外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

DVDの、普通版とSUPERBIT版とは、どの程度の違いがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常版(普通版)とSuperBit版では映像の転送レート(映像情報)が倍になります。

また、基本的に音声はドルビーデジタルの他にDTS音声が収録されています。SuperBit版も普通のDVDプレーヤーで再生可能です。

洋画作品での欠点としては日本語吹き替えが無い事でしょうか。ですが、日本語吹き替えの情報を削った分、容量に余裕が出来、その空いた容量にはSuperBitの画質やDTS音質の情報に回す事になります。

このように画質音質共に通常版に比べ、より緻密な情報を持ったDVDがSuperBit版です。
映像情報が倍になる事により、奥行き感やモノの質感などリアルさが増した映像となり、DTS音声によってより細かい音まで表現されるようになります。大画面などには特にお薦めかと思います。

但し、画質は基本的に転送レートから見ても通常版よりも上なのですが、作品によっては通常版(通常版の出来(質)が良い為)と比べてもさほど変わらないモノもあります。

下記URLにSuperBitの解説があります。

また、余談ですがポニーキャニオン提唱のHi-Bit版と呼ばれるモノもあります。こちらも求めるコンセプトはSuperBitと同じです。
「Hi-Bit Edition」の実力とは
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030722/ …

参考URL:http://www.sonypictures.jp/archive/video/superbit/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報