Wワークの際、気をつける点に確定申告や源泉徴収の時の質問が色々とありますが、その中に8万7千円や103万という金額が多く目に付きます。
とても初歩的な質問で申し訳ないのですが、その金額は何の制限なのでしょう?
社員として働いていますが、夜他のアルバイトをすることにしましたが、あまり会社にはばれたくありません。
確定申告はもちろんするつもりです。住民税が変わることもわかるのですが、上記金額を超えた場合とそれ以内の場合にどのような違いがあるのか、またリスクが増えるのかなどを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

僭越ながら下記の方の訂正と回答をさせていただきます。

>年末調整に副業の源泉徴収を提出すればわかってしまいますし
↑これはどこに提出した場合ですか?

年末調整に副業の源泉徴収表を提出することはできませんので、ご安心を。

>アルバイト先が年末調整をした場合、それだけで会社にわかるということでしょうか?

アルバイト先は年末調整をすることが出来ませんので、こちらもご安心を。

>年税額の変更があった場合、住民税などにおいて自治体から変更の通知が会社宛に届くことになります。
↑とありますが、会社が出した金額から確定申告して給与所得が変われば、変更という通知が行くのですか?

これが問題ですが。確定申告をいつするかが1つの問題です。通常の時期(3月頃)にすれば、あなたのいうように
>全所得から計算された住民税の金額だけが会社に通知され

ます。ただし、会社は支払った額を当然知っていますので、給与支払額の差を気にするとは思います。

3月の申告時期をはずして申告した場合(特に住民税は6月から始まるので、7月とかに申告した場合)は、当初(会社だけの住民税)から変更することとなり、変更通知書が会社に届き、給与支払額の差がばれてしまいます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
時期をはずさずに、申告時期に確定申告をすれば平気ということですね。

ちなみに確定申告をしなかったらどうなりますか?
アルバイト先はちゃんと税金を申告するはずです。
その場合は、申告時期をはずした場合と同じように住民税の変更通知が行くということでしょうか?
それとも私が税金をたくさん払うだけということでしょうか?

初歩的質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

補足日時:2005/04/22 15:19
    • good
    • 0

87000円は、「扶養控除等異動申告書」を提出した際に、月額給与から控除される税額が発生する最低金額です。



上記の申告書は、主たる給与の支払い先1箇所にしか提出することができないので、副業としてのアルバイトの場合、提出できません。
この申告書が提出された場合は甲欄の税額が適用となり、前述の87000円未満が非課税となって、月額給与からの所得税控除は0円となります。
未提出の場合は、乙欄の税額が適用となるので、87000円は関係ありません。
甲欄より高い税額がになります。

しかし、これらは一時的に徴収された税額なので、年末調整や確定申告をすれば、正しい年税額が算出され、たとえ高い税額が適用になっていても、過納分は還付されます。

会社に知らせたくないということですが、年末調整に副業の源泉徴収を提出すればわかってしまいますし、確定申告でも、年税額の変更があった場合、住民税などにおいて自治体から変更の通知が会社宛に届くことになります。(アルバイト先がきちんと申告していれば、の話です。)

103万円は、税金面で、扶養家族としている者の年収の上限の金額です。
これを超えると、扶養家族からはずれることとなり、扶養にしていた者の税額が増加することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速詳しい内容でのご回答ありがとうございます。
もう少し教えてください。
現在の会社は月87000円以上の給与です。
>年末調整に副業の源泉徴収を提出すればわかってしまいますし
↑これはどこに提出した場合ですか?
アルバイト先が年末調整をした場合、それだけで会社にわかるということでしょうか?
>年税額の変更があった場合、住民税などにおいて自治体から変更の通知が会社宛に届くことになります。
↑とありますが、会社が出した金額から確定申告して給与所得が変われば、変更という通知が行くのですか?
今までの認識では全所得から計算された住民税の金額だけが会社に通知されるのだと思ったのですが、、、
よろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/18 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収されない毎月87000円って・・・

こんばんは。
私は年間103万円を超えないようにパートをしているのですが、
毎月87000円以下の収入だと源泉徴収されないようにしています。
そこで思ったのですが、今月6月はパートにも賞与(微々たるものですが)が出るらしく、
それを頂いた場合、87000円が超えてしまいそうなのです。

今月分の給料のなかに賞与支給分は含めて考えるべきでしょうか?それとも別枠・・・?

年間103万円以内にしておけば、87000円を超える月があっても調整で戻ってくるそうですが、
手続きが面倒くさいので、出来れば月々87000円を超えたくありません。

賞与はどのように計算されるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
賞与の税額計算は、毎月の給与と切り離して計算します。
つまり87,000円という縛りはありません。
源泉所得税の計算においては、別枠で計算されることになりますね。
※但し、年間の総合計には、給与も賞与も合算されます。
103万円を超えると、税金上の扶養になることはできません。

賞与の所得税の計算方法は、賞与をもらう直近の給与を元にして税率が決定されます。
雇用保険等の社会保険に加入していなければ、直近の給与の額が、
65,000円~71,000円未満 2%
71,000円~77,000円未満 4%
77,000円~85,000円未満 6%
85,000円~          8%
と言った具合に、賞与の税率が決まります。
つまり、直近の給与が65,000円未満でない限り、賞与に所得税が発生することになります。

ただ、パート先で年末調整はしてくれないのでしょうか?
おそらく給与所得者の扶養控除等申請書を提出しているような気がしますが・・・
パート先に聞いてみてはいかがですか?
年末調整がなされていれば、年明けに還付申請の手続きは必要ありません。

こんばんは。
賞与の税額計算は、毎月の給与と切り離して計算します。
つまり87,000円という縛りはありません。
源泉所得税の計算においては、別枠で計算されることになりますね。
※但し、年間の総合計には、給与も賞与も合算されます。
103万円を超えると、税金上の扶養になることはできません。

賞与の所得税の計算方法は、賞与をもらう直近の給与を元にして税率が決定されます。
雇用保険等の社会保険に加入していなければ、直近の給与の額が、
65,000円~71,000円未満 2%
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報