ベストアンサー選定ルールの変更のお知らせ

あるいは、
泉代表が「国会の貴重な時間を割いて、責任を追及する内容に誤りがあれば、辞任します」とか、

立憲民主党って、いつも、いつも、いつも、ブーメランになるのは、自分たちは責任を取る気が無いからですね?

でも、
文書の入手が小西議員で、追求が蓮舫議員と辻元議員の炎上トリオだったらもっと面白く盛り上がったのかな

A 回答 (6件)

やめるやめない、ではなくて与党議員による報道の自由介入が問題なんですが質問者様には難しい話みたいですね。



とりあえず、書類は公式なものであって捏造ではない、というところがはっきりしたのはおわかりですか?
仮に公式文書なのに内容に虚偽があるとしたら、これは国の運営に関わる重大な問題ですから当時の総務大臣の責任の追及をすることになりますね。
当時の総務大臣は誰か御存知ですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

小西議員を擁護する人たちって、正論っぽい理屈でごまかしますね(笑)

>やめるやめない、ではなくて与党議員による報道の自由介入が問題なんです

その通りです。最初の追求の趣旨はそこだったはず。
だから、放送法の監督官庁の総務省が、当時の総理大臣や大臣から、解釈を見直せと指示されたとか、そう言う圧力があったという記録を提示すれば良いだけ。ところが小西議員が提示した資料には明確に記載は無く、問題になっている当時の高石大臣に関わる4ページの記録も、内容が疑わしいわけですね。
立憲民主党が責任を持って、政府が放送法の解釈を変えようとした追求するなら、問題になっている4ページの内容が事実だと証明するか、別の明確な証拠や証人を提示するか、こんな事実があったと証明すれば良いのに、問題提起した側が問題の証拠の真贋を確認しないまま、国会の時間つぶしの無責任な追求をしてるんですね。


>書類は公式なものであって捏造ではない、というところがはっきりしたのはおわかりですか?

公式というのは事実ですね。でも、高石さんの反論の論点は自分に関わる4ページの内容が事実かどうかですね。
高石さんと当時の安倍総理の電話の会話内容が事実だと言うためには確認しなければならないことが数多くありますね。でも、官僚が自分たちが盗聴していたとか、或いは文書の内容に信憑性のない伝聞だったとか認めるハズはないから真相はお蔵入り。だから、疑惑の部分の真贋はハッキリしない。

ただし、小西議員は、その文書の作成者とされる官僚の名を後から出したんじゃないですか。その官僚の証人喚問などで事実が判明するかどうか、この先の進展が期待できるかなと言うところですね。


>当時の総務大臣の責任の追及をすることになりますね。

内部文書をリークさせた現在の総務大臣の責任は追及されることになるかも…………
ただ、
貴方は、公式といえば、担当大臣がその内容を全てチェックしているとでも考えてるんですか。

問題になった4ページは、本来なら大臣まで回覧すべき内容なのに、必要な関係者に回覧されていないのは明らかですね。
そんな文章にまで、今の日本で大臣がすべての責任を背負えというのですか

大臣たちが責任を取るとしたら、そんな効率の悪い無駄な仕事で高給を取っている官僚組織そのものを改革するように導いていないと言うことに対してですね。

お礼日時:2023/03/10 11:04

過ちがあったとしても、高市さんは不正な政治を


やった、小西さんは入手した資料に間違いがあった
ということで、罪の重さが違う
    • good
    • 0

立民の前身である民主党の永田寿康が、ねつ造メールに騙されて自民党を追及して、結局ねつ造がばれて民主党を首になり、のちに自殺した前科があるから、今回総務省の行政文書の件もどう決着つくか興味津々。

    • good
    • 1

旧民主はメルトダウンの責任を先に取るべきです。

    • good
    • 0

政府と国会の問題なんだけど


政府と国会の違いが理解できますか?

国会とは国民の代表です
    • good
    • 0

クイズ王コニタン、まだ亡命してなかったんだ?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A