「知識産業化」についてなんですが 【知識を生み出し、育て、伝えることにかかわる産業。教育産業・研究開発産業・情報産業・出版印刷業・通信放送業など。】

というように、知識産業で調べると出ました。が、さっぱり意味がわかりません。

例えば、アビバなどパソコンの検定をとるところや、ジオス、NOVAなど英会話教室など、プール・書道・ピアノを習う所をいうんでしょうか?

分かりやすく、分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その通りですよ。


実例として、教育産業が上げられている通り、あなたの例えたものは全て教育産業ですね。
研究開発というのは、商品開発というよりも、実験した成果を売る仕事ですね。
情報産業は、マーケティングやコンサルタントになるのかな。情報を集めて、分かりやすくまとめたり、必要な情報を選別して顧客のニーズに合わせて提供します。
出版印刷は、本を印刷するだけじゃなく、企画・編集も含まれています。世の中にこういう情報を伝えたいというものを本や雑誌という形にします。
通信放送は、プロバイダやTV、新聞、ラジオですね。これらも情報を伝える仕事です。

これらの産業をまとめて知識産業と呼ぶということです。私も知りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!僕も身近な人に聞いたりしていましたが、曖昧なものだったので、こういった充実した回答を得られてうれしいですwありがとうございましたw

お礼日時:2005/04/21 12:10

確かに、漠然として難しい言葉ですね。


一部、即答できそうなところだけ書きます。私も別にこういうことの専門家ではありませんので、間違いを書いているかもしれません。いろんな人の意見と比べてみてください。

■教育産業
この言葉は、教育そのもの(学校や、英会話教室など)に加え、教育という行為そのものを商売のタネにしている業種を指すと思われます。
たとえば、学校用の教材を製作する会社、教育用情報機器(学校用のパソコンや、ソフトウェア)を制作、販売する会社などですね。また、教育の手法そのものを商売にするようなところもあるでしょう。たとえば、英会話教室でしたら、最近は「お茶の間留学」とか、自宅から通信回線を介して英会話教室と接続する、なんてやり方がありますね。あの場合だと、機材に加え、通信業者(NOVAだったかは東京電力の光ファイバーだったかな?)の事業も「教育産業」の一環になりそうです。また、そういうところで教える先生を斡旋したり、トレーニングしたり、という仕事も、表には出てきませんが存在するかもしれませんね。

■情報産業
これはもう、そのまま「IT」と名が付く業種全般ですね。形があるもの、たとえば自動車や食べ物といったモノを売るのではなく、形が無い「情報」というものを売ったり、預かったり、加工したりすることで利益を得る仕事です。
たとえば、銀行が扱う電子データ(口座や顧客の情報など)を保管するコンピュータを、24時間、停止することなく運営する仕事や、そういう仕組み(システム)を考案、設計し、開発する仕事などですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「喚声を上げる」と言う例文があったんですが、「歓声を上げる」と「喚声を上げる」の違いはありますか?

「喚声を上げる」と言う例文があったんですが、「歓声を上げる」と「喚声を上げる」の違いはありますか?

Aベストアンサー

歓声は喜びや楽しみのあまりに出す声のことですね。
喚声は興奮したり驚いたりして出す声のことです。
出す人たちの感情が違いますね。
興奮や驚きは、喜びの感情だけではなく、恐怖や闘争的な感情でもありますよね。

Q船・ボート・タンカー・カヌー   など

 漢字の使い分け方を教わりたいのですが、
よろしくお願いします。
 
㈠ 船の類の単位で ”隻”を使ったり ”艇”を使いますね。
これはどのように使い分けたらよいのでしょうか?

 先日、漢字検定の3級のテキストを読んでいました。するとまた、船に関する不思議な疑問が沸いてきました。

㈡ 船が港へとまる。

 この時の私には、停まる・止まるの停止の意味の二種類の漢字と、停まる・泊まるの停泊の意味の二種類の漢字が浮かびました。

 模範解答は ”泊まる”になっていました。

これは大型の客船のみを指していっている事なのでしょうか?
他にも意味がああるのでしょうか?


    

Aベストアンサー

こんにちは。

決して詳しくはないのですが、調べてみたところ以下のようになりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011366880?fr=rcmd_chie_detail
> > 船の数え方で、隻・艘・艇・杯の違いってなに?
>
>
> 隻:比較的大きな船。大型船、タンカー、艦船など
> 艘:比較的小型の船。はしけ、帆掛け舟など
> 艇:小型/競漕用ボート、ヨットなど
> 杯:特殊な船/かつお船、伝馬船など


・【泊(ま)る】3.碇泊(ていはく)する。新明解国語辞典
・【泊】ある期間そこに宿る。「船が港に―」岩波国語辞典
・【泊まる】2.船が停泊する「船が浦賀に―」[表記]2.は「停まる」とも。明鏡国語辞典
・【泊まる】2.船が港に落ち着く。いかりをおろす。停泊する。「神戸港に―・る」学研現代新国語辞典

関連するものを『使い方の分かる類語例解辞典 小学館』より引用します。
------------------
「停泊/寄港/投錨/船繋(ふながか)り」

共通する意味…船が錨を下ろして動きをやめること。

「停泊」「投錨」は、比較的大型の船に対して用いられるが、「船繋り」は、小型の船に対して用いられることも多い。「寄港」は、航海中の船が途中の港に立ち寄ること。

【関連語】泊まる
…船が錨を下ろして動きをやめる。「客船が港に泊まる」
------------------
上記例文では「客船」と大型船になっていますが、私の感覚では、「停泊」=大型、「泊まる」または「停まる」=小型も含めて、「船繋り」=小型、という使い分けでいいような気がいたします。

【船繋り】〈名・自サ変〉船をつなぎとめること。また、その場所。明鏡国語辞典

こんにちは。

決して詳しくはないのですが、調べてみたところ以下のようになりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011366880?fr=rcmd_chie_detail
> > 船の数え方で、隻・艘・艇・杯の違いってなに?
>
>
> 隻:比較的大きな船。大型船、タンカー、艦船など
> 艘:比較的小型の船。はしけ、帆掛け舟など
> 艇:小型/競漕用ボート、ヨットなど
> 杯:特殊な船/かつお船、伝馬船など


・【泊(ま)る】3.碇泊(ていはく)する。新明解国語辞典
・【泊】あ...続きを読む

Q「目を上げる」という表現について

小説などを読んでいると、「目を上げる」という表現がよく出てきます。
広辞苑の「目」の項の用例にはこの表現は出てきません。
「視線を上げる」、が正しいように思うのですが、どうなのでしょうか。
もともとなかった表現であったのが、今では一般化しているということなのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 目をふす
 
 ヘブライ語の言い回しだったとは、とても意外ですね。
 バイブルより古い文献は、存在しないに等しいのではありませんか。
 つぎのような類例を抽出しましたが、とくに法則はなさそうですね。
 
「顔を上げる」⇔「顔を下げる(×)」→「顔を伏せる」
「面を上げる」⇔「面を下げる(×)」→「面を伏せる」(おもて)
「目を上げる」⇔「目を下げる(×)」→「目を伏せる」
 
「眉を上げる」⇔「眉を下げる(×)」→「眉をひそめる」
「頭を上げる」⇔「頭を下げる(○)」→「頭をかしげる」
「拳を上げる」⇔「拳を下げる(△)」→「拳を下ろす」
 
「手を上げる」⇔「手を下げる(×)」→「手を下ろす」
「足を上げる」⇔「足を下げる(×)」→「足を垂らす(△)」
「腕を上げる」⇔「腕を下げる(△)」→「腕を下ろす(×)」
 
「腰を上げる」⇔「腰を下げる(×)」→「腰を降ろす(○)」
「荷を上げる」⇔「荷を下げる(×)」→「荷を下ろす(○)」
「男を上げる」⇔「男を下げる(○)」→「男を………(?)」
 
 本題から逸れついでに、もうひとこと追記します。
 ANASTASIAK さんの口語訳(1954-1955)ウンザリ説には同感します。
 ただし永井 荷風の文語訳・辟易説は、いささか疑問です。
 
 いまなお引用される美文調も多いので、ぜひ再検証してください。
http://holysong.org/rtpdf/
 文語訳《新約聖書(大正改訳)1950年版》PDF版
 

 
 目をふす
 
 ヘブライ語の言い回しだったとは、とても意外ですね。
 バイブルより古い文献は、存在しないに等しいのではありませんか。
 つぎのような類例を抽出しましたが、とくに法則はなさそうですね。
 
「顔を上げる」⇔「顔を下げる(×)」→「顔を伏せる」
「面を上げる」⇔「面を下げる(×)」→「面を伏せる」(おもて)
「目を上げる」⇔「目を下げる(×)」→「目を伏せる」
 
「眉を上げる」⇔「眉を下げる(×)」→「眉をひそめる」
「頭を上げる」⇔「頭を下げる(○)」→「頭をかしげ...続きを読む

Qこの意味の、諺・きまり文句・慣用句・故事などを教えてください。

「精一杯取り組んだ先には、必ず何かを得ることができる」
「一生懸命やれば、何かを得られる(学ぶことがある)」
という意味をふくむ、何かを始める人に対して、激励となるような、
きまり文句・諺・慣用句・故事などをたくさん教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 少しずれるかも知れませんが…
《待てば海路の日和あり》
《てんてき石をもうがつ》
《精神いっとう 何事かなさざらん》
《石の上にも三年》
などで どうでしょう?ご自分でも探してみては!

Qこんばんは FFRKをやっています レベル50まで全員上げたのですが これ以上レベルを上げる為にはど

こんばんは
FFRKをやっています
レベル50まで全員上げたのですが
これ以上レベルを上げる為にはどうすればいいのでしょうか?
攻略サイトではわかりませんでした
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

>これ以上レベルを上げる為にはどうすればいいのでしょうか?
レベル50以上から先のレベルを上げるためには記憶結晶というアイテムが必要になります。
50~65まで上げるためには記憶結晶Iの原石、65~80まで上げるためには記憶結晶IIの原石、
80~99まで上げるためには記憶結晶IIIの原石がそれぞれ必要になります。

記憶結晶を入手するためには、

・ヒストリーダンジョン、フォースダンジョンを進める
・イベントで記憶結晶のあるところをクリアする
・儀式の間でアイテムと交換して入手する、など

特定の記憶結晶の原石がどこで手に入るかはWikiのキャラクターページに記載がありますので、
そちらを見て確認していただければと思います。
もし、イベントなどで取り逃したり、イベントのボスを倒せず入手できなかった場合には、
儀式の間でアイテムと交換することで入手することもできます。

Q学問や知識などを「みにつける」という漢字

表題の通りですが、「身に着ける」と書いて正解なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「身に付ける」が正解です。

辞書によると
【身に付く】
〔自分の血肉となる意〕
1 自分の物になる。
用例・作例
悪銭身に付かず

となっています。

Q消費税はなぜ、上げるのですか?

なぜ今,不景気なこの時期に上げなければならないのですか?

上げないままだと日本はどうなりますか?

野田さんはなぜ、上げる理由を丁寧に国民に説明しないのですか?

教えてネット、真実を・・・・・・・・・・・

Aベストアンサー

こんなところで聞くのではなく、意見表明した人間の実名特定ができるメディア(新聞等)で確認して下さい。
匿名サイトでは、何の内容の保証もありません。

Qわれ・かれ・だれ・それ・あれ・これ・どれ

むかしは、「I=わ」「he=か」「who=た」などと言ったのだと思います。
「我」「彼」「誰」という漢字を使い出してから「われ」「かれ」「たれ」と読むようになったのだと思います(ここまで、違うようならご指摘願います)。
其れ・彼れ(あれ)・此れ なども、むかしは「そ・あ・こ」と言っていたのですよね。
また、「どれ(何れ)」は「いずれ」の転じたもので、「どこ」を意味する「いず(何)」という語から出たもののようです。
ネット辞書では探せなかったのですが、これらの「れ」の正体は何でしょうか。

Aベストアンサー

大体そう言うことです。
一人称には「あ」もあって、こっちの方が古いんじゃないか、とか、「か」「こ」は男性や女性やものや場所も指すことができた、など、細かいことを言えばきりがありませんが。

まず、「わ」を見てみましょう。
『日本国語大辞典』によれば、

「わ」は必ず助詞を添えて用い、単独の場合は「われ」を用いた。また、上代では「わどり」のように、名詞とも複合した。

「わ」のような一音節の語は据わりが悪く、何かと一緒に使うことで安定するのです。
ヨーロッパ諸語の代名詞もほとんどが一音節ですが、動詞なしでは使わないのが原則です。
単独で使いたいときには、自律形という特殊な形を使います。

日本語の代名詞も同じで、助詞でも何でもいいから、とにかく支えが必要なのです。
で、単独使う場合には「れ」を添えるのです。

ではこの「れ」に何か意味はあるのか?
1800年頃に書かれた『皇国辞解』という本には、レは「事をとどめ押える言」とありますが、あてにはなりません。
『大言海』はレは「添えた辞」と素っ気ないのですが、これが穏当でしょう。

「れ」は代名詞専用の接尾辞で、特に意味はないと思われます。

動詞の活用だって、「寝る」の「る」に意味はないでしょ?
「書かない」は kak-a-nai
「寝ない」は ne-nai
と分析されますが、「書かない」に出てくる -a- に特に意味はない。
子音の連続 kak-nai を防ぐためだけにある。

「われ」の「れ」も、二音節にするだけの安定剤に過ぎない。
別に「れ」でなくてもよかったんだが、たまたま「れ」が選ばれただけ。
一人称の代名詞に「あ」や「わ」が選ばれたのと同じで、考えても仕方がない。

大体そう言うことです。
一人称には「あ」もあって、こっちの方が古いんじゃないか、とか、「か」「こ」は男性や女性やものや場所も指すことができた、など、細かいことを言えばきりがありませんが。

まず、「わ」を見てみましょう。
『日本国語大辞典』によれば、

「わ」は必ず助詞を添えて用い、単独の場合は「われ」を用いた。また、上代では「わどり」のように、名詞とも複合した。

「わ」のような一音節の語は据わりが悪く、何かと一緒に使うことで安定するのです。
ヨーロッパ諸語の代名詞もほ...続きを読む

Q体温を上げる効果的な方法を教えて下さい。

今日、体温を測ったところ36度1分でした。

少し低いと思います。
免疫力を上げるには、体温を上げることだと聞きました。

体温を上げる効果的な方法は、ありませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>免疫力を上げるには、体温を上げることだと聞きました。
 これは、最近流行の健康法ですが、この体温とは身体の深部体温の事だと思います。
 体温の計測そのものは、体温計で簡単に測れると思われていますが、正確に測るのは結構難しいのだそうです。
 素人が測る体温は、本来の体温まで上昇していないそうです。また体表の温度は自律神経の仕組みによって、変動します。今の時期のように寒いときには血管を締めて温度を下げ、暖かい時期には血管を広げて放熱します。
 そして、深部体温が高くても身体の表面に近いところの温度が低い人は多いそうです。一方身体が温かい人は、放熱が激しいので、深部体温が低い場合もあります。そんな訳で、体温計で測った温度で体温が低いと判断することは妥当ではないと思います。
 我々が使う体温計は、あくまでも本人の平熱を基本にして、高いとか低いとか言うレベルのもののようです。肛門から体温計を挿入してもらって、深部体温を測る方法などもあると思いますが、少なくとも一年を通じてたびたび体温を測り、自分の平熱を確認してからでないと、ほんとうに体温が低いと判断できないと思います。
 そして、深部体温は体質そのものですから、簡単に上がったり下がったりするものではないでしょう。長年の体力作り等の結果として、わずかに上がるというのが本当のところではないかと思っています。
 今すぐ体温を上げようと考えるのではなく、きちんと運動をして、まんべんなく食べ、健康な肉体を作れば、自然に体温がわずかに上がるというのが本当のところではないかと思います。
 健康作りは長い目で見た方が確実で間違いはないと思います。(^o^)わははは・・・

>免疫力を上げるには、体温を上げることだと聞きました。
 これは、最近流行の健康法ですが、この体温とは身体の深部体温の事だと思います。
 体温の計測そのものは、体温計で簡単に測れると思われていますが、正確に測るのは結構難しいのだそうです。
 素人が測る体温は、本来の体温まで上昇していないそうです。また体表の温度は自律神経の仕組みによって、変動します。今の時期のように寒いときには血管を締めて温度を下げ、暖かい時期には血管を広げて放熱します。
 そして、深部体温が高くても身体の表面...続きを読む

Q素敵な言葉を教えてください(名言・格言・諺など)

こんばんは!

仕事で疲れている旦那さんにかけてあげれる言葉を教えてください。

ちょっと会社の経営に行き詰まり疲れている感じなので、
そんな時に励ませるような言葉などありませんか??

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

『早よ咲かんでええの
    いつか咲くから』
http://www.gyokusenzi.or.jp/newpage26.html
が、気に入ってます。

>一日一通ためになる言葉や諺、名言、格言を
>旦那さんに頼まれてメールで送っています。
でしたら、無料配信のメールマガジンから
ピックアップされては如何でしょうか?

トップページが、
http://www.mag2.com/
で、そのなかの、↓「元気が出る言葉」(PC版)
http://www.mag2.com/m/0000071414.htm
        ↓しあわせお父さん
http://www.mag2.com/m/0000096400.htm
など、色々な良い言葉がありますよ。
他も検討、あるいは
バックナンバーを読んでから登録されても
良いでしょうし、登録解除も簡単ですよ。

参考URL:http://www.mag2.com/


人気Q&Aランキング