素朴な疑問「曼荼羅 曼陀羅」
両方の文字がありますが、
同じ意味(使い方 同じもの)なんでしょうか
何となく 使い分けられているようですが???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まず「曼荼羅(曼陀羅)」は「mandala」を漢字に音写したものですから、漢字そのものには意味はありません。


 支那の訳経者がサンスクリット語の発音により近い漢字を当てていった過程で、daを「荼」と表音する人や、「陀」とする人がいたのでしょう。現代日本人は、荼・陀も「だ」としか発音しませんが、支那の発音では荼は「tu2」、陀は「tuo2」なので発音は異なります。
 また経典が翻訳される年代が異なると、表記方法も変化することがあります。

参考
『大漢語林』(大修館書店)
『密教辞典』(法蔵館)
『岩波 仏教辞典』(岩波書店)
    • good
    • 0

 なお、現在の仏教関係の事典では「mandala」の漢字表記は「曼荼羅」で統一。

本文で「曼陀羅、曼拏羅、満荼邏」などの別表記を紹介しています。ただし、経典や古文書、固有名詞からの引用文であれば、底本と同様の表記法になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく 教えて頂ありがとうございました。
大変参考になりました。またなにかありましたら教えてください。

お礼日時:2005/04/20 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素朴な疑問「曼荼羅 曼陀羅」同じ、違うの

素朴な疑問「曼荼羅 曼陀羅」
両方の文字がありますが、
同じ意味(使い方 同じもの)なんでしょうか
何となく 使い分けられているようですが???

Aベストアンサー

 まず「曼荼羅(曼陀羅)」は「mandala」を漢字に音写したものですから、漢字そのものには意味はありません。
 支那の訳経者がサンスクリット語の発音により近い漢字を当てていった過程で、daを「荼」と表音する人や、「陀」とする人がいたのでしょう。現代日本人は、荼・陀も「だ」としか発音しませんが、支那の発音では荼は「tu2」、陀は「tuo2」なので発音は異なります。
 また経典が翻訳される年代が異なると、表記方法も変化することがあります。

参考
『大漢語林』(大修館書店)
『密教辞典』(法蔵館)
『岩波 仏教辞典』(岩波書店)

Qうるう秒について素朴な疑問

今朝の新聞に、地球の自転が早くなり4年ほどうるう秒を追加していないとの記事を見かけました。

そこで疑問に思ったのですが、

一日は、地球の自転から決定されることで、自転の速度が速くなれば、その短くなった時間が一日=24時間となり、一秒の単位が短くなるのが理屈ではないでしょうか?

物理学としてではなく哲学?的にお教えいただければ幸いです。
このくだらない質問は明日からの仕事に差し支えないよう8時間ほどで締め切らせていただきます。

Aベストアンサー

今朝のテレビで言ってました。

一日という時間が短くなるということですか?

哲学的にとおっしゃってますが、現実問題として、一秒の単位を変えることは難しいです。社会的混乱を招きます。
現代人は、時計というもので、予定を立てています。その基準が変わるというのは大変です。

時計の構造を変えないといけないですし、電車のダイヤも変えないといけないし、試験時間も変えないといけないし・・・といった具合です。
それなら、一日なくした方が都合がいいのです。

Q略曼荼羅とはなんのことですか?検索しても曼荼羅はでてくるのですが、略曼

略曼荼羅とはなんのことですか?検索しても曼荼羅はでてくるのですが、略曼荼羅はでてきません。どうかおしえてください。

Aベストアンサー

http://www.syscolor.com/original_mandala_hyousou2.html

曼荼羅を大まかに表現したもののようです。

Q素朴な疑問です。

素朴な疑問です。

『南無阿弥陀仏』と『南無妙法蓮華経』との違いはなんですか。

Aベストアンサー

阿弥陀如来を本尊とする、法然上人の浄土宗や親鸞聖人の浄土真宗が南無阿弥陀仏と唱えます。
法華経を経典とする、日蓮上人の日蓮宗では、南無妙法蓮華経と唱えます。

仏教の宗派による違いで「いただきます!」と「ごっつぁんです!」の違いくらいかな。

仏教の宗派一覧をご参照ください。

参考URL:http://www5.synapse.ne.jp/~todoroki/siryou/kaiso.htm

Q創価学会の曼荼羅の内容

ご本尊?曼荼羅?と呼ぶのでしょうか、掛け軸のような物がありますが、何やら文字が沢山書いてありますが、その文字と意味する内容を詳しく知りたいのですが、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

回答というほど正確な情報かは?ですが・・・。

創価学会に限らず、日蓮を本仏とする各宗派は、日蓮が顕した「曼荼羅(掛け軸)」を本尊としています。

中央には、「南無妙法蓮華経 日蓮」(南無妙法蓮華経という法を悟った仏・日蓮)。

その四方(掛け軸の四隅)には、正法を護持する四天王(毘沙門天・持国天・増長天・広目天)。

そのほかは、仏法でいうところの十界(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天、声聞、縁覚、菩薩、仏)の衆生(諸天善神=法華経の行者を守護する善神)達の名前がひたすら・・・て感じです。
四天王・諸天善神達の説明は・・・・すいません、省かせていただきます。

また、この曼荼羅は法華経にある「虚空会の儀式」を顕したものともいわれています(私の記憶が確かであれば・・・違うかも?)。


勉強不足でこれ以上詳しくはかけません。ごめんなさい。
また、もし間違い等がありましたら、もっとごめんなさい。ご存知の方修正お願いします。

Q素朴な疑問です。どちらに価値を・・・?

どのカテゴリーに投稿していいのか迷いましたが、こちらに質問させていただきます。私は文章が下手なので分かりづらいかも知れませんがお願いします。

私はホラーなどやSF、ファンタジー、サスペンス物の映画は好きではありません。ほとんどが非現実な内容だからです。 以前City of godという作品をみました。ブラジルの治安の悪い町を舞台にした映画です。ギャング?の争いで殺しあったり、子供がゲーム感覚で簡単に人を銃殺したりするシーンもたくさんありました。とにかく人が殺されるシーンが多かったです。これは現実のことを映画にしたものらしく、いまでもその町に治安は悪化していると聞きました。
私はこのように戦争の事実やショッキングな作品でも見たいと思ってしまうのです。怖いものやグロテスクなものは嫌いなんですが、それが事実であるなら知りたいと思うんです。コレがフィクションならば興味はありません。
ある人の意見でこのようにいっていました。
「このような痛ましい現状や歴史、事件など聞くとすごく切なくなるしテンションがおちるから聞きたくない。それを知って、その地にいる人や、死と隣り合わせの人を助けたいと思っても自分には何もすることができないという壁にぶつかって終わりだから。だったら何も知らず自分の今を生きてるほうがいい」
と。確かに知ってさあどうするというわけにもいかないですよね。何もしてあげれないという結論はたしかにいえてると思います。
 この人は私より正義感が強くやさしい人間なのかもしれません。私は知るということで、少なからずそこで学ぶことがあると思うのです。それはきっと自分のためなのだと思います。貧しい人をみて自分は裕福だと思う ではないですが、かなりそれに近いような気がします。こたえはどちらともいえないし、出すことはないといったらそれまでですが、意見がきいてみたいです。このような実態や歴史を、テンションさがるけど私たちは知るべきなのか、自分に関係のない事は聞かず今の自分を幸せにすごしているほうが賢くていいのか。 
 人それぞれでいいと思うのですが、あえて言うならどちらに価値を感じますか?

どのカテゴリーに投稿していいのか迷いましたが、こちらに質問させていただきます。私は文章が下手なので分かりづらいかも知れませんがお願いします。

私はホラーなどやSF、ファンタジー、サスペンス物の映画は好きではありません。ほとんどが非現実な内容だからです。 以前City of godという作品をみました。ブラジルの治安の悪い町を舞台にした映画です。ギャング?の争いで殺しあったり、子供がゲーム感覚で簡単に人を銃殺したりするシーンもたくさんありました。とにかく人が殺されるシーンが多かったで...続きを読む

Aベストアンサー

私もCity of godは見ました。
世界には悲惨な状況が今でも進行形で行われている場所は他にいくらでもあります。
アフガニスタンやルワンダや東ティモールやタミールetc。
あまりニュースで報道されていませんが、現在のイラクの状況なんて本当に無法地帯と化してヒドイものらしいですから。
それを知ることで自分が何かをするかというと、結局何もしないのですけれど。
おっしゃるように我が身を振り返って、ああ日本は安全でよかったと安堵するだけです。
それでも今何が起こっているのか知ることはとても大事なことだと思いますよ。

Q公的な場所で曼荼羅

例えるなら、公立小学校の敷地内でやっている、
市の学童保育のような、公的な場所で、
子ども達の遊びの1つの塗り絵で、
曼荼羅模様のイラストを使うと、公教育で宗教的な物を、、、という様な
良くないことになりますか?

イラストには、仏教的な部分や説明文などはありません。
「曼荼羅 素材」という感じのサイトから引っ張ってきました。

使用目的は、単純に塗り絵であり、仏教色を出す意図は全くありません。

Aベストアンサー

あまり使わないほうがいいと思いますよ。
クレームをつけてくる人はつけてくるでしょうし、
わざわざ子供の塗り絵に使う素材ではないと思います。

Qデーデルの不完全性定理の素朴な疑問

具体的なことはよくわからないのですが、
数学の系が無矛盾ではありえないというのがゲーデルの不完全性定理
だとするなら、その不完全な数学によって設計された飛行機や
電車などが設計通りに動くのはなぜですか?
数学の不完全性というのは誤差の範囲なのでしょうか?
お分かりの方いらっしゃいましたらご教授ください。

Aベストアンサー

数学は素人なのでわかってるかどうかはわからないけど・・



1.「数学の系が無矛盾ではありえないというのがゲーデルの不完全性定理」と言う文が多分間違い

不完全性定理は、矛盾がないことを証明できない、という証明だったと思います。
YESかNOか判らない、黒か白か判らないということが論理的に証明されたんだと思います。

つまり、「矛盾がないことを証明できない」、という言葉の意味は、
二者択一で、矛盾があるか?ないか?、イエスかーノーか? という話ではなく、
数学が自分の正しさについて 矛盾があるかないかわからない=「答えを出せない」という論理的結論だと思います。

つまり「無矛盾ではありえない」と質問文に書かれてる内容が、ちょっとずれてると思います。
つまり、「もしかしたら無矛盾かもしれない、あるいは矛盾かもしれない」ということで、
どっちになるかがそもそもわかりません、という内容だと思っています。

イエスかノーか証明はできないし、正しいのか間違ってるのか人間にはわからない、という意味で、
自然数(1.2.3・・・)に基づいた論理的で体系的な思考の一つの限界の証明だと思います。





2.物理と数学の違い

飛行機や電車になると、これは物理学です。

物理は数学より現実的な学問で、論理的に正しいかどうかで動くのではなく、
ある実験精度で、何度やっても同じ結論が出る、という現実的な実験結果に基づくことが、
その正しさの由来になってるので、不思議はないと思います。

この実験結果は、測定に基づくので、ある確率とある精度の範囲内で有効なものです。
その実験結果の正しさは、人間が現実的に使用する上で、間違いのない程度の確からしさで、その正しさは保証されています。
でも数学のように、論理的に正しいことが証明されてるわけではありませんが、
物理学を実行上現実的に利用する上での正しさは実験の精度によって保証されてるから、飛行機や電車が正しく動くことは不思議ではないと思います。
いまだに相対性理論でも量子力学でも、ニュートン力学でも、毎日毎日その正しさが検証されて、日々正しさが証明され続けている、というのが実情ではないかと思います。

物理学は、論理的というより、現実的な学問です。
現実的な物理学にとっては、形而上的な数学は、使い勝手の良い道具です。
物理学によってロケットや飛行機が正しく飛ぶことが、数学の論理的正しさを証明しているわけではない、ということになります。

数学は素人なのでわかってるかどうかはわからないけど・・



1.「数学の系が無矛盾ではありえないというのがゲーデルの不完全性定理」と言う文が多分間違い

不完全性定理は、矛盾がないことを証明できない、という証明だったと思います。
YESかNOか判らない、黒か白か判らないということが論理的に証明されたんだと思います。

つまり、「矛盾がないことを証明できない」、という言葉の意味は、
二者択一で、矛盾があるか?ないか?、イエスかーノーか? という話ではなく、
数学が自分の正しさについて 矛...続きを読む

Q【仏教】曼荼羅には金胎不二という考えがあるそうです。金剛界と胎蔵界とはどういう教えの違いがありま

【仏教】曼荼羅には金胎不二という考えがあるそうです。

金剛界と胎蔵界とはどういう教えの違いがありますか?

Aベストアンサー

両部不二、或いは金胎不二と呼ばれる思想は、「金剛界と胎蔵の両部は而二不二(二つでありながら一体)である。」とする真言密教の教学の根本思想です。

そもそもふたつの密教は、大乗仏教の二大流派の「般若経の中観派」と「瑜伽行唯識派」の止揚で、それらと無関係な別個の教義を立てた訳ではありません。大乗仏教の思想進化の過程において、中観派の思想は胎蔵の密教へ継承され、瑜伽行唯識派の思想は金剛界の密教へ継承されたのです。

胎蔵の密教思想を説いた経典は、一般には『大日経』と呼ばれ、7 世紀中期の東インドにおける成立が有力視されています。漢訳とチベット訳は現存しますが、梵文の原典はごく零細な断片をのぞいて残っていません。

漢訳の『大日経』は、724 年に善無畏三蔵と一行による『大毘盧遮那成仏神変加持経』で、わが国には弘法大師空海の入唐以前に請来されています。この『大日経』の存在が、空海の入唐の動機の一つとなったとされています。『大日経』は、大日如来と呼ばれる根本仏がその太陽の光になぞられる如来の智慧の光によって、すべての生きとし生けるものに慈悲を注ぎ救済するという思想を述べている経典です。なかでも、仏の智慧(一切智智)とは何かという問いに対する、世尊である大日如来の答え、「仏のいわく、菩提心を因とし、大悲を根とし、方便を究竟となす。」という「三句の法門」は、第 1 章に当たる「入真言門住心品」に説かれており、『大日経』の教義の一つの軸となっています。

一方、金剛界の密教思想は『金剛頂経』に説かれますが、その経典は『大日経』のような単経を指すのではなく、狭義と広義の二様があります。両部、或いは金胎という場合には、狭義の『金剛頂経』を指し、一般には『初会(しょえ)金剛頂経』、或いは『真実摂経(しんじつしょうきょう)』と呼ばれている経典を指します。

『初会金剛頂経』の成立は、『大日経』の成立に少し遅れた 7 世紀後半の南インド説が有力視されています。
また、広義の『金剛頂経』は、『初会金剛頂経』の理論と実践を基盤として生みだされた様々な密教経典群を指します。『金剛頂経』は、摩訶毘盧遮那(大日如来)を中心とする五仏(五智如来)の曼荼羅と、聖俗一致(大日如来=衆生)を保証する成仏の理論および実践を説いています。

では、両部不二思想は、いつごろ確立されたのでしょうか。以下に、その代表的ないくつかの説を概観してみましょう。

まず、その成立が最も古い説としては、唐の時代、長安におけるインド僧の不空(705-774)から中国僧で空海の師匠にあたる恵果(746-806)への密教相伝の中国密教において確立されたという説ですが、勝又俊教先生は「それに関する資料が乏しいため論証には困難を要する。」と指摘しています。

次に、空海(774-835)により確立されたという説があります。これは、堀内寛仁先生によるもので、「台密(天台密教)が両部の外に蘇悉地という不二を立てるのに対し、両部の外に不二を立てず、金胎両部は二にして而も不二というのが東密(真言密教)の立場である。即ち両部は一具にして、そこに甲乙浅深はない、というのが弘法大師の正式の見解意見である。」と、空海による両部不二思想成立を主張しています。

また、平安時代後期の覚鑁(1094-1145)により確立されたという説があります。この説は宮坂宥勝先生によるもので、多くの論攷において、空海に両部不二の思想は認められず、両部不二が確立されたのは明らかに覚鑁においてであるとされています。

更に、空海の意志を覚鑁(かくばん)が宣揚し確立されたという説があります。この説は、橘信雄先生によるもので、「たとえその撰述に明確なかたちでの両部不二思想が認められないにしても、東密における両部不二思想に関する一考察の思想的萌芽は空海にあったと考えられる。」とした上で、「覚鑁はこの両部不二思想に関しては『秘蔵記』を非常に重要視され、その所説に基づいて論を構成されているものと思われる。」と指摘しています。また、覚鑁が金胎両部不二を非常に重要視した理由に、台密の蘇悉地大法の存在を挙げ、「台密の三大部に対抗し、インド以来の密教の伝統は両部にあり、それが空海の意志であるとして、覚鑁は改めて金胎両部不二を宣揚したのではないろうか。」としています。

一方、2013 年に鍵和田聖子先生は、済暹(さいせん、1025-1115)により確立されたという説を発表しています。これは、「覚鑁以前、東密教学の回復に真剣に取り組んだ人物の一人と言える済暹の時点で、両部而二不二の先行的思想が、確立されていたことが指摘でき、その教証として台密の書物である『講演法華略儀』が引かれていることから、台密の両部理解が東密で参照されていた様子が窺える。済暹と覚鑁の影響関係を考えれば、覚鑁は済暹の論を受け継ぎ、両部不二、金胎不二という用語を用い、重要視した姿勢を踏まえた上で、台密の説を東密流に依用しながら成立させてきた可能性が考えられる。」というものです。

このように、両部不二思想の成立については諸説ありますが、先述の通り「金剛界と胎蔵の両部密教」の源流は大乗仏教の二大流派にあり、その大乗仏教は釈尊の教えに源があることからすれば、両部不二、或いは金胎不二と呼ばれる密教の二大思想の統合は、「釈尊の思想」という原点への回帰という視点からは当然の帰結といえるのではないでしょうか。

http://www.bukkaisan.com/Pdf/Ryoubufuni.pdf

両部不二、或いは金胎不二と呼ばれる思想は、「金剛界と胎蔵の両部は而二不二(二つでありながら一体)である。」とする真言密教の教学の根本思想です。

そもそもふたつの密教は、大乗仏教の二大流派の「般若経の中観派」と「瑜伽行唯識派」の止揚で、それらと無関係な別個の教義を立てた訳ではありません。大乗仏教の思想進化の過程において、中観派の思想は胎蔵の密教へ継承され、瑜伽行唯識派の思想は金剛界の密教へ継承されたのです。

胎蔵の密教思想を説いた経典は、一般には『大日経』と呼ばれ、7 世紀中...続きを読む

Q竹島(独島)の認知に関する素朴な疑問

竹島問題について、外務省は『竹島問題を理解する10のポイント』というpdfファイルを撒いています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/pdfs/pmp_10issues.pdf
非常によくまとめられていますし、これが日本国の公式見解と言えるでしょう。しかし素人として、素朴な疑問をもったので、質問させていただく事にしました。質問したいのは、 竹島(独島)を両国が最初に認識した時期についてです。 まとめると次のようになります。

(A)日本の場合
松島という名で古くから認識していた。十七世紀半ばには、領有を確立した。

(B)韓国の場合
六世紀に新羅が于山国を征服した際に、帰属させた(後年の『三国史記』などの記述)。だが日本の外務省によると、韓国の提示する文献には信憑性がないという。韓国側の提示する十六世紀の地図に描かれた島は「全く実在しない島」を描いており、この意味では領有どころか、島を認識さえしていなかったという。

私が不思議に思ったのは、Bの反論です。文献の信憑性という専門的な問題は、私の手に余ります。「そういうものですか」と認めておこうと思います。しかし「全く実在しない島」というに及んでは、素人として、極めて不思議な事があるのです。 というのも韓国の方が、圧倒的に 島へアクセスする条件が良いからです。

まず島の位置は両国のほぼ中央にあります。したがって、立地的には、両国の有利・不利は言えません。しかし 六世紀の海洋技術は韓国の方が上であったと考えられます(日本は古墳時代です)。さらに于山国という島に近い拠点を、新羅は吸収していました。こうとなれば、新羅の方が圧倒的に有利であると思えます。
そこで資料の記述がかなり不正確であったとしても、状況を見れば、島を最初に発見したのは新羅か于山国であり、最初の発見者は韓国に冠せられるのではないか?とも思えます(※発見=領有かどうかは別問題として)。

しかし皮肉にも韓国側が明らかにしてくれましたが、島へは、四十歳前後の韓流タレントが、リレー方式で泳いでも到達出来るそうです。となると、別に技術力が無くても、体力があれば行く事は出来るのか?とも思えます。つまり仮に日本側に技術が皆無でも、島に行けた可能性が逆にある訳です。さて、質問です。
【島を最初に見つける可能性が高かったのは、どちらの国なのでしょうか? 】

※1 これは知的好奇心からの質問なので、特にどちらの領有とも決めてかかろうという気はありませんし、質問欄を閉じる際にも安易に結論を下そうとは思いません。あくまで可能性を考えるだけです。実際、「見つけた=領有」とも言い難い事も事実であり、これは国際法に照らして考えるべきなのでしょう。
※2 これは可能性の問題を問うというものであって、第一次資料の検討ではありません。おそらく資料は、専門家以外にもっていないでしょうし、資料の信憑性と言い出せば、精密に六世紀のそれを検討できる人はそうそういないと思います。あくまで推論を働かせて、考えてみたいという訳です。それで哲学のカテゴリーに投稿させていただきました。

竹島問題について、外務省は『竹島問題を理解する10のポイント』というpdfファイルを撒いています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/pdfs/pmp_10issues.pdf
非常によくまとめられていますし、これが日本国の公式見解と言えるでしょう。しかし素人として、素朴な疑問をもったので、質問させていただく事にしました。質問したいのは、 竹島(独島)を両国が最初に認識した時期についてです。 まとめると次のようになります。

(A)日本の場合
松島という名で古くから認識していた。十七世紀半ばには、...続きを読む

Aベストアンサー

日本は竹島を古くから知ってたみたいぞなもし

弥生時代 対馬から漁に出たある村人のことを書いた資料には
「対馬より漁に出る 船こぎ進みて北にながるる 松の島付近にて 鱒 イカ 貝などとりにけり」
という記載がある

この松の島こそ 竹島であります

韓国が当時せいぜい漁に出ても済州島ぐらいが限界で ということは日本が先にみつけてたのね

魏志倭人伝にも竹島らしき島が出てくるのよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報