あなたが「これだけは読んどけ」と思うSF小説を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

ジェームス・P・ホーガン「星を継ぐ者」。



月面でのある発見をきっかけに、太陽系の意外な過去が解明されて行く物語です、一つの謎が解明されるとその結果新たな謎が出現し、その謎を解明すると・・・。といった感じで、グイグイと引き込まれて行く傑作です。続編もありますよ。
    • good
    • 0

・・自分が好きなだけですが・・



アン・マキャフリィ 「歌う船」

同じ設定を使っていろんな作家が続編(?)を書いていますが、良いのはマキャフリィ本人の書くヘルヴァの話だけだなあ~
    • good
    • 0

#12です。



訂正。
#1さん、すみません。#2さんでした。
    • good
    • 0

やはりクラーク、ハインラインあたりはおさえておきたいところ。


(アシモフもなんだけど、読んでないので)
未だ出てないところで、
A.C.クラーク「幼年期の終わり」
R.A.ハインライン「月は無慈悲な夜の女王」
など。

T.ゴドウィン「冷たい方程式」
コードウェイナー・スミス「ノーストリリア」
J.ティプトリー・Jr「たったひとつの冴えたやりかた」
D.キイス「アルジャーノンに花束を」
あたりもお勧めです。

個人的には
C.D.シマック「中継ステーション」
神林長平「戦闘妖精雪風」
菅浩江「メルサスの少年」
小川一水「導きの星」
とかが好き。

それにヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞・星雲賞などの受賞作とか。

それから、多少かぶると思いますが
野田昌宏著「SFを極めろ! この50冊」
なんて本もあります。
ご参考までに。

あと、#1さんの「砂の惑星」は
F.ハーバート「デューン・砂の惑星」でしょうか?
    • good
    • 0

新井素子「グリーンレクイエム」「緑幻想 グリーンレクイエム2」


山本 弘「時の果てのフェブラリー―赤方偏移世界」
ハーランエリスン「世界の中心で愛をさけんだけもの」

私はあまりSFしていない人なので、「これだけは読んどけ」と言えるのはこれくらいです。
    • good
    • 0

青い宇宙の冒険(小松左京)なんてどうでしょうか。



文章や設定は子供でも取り付きやすくなってますが、
ドップラー効果や赤方偏移といった科学的な用語を
キーワードとした謎解きやら、大人になって読み
返しても十分に楽しめる内容です。

少々ネタばれの感もありますが、作品感想のある
ページを貼っておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/k2uehara/syonen/juvenile …
    • good
    • 0

未だ出てないモノだと谷甲州の「航空宇宙軍史」シリーズ。

    • good
    • 0

タイムマシン物の元祖として、


「タイム・マシン」(H・G・ウェルズ著)をお薦めします。
意外な未来が印象に残る作品です。
この本が気に入ったら、遺族公認続編の
「タイム・シップ」(S・バクスター著)もどうぞ。
    • good
    • 0

ロジャー ゼラズニィ「伝道の書にささげる薔薇」


レイ ブラッドベリ「火星年代記」
ハインライン「夏への扉」

ゼラズニィはアンバーシリーズも好きですが、あれはファンタジーかな?
    • good
    • 0

楽園の泉 The Fountains of Paradise


宇宙のランデヴー Rendezvous with Rama

どちらもA.C.クラーク著
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング