ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

僕は今16歳の高校生です。16才なのでいろいろ将来について考えたりします。そこで、今考えているのは、HDD不要のパソコンを作ることです。どのようにするのかというと、まずOS起動時にまずインターネットに接続する。そして指紋や手の平の脈など、人に真似できないようなセキュリティーでHDDのを送り込む、つまり会社を起こし、その会社にとても大きなHDDを何台も買い込み、仮想のHDDをそのパソコンに送るという物です。更に僕が二十歳になるころには光よりももっと速い速度のでるブロードバンドが出ているかもしれません。(携帯電話の様に、7年でとても変わるということがありますし)ということは、仮想HDDを送り込むのにもあまり時間がかからず、さらにHDD不要なので、パソコンは小型で更にマザーボードとその他なので、ノートPCの様な大きさの割にはHDDは200Gというパソコンもできるかもしれません。外出先でもノートPC並の手軽さでインターネットを楽しめる・・・・など。中国ではブロードバンドの普及率がとても高く、さらにアジア全体でもブロードバンドの普及率がとても高くなると思われます。そこで僕たちの先をゆく技術者の皆様に質問なのですが、この案の利点、欠点など、いろいろ教えていただけたらありがたいのですが・・・・。でも高校一年生の考えることなので、バカバカしいと思う方もおられると思いますが、真剣なので・・・・でもこの案を勝手に盗まないでください。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

Web屋です。

OkWebの様なサイトの設計, 開発をする仕事をしています。
学生時代は、電子工学を勉強していました。

僕は、高校生の頃は(今から、25年位前の話し)、Z80と言う8bitのCPUが全盛期でした。その頃、僕が持っていたアイディアはCPUを複数搭載して処理を分散させるPCでした。
今では当たり前(僕が普段触っているサーバーはマルチCPUが常識)ですが、その頃を振り替えってみると、とても斬新なアイディアを持っていたな。なんて思います。

高校生の柔らかい頭脳で考えた事ですから、実現可能性の有無や荒削りな部分が残っているかどうか。
と言うより、そう言うアイディアをひねり出す。と言う事が大切な様な気がします。

さて、少し前を歩いている人の感想です。

まずは欠点と思う事から。

1.その頃になった、同様にHDD(またはそれに変わる物。)も小型大容量化されている可能性が高いので、補助記憶装置を持たない事のメリットってあまり無いでしょう。逆に、補助記憶装置を持っていないディメリットの方が多いかも知れません。
2.インターネット経由で情報をやりとりする。と言うアイディアですが、ネットワークが切断してしまったり、混雑する事でサーバーへの負担を掛ける事になるでしょう。ネットワークが早いから。と言う理由だけでは解決できないサーバー上の問題もでてくる様な気がします。(特に、熱問題絡み。)
3.サーバーの管理に係る人件費を考えると、高価なサービスになってしまう可能性がある様な気がします。サーバー管理の自動化はある程度可能だと思いますが、最終的な管理は人海戦術になると思います。

逆に、おもしろいな。と思う部分もあります。

1.情報の管理をサーバーに行わせる事で、バックアップ体制を別会社に委託する事ができる。そのため、個人利用者はデータのバックアップの煩わしさから解放される可能性が高い。より、PCに詳しくない人でも気軽に使える様になるかも知れません。その分、サーバー側の負担も重くなりますし、訴訟問題に対する対策を講じる必要もでてくるでしょう。
2.サーバーサービスの組み方によっては、個人向けデータ。交換用データ。販売用データ。の様に、個人情報の切り分けが容易になる。今でも、個人で情報などを販売する。と言うビジネスが成り立っていますので、その媒体としての利用価値もでてくるかも知れません。
3.複数のPCを利用している人でも、常に同じデータを利用する事ができるので、PCの買い換え時などにデータ移行を行う必要性が無い。

特に、3.の問題は今直ぐにでも実現して欲しい。と思う人が大いでしょう。

単に、データだけであれば、サーバー上にデータを預かり、独自のプロトコルを利用して高速転送する。と言うサービスが立ち上がっています。そのため、その部分だけ取ると、新鮮みは全くありません。
これがプログラムやレジストリ情報など、OSを動かす根幹部分にまで及ぶとなると話しは別です。これが実現できれば、3.の問題に対応した事になり、これだけでも十分に商売として成り立つと思います。
これを行うためにはOS(その頃には、多分Windowsは使われていないだろうな。)やアプリケーション、専用のプロトコル、サーバーシステム、クライアントシステム。全てを独自に用意する必要があると思います。少なくても、OS部分は独自仕様のOSが必要になりそうですね。
しかし、個人の情報をデータ部分だけでなく、プログラム部分も扱うと言う事になるとセキュリティー面やバックアップ面が重要視される様になり、特に僕が挙げたメリットを実現させる様な商売であれば、損失を補うだけの十分な資金力と訴訟への対策が必要になると思います。
今の日本は、個人で訴訟を起こす。と言う様な感覚はあまりありませんが、将来的には今よりも寄り多くの民事訴訟が発生すると思います。


komaributoさんのアイディアでは、ノートパソコンサイズを想定している様ですが、これでは大きすぎると思います。
ハードディスクを持たないのであれば、腕時計より小さい程度のサイズで実現できる様になると思います。
既に、デバイスは研究が進んでいますし、ハードディスクも小型の物がどんどん出ています。少し前に読んだ記事では、2進数の枠を超えて3進数の情報をもてるメディアが実現できた。なんて話しがありました。1bitの情報量がもっと増えれば、もっと小型の補助記憶装置を作れるでしょう。
そのため、HDDを一切積まない。と言うのは少々飛躍しすぎかも知れません。


僕はWeb屋なので、インターネット絡みやコンテンツ絡みについて特化したコメントになっていると思いますが、アイディア自体はとてもおもしろいと思います。
夢を現実の物にする事ができる様、勉強に励んでください。

もう一つ、アドバイスです。十分に実用性がある。と思われるのであれば、今からでも特許を申請する事をお奨めします。
この記事を読んだ人が。と言う意味ではなく、同じようなアイディアを持っている人が世界中に居る可能性があります。
(特許ではなく、実用新案かな。。。この当たり詳しく無いです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実用新案は、どのように発表していくのですか?貴方からは、とてもすばらしい知識を教えてもらえるような気がいたします。本当にありがとうございます。

お礼日時:2005/04/19 00:28

同じ高校生が持っている知識で言います。


CDから起動できるOSがあるのを知っていますか?
HDなんかなくてもインターネットは出来ます。
言いたくはないのですが、成功しません。
    • good
    • 0

どんなアイデアにも、良い点とダメな点があると思います。


ダメな点しか見てくれない人には批判されますが、
成功する人というのは批判にめげずにアイデアの良い点を伸ばし、
ダメな点を克服して実用化した人です。がんばってください。

ちなみに、周知の技術では特許や実用新案は取れないことになっています。
どういうことかというと、特許や実用新案の取得(申請?)の前に
公開された技術では、特許や実用新案を取れないのです。
申請を本気で考えるなら、注意したほうがいいですね。
    • good
    • 0

2回目ですが自分なりに考えました



メリット
 外出先でipodなどの携帯するプレイヤーのデータ入れ替え
 小型で大容量の携帯端末(PDAなど)の実現
 サーバーを簡単に開設

デメリット
 安全が心配、遅そうとか思われる
 ハードから変えなきゃいけない
 場所、資金、熱問題
 使用料を払わなきゃならない
 回線が普及しなきゃならない

解決できそうなもの
 HDが壊れる・・・データが消えないメモリー
 バックアップ、メンテナンス・・・RAID
 処理能力・・・技術革新と平行処理
 
自分のアイディア
 CPUとメインメモリつけて簡単な処理とまったり変換させたりした
 早い話がどこでも使える玄箱等NAS
    • good
    • 0

結局お客のHDを管理する事になるので


貴方が親機になります。

もしお客から、「繋がらないんだけど?」と
苦情が来たときに、そのHDを管理していないと
大変です。結局あなたの会社のPCと何らかの形で
繋げなくてはなりません。

たぶん、komaributoさんはこの質問をするくらいなので
相当お金はあるんでしょうが、上記の会社を作るのに1.2億ではまったく足りません。

元プログラマーより
    • good
    • 0

自分の主張を少し整理して見ましょう!!



>親機と子機の関係の様な物ですよね??

>そうではなく、完全にHDDを個人個人のものにし、それを通信で送るという形です

そのHDDを何処に置くのですか ?
そのおいた場所(装置)があなたの言うところの親機になることに気づかないのですか ?

インターネットはドラえもんの4次元ポケットではありません

自分のアイデアに酔っていないで、そのアイデアを徹底的に検証することを学びましょう

検証に耐えられなければ、単なる夢物語です
    • good
    • 0

ユーザ端末があるのとは別の場所にHDなどの記憶媒体を一括して置き、そこからOSや一般のソフトウェアを送信して端末を起動・使用、ユーザが作成したデータなども、端末ではなく、一括して置かれているHDに保存する


……ということでしょうか?

そのしくみは、「Net Boot」と呼ばれるものではないでしょうか?
「参考URL」はLAN環境のようですが、しくみ自体はすでに実用化されているようです。

また、作成したデータを端末とは別の場所に保存・保管するというシステムも、現在「データセンター」や「データホテル」というかたちで実用化されているのではないでしょうか。

システムのメリットとしては、端末ごとのOS環境などが一括して管理できること、あるいは個々の端末にデータを保存するよりは、コストをかけて管理体制を整えることができ、保守性が高められる、という点があります。
デメリットとしては多様なユーザがいる環境ではシステムの保守がむつかしくなるということでしょうか(ユーザのなかには、システムを混乱させることを好む人もいるでしょう)。

通信速度がさらに高速化するなど、インフラが整えばLANだけでなく、インターネット上でも実現できるでしょうが、「すべてのユーザにとって」そのシステムが有用・有効かというのは疑問ですね。
ユーザ数が増加すればするほど、コンピュータやネットワークに対する要望や不満、使用環境や金銭的な条件は多様化・複雑化していくからです。

「今までになく新しいこと・もの」をつくるのは、なかなか難しいですね。
もっともっとがんばって、よりよいものをつくり出してください。

参考URL:http://www.apple.com/jp/education/profiles/tkuv/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。またよろしければアドバイスのほどよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/04/19 00:30

残念ですがHDDが搭載されていないPCは「シン・クライアント」と呼ばれ、PC本体からの情報漏洩の危険が少なくコストが低減できることから既に企業を中心に導入が進んでいます。



現在は社内LAN環境などで使用するものですが、そのうち個人向けの商品が発売されることがあるかもしれませんね。
OSの管理が難しい子供やお年寄りには良いかもしれませんが、大量のデータを素早く気軽に扱えなくなるのでパソコンに詳しい人は使いたがらないでしょうね。

用語「シン・クライアント」
http://www.itmedia.co.jp/dict/network/lan/remote …

HPが6万円のシン・クライアント発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/NEWS/2005040 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

企業や大学を中心に出回っているのは知っているのですが、それはすべて親機と子機の関係の様な物ですよね??そうではなく、完全にHDDを個人個人のものにし、それを通信で送るという形です。回答ありがとうございました。アドバイスをこれからもよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/04/19 00:35

みなさんの補足ですが、



サーバーベースドコンピューテングという技術がありまして代表的な製品としてシトリックス社のメタフレームという製品があります。
このメタフレームでは、シンクライアントと呼ばれるHDDもFDDも持たない端末でサーバーに接続します。
サーバー側にクライアントで使うOSやアプリを用意します。
製品によってはシンクライアントにカードを差し込んで個人認証をするものがあります。

UNIXも10年以上も前からディスクレスクライアントという製品がありました。
    • good
    • 0

>大きなHDDを何台も買い込み、仮想のHDDをそのパソコンに送る


18年くらい前のパソコンにはHDDはありませんでした。
FDからソフトを読み込んでそれをメモリーに展開、実行していました。
HDDはソフトやデータを置いておく場所ですので、パソコンの外に置くというのもアリですが、
HDDは壊れるモノですので、一ヶ所にデカイのをドカンと置いてしまうと、
それが壊れた場合にすべてのPCが使えなくなります。
安全に使うことを考えるとよくありません。10GB程度のHDDのそれぞれのPCに積んだ方がマシです。
HDDを無くしたいのなら、不揮発性メモリーをPCにドカンと積んでソフトを詰め込む方が問題が少ないでしょう。

>ノートPCの様な大きさの割にはHDDは200Gというパソコンもできるかもしれません。
現在、ノートPC用のHDDで最大容量のものは100GBですので、200GBのモノも1,2年で出てくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。なぜこれを考えたのかといいますと、ノートPCの置き引きや、ノートPCを忘れて、情報がばれてしまうというのを解決したかったからなのです。メモリーを200GBも積むことは可能なのでしょうか??またアドバイスしていただけると幸いです。

お礼日時:2005/04/19 00:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング