タイトル通りどこがどう違うんですか(?_?)教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

他の回答者の方のご指摘の通り、生物の教科書などに書いてありますので、学校の図書館なども利用して調べてみることをお勧めします。



それをふまえて私なりに助言させていたただきますと、まず植物と動物では栄養の取り方が大きく異なります。植物は太陽の光と二酸化炭素、土壌からの無機物(窒素化合物など)をもとに、自分の力だけで生きることができます。これを独立栄養といいますが、植物の細胞にはそれを可能にする仕組みが備わっています。また、木を硬く維持する仕組みも動物細胞にはないものです。
 これらの能力を細胞に与えているものは一体何でしょうか?そういった観点で調べると、単なる宿題にも興味がわくかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今度調べてみたいとおもいます

お礼日時:2005/04/25 19:13

こんにちは。



見るからになんかのレポートか宿題でしょうか。中学の理科ですかね?

教科書にばっちり書いてありますから、調べてみて下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました~

お礼日時:2005/04/25 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細胞の呼吸

細胞の呼吸(中2の2分野)で、養分+酸素→二酸化炭素+水+エネルギーとありました。。ちょうど一分野の化学をその単元の後にやっています。この細胞の呼吸は化学的、化学式的にはどういう変化が起きているのでしょうか。ご存知の方がいたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

中学2年生ですか?
細胞の呼吸の内容はちょっと難しいかもしれません。
詳しく解説されているサイトを紹介します。
http://rc28092.rc.kyushu-u.ac.jp/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw%8Du%8B%60%83m%81%5B%83g.html#Anchor1719068

大学生用に説明がされていますが、化学が好きな人でしたらがんばれるかもしれません。

こちらの目次に「解糖系」、「クレブス回路」、「電子伝達系」というのがあります。
これらが細胞の行っている「呼吸」になります。
「養分」はブドウ糖でエネルギーは主にATP(アデノシン三リン酸)です。
NADHなどもエネルギーを運ぶ物として作られます。
ブドウ糖を少しずつ分解していく部分を「解糖系」と呼びます。
分解してできたピルビン酸をアセチルCoAに変換してクレブス回路(TCAサイクル、クエン酸回路も同じもの)でさらに分解してエネルギーを取り出します。
化学反応がぐるぐる回っているように見えるので「回路」と呼びます。
電子伝達系でもATPが作られます。

アミノ酸(タンパク質)や脂肪などの他の栄養素は別なルートを通りますが、どこかでTCAサイクルとつながっています。
中学の教科書より少し詳しい話は高校の生物で習います。

こんばんは

中学2年生ですか?
細胞の呼吸の内容はちょっと難しいかもしれません。
詳しく解説されているサイトを紹介します。
http://rc28092.rc.kyushu-u.ac.jp/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw/%8D%D7%96E%90%B6%95%A8%8Aw%8Du%8B%60%83m%81%5B%83g.html#Anchor1719068

大学生用に説明がされていますが、化学が好きな人でしたらがんばれるかもしれません。

こちらの目次に「解糖系」、「クレブス回路」、「電子伝達系」というのがあります。
これらが細胞の行っている「呼吸」になります。
「養分」...続きを読む

Q違う物なのでしょうけどどう違うのでしょう?

似ているけど違う、でもどう違うのかわからないものが2つあるのです。
1つは・・・ウィルスとバクテリア どちらもばい菌?
もう1つは・・・ヌートリアとカピバラ どちらもでかいネズミ?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ウイルス:
核酸としてDNAかRNAのいずれかを持ち、タンパク質の外殻で包まれている微生物の一種。
動物・植物・細菌に寄生し、宿主の生合成経路を利用して増殖する。

バクテリア:
細菌全般のこと。

形態や生理的にも違いがありますが、一番の違いは
バクテリアは単体で生きられますが、ウイルスは宿主が無いと生きていけないことです。
感染した場合の治療方法にも違いがあり、ウイルスにはワクチンを使いますが、
バクテリアには抗菌剤を使います。


ヌートリア:
齧歯類・ヌーテリア科の生物で南米の河川に分布しています。
http://homepage1.nifty.com/countrylife/nutoria.htm

カピパラ:
齧歯類最大のネズミで、デカイものは体長1m、体重50kgにもなるそうです。
http://www.aoba.sakura.ne.jp/~momoncyo/zoo/animal_capybara.htm

これと言った違いは「大きさ」ですかね。。(^^ゞ

Qブドウ糖と各細胞のエネルギー源について教えて欲しいのですが、ネットで調

ブドウ糖と各細胞のエネルギー源について教えて欲しいのですが、ネットで調べると脳細胞や赤血球はブドウ糖をエネルギー源していると書かれていますが、それ以外のいろんな部位の細胞はブドウ糖をエネルギー源にはしてないのですか??筋肉、肝臓、胃、すい臓、腎臓、、etcこれらの細胞のエネルギー源って何ですか?

Aベストアンサー

細胞は、ブドウ糖、タンパク質、脂肪から
解糖系-クエン酸回路-電子伝達系を経て
ATPをつくりATPが細胞のエネルギーになります。
ですので、上記3つがエネルギー源になります。
脳細胞も細胞なので本当は上記3つがエネルギー源なのですが
血液脳関門という脳を守るための関門があり、タンパク質、脂肪がそこを通過できないので
脳の栄養はブドウ糖だけに結果的になります。

QサプレッサーT細胞とTregはどう違うんでしょうか?

サプレッサーT細胞とTregはどう違うんでしょうか?

サプレッサーT細胞の存在が疑わしいとされているのは知っているのですが、
ネットで「サプレッサーT細胞とTregは名前が違うだけ」という主旨のものをいくつか見ました。
でも名前が違うだけなら、Treg自体も存在が疑わしいし、わざわざ名称を変更する意味もないと思うのです。

「ココが違う!」という分かりやすい回答があればお願いします。
(「名前が違う」はやめてくださいね・・・)

Aベストアンサー

サプレッサーTという表現は殆ど使われていません。
昔はそのような機能をするCD8+?のT細胞がいたと論文などで言われていましたが、現在では間違ったもの(適切な表現ではないかもしれません)として扱われています。

TregはCD4+の細胞で、免疫応答の抑制を行います。

ですので、ココが違うというよりはサプレッサーT細胞は無いものとして忘れたほうがいいのかなとおもいます。

Q筋肉細胞のエネルギー源についてですが、糖、脂質、タンパク質がエネルギー

筋肉細胞のエネルギー源についてですが、糖、脂質、タンパク質がエネルギー源になるみたいですが、主に速筋のエネルギー源は糖で遅筋の方は脂質ですよね。そこでなのですが、筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?遅筋で使われる脂質は体中にいっぱいあるので不足することはないのでしょうか。

Aベストアンサー

> 筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?

空腹時に運動すると筋肉が分解されると言われます。
そうだとすると、速筋は自分が使うエネルギーを作るために、自分自身を分解することになり、自己矛盾に陥ってしまいます。あなたがこの疑問点に行きついたことは、当然だと思います。

糖新生で作られた糖は筋細胞が使うのではなく、脳が使います。
脳は人体で最も大切な臓器で、糖が途絶えると致命的なので、身体は筋肉を分解して糖を作り、脳に供給します。

脳の血管関門は細くなっていて、糖だけが通過でき、脂肪や蛋白質が通過できない仕組みになっています。
筋肉の場合は糖も脂肪も燃やせますが、脳は糖しか燃やせないので、もしも糖が欠乏すると、筋肉を分解して糖を作るしかないのです。筋肉のために分解するのではありません。

体内には、肝臓に100g、筋肉に300gの糖が貯蔵されています。
脳は肝臓に貯蔵された糖を使います。脳は1時間あたり6gの糖を使います。
食後、時間が経過して肝臓の糖が半分位になると、脳は空腹信号出して、次の食事を催促します。

一方、筋肉に貯蔵された糖は、運動しなければ減りません。
筋肉には糖の分解酵素がないので、肝臓の糖が少なくなっても、筋肉の糖を譲ることができません。
運動時には、筋肉は血液中の脂肪を取り込んで燃やし、パワーを出すときにだけ、筋肉に貯蔵した糖を燃やします。
このように、脳と筋肉のエネルギーシステムは独立しているので、空腹時に運動しても、筋肉のために筋肉を分解することはありません。

筋肉が分解されるのは、肝臓の糖が枯渇に近づいたときです。
肝臓の糖が枯渇に近づくと、脳のエネルギーが途絶える前に、筋肉が分解されて糖新生されます。
一般に、肝臓の糖が半分以下になると空腹を感じますが、それから8時間以上放置すると糖新生が起こります。
ですから、空腹時に運動しても、長時間でなければ筋肉が分解されることはありません。
以上のことを前提に、もう一度考察しなおしてみてください。そうすると、すべてが符合すると思います。

> 遅筋で使われる脂質は体中にいっぱいあるので不足することはないのでしょうか。

遅筋は血液中の脂肪酸を取り込んで燃やします。
血液中の脂肪は、濃度が低下すると、すい臓からグルカゴンというホルモンが分泌し、体内に無尽蔵に貯蔵されている脂肪を溶かしだすので、血液中の脂肪が不足することはありません。

褐色脂肪細胞は血中の脂肪酸を取り込んで産熱します。
白色脂肪細胞は中性脂肪を貯蔵します。

> 筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?

空腹時に運動すると筋肉が分解されると言われます。
そうだとすると、速筋は自分が使うエネルギーを作るために、自分自身を分解することになり、自己矛盾に陥ってしまいます。あなたがこの疑問点に行きついたことは、当然だと思います。

糖新生で作られた糖は筋細胞が使うのではなく、脳が使います。
脳は人体で最も大切な臓器で、糖が途絶えると致命的なので、身体は筋肉を分解して糖を作り、脳に供給します。

脳の血管関門は...続きを読む

Q種類の違う動物の子を作るのはどこまで可能か

どこかの動物園で、ライオンとタイガーの子供が
生まれたと聞きました。また、猪と豚をかけあわせる
こともできるそうですね。そこで質問なのですが、
動物同士のかけあわせができる・できないって
なにで決まるのでしょう?
それと、これはぜひ聞いてみたいのですが、技術的な
面からのみ見れば人間と他動物の間に子供をつくる
ことは可能ですか?

Aベストアンサー

個体発生の際に、両親から受け継いだ2コピー分の同じ遺伝子を必要とすることがありますので、あまりかけ離れた動物同士の掛け合わせはできないです。

また、たとえ偶然染色体の数が同じでも、ある程度相同な構造がなければ細胞分裂の際に染色体の対合が起きないだろうし、運良く対合しても分離もがうまくいかなかったりするんじゃないかと思います。

染色体の数が同じで、かつ相同であることを条件と考えると、かなり近縁の生物間でしか掛け合わせはできないでしょう。

ちなみに、ヒトの染色体数は46本で、ゴリラとチンパンジーは48本だそうです。
で、馬は64本でロバは62本。
あれ?ラバって雄のロバと雌の馬なのに、何で?

この場合、馬の染色体のうち2対は、ロバの染色体の1対と相同なのではないかと思います。
進化の過程で染色体が千切れたのでしょう。
ですから、体細胞分裂は何とかでき、近縁なので個体発生もどうにかできるのかもしれません。
しかし、ラバの染色体数は63本になるので、染色体を半分にする減数分裂の際に染色体の分裂がうまくできず、子孫を残せないということです。

個体発生の際に、両親から受け継いだ2コピー分の同じ遺伝子を必要とすることがありますので、あまりかけ離れた動物同士の掛け合わせはできないです。

また、たとえ偶然染色体の数が同じでも、ある程度相同な構造がなければ細胞分裂の際に染色体の対合が起きないだろうし、運良く対合しても分離もがうまくいかなかったりするんじゃないかと思います。

染色体の数が同じで、かつ相同であることを条件と考えると、かなり近縁の生物間でしか掛け合わせはできないでしょう。

ちなみに、ヒトの染色体数は46本...続きを読む

Q細胞のエネルギー変換

ふと疑問に思ったので教えてください。

細胞のエネルギー変換はどのように行われるのでしょうか?
説明お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
我々の身体を構成するあらゆる細胞の活動エネルギーは「ATP反応」によって賄われており、ATPの90%がミトコンドリア内で合成されています。
「ATP(アデノシン三リン酸)」は、「ADP(アデノシン二リン酸)」と「P(リン酸)」に分解されることにより、12Kcal/molのエネルギーが得られます。このエネルギーが細胞の活動に使われます。
分解されたあとのADPとPは、再びATPを再合成するための材料としてミトコンドリアに送り返されます。ミトコンドリアでは分解されたADPとPをくっつけて、それをATPに作り直すわけですね。この「ATPの再合成」に使われるエネルギーは、各細胞に栄養として分配される「グルコース」を分解・反応させることによって作られます。
ですから、細胞は送られて来るグルコースのエネルギーを一度ATPの合成に使い、そのATPを分解することによって自分が活動するためのエネルギーを得ているわけですね。ATP1molから得られるエネルギーが12Kcalであるのに対し、その再合成には18Kcalが必要ですから、ATP反応のエネルギー変換効率は66%ということになります。

ATP合成、即ちグルコースの分解過程には「無機代謝」と「有機代謝」がありますね。
「無機代謝(解糖)」では、細胞に送られたグルコースがピルビン酸に分解される過程でATP2mol分のエネルギーを放出します。この分解反応はミトコンドリアの外で行なわれ、酸素も必要としないので、合成されたATPは直ちに使用可能なのですが、量が少ないので長続きはしません。無酸素運動というやつですね。
このあと、ピルビン酸は水素とアセチルCoAに分解されてミトコンドリアに送られるのですが、この先が「有機代謝」になります。

水素と共にミトコンドリアに送り込まれたアセチルCoAも、そこで最終的に水素と二酸化炭素にまで分解されます。この過程でATP2molが合成できます。そして、このようにしてグルコースから取り出された水素を、呼吸によって取り込んだ酸素で燃焼させることによって、ミトコンドリアでは大量のエネルギーが得られます。これらを合計しますと、分配されたグルコース1molを完全に分解・燃焼させることによって、細胞内では456Kcal分のATPが使用可能になります。

こんにちは。
我々の身体を構成するあらゆる細胞の活動エネルギーは「ATP反応」によって賄われており、ATPの90%がミトコンドリア内で合成されています。
「ATP(アデノシン三リン酸)」は、「ADP(アデノシン二リン酸)」と「P(リン酸)」に分解されることにより、12Kcal/molのエネルギーが得られます。このエネルギーが細胞の活動に使われます。
分解されたあとのADPとPは、再びATPを再合成するための材料としてミトコンドリアに送り返されます。ミトコンドリアでは分解され...続きを読む

Q生物学的にヒトモドキとは? ヒトモドキ科に属する生物に 南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでし

生物学的にヒトモドキとは?
ヒトモドキ科に属する生物に
南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでしょうか?ヒトモドキと人の明らかな違いはなんでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ユーザーの皆様へ。
回答前に履歴を見る事を推奨します。


社会カテゴリーに湧いている、幼稚な短文の反日質問をしまくっている連中と同じ匂いを感じる。

こういうキチ〇イがいるから、保守=ネトウヨ というレッテルを左翼に貼られる。


私はあの国々に良い印象を持ってはいませんが、彼らやその仲間を罵る事で愛国者を気取る気はありません。
それで、第三者の理解を得られるとも思っていません。

そのような者は、自分の巻き添えに味方の評判を下げる迷惑なバ〇野郎だと思います。
もしかしたら、それが目的なのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=Ezn0e_YOW2c


バカな味方は敵より始末が悪い。

Q呼吸で得られるエネルギーの計算

生物学を学習していてわからないところが出てきました。初歩的なことかもしれませんがよろしくお願いします。
好気呼吸の化学式はわかるのですがそこで発生するエネルギーの求め方がわかりません。
好気呼吸の化学式
   C6H12O6+6O2→6CO2+12H2O+686Kcal(38ATP)
この式で38ATPが生産させるのはわかるのですが686Kcalはどのようにして求めるのでしょうか?
書籍(生物学)では熱力学的な計算によって求めるとしか記述していなく詳しい求め方がわかりません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>計算による手法
ですか。
それでしたらヘスの法則を用いるのでしょうか。
反応物と生成物が同じであるのならば、反応はどんな経路をたどったとしても、最終的な熱量の収支は決まった値になるってやつですね。

C6H12O6+6O2→6CO2+12H2O+686Kcal

C6H12O6 + 6O2 (式の左辺)の中の共有結合を全て切断してばらばらにするのに必要なエネルギーと、そのばらばらになった原子が共有結合することによって
6CO2 + 12H2O(式の右辺)ができたときに放出されるエネルギーの差が 686kcal になっているのだと思います。
C=O結合、C-O結合、O-H結合、O=O結合、C-C結合などのの結合エネルギーなどはわかっているので、これらの値から計算することができます。

Q薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?

薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?
意味合いの違いがわからなくて困っています。
どなたかわかる方教えていただけないでしょうか?
具体的な例などあげていただけるとさらに有り難いです。

Aベストアンサー

薬学部出身ではありませんが、おそらく生物系全般に共通する言葉だと思いますので。

>~拮抗作用
対象となる菌と同じ環境に生育し、相手の生育を抑える(ように見える)菌の働きを、拮抗作用と呼びます。
簡単な例だと、腸内の悪玉菌の生育を抑えるビフィズス菌が挙げられます。
ビフィズス菌は悪玉菌を直接殺しているわけではありませんが、活動を抑え、生育場所を奪って生育を抑えます。

>抗~作用
抗酸化作用が有名で、毒素(や毒になる物質)を無効化する働きを指します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報