アシュトンクッチャー主演のButterfly Effectを見たのですが英語だったので今いち理解できませんでした。どなたかご覧になっていたらストーリーを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

映画、観ました。


非常に練られた構成の映画で、その仕組みやエピソードを書いてしまうと、ネタばれになり、これからご覧になるようでしたら、控えた方がいいのですが…。
(なので、控えます。ネタばれお望みなら、書き加えますが)

冒頭、まず、アシュトン・カッチャー演ずる青年が誰かに追われた状態で、走り書きをしています。「もし誰かが、この手紙を見つけたら、それは僕の計画が失敗した証拠…。その時僕は死んでいる。でも、もし僕がすべてのはじまりに戻れたら…彼女を救えるかも知れない」←この状況も何もわからない状態のまま、映画は、彼の子供時代に変わります。

エヴァン(カッチャーの役名。ここでは子役です)は時々記憶を失うことがある少年で、その治療のために医師から日記をつけるように言われます。
彼には遊び友達として、幼なじみの少女ケリー、その兄トミー、ちょっと鈍くさいレニーという4人がいるのですが、彼らとやったいたずらが、大事件になります。が、その瞬間、彼は記憶喪失の瞬間がきて、何が起こったのか覚えていない。そして母に連れられ、その町を去り…エヴァンは今や大学生で、記憶喪失の瞬間に陥ることもなく過ごしている。が、たまたま見つけた幼い頃の日記を懐かしんで読み始めた時、不思議な出来事が!
彼は、その日記のページに書かれた過去の出来事の中にいた…。というような物語です。
過去の記憶喪失の瞬間に戻るたびに過去と現在が影響しあって…というような中で、過去の後悔を改めようとすると…ああ、そんな!!!…みたいなことに…。

【バタフライ・エフェクト】とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という「初期条件のわずかな違いが将来の結果大きな差を生み出す」というカオス理論の一つだということで、映画はそれを見せてくれます。

まあ、シュミレーションゲームみたいなもの、いろいろありますよね。それに近い構成と言えるかも知れませんが、非常に面白い映画でした。
異色サスペンスですが、実は果てしなく深い愛の物語(というのもちょっとネタばれかな)です。
    • good
    • 0

No.2です。


すみません、質問を誤読していました。映画そのものを日本語字幕なしの状態で、すでにご覧になっての質問だったのですね。紹介の英語資料を見たのだと思ってしまい、No.2のような回答になってしまいました。


ご質問タイトルにネタばれOKの記載がないので、未見の方でこの回答をご覧になってしまう閲覧者がいると申し訳ないので…。



注意!!(ネタばれします)↓↓
















ポイントとしては
●彼は特殊な能力があった。
●父親も同様の能力があった。
●運命の分岐点となる記憶喪失の瞬間は10回あった。
●その分岐点での決断を変えると、違う現在になった。
●それを理解したとき、過去を変える決意をする。
●思いもよらない現在になり…やりなおしを繰り返すが9回目ピンチ。
●彼は彼女の幸せに導くために、自分にとって切ない最終的決断をした。

ということじゃないでしょうか?
これで、わかりますか?
どのあたりがわかりにくかったみたいな点を上げていただければ、ご希望に添う回答ができるかもしれないのですが…。
    • good
    • 0

参考URLにあらすじがありました。


ご参考まで...

参考URL:http://www.coda21.net/eiga3mai/text_review/THE_B …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング