以前に違うカテゴリーで質問したのですが、一件しか回答が無かったので、こちらでもう一度質問させてください。
よろしくお願いします。

最近、鬱病に関する本やサイトがたくさん出ありますよね。
鬱のなりかけに関してはどの本でも多くのページを割いていますが、私の知る限り、治りかけについてはあまり記述がないのです。

私はどうやらそろそろ治りかけていると自分では思うのですが、参考にできる本などがないので、うまくコントロールできません。

もちろん、病院には行っていて、長くてもあと1年くらいで治るだろうといわれていますが、診療時間は2分くらいで、詳しいことは話できません。
「どう?変わりない?何してる?そう。じゃ、血圧測ってハイ次の人~」
こんな感じです。

鬱の回復期関するいい本やサイトがあれば知りたいので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは


 全くの同感です。ウツは、どん底があって、
回復が実感できる時があって、そのあと「じわじわ」
あがっていく「リハビリの期間」が実は一番長いし
やっかいですよね。そして、そこに焦点を当てた本は
確かに僕もめぐり合えませんでした。

 でも、先日たまたま今回ご紹介する本をアマゾンで
発見し、ためしに読んでみたらまさに僕の言いたい事
を言ってくれていました。

 『うつからの脱出 プチ認知療法で「自信回復
作戦」』下園壮太 日本評論社 1700円+税

 欝のリハビリ期への姿勢、取り組み方の具体的
方法を的確に捉えた本です。

波を改めて意識する。
リハビリ期に焦りが大きいわけ。その対処方法。
その辺が私個人は特に勉強になりました。

参考になれば幸いです。
追伸:性格テストもついていて、面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「じわじわ」が厄介な今日この頃です。
ご紹介の本はアマゾンで売っているのですね。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/22 13:28

同じ悩みを抱える者です。

初期の対応についての本は多いですが、回復期に関するものは本当に少ないですよね。
私が人に教えてもらい、読んで参考になった本をご紹介しますね。

まず一冊目は神田橋 條治著「精神科養生のコツ」(岩崎学術出版社)です。
タイトル通り、精神疾患を抱えた時に、どのように養生したらいいかについて書かれています。
特に、感覚を大事にすると言う話や、メカニズムについて、日々の過ごし方についてなどが、興味深かったです。
ただ、少し前の本ですし、高価ですので、図書館等で借りて読むといいのではないかと思います。

二冊目は、直接回復期の過ごし方を取り扱ったものではないのですが…
うつ・気分障害協会が編集した「「うつ」からの社会復帰ガイド」(岩波アクティブ新書)です。
うつ病者が社会復帰するに当たって、どのような点に気をつければいいか、
復帰の目安をどのように判断すればいいかなどが詳細に書かれています。
この協会は、うつ病者の社会復帰プログラムを作成してうつ病者の社会復帰を支援しているらしく、
そこで活用されているノウハウや知識、実際の成功例からのフィードバックなどの点で参考になると思います。

少しでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2冊も紹介してくださってありがとうございます。
1冊目はちょっと見つかりそうに無いので2冊目を探して見ます。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/22 13:31

「うつをなおそう!」PHP出版はお読みになりましたでしょうか?治りかけ時期だけに特化してはいませんが、コントロールの仕方のヒントになるかもしれません。


既出だったらすみません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569618 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
PHPは価格も手ごろなので、本屋さんに行ったときに探してみます。

お礼日時:2005/04/22 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリハビリ施設のない整形外科

自転車同士なんですが、追突されました。
整形外科でレントゲンを撮ったら、首の神経の反り方が普通じゃないからリハビリに週2回くるよう言われました。
リハビリ施設がある整形外科はどこも同じようなこと言うのではないかと思ってしまいます。
リハビリ施設のない整形外科に行ってみようかと思うのですが、疑いすぎでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

リハビリ施設のある無しで今後の治療方針を決めている訳ではないと思いますよ。リハビリ施設のない整形外科へ行ってもそこの医師がリハビリが必要と判断すればリハビリができる病院に紹介状を書くと思います。

ちょっとご質問の意味がよくわからなかったのですが、仮に「リハビリじゃなくて他の治療をしたい」という意味でしたら受診された整形外科に今度行った時に訊いてみればいいと思います。
そうではなくて「たいした症状はないんだからリハビリしたくない!!」という意味でしたら、先述の通りの結果になると思います。

Q鬱の人間が読む、鬱に関するオススメの本を教えてください。

鬱の人間が読む、鬱に関するオススメの本を教えてください。

いつもお世話になっております。

前職での度を越した勤務体制と、肉体的精神的な暴力を受け、5月初旬で退職しました。
退職直前に診て頂いた心療内科で「うつ状態」と診断されております。

退職後3週間ほどが経ち、何とか薬が無くても眠れるぐらいに回復したのですが、
実は今日、暴力を受けた前職の会社に給料を取りに行かなくてはなりません。
(今時、現金手渡しです)
辛かった日々がフラッシュバックして何とも気が重いのですが、
最後の試練だと言い聞かせて行かなくてはなりません・・・

そんな訳でありまして、これからの自分を元気づける意味で、
鬱または鬱から回復しようとしている人間に、
オススメの本がありましたら教えて頂きたいと思い投稿させて頂きました。

読み辛い文章で申し訳ありません。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実際に読んだ本です。
作者と出版社は忘れましたが、題名は「ウツになって良かった」です。
とても読みやすい文章で書かれていて、回復するに当たり参考になると思います。

Q整形外科のリハビリの治療代

整形外科で膝のリハビリをしています(10分間の電気です)
3ヶ月前くらいまで、同じ症状で別の整形外科のリハビリに通っていたのですが、転居した関係で今の整形外科に通っています。
ところが同じリハビリなのに、以前は個人負担額で160円(処方箋が出ると290円)でしたが、今のところでは確か350円でした。(処方箋が出ると390円らしいですが)
今の整形外科で、治療も医師にも、それなりに満足しているのですが、治療費が2倍も違うとなると、ちょっと通院をためらいがちになってしまいます。
なぜ、このような差が出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4・5です。 こんにちは。
 この時期、痛みなど出てくるんですよね、寒くなってもでますよ。多分!
 run27さんの膝は、この疾患だと関節の運動学的には問題はないと思います。しかし、解剖学的には膝周囲の軟部組織(靭帯・筋肉など)を少し損傷しているかも知れませんね(遊離骨のあった場所によって変わる)。
 で、その対処方法なのですが、まず痛みに対しては、サポーター(温熱・保温効果のあるもの)がいいと思います。さらに温シップ(あったかいやつ)もいいと思います。温熱は鎮痛効果もあり、また循環の改善も期待できると思います(サポーターの締め付けすぎ注意)。run27さんの今やっている物理療法と大差は無いと思います(医療費の無駄かも)。
 次に、筋力強化が必要だと思います。多分run27さんの悪いほうの足の筋力は弱っていると思います。方法は椅子に座ってその膝を伸ばす、何か錘があるといいですね、ついでに膝を伸ばしたときに一緒に足首も起こすと効果的でしょう。
 ついでに、ストレッチ体操をお勧めします。もちろん膝周囲ですが、特に太ももの筋肉とふくらはぎの筋肉です、方法は、膝を伸ばした状態で足首を起こす(20秒間保持)。太ももの筋肉は説明しにくいのですが、まずベッドか何か台に腰掛る、片足(痛いほう)をベッドの上に伸ばしてあげる、上げた足はしっかり伸ばし両手を上げた足のつま先を触る、このとき膝が曲がるようであれば片手で抑える。これも20秒保持。
 などです。 よかったら試してみてください。

No.4・5です。 こんにちは。
 この時期、痛みなど出てくるんですよね、寒くなってもでますよ。多分!
 run27さんの膝は、この疾患だと関節の運動学的には問題はないと思います。しかし、解剖学的には膝周囲の軟部組織(靭帯・筋肉など)を少し損傷しているかも知れませんね(遊離骨のあった場所によって変わる)。
 で、その対処方法なのですが、まず痛みに対しては、サポーター(温熱・保温効果のあるもの)がいいと思います。さらに温シップ(あったかいやつ)もいいと思います。温熱は鎮痛効果もあり...続きを読む

Q治りかけの鬱病とパニック障害についてお聞きしたいです。

治りかけの鬱病とパニック障害についてお聞きしたいです。

私の彼女が長年、鬱病とパニック障害を患っています。
しかし最近では落ち着いてきていて
一ヶ月前に新しくバイトも始めました。

バイトを始める前は家の事中心で
家事や子育てをしてくれました。
(私はバツイチで小6の娘がいます。)

バイトは農家での収穫を、朝から昼までやっています。
とても元気そうに仕事に行ってたのですが
昨晩、娘が風呂に入っている時、いきなり彼女が黙りこんだので
顔を覗いてみたら、なんと泣いていました。

理由を聞いても「少し疲れただけだから…。」と言うだけで
しばらくボロボロと泣いていました。
娘が風呂からあがる頃には泣き止み、その後は娘と普通に会話をして
二人で寝室に寝に行きました。

今朝の様子もいたって普通で
いつものように元気な感じで仕事に行ってしまいました。

私としては、昨晩泣いたのは何だったんだろうと思うばかりです。
まだ完璧に治ってはいないのでしょうか?

以前の彼女は鬱が酷い時、頻繁に泣いていましたが
ここ三ヶ月位はいきなり泣いたりなど無かったので
仕事を初めて一ヶ月、泣いたのは久しぶりです。

バイト先での人間関係も良好みたいですし
家の事も、バイトを始める前と同じようにやれています。
少し頑張り過ぎかな?と、見てて思うのですが。

病院にもまだ通っていて、投薬もしています。
鬱病はやはり治りにくいのでしょうか?



それと以前の質問にあった回答で
精神疾患には動物や植物と触れ合う事が
気持ちを癒すと書いてくれた方がいるのですが

実際に鬱病やパニック障害など経験した方で
動物や植物と触れ合い、気持ちが軽くなったり病気が治ったりなどされた方がいましたら
どれ位の期間で治ったのか知りたいです。

経験者の方などの意見お待ちしています。

治りかけの鬱病とパニック障害についてお聞きしたいです。

私の彼女が長年、鬱病とパニック障害を患っています。
しかし最近では落ち着いてきていて
一ヶ月前に新しくバイトも始めました。

バイトを始める前は家の事中心で
家事や子育てをしてくれました。
(私はバツイチで小6の娘がいます。)

バイトは農家での収穫を、朝から昼までやっています。
とても元気そうに仕事に行ってたのですが
昨晩、娘が風呂に入っている時、いきなり彼女が黙りこんだので
顔を覗いてみたら、なんと泣いていまし...続きを読む

Aベストアンサー

症状が安定するのには何年もかかります。
寛解してからも波がありますし、ストレスに脆弱な状態が数年続きます。
波を繰り返しながら徐々に元の健康な状態に近付きますから、たまたま一回不安定な状態を見たくらいで過剰に心配しなくても大丈夫ですよ。
ただ、頻繁にあるならばケアしないと危ないですが。
本人が苦痛と感じない事をやり続ければ、快方に向かうか現状維持のどちらかで、悪化することは無いですから。
復帰への正しいプロセスですから大丈夫ですよ。

Q犬のリハビリの対象となる整形外科、神経疾患を教えて

犬のリハビリの対象となる整形外科、神経疾患を教えて下さい。

Aベストアンサー

 >犬のリハビリの対象となる整形外科、神経疾患を教えて下さい。

 骨折とか。
 椎間板ヘルニアとか。

 ところで、なぜこのカテゴリー?

Q鬱っぽい友達。 私の友達は昔から鬱っぽくなる時があります。かまってちゃん、メンヘラ系の方の鬱っぽさで

鬱っぽい友達。

私の友達は昔から鬱っぽくなる時があります。かまってちゃん、メンヘラ系の方の鬱っぽさです。

自分にはすごい価値があると思っており向上心はあると思いますが現実は難しいのでは?と思ってます。

自分の近況を事細かに話して来て、だから?ってなります。
自分は如何に色んな事を考えて凄いんだと自慢に聞こえます。
こんなITの社長と付き合ってとか、デートするだとか言ってますが聞いてても相手は本気ではなく遊ばれてるとしか思えません。

この前職場が原因で鬱かもと騒いでいましたがはっきりとした意思もあり、ただ嫌なだけだったのかなって思ってしまいました。

鬱の認知は薄い方ですが鬱を否定する訳ではありませんがちょっと友達が嫌です。これが鬱なら鬱を嫌になりそうです。

この彼女の事どう思いますか?

Aベストアンサー

相手のことが考えられない、思いやれない人ですね。
近況を話すのも、相手が聞きたいかどうかなんて関係ないようですし。
そりゃ嫌に感じて当たりまえです。

でも、質問者さまに色々と話すことができて、助かっているんだと思います。
他人の近況報告なんて、誰も聞きたくないはずです。
カウンセラーがいるのはその為です。

Q整形外科・リハビリ関係のeメールでの相談サイト

整形外科・リハビリ関係のeメールでの相談が可能な
サイトはありませんか 有料でかまいません

Aベストアンサー

日本臨床整形外科医会の健康個別相談の部屋(参考URL)はご覧になったことありますか?メールでの個別健康相談が可能のようですが・・・以下のリンクも参考になさって下さい。

http://homepage2.nifty.com/kri/HagureKirin/g410.html#g412

http://homepage2.nifty.com/kri/HagureKirin/g410.html#g414

http://health.nifty.com/i-idai/index.jsp

参考URL:http://www.jcoa.gr.jp/content/soudantop.html

Q鬱は治る病気ですか!?

どのようにしたら鬱は治りますか!?どんな事でも教えて下さい!!お願いします!!

Aベストアンサー

うつですが、自分の見てきた範囲では次のような傾向があると思います。

(1)軽いうちに早く適切な治療に入ると直りやすい。うつにもいろいろとあるので、専門医の診断がいる。
(2)過労など仕事が原因の場合は、できるだけ早く長期病気休暇をきちんと(6ヶ月など)とる。
中途半端な休み方では結局繰り返して出たり休んだりとなる。
(3)うつを心の病気として、体の病気とは別ものと考えてしまうと治りにくい。
(4)投薬が有効であることははっきりしているが、よくなったと思ったときでも医師の指示に従って当分継続すること。
(5)周囲のかかわる人もできるだけいっしょに受診してうつを正しく理解して支援すること。

特に男の人はプライドが高く、うつを心の弱い者がなる心の病気ととらえてしまい、受診を嫌がったり、早く直したい、早く受診や投薬を止めたいと思って指示に従わないことが多いので、胃腸病や他の病気と同様、体の病気の一種ということをきちんと受け止めることが大切だと痛感しています。
薬はきついものから、コンスタンなどの気持ちを落ち着かせて緊張をとる軽いものまでいろいろあります。これは他の病気(たとえば、胃腸病、肩こり)などでも処方されるもので、何か特別なものではなく、症状に合ったものを普通の病気と同じように処方するということなので、早めの受診をしてまずはお薬で負担を軽減するということがよいと思います。

うつですが、自分の見てきた範囲では次のような傾向があると思います。

(1)軽いうちに早く適切な治療に入ると直りやすい。うつにもいろいろとあるので、専門医の診断がいる。
(2)過労など仕事が原因の場合は、できるだけ早く長期病気休暇をきちんと(6ヶ月など)とる。
中途半端な休み方では結局繰り返して出たり休んだりとなる。
(3)うつを心の病気として、体の病気とは別ものと考えてしまうと治りにくい。
(4)投薬が有効であることははっきりしているが、よくなったと思ったときでも医師の指示に従って当分継続す...続きを読む

Q整形外科医が診察せずリハビリ治療だけなのに再診料をとるのは違法ではないですか?

最近、整形外科でリハビリ通院していました。
この場合のリハビリとは、ムチウチ症の人が首を引っ張る、腰痛の人が腰を引っ張る、赤外線をあてる、等のことです。

初診時にレントゲン撮影等を行ない、2回目に診断結果をきいた際に整形外科医の診察を受けました。3回目以降の通院時に代金を支払った後「請求書兼領収書」を見ると、いつも「初・再診料」71点、「処置」35点、「保険点数合計」106点、「負担率」3割、「負担金」320円となっています。整形外科医の診察は受けず、リハビリのみをしているにもかかわらず、です。

さらに、シップ薬の処方箋を出してほしいと受付で言うと、整形外科医の診察を受けていないにもかかわらず、「初・再診料」123点、「投薬」68点、「処置」0点(今度はリハビリをしているにもかかわらず)、「保険点数合計」191点、「負担率」3割、「負担金」570円となっています。ちなみに、受付の事務員がパソコンに入力して、処方箋も自分で作ってハンコを押しているのをこの目で確認しました。

つまり疑問点は次の通りです。
1.整形外科医の診察を受けず、リハビリのみをしているにもかかわらず、再診料を請求するのは違法ではないのでしょうか?
2.シップ薬の処方箋を出してほしいと言ったときに再診料の金額が上がるのはおかしいのではないでしょうか? 本当は整形外科医の診察がないとシップ薬の処方箋は出してはいけないのではないでしょうか?
3.処方箋を受付の事務員があたりまえのように勝手に作成しているのは「医師法違反」等に該当しないのでしょうか?
4.再診料について、もし、支払わなくてもよい代金を支払っていたとしたら、返還請求できるでしょうか?

最近、整形外科でリハビリ通院していました。
この場合のリハビリとは、ムチウチ症の人が首を引っ張る、腰痛の人が腰を引っ張る、赤外線をあてる、等のことです。

初診時にレントゲン撮影等を行ない、2回目に診断結果をきいた際に整形外科医の診察を受けました。3回目以降の通院時に代金を支払った後「請求書兼領収書」を見ると、いつも「初・再診料」71点、「処置」35点、「保険点数合計」106点、「負担率」3割、「負担金」320円となっています。整形外科医の診察は受けず、リハビリのみをして...続きを読む

Aベストアンサー

1.について
本来であれば再診であろうと受診ごとに一旦医師の診療を受けてからリハビリ等を受けるかと思いますが。。。質問者様が通院なされてる所では医師の指示に基づいてリハビリなどを行ってるのでしょうか…法律的にはちょっとわかりませんが。ちなみに再診料が取れない例としては、往診後に薬だけ取りに来た場合や、画像診断などの結果のみを聞きに場合等がありますが処置を行う場合は必ずと言っていいほど再診取りますからね~
2.については
再診料が上がったのではなく再診料71点+外来管理加算52点で123点になったんでしょうね。
詳しい診療内容がわからないのであくまでも推測ですが、意外と多い例で、処置点数が外来管理加算より低いと外来管理加算を優先して取る医院があるようです。(利益の為)本来はダメですけど…この日がおそらくですが消炎鎮痛等処置だったと思いますので35点なので外来管理加算を算定したんぢゃないですかね。。。
もしくは処置料が取れない処置をしたのかもしれないですね。そうなると外来管理加算は算定できます。
処方箋については医師法により処方箋の発行はもちろんですが記名押印又は署名をしなければいけません。ただ窓口に設置された端末機より処方箋が印刷できるシステムがある医療機関では窓口で発行できます。ただ、この場合は医師の印影が印刷されているので質問者様が通院なされてる医院は正確に言うと違法かと思われます。ただ現実問題として病院、診療所においてこの様な事務的な違法行為をしている所は五万とありますね。。。きっとそこの医院は湿布のみくらいなら事務員が出すようになってたんでしょうね。。。

1.について
本来であれば再診であろうと受診ごとに一旦医師の診療を受けてからリハビリ等を受けるかと思いますが。。。質問者様が通院なされてる所では医師の指示に基づいてリハビリなどを行ってるのでしょうか…法律的にはちょっとわかりませんが。ちなみに再診料が取れない例としては、往診後に薬だけ取りに来た場合や、画像診断などの結果のみを聞きに場合等がありますが処置を行う場合は必ずと言っていいほど再診取りますからね~
2.については
再診料が上がったのではなく再診料71点+外来管理加算52点で...続きを読む

Q鬱は治ったのに、抑うつ的な症状がまた出始めました

18歳、大学一年生です。
中3~高3まで、鬱病とパニック障害を患っていました。
しかし、無事治り、大学に通い始めました。
考え方などは明らかに昔より良くなっていますし、ちゃんと友達と行動したりもできるようになりました。学校にも行けています。

なのに最近、また昔のような発作が出るようになりました。
激しい動悸がしたり、すごく汗をかいたり火照ったり、息苦しいような感じがすることがあります。
また、周りに友達や人が大勢いるのに、なぜか自分ひとりしかそこにいないような、自分と周りが違う世界になってしまったかのような感覚がします。
ささいなことで、すごく落ち込みます。

どうして最近急にまたこんなことになってきたのか、自分でもよくわからないんです。
せっかくいろいろ状況が良くなってきたのだから、解決できるなら、なんだってしたいと思います。
みなさんの知恵を貸してください。よろしくお願いします。
気になることがあれば、補足要求してください。

Aベストアンサー

たぶんですが、
おそらく大勢の人間に出会う事で
無意識部分にストレスが溜まったかと
人間に限らず何でもそうですが
急激な変化に付いていけないものですので
また、人と会わない一人の時間も大切にすればいいかと
(図書館で一人で本を読む行為などが効果的かなと)

いずれにしても少し前まで
鬱だったのでジョジョに人に慣らすのが
一番いいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報