こんにちは!!
仕事でIllustratorを使わないといけなくなりました・・。そこで気になったのが、Illustratorにしかできないことってなんですか??wordでもオートシェイプを組み合わせたり、ワードアートなども合わせるとかなりの物ができるような気がするんですけど・・・。ワードとの違いを教えて下さい。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

守備範囲が広いソフトなので違いをすべて挙げるのは困難です。



一言で「デザイン、出版」の分野のデファクトスタンダードで説明できると思います。
つまり、一連の流れの中にIllustratorが組み込まれていると思ってください。

貴方が目にする雑誌のページ、ポスターからお菓子の箱、缶コーヒーのデザイン…
すべてIllustratorで作られている思っていただいても過言ではないと思います。

Wordはドキュメント作成のためのソフトとして特化されていますが、Illustratorはとても柔軟です。
ただ、複数のページという概念がないので、他のソフト(ページレイアウトソフト)にデータを流し込んでページものとしていきます。

Wordは(改ページというコマンドがありますが)最初からページという概念がありません。
    • good
    • 0

ワードからIllustratorに切り替えた者としては、やはり、絵を描くソフトであるという事。


ワードと同じことをするにもとてもスムーズです。
オートシェイプを微妙な移動しようと思うとAltキーを使えばできますが、イラレはそんな必要はありません。また、画像やイラストを取り込むのもワードよりも早く、移動もサイズを変更するのも重さを感じません。ただ、ワードアートはイラレのバージョンによるとは思いますが、ワープを使えばできるようですが、私は9.0なのでできません(^_^;)そのかわり、自分の思うようにグラデーションをかけたり形を変えたりして自分の思うように出来るのはやはり利点です。
まず、触れて、ワード以上の良さを見つけるところから入ると良いのでは?
反対にイラレで文章を上手に書くのはワードより難しいです。
    • good
    • 0

Illustratorでは、ワードよりも断然いろいろなことがきますよ。



例えば、一度描いた線を訂正する、
同じような図形を大量に作って、画像内に散布する、
画像をPhotoshopなどと同じように、ゆがませたりサイズ変更したりする、
線の太さも自由自在、
ブラシも選べていつでも変更可能、
などなどきりがありません。

お仕事で使われるのでしたら、例えば文字を自由に変形するとか、
文字をブラシタッチにするとか、
あとから内容の微調整を行えるとか、いろいろな利点があります。
レイヤーが使用できるのも大きなポイントだと思いますよ。
それに、もともとそれ専門に作られたソフトですので、
画像出力や、画像の形式としての普及度も
大事なところではないでしょうか。

どのようなお仕事かは存じませんが、わざわざ
Illustratorを使用するようなお仕事でしたら、
Wordでは到底太刀打ちできないと思いますよ。
いろいろ覚えなくてはいけませんが、使いこなせれば絶対に大きなアドバンテージになりますよ★
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング