「単細胞」動物は、いったいどのようにパートナーを選んで子孫を残すのか?人間にとっては何の代わりもないどんぐりの背比べのような単細胞動物のように見えてはいるのだが、実は単細胞動物たちはそれぞれ違いがあるのか?(外国人が日本人を見るとみな同じ顔【目が一重で切れ長、平面顔】に見えるよというが、実は日本人って二重も一重もイロイロある、というように。単細胞動物だって、「同じように見えるかもしれないけど、実は、オレたち、イロイロあるんだよ」って思っているかもしれない・・。)単細胞動物はどのようにパートナーを「選択」するのでしょうか??誰でもいいんだけど、ちょうどタイミングよく近くにいたから結合したとか、その程度なのでしょうか?
 そうすると、恋愛という面からみると、単細胞動物と多細胞動物の分かれ目ってどこにあり、どの動物から多細胞動物と呼べるのでしょうか?
 ※なるべくなら、専門家の方か、専門誌などでこのことについて読んで知ってますって方の回答をお聞きしたいです。

 ふとしたことで疑問がわきました。
 まず、人間の恋愛について。人間って十人十色です。いろんな特徴をもつ人がいます。それで、自分に似ているところがあったり、あるいは自分にないものをもっている人に無意識のうちに惹かれて結びつき、子孫を残します。人間はさまざまな人がさまざまな個性に惹かれて結びつきます。
 人間の祖先のおサルさんの仲間たちや、鳥や動物も、求愛して振られたり成功したりしながら子孫を残します。
 そうしてどんどん下っていくと、単細胞動物に行き着きました。「単細胞」...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
単細胞でも「接合」という有性生殖を行なう場合があります。
私たち人間に例えればつまりHですね。
卵子と精子で受精するのではなく、1個の細胞同士が合体してDNAを交換して離れてゆき、それぞれ別々に分裂を始めます。

この場合、どっちがオスでどっちがメスか判りませんが、雌雄が分化している場合でもしていない場合でも「近所にいる」「相手も適齢期(細胞が接合する時期)」である事が絶対条件となります。

つまり我々の「遠距離恋愛」や「国際結婚?」は成立しないかも。(爆)

Q小保方さんの細胞シートが臨床試験中、6月まで

安倍晋三首相が理研を視察したのは去年の1月ですが、小保方さんが研究参加され発表までされた女子医大の細胞シートは2013年1月~2014年6月まで臨床試験がされているようです。脳梗塞で入院中らしい大和雅之教授が研究責任者となり、早期食道扁平上皮癌の術後に小保方さんが研究してた細胞シートが使われる臨床試験中みたいです。
なぜマスコミは伝えないのですか。
NHKはサイエンス0で小保方論文を批判しまくった後日の別番組でゲストの山中先生に細胞シートについて質問したようですが本当ですか。ベンチャー企業に対する利益相反になりませんか。山中先生の本心を無視したまま強引にノーベル山中のブランドをNHKが利用して、山中先生と関係ない大和雅之教授研究の臨床試験段階の企業製品の宣伝行為をNHKはしていませんか。小保方さんの研究であった事実を伝えることなく。

小保方さんは研究者として未熟だとか実験手技の基礎がないとか色々マスコミは言いましたが細胞シートの研究を成功させている人なんですけど。
6月まで細胞シートが臨床試験中という情報を伝えないマスコミは何を伝えているのでしょうか。一つ一つ事実を伝えずに。
研究責任者が大和雅之教授の臨床試験プロトコルを見ましたが、製品作りと言っても患者の生体組織を扱ってまたそれをまた患者に戻すわけでしから、当然医療に使うわけですから医療従事者以上の組織取扱い能力が必要になります。大丈夫?マジで。役立つ以前の衛生や有害性の検証は(第三者の監視ないまま)。工学部の小保方さんとかにも研究従事できるみたいな敷居の低さだけど。大丈夫???すっぽんペットとかはカワユくはありますが。ほんとに。報道しなくて。

ご教示よろしくお願い致します。

安倍晋三首相が理研を視察したのは去年の1月ですが、小保方さんが研究参加され発表までされた女子医大の細胞シートは2013年1月~2014年6月まで臨床試験がされているようです。脳梗塞で入院中らしい大和雅之教授が研究責任者となり、早期食道扁平上皮癌の術後に小保方さんが研究してた細胞シートが使われる臨床試験中みたいです。
なぜマスコミは伝えないのですか。
NHKはサイエンス0で小保方論文を批判しまくった後日の別番組でゲストの山中先生に細胞シートについて質問したようですが本当ですか。ベンチ...続きを読む

Aベストアンサー

素人なので詳しくはないのですが、多分STAP細胞とは別の人体組織に内在しているMUSE細胞等を分離培養して使われているのではないでしょうか。

http://www.terumozaidan.or.jp/labo/interview/09/index.html

Q一般に動物細胞というけれど、動物のすべての組織は同じ細胞で作られているんですか?

ふと疑問に思ったことがあります。動物細胞と植物細胞の作りを学校で学びますよね。この動物細胞ですが、動物には脳や眼球、内臓にリンパ腺、筋肉など、いろいろな器官がありますが、すべて同じ細胞で構成されているのですか?すべての細胞は同じ遺伝情報を持っているのは知っていますが、細胞はどうなんでしょうか?学校ではただ動物細胞と植物細胞の2つしか習わないので疑問に思いました。ネットで検索してみましたが何も見つけられませんので、ご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

引き続き
なかなか的を得た回答では無いかもしれませんが・・・

一般に習う動物細胞は、その特徴の一部を模式的に表したものです。細胞は多様ですので、まったく同じ構造ではありません。あくまで特徴なので、細胞壁が無かったり、葉緑体が存在していなかったり、などなどです。

ちなみに、神経細胞=ニューロンではありません。
ニューロンは神経単位で、主となる神経細胞にシュワン細胞などが巻きついた構造の単位です。調べてみてください。

確かに質問者さんが不思議に思われるのも納得できます。
最初は1つの受精卵から始まり、分裂を繰り返し細胞数を増やしながらも、位置情報を元に、異なる遺伝子が発現し、細胞が分化していくのです。その過程においてトランスポゾンなども関与しながら発現するので、DNA(ゲノム)レベルでは違いが出てくるとも考えられます。

現在再生医療の研究が盛んで、iPS細胞の作成は可能になっています。後は組織を作るための位置情報のコントロールの仕組みが明らかになれば、完全な臓器や体の部位の再生も可能となるでしょう。

質問者さんが疑問に思うように、一言に動物細胞といっても、様々な細胞が構造の細胞があります。その細胞が集まって組織を形成しています。その組織がかつまり一定の働きをする器官を構成し、この器官があつまり一つの個体として成り立っています。その一つの個体が形成されるまでの発生の過程における「分化のしくみ」が面白いところです。

引き続き
なかなか的を得た回答では無いかもしれませんが・・・

一般に習う動物細胞は、その特徴の一部を模式的に表したものです。細胞は多様ですので、まったく同じ構造ではありません。あくまで特徴なので、細胞壁が無かったり、葉緑体が存在していなかったり、などなどです。

ちなみに、神経細胞=ニューロンではありません。
ニューロンは神経単位で、主となる神経細胞にシュワン細胞などが巻きついた構造の単位です。調べてみてください。

確かに質問者さんが不思議に思われるのも納得できます。
最初は1...続きを読む


人気Q&Aランキング