医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それぞれの長短について



CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説をありがとうございました!

お礼日時:2005/04/20 19:45

スライスがCTではたて切りしかできませんが、MRIでは、横切りも出来ます。

MRIでは、MRAといって、通常DSA(血管造影)をしなくてはわからない画像もコンピューター処理で出来ます。患者さん側の負担も少なく、痛い思いもせず検査できます。最近ではCTでもCTAといって同じような処理も出来るようになっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
意見を聞いていると、CTではなくMRIだけで撮ればいいと思ってしまいますが、MRI、CTのメリット、デメリットというのは何なのでしょうか?

お礼日時:2005/04/19 11:34

撮影時間が多少違います。


撮影対象(組織)が違います。
MRIは、体内に金属を埋め込んでいると撮影できない場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
対象組織が違う、ということは、MRIとCTでは写るものが違うということでしょうか?

お礼日時:2005/04/19 10:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT,MRI,レントゲンの違いは?

この度、検査でCTやMRI、レントゲンなどを撮ります。いったい何が違うのでしょうか?それぞれで、わかる病気も違うのでしょうか?注意する点や、やることなどを教えて下さい。

Aベストアンサー

CTもレントゲンもX線を使います。CTは断層写真になります。
MRIは磁気を使用して撮影しますので被爆の心配はいりません。
CTも被爆を心配するようなものではありませんが。

それぞれ目的や利点、欠点があります。
以下のリンクを参照してみてください。

CT
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%96%AD%E5%B1%A4%E6%92%AE%E5%BD%B1

MRI
http://ja.wikipedia.org/wiki/MRI

Q労災で検査(CTやMRI)って受けられますか

先日仕事中に手足をケガしてしまい通院しています。治療費は労災なので実費はかかりません。
次の診察をうけるときにMRIをとってみましょうといわれました。これも労災対象になるんでしょうか。同じように CTも労災対象になりますか。

Aベストアンサー

労災で治療を受けた怪我の再診検査はすべて労災ですからご心配いりません

最初の診察券を出せばいいのです

QCTとMRIの違いは?

今、病院で実習中の者です。いろいろ見学をしましたが、
CTとMRIの違いがわかりません。
両方レントゲンの種類ということははわかるのですが、
おもに、どこがちがうのでしょうか?
臓器のレントゲンと、骨のレントゲンのちがいですか??
教えてください。

Aベストアンサー

えーと、少し誤解があるようなので・・・・・

CTよりもMRIのほうが美しく詳しい画像が得られるということはありませんよ。空間分解能はむしろCTのほうが良いとも言われています。腹部などは絶対CTのほうが綺麗です。
CTはX線の透過度の差によって、MRIは組織に含まれる水素原子の磁力に対する反応の差によって画像を得ているわけですが、どちらがより詳しい情報を得られるかは、みたい場所(例えば頭部であるのか、胸部であるのか)や病気によります。頭頚部・骨盤部でしたら、MRIです。胸腹部でしたら、CTでしょう。また、MRIでは結石や石灰化などの病変を検出することはできないので、この場合もCTでしょう。このようにCTとMRIでは、使う目的が違うので、一般的にどちらがより詳しいとか美しいとかと言うことはできません。
それに、どんな部位であっても、まずCTで「どこにどれくらいの大きさの病変があるのか」を確認してからMRIを撮るのが常識です(ただし頭部はこの限りではありません)、MRIは一度に撮像できる範囲が狭いので、腹部なら腹部全てではなく病変部だけを撮るのが一般的です(CTであれば腹部なら腹部全てを撮ります)。さきにCTを撮っていないと、どこに病変があるのかわからず、多くの時間を無駄に費やし、患者さんにも負担をかけます。ちなみに、MRIの検査時間というのはCTとは比べ物にならないくらい長いです。

そうそうそれから、kenntyaさんへ・・・CTでも軟骨は写ります。

えーと、少し誤解があるようなので・・・・・

CTよりもMRIのほうが美しく詳しい画像が得られるということはありませんよ。空間分解能はむしろCTのほうが良いとも言われています。腹部などは絶対CTのほうが綺麗です。
CTはX線の透過度の差によって、MRIは組織に含まれる水素原子の磁力に対する反応の差によって画像を得ているわけですが、どちらがより詳しい情報を得られるかは、みたい場所(例えば頭部であるのか、胸部であるのか)や病気によります。頭頚部・骨盤部でしたら、MRIです。胸腹部でしたら、CTで...続きを読む

QCTとMRIの違い

画像診断としてCTとMRIをよく聞きますが、どのように違うのか判りません。こういうときはMRIを用いるとか教えていただけると、なお助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 MRIの得意分野を書いて見ます(素人です)。

○頭・顔の検査
 MRIは脳や神経の小さな病気を見つけるのが得意な検査です。血管のつまる病気(脳梗塞)の小さな物や、脳内出血の原因となる血管の病気などを見つけるのにMRI検査がよく行われています。顔の検査では耳・目・口(舌・のど・耳下腺・唾液腺)の検査をよく行います。
------------------------------------------------
○胸・腹部の検査
 胸部の検査では、肺や乳房の腫瘍の検査・心臓の検査、腹部の検査では、肝臓・膵臓・腎臓・脾臓・卵巣・子宮・前立腺など全ての臓器の検査を行っています。
------------------------------------------------
○手足の検査
 脱きゅう癖のある方や、肩痛・ひざ痛の患者さんの検査や,骨の中に出きる腫瘍や骨の発育状態を調べる検査など。
------------------------------------------------
○背骨の検査
 首・胸・腰の背骨の検査が中心です。背骨の病気や背骨の中にある神経の病気を見つけるための検査はMRI検査の最も得意とする分野です。主なものでは、ヘルニアを原因とする腰の検査ですね。
------------------------------------------------
○血管の検査
 MRI検査は、X線検査と違って造影剤を使用せずに体内の血管を写す事が出きます。

 私も3回受けましたが、2回は頭痛で頭部を、1回は前立腺の検査で下腹部を撮影しました。
 とにかく、時間がかかるのと(30分ぐらいカプセルに入れられて、じっとしていなくてはならないんです),結構うるさい音がします。
 まあ3回も受けると慣れましたが……(+_+)

 こんにちは。

 MRIの得意分野を書いて見ます(素人です)。

○頭・顔の検査
 MRIは脳や神経の小さな病気を見つけるのが得意な検査です。血管のつまる病気(脳梗塞)の小さな物や、脳内出血の原因となる血管の病気などを見つけるのにMRI検査がよく行われています。顔の検査では耳・目・口(舌・のど・耳下腺・唾液腺)の検査をよく行います。
------------------------------------------------
○胸・腹部の検査
 胸部の検査では、肺や乳房の腫瘍の検査・心臓の検査、腹部の検査では、肝臓・膵臓...続きを読む

QCTスキャンとMRIの違い

CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズが...続きを読む

Q病院で撮影保管のCT画像・MRI画などの貸出措置

市中の病院外来で診察上の検査画像の撮影を受けました。その画像は股間されています。
個人的に都会の大学病院の専門医の診察を受けるため、借りたいのですが貸し出しの方法がありますか。
1.提出先の大学病院は未受診です。提出先の医師の貸出依頼書が必要ですか。
2.患者が個人的に借りる方法がありますか。その時の費用は必要ですか。
3.その他、貸し出しを受けるために必要なことがあったら教えてください。
4.貸し出し側の病院の自由にまかされているのですか。

Aベストアンサー

 それぞれの病院で、貸し出し基準がありますので、保管されている病因に尋ねるのが一番です。
 患者の検査データなどは、診療を依頼された時点で患者の同意を得て医療機関が保管しているだけなので、患者から使用願いが出た場合には、患者に使用させる義務があります。ただし、医療機関側には、医師法などで、診療録などの保管義務があるため、個人の情報といえども、医療機関側にも廃棄や譲渡することはできない事情があります。
 したがって、最近では、画像をコピーしてお渡しする方式をとっているケースが多いようです。
 その場合には、コピー費用が発生することになります。費用は、病院の規定ですので聞いてください。

 画像の使用目的が専門医の受診ということなので、病院の医師に「○○病院にセカンドオピニオンをお願いしたい」と話したほうがスムーズだと思います。
 理由として
 1.現在、セカンドオピニオンは一般的です。けっして拒否するようなことも、気を悪くするようなこともありません。
 2.大学病院などは、初診で受ける場合、紹介状がないと別途料金がかかることと、初診時問診や検査などで、余分な時間と経費がかかります。

 

 それぞれの病院で、貸し出し基準がありますので、保管されている病因に尋ねるのが一番です。
 患者の検査データなどは、診療を依頼された時点で患者の同意を得て医療機関が保管しているだけなので、患者から使用願いが出た場合には、患者に使用させる義務があります。ただし、医療機関側には、医師法などで、診療録などの保管義務があるため、個人の情報といえども、医療機関側にも廃棄や譲渡することはできない事情があります。
 したがって、最近では、画像をコピーしてお渡しする方式をとっているケースが...続きを読む

QMRIとCTの違いについて

医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの長短について

CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。

Q胸部 腹部 MRIとCTどっち?

ただいま http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1685287 こちらでも
質問させてもらっておりますが、このたび胸部腹部のCTを行う予定です(明日です!)。

そこで調べてましたらMRIでもCTのように胸部腹部の造影検査できるようなのですが
MRIでもCT同等の検査ができるのでしょうか?
それともやはりCTのほうが精度が高いなどあるのでしょうか?

医師からは私がCTを口にしたこともあり、最初からCTで、という感じだったのですが
MRIが無害で同等の検査ができるのならそのほうが良いと思っています。
どうなのでしょうか?

また通常医師はCTで行うとオーダーするものなのでしょうか。
例えば、推測ですが、MRIはどうしても時間がかかるので患者への
負担も大きいし、時間もかかり、もしかして保険診療にならないとか
そういう理由があるのかなぁと思ってしまっています。

その辺のことをご存知の方いましたらよろしくお願いいたします!
もう担当医に相談する日もなく明日と迫っておりまして
検査をキャンセルして再度予約入れるか、まで悩んでいます・・・

ただいま http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1685287 こちらでも
質問させてもらっておりますが、このたび胸部腹部のCTを行う予定です(明日です!)。

そこで調べてましたらMRIでもCTのように胸部腹部の造影検査できるようなのですが
MRIでもCT同等の検査ができるのでしょうか?
それともやはりCTのほうが精度が高いなどあるのでしょうか?

医師からは私がCTを口にしたこともあり、最初からCTで、という感じだったのですが
MRIが無害で同等の検査ができるのならそのほうが良いと...続きを読む

Aベストアンサー

MRIは脳、脊椎、整形領域に置いて優れた検査法です。
(CTがだめというわけではありません)

胸部CTなどは1回の息止めで検査が終わります。呼吸による動きの影響が少ないです。
1mmスライスで撮影することもできますし、MRIに比べ分解能の高い画像が得られます。

腹部CTも呼吸停止下で行えますし、造影もダイナミック撮影と言う撮影法を使うこともあります。

MRもCTも向き不向きがありますので、どちらの検査になるかは医師の判断によります。

Q乳がんの検査(CTとMRIの違いについて)

乳がんのCTとMRIの検査の違いについて教えてください。
ネットで調べてみたところ、マンモグラフィの検査は乳がん等病気を発見するもので、CTやMRIはどちらもその病気の広がりを見るものだ、ということはわかりました。
しかし、乳房のCTとMRIの違いについては、細かく乗っているサイトを見つけることができませんでした。

どちらも上記のように「浸潤の広がりをみるもの」と同じ説明が書いてあるのですが、では両方の検査を行う意味はあるのでしょうか?
病気がないか調べるのに、いろんな検査をして補う感覚はなんとなくわかるんですけど、もうそこにあるとわかってる乳がんがどこまで広がってるかをみるだけなら、一つの検査でわかるのではないかな、と思ってしまうのですが…。



どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CTとMRIの原理的な違いは詳しいサイトがあるでしょうから、割愛します。
乳癌の検査としてのMRIは乳房内での癌の広がりをより詳しく見ることができます。癌が限局的なのか、乳管内進展をしているのか、周囲へ浸潤しやすいものなのか。
一方で、CTは乳房内の広がりはMRIにかないませんが、リンパ節転移や肺転移などを広く検出することが出来ます。
大雑把に言えば、乳癌患者における乳癌の広がりをみる検査のうち、虫眼鏡で乳房だけを見るのがMRI、虫眼鏡を使わず肉眼で全身を見るのがCTといった雰囲気だと思っていただければいいと思います。同じ「広がり」といっても、浸潤なのか転移なのかの違いですね。
というわけで、両方行う意義はあります。ただし、乳房温存をまったく考えないのであれば、MRIは必要無いかもしれませんね。

>最近、話題になっているPET検査は、CT検査の一種です。
ちなみにこれは間違いです。これらの専門家として、一緒にしてもらいたくないです。

Q医療職従事者にアンケートをしたい

私は現在、義肢装具士という医療職を目指しています。

義肢装具士になるには専門学校に入学する必要があり、学科試験の他に面接試験があります。

そしてこの度、義肢装具士として働いている方々にアンケートをしようと考えております。(近い場合は直接会社に赴いて、遠方の会社は郵送で)

アンケートをとる目的は、

一、現場の直接の声を聞き整理することで、親戚に医療職がいないという経験の差をカバーしたい

二、現在働いている人のやりがい、待遇などを知りたい

三、面接時の武器にしたい


そこで皆さんにお聞きしたいのは、アンケート製作に関わった方々のアドバイス、アンケートの回収率を上げる方法、その他何でもかまいませんのでアドバイスを頂けたら助かります。

私はフリーターなので、謝礼などを渡すことが現実的に厳しいです。

やる気はありますので、厳しいご意見、アドバイスなどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おっしゃっていることに論理性がありません。

あなたは、調査・統計業務の経験もないでしょうから、客観的な業態分析ができる訳がありません。

例えば、義肢装具士の待遇を改善するために、何かの団体が調査をするとか、義肢の安定供給のため、社会システムの改正を要求するとか、そういうものであれば協力してもらえるでしょう。あなたの満足のために、誰が調査に協力すると言うのでしょうか。

やりがいや待遇については、現場レベルであれば、ブログも複数ありますし、本や就職系の雑誌などで知ることもできます。

面接時に役立てよう、などというのは逆効果でしょう。変に調査したことを述べるくらいなら、近所の義肢装具士の職場を1週間でも見学させてもらった経験をしゃべったほうがいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報