東大寺の創建年は分かるのですが、正倉院の立てられた年は分かりません。東大寺と同じとしに建てられたのか、どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



建立時期は正確には不明ですが、光明皇后が夫聖武天皇の遺愛の品を大仏に奉献した天平勝宝8年(756)前後とみるのが通説となっているようです。天平宝字3年(759)以降、宝物出納の記録が残っていることから、この年までに建立されていたことは確実でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
宝物を入れた建物が、千年以上も無事で現存するのは驚異的なことだと思います。どのような警護をしていたのか興味があります。

お礼日時:2005/04/20 20:20

 こんばんは。



 下記のサイトによりますと、建立時期は不明ですが、光明皇后が夫聖武天皇の遺愛の品を大仏に奉献した756年(天平勝宝8)前後とみるのが通説なんだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%80%89% …

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%80%89% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々ご回答有難うございます。
正倉は寺院などに付随して建てられたとききます。
正倉院だけが残っているそうですが、法隆寺のように古い寺院だけが残って正倉が再建されないのは不思議です。寺院には物置が必要だと思うのですが・・・。
今後も色々質問したいので、よろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/20 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正倉院所蔵の宝物赤漆灌木逗子が朝鮮半島からの盗品と判明 韓国学会はこれまで正倉院の文化財の相当数が

正倉院所蔵の宝物赤漆灌木逗子が朝鮮半島からの盗品と判明

韓国学会はこれまで正倉院の文化財の相当数が朝鮮半島に由来したものである可能性が提起されていた。「朝鮮日報」

正倉院の宝物は朝鮮半島から盗んだものなんですか?
教えてグー

Aベストアンサー

「可能性」でよければいくらでも言えるわなぁ.

逆に「日本から盗んだ」可能性だって, 考えようと思えばできるだろ?

Q正倉院御物の名前の読み方

正倉院御物は難しい読み方の名前を持っているものばかりのようです。漢字だけ見てどうして正しく読めるのですか.どこかに読み方が仮名で書いてあるとかそういうことがあるのですか?

Aベストアンサー

 大半の正倉院御物には「鳥毛立女屏風」のような名前がついているわけではありません。宝物といっしょにある目録には「屏風一つ 鳥の毛の女の絵のやつ」のように書いてあるだけです。しかしこれだと同じもの、「屏風」が十も二十もあるとどれがどれだかわからない。そこでこれを識別するために特徴を上にくっつけるわけです。「鳥毛立女」というふうに。
 特徴に関しては目録に書いてあるのを参考にしてつけるものもありますが、中には見た目で後から適当にくっつけたのもあります。目録に「香炉」と書いてあって、見たところ銀製だから「銀香炉」。要するにこれは「創作」です。作った当人が読めないはずがない。
 では創作ではないもの、創作以外の部分、例えば「鳥毛立女」のようなのをどう読むかというのがなかなか難問です。トリゲダツオンナなのかトリゲリツジョ、トリゲリュウジョなのか。何しろ昔のことだからよくわからない。そこで用例を集めます。同時代や近い時代のほかの文献に「鳥」とか「毛」というものが出てこないか探す。すると、古事記やなんかに

   鳥 止利也 (鳥。これはトリと読むべし)

というメモが見つかったりする。こういう断片的な情報をつなぎ合わせて、つなぎ合わせようがないならこじつけて、何とか読みかたを工夫するわけです。したがって、あれはあくまでも推論でしかありません。鳥毛立女のようにいまだにはっきりしたことのいえないものもある。そのなかから、とりあえず正倉院の管理者である宮内庁が「これを正式名称にします」と選んだものが使われているだけです。
 こうした推理をするには、古事記や万葉集のように万葉仮名を使って表記してある書物(特に古事記は漢字で書いて万葉仮名で音の注をしている部分があるので便利)や、奈良時代や平安時代の辞書が大変に重要な資料になります。
 ちなみに仮名の最古の用例は奈良時代末期の文書に見られます。これも漢字の読み方をメモするのに使われているもので、万葉仮名の発展形ですね。もちろん本格的に使われるのは平安時代になってからですが。

 大半の正倉院御物には「鳥毛立女屏風」のような名前がついているわけではありません。宝物といっしょにある目録には「屏風一つ 鳥の毛の女の絵のやつ」のように書いてあるだけです。しかしこれだと同じもの、「屏風」が十も二十もあるとどれがどれだかわからない。そこでこれを識別するために特徴を上にくっつけるわけです。「鳥毛立女」というふうに。
 特徴に関しては目録に書いてあるのを参考にしてつけるものもありますが、中には見た目で後から適当にくっつけたのもあります。目録に「香炉」と書いてあ...続きを読む

Q正倉院文書の表と裏の両方を使う理由

正倉院文書の表と裏の両方を使う理由
正倉院文書が表と裏を両方使っていたとはよく聞きますが、それは何故ですか?

出来れば使用用途も教えていただきたいです。

Aベストアンサー

『正倉院文書が表と裏を両方使っていたとはよく聞きますが、それは何故ですか?』

 それは、(1)紙寸法から使用可能であり、書きやすかったから (2)仏教徒の増加(写経人口の増加)でしょうか。当初は経文用紙も戸籍・収税帳簿類も計画的に生産されていたはずです。

 少し詳しく述べてみます。
 古代の紙は、朝廷と地方の役所に集められていました。朝廷で使用する紙は、朝廷内の役所である「図書寮」で、墨、筆などの筆記用具とともに、職人(下級雇人)によって自家製造されていました。又朝廷には、18歳程度の若い男性(中男)に進上されている税金の一種(中男作物・・租庸調とは異なる)として、特定の紙産地から、紙が納められていました。

 地方の役所に納められた紙の用途は、戸籍の帳簿と課税や納税の帳簿(計帳・正税帳)として使用され、これらの帳簿の副本は、地方に保管され、正本は朝廷に送られ保管されました。これらの紙は原則として地方で製紙されていたようで、紙質に地域差が大きいという特徴があります。

 では、朝廷内の製紙工房での生産能力ですが、どれぐらいあったかというと、当初、工場長1名と職人8人とされています。(後の平安時代には、工場長1名職人4名にリストラされています。合計5人で年間2万張り(2万枚)を生産していました。)・・・・たったそれだけという少ない人数ですが・・・・この図書寮の役目には、製紙技術者の養成という任務もあり、全国に職人を送り出していたようです。

 これらの紙は、現代の紙に比べても厚く立派な紙だったようです。紙の厚さを定める単位に「坪量」という単位があり、g/m2(1m×1mの面積の紙の重量)で表されますが、古代の紙は現代の新聞紙やコピー用紙の2倍~2.5倍の坪量(80~120g/m2)がある分厚い紙だったのです。つまり、元々両面の使用が可能な紙として製造されていたのです。

 これら戸籍や正税帳(巻物)の紙の幅は、経文の紙の幅・サイズより大きかったので、巻物をほぐして紙質の劣る部分を取り外し、経文用として幅を整え、継ぎ足して再利用したのです。だから、表の文書は途切れ途切れになっている例が多いのです。

 簡単に再利用出来た理由の一つに、紙の「経時変化」があります。紙は漉かれてから1年以上経ると、水も吸い難く、墨の滲みが少なくなり、経文などを書き易くなります。つまり、細かい字がより書き易くなるのです。表紙は戸籍、裏は細かい字の経文という利用がなされていたようです。経文は定型文ですが、断簡となってしまっている戸籍や課税や納税の帳簿は、往時を知る貴重な資料になっていますね。

  なお、寺社の文書の場合、表が経文で、裏が会計帳簿という例もあるようです。

『正倉院文書が表と裏を両方使っていたとはよく聞きますが、それは何故ですか?』

 それは、(1)紙寸法から使用可能であり、書きやすかったから (2)仏教徒の増加(写経人口の増加)でしょうか。当初は経文用紙も戸籍・収税帳簿類も計画的に生産されていたはずです。

 少し詳しく述べてみます。
 古代の紙は、朝廷と地方の役所に集められていました。朝廷で使用する紙は、朝廷内の役所である「図書寮」で、墨、筆などの筆記用具とともに、職人(下級雇人)によって自家製造されていました。又朝廷には、18歳程度...続きを読む

Qもっとも新しく創建された神社はどこですか?

靖国神社(東京都千代田区)・・・1869年
橿原神宮(奈良県橿原市)・・・1890年
飛行神社(京都府八幡市)・・・1915年
大阪護国神社(大阪市住之江区)・・・1940年

創建だそうです。

日本で最も創建が新しい神社はどこになりますか?

Aベストアンサー

勧請された神社としては、楯岩鬼怒姫神社というのが、今月初旬に
建立されたようです。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20090904/201571

あと、奥伊勢発明神社が来月完成予定ですね。
http://www.presstokei.co.jp/?p=2124

ビルの屋上とか工場の敷地に建てられる小さなものも含め、
No.1の方のおっしゃるとおり、毎月のように建立されているでしょう。

Q正倉院展と秋の京都御所一般公開

正倉院展と秋の京都御所一般公開

ひとり旅で正倉院展と秋の京都御所一般公開をまわろうと考えています。
上記をひとまとめにしたツアーもいくつかあるようですが、
個人旅行にするか、ツアーを利用するか迷っています。

ツアーは手配は楽ですが時間が十分に取れなかったりしそうで、
利用された経験のある方、
いずれかの展覧会だけでも行かれた方など、ご意見をお伺いしたいです。
また、おすすめの廻り方などもあればぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

個人旅行がお勧めです。特に正倉院展は人がいっぱいで、時間が読めません。ゆっくりできない可能性があります。いずれも最寄の駅から歩いていけるので苦痛ではないです。

Q神社を創建するための手続きとは?

こんばんは。よろしくお願いします。

先日、「最も新しく創建された神社はどこですか」という質問をたてたものです。

回答くださった皆様、ありがとうございました。

今も新しい神社はどんどん創建されているようですが
神社を創建するといっても、
スサノオノミコトや天照大神など日本古来の神々を祀る場合、
勝手に神社をたてるわけにはいかないと思います。

(1)どこかの神社から勧請するのだと思いますが、
これにはどういった手続きが必要なのでしょうか。

(2)会社のビルの屋上や敷地のすみなどに鳥居と小さな社があったりしますが
このような神社でも同様の手続きが必要なのでしょうか。

(3)家庭や会社の事務所などに神棚を祭る場合にも
何か手続きが必要なのでしょうか。

(4)神様を勧請するのに費用は必要ですか。
必要ならばどのくらい必要ですか。

(5)質問文に間違いがあれば訂正していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ちょっとおかしな質問だなと思いましたよ。
おかしいじゃなくて、おかしな、面白い。

ご周知の通り、神道とは誰のものでもありません。
まして信仰とは自由なものです。

あなたが日本人である以上は、神はあなたの先祖でもあるのです。

文化庁か都道府県庁にお尋ねください。あなたが作りたい神社が県内であれば、都道府県庁、それ以外に多岐に渡るのであれば文化庁です。

それではご質問にお答えします。

(1)どこかの神社から勧請するのだと思いますが、
これにはどういった手続きが必要なのでしょうか。

手続きは必要としません。包括団体として、神社庁等を選ぶことは出来ます。登録は早いです。

(2)会社のビルの屋上や敷地のすみなどに鳥居と小さな社があったりしますが
このような神社でも同様の手続きが必要なのでしょうか。

3年の活動実績、定款、写真や証拠、目録、会計簿録、祭祀施設は小さくとも必要です。

(3)家庭や会社の事務所などに神棚を祭る場合にも
何か手続きが必要なのでしょうか。

不要です。

(4)神様を勧請するのに費用は必要ですか。
必要ならばどのくらい必要ですか。

不要です。まがいものなら金銭で別けてもらえるものもあることでしょう。神仏の祀りとは、金額で計れるものではありません。

(5)質問文に間違いがあれば訂正していただけるとありがたいです。

間違いはありません。あなたはあなたでいいのです。

ちょっとおかしな質問だなと思いましたよ。
おかしいじゃなくて、おかしな、面白い。

ご周知の通り、神道とは誰のものでもありません。
まして信仰とは自由なものです。

あなたが日本人である以上は、神はあなたの先祖でもあるのです。

文化庁か都道府県庁にお尋ねください。あなたが作りたい神社が県内であれば、都道府県庁、それ以外に多岐に渡るのであれば文化庁です。

それではご質問にお答えします。

(1)どこかの神社から勧請するのだと思いますが、
これにはどういった手続きが必要なので...続きを読む

Q正倉院展

奈良の正倉院展で展示してあるのは本物ですか?以前レプリカだよというような話を聞いたので・・・

Aベストアンサー

第45代・聖武天皇が亡くなった後、光明皇后が、天皇の遺品や儀式で使用した物や海外からきためずらしい宝物を、大仏に捧げ、正倉院という東大寺の倉庫に保管したのを一般公開するのが正倉院展です。


現在は同じ正倉院内にある、昭和に建てられた東宝庫と西宝庫というハイテクな倉庫で保管されている品々を、年に一度だけ、壊れていないか?修復が必要な物は無いか?を、宮内庁の係員が点検するのですが、その期間だけ、一部(多すぎて全部は展示できません)見せてくれはるのです。

なので、本物です。

Q奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について。

奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について調べていますが詳しい資料が見つかりません。

ググってみたところ

(1)昭和12年2月12日に盗難にあった。(お水取りのとき、というので旧暦だと思われる)
(2)お水取りのどさくさに紛れて泥棒が空羂索観音にはしごをかけて
宝石をとった。(盗難にあったのは宝冠そのものだったのでは?)
(3)古物商の機転で宝冠は三月堂に戻された。
(4)宝冠に大きな緑色のルビー(ルビーは赤ではなかったか?)がついていたが紛失していた。

などの記事が見つかりました。
しかし、括弧内に記したような疑問点もあります。

東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について、詳細をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

また詳しく説明されたサイトなどがありましたら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは

参考になる本のことが書いてありますが
http://blog.goo.ne.jp/narasannjou/m/200612

http://www.bunkaken.net/index.files/raisan/shodana/shodana95.htm

Q正倉院展について

来週から開催される正倉院展に行こうと計画しています。
そこで以下の3つの点について教えてください。

1.前売りチケットについて
JRのみどりの窓口に行ったら、前売りチケットは行く日を指定しないとダメと言われたんですが、いつでも行ける前売りチケットはないのでしょうか?ただ当日券でも現地で並ばずに買えるとかであれば前売りにこだわるつもりはありません。

2.行く日について
土日は当然かなりの混雑になると思いますが、入場するまでまた館内巡りにどれくらい時間を要するでしょうか?またこれが平日だとどれくらい混雑が緩和されるでしょうか?

3.周辺の観光について
正倉院展以外にもせっかくなので東大寺とか観光しようと思っています。できれば正倉院展より徒歩圏内でお奨めの寺院とかありますか?奈良へは中学校の修学旅行以来20年ぶりなのでベタな所でも行きたいと思っています。

以上につきまして、1点でも結構ですので、情報をお持ちの方は教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奈良県民です。
1.については、私もたまにしか行きませんが、
並んでうんざりした。という経験はありません。

2.については、それなりの混雑なのですが、
観る人のこだわり次第といえそうです。
私の場合は、行ったり来たり、半日弱程度。。です。
混んでいるときも、空いている時も。。
空いていそうなところに行ってはじっくりみる。を繰り返します。

3.興福寺では秋の特別公開をやっています。
特に南円堂内陣と五重塔初層内陣は是非どうぞ。
私も近々行く予定です。
http://www.kohfukuji.com/kohfukuji/01_index/f_main2.html

当たり前ですが、正倉院外構はみましょうね。
http://shosoin.kunaicho.go.jp/

出ていないところでは、東大寺二月堂を勧めておきます。
特に今時期の生駒に映える夕暮れは美しいです。
http://blog.goo.ne.jp/gfi58/e/5615e4f59af1cf9873ffdb6a96fab15e

Q正倉院の八窓庵について

正倉院展に行った時、お庭にある八窓庵に立ち寄りました。
八窓庵の藁葺き屋根に八個の貝があったのですが、
どのような意味があるのでしょうか?
スタッフの方に聞いてみたのですが、お答え頂けませんでした。
ご存知の方、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 八窓庵の現物を見たことがありませんので、憶測の域を出ませんが・・・。
 「藁葺と貝」と聞いてピンときたのが、次のストーリーです。
 藁葺屋根や板葺き屋根→火の粉をかぶるとすぐ火事になる→防火対策→貝屋根
 瓦屋根が普及するまでは、藁葺や板葺きが多かったわけですが、火事には大変弱かったことは、よく知られています。
 防火対策の一つとして貝屋根がありました。板葺きの上に貝殻を置くものですが、火災にはある程度の効果があったようです。
  そういうことから、「貝=防火」ということで、八窓庵の屋根の貝は、「防火の願望を込めた一種のまじない的なもの」と推理してみました。八枚は庵の名前に合わせたものでしょうね。
 ちょっとこじつけすぎかな? ごめんなさい。

貝屋根の建物については、下記のURLに僅かな記載があります。

参考URL:http://www.namgu.incheon.kr/jp/040102.php


人気Q&Aランキング