私は、今、美容系の接客の仕事をしています。
今まで、てきとーなバイトはした事あるんですけど、ちゃんとした仕事をするのは、初めてです。
電話に出る時など、マニュアル通りの会話はできるのですが、それ以外になってしまうと、変な日本語になってしまったり、つまってしまったりします。
お客様との会話でも、いい表現が見つからず、つまってしまいます。
人と話す事は好きなんですが、敬語があまりわからないので、困っています。
きれいな話し方ができる人になりたいです。
敬語は、どうしたらうまくなりますか?
敬語の講習会などをしてる所ってありますか?
なにかおすすめの本などありますか?
どんな事でもいいので、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

身近なところで努力する方法としては、出来るだけ美しい日本語に触れることが望ましいのですが、現在の日本ではなかなか難しいと思います。

(有名百貨店の店員でもデタラメな日本語を平気で使いますから)

1)身近な人で、正しい敬語・謙譲語・丁寧語を話せる人を探す。(会社の上司・先輩が理想的)
2)その人の話し方の良い部分を真似て、自分で使いこなせるよう努力する。

これだけで、随分違うと思いますよ。
その前向きな姿勢があれば、必ず上達すると思います。頑張って下さい。
    • good
    • 0

敬語については、今新入社員の多い時期なので、ビジネス街の大きめの本屋さんにいくとけっこう平積みされてます。

最近おもしろくてつい立ち読みしたのが、
「そのバイト語やめなさい」です。基本的な応対の仕方も身につきそうです。オンラインショップ情報ですが、以下を参考に。
http://www.bk1.co.jp/product/02460537/?partnerid …

きちんと仕事をするようになると、「正しく美しい接客語をマスターする」というのは社会人としての新しい日本語科目だと考えていいと思います。きれいな話し方は講習会に行くより、きれいな話し方をしている人たちの会話を盗むことが一番です。フレーズを一つずつ覚えていくつもりで。「うまく応対できなかった」というときがチャンスです。こういうとき何というのが適当だったのだろうか、と、自分で考えたり、人の会話から学んだり、いい先輩に聞いたりして「復習」しておくと、次からは確実にうまくいきます。私は、いい話し方しているなという人がそばにいたら、立ち止まってさりげなく聞いていたこともありました。受身でなくそれを使いこなせるようにしていくつもりでいれば引き出しが増えてだんだん応対が上達していくとおもいます。何事も試行錯誤ですが、謙虚さを持って努力していってくださいね。自分で「きれいな話し方したい」と意識していることが一番大切なので、大丈夫ですよ。
    • good
    • 0

秘書検定のテキストなどではいかがですか?


仕事で対応しそうな事はそれなりにカバーしていると思います。

また、少し時間はかかるかもしれませんが、良い小説を読むのも、本当に美しい日本語を身に付けるのに役立つと思います。夏目漱石とか太宰治とかは読みやすいと思いますし、今の言葉遣いから見ると硬く感じられるかもしれませんが、我々が使っている日本語のルーツを押さえておくには良いと思います。
    • good
    • 0

ちょっと費用がかかりますが、ビデオがあります。


企業研修・自己啓発ビデオ
「恥をかかないビジネス敬語 2.電話応対編」http://www.shubiki.co.jp/bb/jjbb07.html

書籍もあります。
@ベーシック シリーズ
学生、フリーター、新社会人のための「敬語&ビジネスマナー らくらくマスターBOOK」 http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki-contents.ph …

新入社員教育読本
http://www.datadeta.co.jp/tokubetsu/20050316.htm

研修もあります。
http://www.tempstaff.co.jp/personal/skillup/trai …

ネット上にもあります。
http://sweet.cside5.com/tel/telindex.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング