明治期の日本に在住し、当時の世相や風潮について数多くの作品を残したフランス人画家ビゴーの風刺画を見てふと思ったのですが、当時の日本人はとても 「猿顔」 に描かれているんですね。

出っ歯だけではなく、笑うと上歯茎の奥まで露出する人相なんです。  丁度、チンパンジーが笑った (?) 時や、馬がヒヒーンといなないて、唇を動かした時の表情とよく似ています。

たしか戦前までの日本では栄養事情が良くないため、このような人相の人が多かったとの解説を聞いたよう気がしています。

そう言えば中国の地方を旅すると、お百姓さんと思われる中年男性で、笑うとタバコのヤニで真黄色になった歯と、上歯茎の奥までむき出して笑う人がとても多かったような印象があるのですが、もしかすると 「栄養事情が悪いから」 という説明も的を得ているかなという気がしています。

それと昔、日本人が海外で悪口を言われる時、よく Yellow Monkey と表現されたのですが、もしかすると戦前までの日本人は猿顔だったからそう言われたのかも知れないと感じています。

でも最近はそういう人相の人って少なくなりましたよね。  たしかにタレントの明石屋さんまさんも出っ歯ですが、笑った時に上歯茎の奥まで見える事はありません。 

そこで質問なのですが、戦前までの日本人は本当に猿顔の人が多かったのでしょうか?

仮にそうだとした場合、栄養事情と大きな相関関係があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

栄養事情と「猿顔」の相関関係はわかりませんが、「Yellow Monkey」についてちょっと違った視点からの考察です。


キリスト教では人間は神に似せてつくられた特別な存在とされ、他の動植物などの自然とはまったく別系統の存在とされます。
人間と自然の具体的な差は、人間は魂みたいなものを持っていて、自然はそれを持っていないという点。
そして、魂みたいなものを持っていると理性的な判断ができるようになるとされます。
この考え方でいくと、白人社会から見て理性的でない未開で野蛮な状態の昔の黄色人種社会を、人間のではなく動物の社会なのだと捉えられたと考えられます。
つまり、黄色人種は人間に似て非なる動物である猿と言われていたのでしょう。
人間と猿(動物、自然の一部として)を一緒にしないというキリスト教の価値観は、ダーウィンの進化論に対する態度からもうかがい知れます。
進化論では人間は猿から進化しまたといいますが、キリスト教的価値観では人間は初めから人間であり、猿とは別次元の存在です。
そんなわけで、キリスト教への強い信仰を持つ一部の人々は進化論を認めていません。
一般のキリスト教信者は進化論を認めらながらも、社会的通念としてなんとなく人間と自然は別系統のものと感じているのでしょう。
仏教の輪廻転生や因果応報といった価値観が、日本人の間ではなんとなく信じられているといった感じだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。 たしか数年前にアメリカの一地方都市で進化論を教える、教えないで裁判になったとの記事を読んだ記憶があります。 お説を拝見し、東洋人を差別どころか、家畜扱いする西洋白人社会の傲慢さを感じました。

お礼日時:2005/04/21 09:29

一昔前には、ヨーロッパ人は有色人種(黄色人種を含む)は人間とはみなしていませんでした。

猿とまではいかなかったが、猿と人間の中間の類猿人の部類とみなしていたのです。アフリカやアジアの地域を植民地にしたり、奴隷売買をしていたことで頷けることでしょう。特に日露戦争時のロシア皇帝は「東洋の猿」といってすっかり軽蔑していました。フランス人画家のビゴーというやらが日本人を猿のように描いていたのは当時では当たり前のこととして通っていたのです。時代は下って、原爆投下も人種差別のたまものです。中国人はどうの、アフリカ人はどうのと、のんきな事を言っている場合ではありません。今後日本人が差別されないよう見守って行きたいですね。がんばっていきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、人種差別がベースにあったのかも知れませんね。 有難うございました。

お礼日時:2005/04/20 15:11

猿顔が栄養事情で、という話ははじめて聞きました(笑)


なんだか頷けてしまいますなぁ……。

これは僕の素人意見なんですが、
西洋人と東洋人の顔つきが全く違うのが一つだと。
見た感じ、わかるとおもいますけれど、ね。

それに、西洋人は顔立ちの違いがあまりないんです。
例えばキャロルという女の子とデイジーという女の子が居たとしても、なんとなぁく、似ているわけですよ。
目が奥にあるとか、鼻が高いとか、大体共通していて区別がつきにくい。
けど、日本人等の東洋人は多種多様。
顔立ちが全く違うんだそうです。一人一人顔の形がはっきりと違う。
例えば陽子という女の子と香織という女の子は、確かに髪は黒だし瞳も黒だけれど、目元とか鼻とか、眉の形とか、違うわけです。すぐにわかる。そういうことも軽蔑の対象だったのでは。

あ、ちなみに、最近の日本人は同じような顔になってきているそうです。顔の欧米化ッスね。
>戦前までの日本人は本当に猿顔の人が多かったのでしょうか?
猿顔かどうかは知りませんけど、上のように人の顔は変わっていってます。

あと、当時の西洋人さんは猿=下等生物ってイメージがあったんじゃないかなぁ。
イエローは肌色、猿は下等。
進化論で、人間←猿という関係上、人間の下は猿、という意識があったんじゃないかな、って。
確かに人間の進化論上下に居る昆虫だのトカゲさんだのいますけど、イエローバタフライとかイメージ湧かないし。
身近で軽蔑しやすかったのが、猿だった、というだけではないかなぁ。
でも彼らはキリスト信者が多いし(←コレが欠陥)
だけど、ほら、キリストの考えなんで今時遅いぜ、という風潮が蔓延していたと考えれば平気かも!(ちょっと無理矢理)

猿っていうと、ずるがしこい、卑しいっていうイメージがあるわけですよ。それもあるんじゃないかなぁ。

中国は牛乳瓶の厚底眼鏡に出っ歯ですな。
ロシア人は鼻が高い。
イギリス人はがりがりでジェントルマン風。
アメリカ人はデブで資本主義?を表しているとか。
よくわからないけど。

栄養事情もよくわからないけど、少なくとも餓死していくアフリカの子供たちはガリガリなだけで、猿顔ではないですよね。寧ろ整った美人ですよ、あの子達。
もう少し頬の肉とかあれば、絶対傾城美女だと思うんです、ぼくは。関係ないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございました。 興味深く拝見しました。 

お礼日時:2005/04/19 09:07

松島奈々子も猿顔。


日本人猿顔好きねー。
といった印象。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。 私は松島奈々子さんのファンのひとりなんですが、猿顔!?

お礼日時:2005/04/19 09:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング