人間ドックで測定項目に入っているAIPは何の略称なのでしょうか。
また、その生理的意義と、もしわかりましたら正常値、検査法の化学的な機序を教えていただけたらと思います。
ちょっと急いでいるので、どなたかご親切な方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

AIPですか?


AIP:Acute interstitial pneumonia(急性間質性肺炎)のことでしょうか?

気になったのはALPと間違えておられるのではないか?ということです。
ALPであればアルカリフォスファターゼの略であり、肝障害、骨疾患、妊娠、リウマチ等で上昇を示す酵素のことなんですが。

お役にたてたかどうか・・・

この回答への補足

ありがとうございます。
Googleで検索すると急性間質性肺炎の略でしか出てこないのですが、ALPではなく、AIPという項目です。
何かの間違いなのでしょうか・・・
ちなみに臨床検査技師の大学院の授業で使っている、Cellular And Molecular Immunology という英語の免疫の教科書に出てきたものです。

補足日時:2005/04/19 01:12
    • good
    • 0

acute intermittent porphyria(急性間欠性ポルフィリン症)というのもありますが人間ドッグで調べるとも思えないし、alcohol induced pancreatitis(アルコール性膵炎)ですかねえ。

その本を読んだこともなく全く自信はありませんが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
いくつか可能性を挙げて頂きましたので、
もう少し調べてみようと思います!

お礼日時:2005/04/19 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消化器におけるガストロとDDLって?

検査後の記録で、ガストロ DDL試行。とありました。
今日は水様便が頻回だったため、腸系だと思うのですが…どなたかおしえてください!!

Aベストアンサー

ガストログラフィンで、注腸検査をしたんじゃないでしょうか?

看護師さんでしょうか?なんの検査をしたのか分からないと、検査後の患者さんの症状など気を付けなければいけない点が分からなくなりませんか?それは、危険ですよ。

分からない事があれば、その場で聞くのがベターですよ。

Q肝胆膵検査項目のAIPとは?

ATPaseさんが質問していましたが,大変興味があったのですが,残念ながら答えが出ないうちに締め切られてしまいました。

検査室の肝胆膵検査項目にAIPがあります。正常値が25~100IU/lとありますから病名等ではないですね。手元の成書は古いのでしょうか出ておりません。

AIPとは何の略なのでしょうか。また,生化学的にどのような意味がある物質なのでしょう。ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

前のスレでも指摘されてましたが、AIPですか?ALPですか?それをまずはっきりする必要がありましょう。ごく一般的な肝臓の検査項目ならALP(アルカリフォスファターゼ)でしょう。それとも、他にALPがあって、さらにAIPという項目があるのでしょうか?”L”の小文字の”l”と取り違えている可能性が一番高いかな、と思うのですが。

QDDLトリガーの作成にて

お世話になります。
oracleにDDLトリガーを作成したいのですが、エラーが出て作成出来ません。
AFTER DDL on DATABASEのAFTERのところで
エラー内容:「ORA-04072: トリガー型が無効です」 が発生します。
試しに、AFTER insert にするとここの部分は通るのですが、作成したいのはCREATEやDROPの時に起動するDDLトリガーなのです。
ちなみに、AFTER create or drop としても同じエラーが発生します。

ネットやoracleのリファレンスも見ましたが今だ解決出来ないでおりますので、ぶしつけな質問なのですが、どこが悪いのか教えて戴きたいです。
-- 作成するトリガーは下記となります -------------------------------------
CREATE OR REPLACE TRIGGER
SYS.AFTER_DDL_EVENT AFTER DDL on DATABASE
WHEN (ora_sysevent not in ('AUDIT','TRUNCATE'))
DECLARE
VCW_MODULE varchar2(48) := null;
NW_CNT number := 0;
BEGIN
insert into ログ格納テーブル
・・・
if ( ora_sysevent = 'CREATE' ) then
・・・
elsif ( ora_sysevent = 'DROP' ) then
・・・
end if;
END;
/
です。CREATEやDROPが発生した時にログを残したいのです。
oracle8ではDDLトリガーは作成出来ないってことは無いですよねぇ・・・。
環境は、oracle8、windowsNTサーバー
以上、誰か教えて~

お世話になります。
oracleにDDLトリガーを作成したいのですが、エラーが出て作成出来ません。
AFTER DDL on DATABASEのAFTERのところで
エラー内容:「ORA-04072: トリガー型が無効です」 が発生します。
試しに、AFTER insert にするとここの部分は通るのですが、作成したいのはCREATEやDROPの時に起動するDDLトリガーなのです。
ちなみに、AFTER create or drop としても同じエラーが発生します。

ネットやoracleのリファレンスも見ましたが今だ解決出来ないでおりますので、ぶしつけな質問なのです...続きを読む

Aベストアンサー

残念ですが、DDLトリガーは8i以降の機能です。

Q生態学的意義

試験問題等で「生態学的を述べよ」と言う問題がありますが、こういう場合、一般的にどのような点について述べればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

生態学的意義といわれましても,こうだというものはありません。

生態学には個体・個体群・群集・生態系と各階層に分かれています。どのレベルが対象なのかの違いによっても変わってくると思いますし,対象の生物種の違いによっても変わってくると思いますし,また注目する事項が何かによっても変わります。

neuroさんが生態学と生理学を反対の科学としてあげていますが,生態学者の川那部浩哉さんが『生態学の諸問題』という中で次のように述べています。

生理学とは、生命活動を止めると失われてしまうが、飼育下の生物でも変化しない性質だけをとり上げて研究する科学である。

生態学とは、生命活動が止まると失われるだけでなく、飼育下でも変化してしまう性質をとり上げて研究する科学である。

生態学的意義とはその「変化してしまう性質」をいいます。ですから具体的な問題が示されない限り,生態学的意義はこれですとはいえません。

QGET_DDLについて

DBMS_METADATA.GET_DDLを使い定義情報を取得しようとしています。
尚、各定義情報は名前を指定せず、全て取得したいです。

テーブル、ビュー、Indexは以下のようにして取得できました。
(select DBMS_METADATA.GET_DDL('TABLE',table_name) from user_tables;)

パッケージ、パッケージボディ、ファンクション、プロシージャーの取得方法が
分かりません。
一応、以下のように名前を指定すると取得できました。
select DBMS_METADATA.GET_DDL('PROCEDURE','名前') from dual;

名前を指定せず、全て取得する方法が分かりません。
パッケージ、パッケージボディ、ファンクション、プロシージャーに関して
全て取得する方法をご教授おねがいします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

> パッケージ、パッケージボディ、ファンクション、プロシージャーに関して
> 全て取得する方法をご教授おねがいします。
取出したいオブジェクト・タイプによって、object_type (第1パラメータ)
に以下の値を指定してGET_DDL をCALL すれば良いだけです。

Package (仕様部) : 'PACKAGE_SPEC'
Package Body : 'PACLAGE_BODY'
Function : 'FUNCTION'
Procedure : 'ROCEDURE'

後は、user_objects と組み合わせてやればOk です。
GET_DDL のschema (第3パラメータ) を省略すると現行ユーザの
オブジェクトが対象になります。dba_objects と組み合わせる場合は
owner を指定し下さい。
詳細はマニュアルで確認して下さい。

以下のURL からDBMS_METADATA のマニュアルを確認できます。
http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/appdev.112/b56262/d_metada.htm#i1015856

参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/appdev.112/b56262/d_metada.htm#i1015856

こんにちわ。

> パッケージ、パッケージボディ、ファンクション、プロシージャーに関して
> 全て取得する方法をご教授おねがいします。
取出したいオブジェクト・タイプによって、object_type (第1パラメータ)
に以下の値を指定してGET_DDL をCALL すれば良いだけです。

Package (仕様部) : 'PACKAGE_SPEC'
Package Body : 'PACLAGE_BODY'
Function : 'FUNCTION'
Procedure : 'ROCEDURE'

後は、user_objects と組み合わせてやればOk です。
GET_DDL のschema (第3パラメータ) を省略すると現行ユーザの
オブジ...続きを読む

Qクローンの生物学的意義について

クローン動物をつくる方法の1つで除核した初期胚の囲卵腔に例えば分離した8細胞期の割球を挿入して、細胞融合してつくるやり方がありますが。
その方法での生物学的意義は?
体細胞の核移植の場合と同じように、初期化するというこでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 受精卵核移植によるクローンは、「最初から初期化されている核を移植している」ことになります。8細胞期などの初期胚はまだ全能性を持ってますから。
 例えば8細胞とか16細胞期の受精卵を分割してバラバラにすると、それぞれが1個の個体に発生するというのは高校の生物で習いませんでしたっけ?
 初期化云々に関しては「確定していない」どころか、教科書レベルの基礎の話、ということです。

 つまり、受精卵核移植によるクローンは、体細胞クローンと比較して技術的に容易で安定した成績が期待できる、ということが「生物学的意義」ということです。
 要は分割受精卵と本質的には同じなので、体細胞クローンが抱えるテロメアに由来しているのではと言われているような問題も関係ありませんし。それでも家畜の受精卵クローンでは産子の過大等、自然の繁殖とまったく同じというわけではないのですが。

 また、発現している形質が明らかになっている体細胞クローンとは異なり、受精卵由来ですのでその遺伝子型は「未知」のものになります。
 従って、優秀な両親から作出した受精卵からクローンを造っても、遺伝的な「大外れの個体」を造ってしまうリスクはあるわけです。
 遺伝的に均一な実験動物群を作出するような用途もあるので、まるきり無意味というわけではないのですが、クローンを作出する意義から言えば、あくまでも体細胞クローンが本命で、受精卵クローンはそのプラクティスのような捉え方をされているのが一般的でしょう。

 受精卵核移植によるクローンは、「最初から初期化されている核を移植している」ことになります。8細胞期などの初期胚はまだ全能性を持ってますから。
 例えば8細胞とか16細胞期の受精卵を分割してバラバラにすると、それぞれが1個の個体に発生するというのは高校の生物で習いませんでしたっけ?
 初期化云々に関しては「確定していない」どころか、教科書レベルの基礎の話、ということです。

 つまり、受精卵核移植によるクローンは、体細胞クローンと比較して技術的に容易で安定した成績が期待で...続きを読む

Q『DDLバインダー』って?

ソニー製のベータテープなどの説明に書かれている
『DDLバインダー』ってどんな事ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

テープなどに書かれているバインダーとは磁性体をベースフィルムにくっつけるために使う、いわば「のり」のような役割をするものです。

DDLは、メーカーが独自につけた名前ではないかと思います。たとえば「Direct…」とか「Double…」とか。富士フイルムでは二層塗布のことをダブルコーティングと呼んでいますし、メーカー毎に何らかの売り文句を入れているのだと思いますが。

もし見当違いの回答をしているようでしたらすいません(^^;
参照URLはビデオテープの構造を示しています。

参考URL:http://www.samjungmedia.com/japan/info/k2.htm

Qかゆみ の進化的意義とは?(長文です)

当方、大学で自然淘汰・性淘汰を勉強しているものです。
自然淘汰による進化は以下のプロセスで起こると解釈しています。

(1)ある個体群内の個体間には形質変異が存在する
(2)形質ごとに生存率や繁殖成功度が異なり、その結果として個体間の適応度に差が生まれる
(3)形質は多少とも遺伝する
(4)(1)~(3)より、世代間で個体群内の形質頻度が変化する(=進化)

これを かゆみ の進化に当てはめると、以下のようになると考えられます。

(1)ある個体群内の個体間に“かゆみを感じる”“かゆみを感じない”という変異が存在する
(2)“かゆみを感じる”個体は“感じない”個体に比べて、適応度が高い
(3)“かゆみを感じる”形質は遺伝するため、集団内で頻度を増やした

この(2)の かゆみを感じる個体のほうが適応度が高い というのは、
どのような理由によると思いますか?
(例:痛みを感じる・・・痛みを伴う事象は(生命の危機から小さな怪我まで幅はあれど)
   基本的にネガティブな事柄であると期待できるので、
   それをうまく避けるような形質が進化してきたのは理解できます)

お風呂上りにかゆかったりするのは、適応度上の利益を伴う形質でしょうか?
それとも、単に中立進化の結果でしょうか?
かゆみは何かネガティブな事象のシグナルとして機能しているのでしょうか?
(虫さされを放置すると生存率や繁殖成功度が下がるとか・・・???)

かゆみ の進化的意義について、一案がある方はどうぞお知恵をお貸しください。


※ 単に個人的な疑問です。
※ この話題は自然淘汰を前提としていますので、
  ”そもそも自然淘汰自体がナンセンス”といった回答はどうぞご遠慮くださいませ。
  自然淘汰に基づき、かゆみの適応的意義を考えたいと思っています。

当方、大学で自然淘汰・性淘汰を勉強しているものです。
自然淘汰による進化は以下のプロセスで起こると解釈しています。

(1)ある個体群内の個体間には形質変異が存在する
(2)形質ごとに生存率や繁殖成功度が異なり、その結果として個体間の適応度に差が生まれる
(3)形質は多少とも遺伝する
(4)(1)~(3)より、世代間で個体群内の形質頻度が変化する(=進化)

これを かゆみ の進化に当てはめると、以下のようになると考えられます。

(1)ある個体群内の個体間に“かゆみを感じる”“かゆみ...続きを読む

Aベストアンサー

ご丁寧で誠実なお礼ありがとうございます。進化系や人類学系や環境系には誠実な人材が増えるべきだと願っております。

自然不自然のご指摘はおっしゃるとおりです。私が言うのもおこがましいですがその風呂でさえ言わば自然として扱うのは他でもない生体・個体ですね。しかし風呂水の40℃オーバーにかゆみを覚えるのを疑問視する理系科学者の心理の中に風呂水を自然環境と見なしていない先入観があるのではないかという私の所感でした。

組織学や生理学には興味をそそられないという告白は誠実な人柄がうかがわれる面白いお話でした。しかしですね、このご質問の前提になる科学だと思います。良いのか悪いのかを決める試みに際して、結局、正義の裁判官である淘汰圧が及ぶ時間が短すぎた、というお決まりの論法に落ち着こうとしていますよね。全部、それで済みますよね。すると、何の情報も最初から要らなかったという研究になりませんか。
熱変性については大丈夫と思いますが単純な話、化学変化は高温ほど活発になりがちで、いわば暴走化します。因果を逆転したらいけませんが炎症の特徴の一つは発熱です。熱は炎症の化学反応の抑制にはならないという大まかな連想です。かゆみに関しては難解でそれがどの程度難解なのかを判明しているかゆみの生理を学ぶ事で把握して議論自体を議論してからに思うのです。非特異的に異常な条件で痒みが誘発された方がそれこそ有利とも言えます。しかし私はそういう解釈主義は何も誠実に発見していないと思うのです。とりあえず自然的に(=生理的に)その現象が機械的反応の必然であればそれまでの事として命題そのものの価値を再検討できます。何億年風呂上がりに痒みを覚えても薬の開発以外に変化を生じないのではありませんかね。まともな科学を身につけていれば痒くならないように入浴を改め直すでしょうね。
有利不利を結果で決められないとは思いませんか。中立進化ではなく虫垂の進化です。虫垂(盲腸)なんか要らないわけですがあります。極論すれば、それを引っこ抜いたら発生上ヒトにならないかもしれないのです。
質問者さんは痒みを全面的に盲腸扱いしているわけでもないので、それならば痒みの有利さを放棄する事になってもいいのですかと風呂上がりの自然は教えているのではありませんか。

ご丁寧で誠実なお礼ありがとうございます。進化系や人類学系や環境系には誠実な人材が増えるべきだと願っております。

自然不自然のご指摘はおっしゃるとおりです。私が言うのもおこがましいですがその風呂でさえ言わば自然として扱うのは他でもない生体・個体ですね。しかし風呂水の40℃オーバーにかゆみを覚えるのを疑問視する理系科学者の心理の中に風呂水を自然環境と見なしていない先入観があるのではないかという私の所感でした。

組織学や生理学には興味をそそられないという告白は誠実な人柄がうか...続きを読む

QDBアプリケーションの設計方針 (参照整合性、外部キーなどの制約はDDLで定義すべき?)

標記の件でご意見を伺いたく投稿します。
データベースにおいて、参照整合性、外部キーなど、レコードの整合性を守るのに不可欠な要素が
いくつかありますが、これらをDDLで定義するのと、フロントエンドのアプリケーションで実装する
のと、どちらが望ましいでしょうか?

世間で普及している教本等では、DDLで定義することになっているようですが、この辺りをきちんと
作り込んだ経験がありません。理由は以下の通りです。

(1) 制約でガチガチに縛ってしまうと、テストデータの作成に難儀する。
→ Access の場合、アプリケーションの画面が影も形もない段階で、テーブルのデータシート
ビューから直接データを投入できるが、制約で縛るとこの手軽さが失われてしまう。
(トリガを書けば、データは投入できるが、何だか余分な作業が増えて損をしたような気がする)

(2) データの整合性は保証できるものの、制約に違反した場合のエラーメッセージがユーザー
フレンドリーではない。

結局、アプリケーションで、エラーを事前に開始するか、またはエラーメッセージをユーザー
向けの文言に書き換える処理が必須となる。

DDLで制約を定義しても、アプリケーション実装の作業負担は軽くならない。


そんな訳で、主キー、規定値以外の制約をDDLで実装した経験は殆どありません。
Accessの場合、ド素人でもデータベースを直接GUIから操作できるので、設計者の意図に反して
データの整合性が損なわれるリスクはありますが、総合的に見て、DDLで制約を定義するメリット
を私はあまり感じません。

一般的にはどうなのでしょうか?
専門家の皆様のご意見をお待ちしております。

初心者ですので、わかりやすくご指導頂けると幸いです。(笑)

標記の件でご意見を伺いたく投稿します。
データベースにおいて、参照整合性、外部キーなど、レコードの整合性を守るのに不可欠な要素が
いくつかありますが、これらをDDLで定義するのと、フロントエンドのアプリケーションで実装する
のと、どちらが望ましいでしょうか?

世間で普及している教本等では、DDLで定義することになっているようですが、この辺りをきちんと
作り込んだ経験がありません。理由は以下の通りです。

(1) 制約でガチガチに縛ってしまうと、テストデータの作成に難儀する。
→ Ac...続きを読む

Aベストアンサー

>そんな訳で、主キー、規定値以外の制約をDDLで実装した経験は殆どありません。

業務の種類によって対応はまちまちですが、
私も主キー、規定値、サイズくらいですかね。

>結局、アプリケーションで、エラーを事前に開始するか、またはエラーメッセージをユーザー
向けの文言に書き換える処理が必須となる。

これも同意です。
アプリのほうでメッセージ出して、なおかつ通常のメッセージボックスはダメという要求が多い。
結局作りこむことになるのが現状

なおかつ、現在個人情報保護法等もあり、
データフィールドを個別に暗号化処理するようにしてしまったので、
基本の制約は意味を成さなくなってしまいました、

暗号化込みのデータベースが出ればまた使うかもしれないですが・・・

なので、最近に限って言えばほとんど使っていません。

Q「プライド」の生物的意義とは?

自尊心やプライドが高いと一般的にはマイナス評価となることが多いですが、
生物としてのシステムである以上、プラスの側面もあるはずです。


プライドがあることにより、どのようなメリットが考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

物事を貫き通す


人気Q&Aランキング