大手生命保険会社の、危険度などを考慮し
客観的に優劣を付けているHPをご存知ありませんか?
又、保険会社の抱えている訴訟なども知りたいです。

生命保険、年金保険を見直そうかと考えています。
よろしくお願いします

A 回答 (3件)

大変難しい質問ですね。


運がよければ今後自称(すみません)専門家の方々が的確なご回答をしてくれることと
思いますが、誰も客観的に優劣を決められないかと思います。
現在あるとすれば、やはり「ソルベンシーマージン比率」と各社から出ている「格付け」
ですね。ただ、最近では「米国基準ソルベンシー・マージン比率」が注目されています。

参考URL:http://www.snet-tokyo.co.jp/sato/
    • good
    • 0

 下記や、検索エンジンで「格付け」で調べたら出てきますよ。


 他に、http://www.moodys.co.jp など。

参考URL:http://www.seihokakuzuke.com/
    • good
    • 0

ソルベンシーマージン比率と言うものがあります。


これが200%下回った場合には、監督当局によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。
ただ、これだけで判断することは出来ないようですが、一つの目安になりますね。
これを比較しているHPがありますよ。

参考URL:http://www.insweb.co.jp/0lifeins/04comparison/01 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q生命保険と学資保険合わせて見直したいのですが

主人29歳、長女2歳、次女1歳、今年第三子出産予定で、保険の見直しを考えてます。

子供達の学資保険なんですが、
《長女》郵便局の満期200万円養育年金付き(全額一括払いしてあります)
《次女》未加入
《3子》(もちろんですが・・・)未加入
といった感じです。

子供達三人ともに長女と同等の保障と貯蓄をしてやりたいのですが、学資保険に加入するより、主人の生命保険の方で、貯蓄保障を得たほうがよいのでは??と素人ながら考えております。

主人の生命保険は、現在、
1)死亡保障1000万円の貯蓄型?!のもの
2)掛け捨てで500万円の死亡保障のもの
とに入ってます。
なので、こちらの保障をもっと増やして(学資保険の変わりに)万が一の場合や、大学進学時の学費にあてようかと思っております。

この場合、三人の子供達、それぞれに進学の時期が違うわけで・・・・主人の生命保険は時期をわけて幾つかはいるべきでしょうか?
それとも、ひとつにまとめて入り、欲しいときに欲しい分だけ解約していけばよいのでしょうか?

こういった趣旨で保険を選ぶ場合、どちらかおすすめのものは、なにかありますでしょうか?

そもそも、こんな保険の入り方で大丈夫なのか・・・

どなたか、ご回答頂けると助かります。
よろしくお願いします。

主人29歳、長女2歳、次女1歳、今年第三子出産予定で、保険の見直しを考えてます。

子供達の学資保険なんですが、
《長女》郵便局の満期200万円養育年金付き(全額一括払いしてあります)
《次女》未加入
《3子》(もちろんですが・・・)未加入
といった感じです。

子供達三人ともに長女と同等の保障と貯蓄をしてやりたいのですが、学資保険に加入するより、主人の生命保険の方で、貯蓄保障を得たほうがよいのでは??と素人ながら考えております。

主人の生命保険は、現在、
1)死亡保障...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ご懐妊おめでとうございます!
さて、ご質問の件ですが、ご家族の生活費や今後の生活設計など詳細が不明なので、一般的な考え方を少し。

学資保険より貯蓄型のご主人の保障を増やすというのは良い考え方だと思います。終身保険で、15年払い込み終了タイプでご加入されてはいかがでしょう。通常払い込み終了後に元本に近い、もしくは上回る解約返戻金が貯まりますので、保険料が許されるなら短めの払い込みで。15年後は長女で17歳ですよね?大学進学資金には間に合うと思います。次女以降のお子さんはそれ以降に学費が必要になりますので、1本で必要な分だけ部分解約していくというのは良いアイディアだと思います。時期を分けると保険料も上がりますし、病気等で加入できなくなる可能性もありますしね。
このパターンだともしそのときの収入で学費が賄えるのであれば、保障としてずっと続けてもいいですし、老後やお金が必要なときに解約して別のことに使うこともできます。
終身保険であれば、利率が運用実績により変動する「利率変動型」もしくは「変額型」がおススメです。運用実績が良いと解約返戻金額と死亡保障額がそれに応じて増えるタイプです。まだ15年も運用期間がありますから、今の低金利で固定されてしまう、固定型の終身保険ではもったいないと私は思います。私や周りの知り合いは変額型の終身保険に入っていますが、運用実績は好調です。加入して5年程度で、今まで支払ってきた保険料と積立金額(≒解約返戻金。完全に同じではありませんが)がほぼ同額になるくらい好調な方もいます。減るリスクもありますが、できる限りリスクをコントロールすることも可能です。ご参考までに。リスクが嫌なら利率変動型か、もっと払い込みの短い(3年や5年)固定型終身保険を使うとよいでしょう。
あと注意点を一点。
養育年金、育英年金が出るタイプの学資保険は、ご主人死亡後お子さんがお母さんの扶養に入れない、母子家庭のメリットが受けられないなどのデメリットが出てくる場合があります。年金タイプの受け取りだとお子さんご自身に収入があるとみなされてしまうからです。死亡保障なら非課税で受け取れる可能性は高いですが、年金タイプは比較的少額でも課税対象になります。ご注意下さい。以下のURLなどを参考にしてみてください。

色んな考え方があると思いますから、あくまでも参考としてお考え下さい。どうしても不安なら専門家に相談することをお勧めいたします。

参考URL:http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9033.htm

こんにちは。ご懐妊おめでとうございます!
さて、ご質問の件ですが、ご家族の生活費や今後の生活設計など詳細が不明なので、一般的な考え方を少し。

学資保険より貯蓄型のご主人の保障を増やすというのは良い考え方だと思います。終身保険で、15年払い込み終了タイプでご加入されてはいかがでしょう。通常払い込み終了後に元本に近い、もしくは上回る解約返戻金が貯まりますので、保険料が許されるなら短めの払い込みで。15年後は長女で17歳ですよね?大学進学資金には間に合うと思います。次女以降のお子さ...続きを読む

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q生命保険について質問させて下さい。 友達に生命保険の名義貸しを頼まれ、受けましたが未払いなどが続き

生命保険について質問させて下さい。

友達に生命保険の名義貸しを頼まれ、受けましたが未払いなどが続きすぐに解約しました。

その後また頼まれましたが前回の事もあり断りました。

でも数日後保険レディが勝手に名前も記入して判子もどこかで購入して押し契約したようでその証券が届きました。

こちらも謝って来ましたがすぐに解約しました。

しかしその後もこの保険の事で問題がいろいるあった為、金銭的にも被害があり、保険契約に関して二年間ペナルティがある事などが発覚しました。

自分が名義貸しを1回許しているのでその点については反省していますが、勝手に契約させられた方は納得がいきません。
友達も濁すばかりで解決にならないんですが、どぉしたらいいと思いますか?

Aベストアンサー

保険会社に直接言いましょう。
ただ、そのご友人とは縁を切る覚悟は必要です。

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q生命保険について・・見直したいのですが・・大手保険会社から・・

現在、大手保険会社に加入しており夫婦で毎月二万弱会社より天引きされています。その保険は掛け捨てでもないのですがあまり戻ってこないので
もっと貯蓄に回したいので今回見直そうという事になりました。
現在、夫の方は郵便局の保険にも二つ加入しており、子供が生まれたので来月から
子供には学資保険に加入しようと思っています。後、それだけでは不安なので
府民共済かこくみん共済に加入しようと思っているのですが・・
保険のかけ方について収入に対してどのくらいがベストなのか・・・
郵便局の保険と共済保険だけで大丈夫なのか・・・アドバイスを
お願いいたします。

Aベストアンサー

>保険のかけ方について収入に対してどのくらいがベストなのか・・・
>郵便局の保険と共済保険だけで大丈夫なのか・・・アドバイスを
お願いいたします
難しいですね。
個人によって考え方が違いますし、お金の価値観も違うと思います。
ひとつ、考え方として、保険を預金の代わりにするの加しないのかです。
保険はあくまでも保険、何か合ったら保証をしてもらうもの。と割り切れば掛け捨ての保険や共済の資料を集めて比較してください。
もし、いや何もなければ少しでも戻ってくるのが・・・と考えるのならば、あるいは、無事の場合は満期返礼金のような形をお考えでしたら、やはり、そのタイプのものを探してください。
それもわからないならば、取りあえず同じような条件で、出来るだけ沢山の資料を集めてください。
次にする事は、かけ年数と掛け金です。終身保証で終身払い、65歳満期で支払65歳まで、終身保証で65歳までの支払、10年更新、今の保険料が生涯続くなど様々なパターンがあります。
保険会社も様々です。大手国内保険会社、外資系、共済、JA、かんぽなど色々あります。どこが良いか安全かは、長い先の事ですからわかりません。
資料集めからされたら良いと思います。
また、学資は、契約者に万一の事が合った場合は、保証が合ったかと思います。それも、保証の一つですから、検討の一つにされたら良いかと思います。
http://www.insweb.co.jp/ins/life/life_top.asp
ここでとりあえず何社かの資料がいただけます

>保険のかけ方について収入に対してどのくらいがベストなのか・・・
>郵便局の保険と共済保険だけで大丈夫なのか・・・アドバイスを
お願いいたします
難しいですね。
個人によって考え方が違いますし、お金の価値観も違うと思います。
ひとつ、考え方として、保険を預金の代わりにするの加しないのかです。
保険はあくまでも保険、何か合ったら保証をしてもらうもの。と割り切れば掛け捨ての保険や共済の資料を集めて比較してください。
もし、いや何もなければ少しでも戻ってくるのが・・・と考える...続きを読む

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え

満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え置きの形で預かってもらっています。金利がとても良いのでそのままにしておくつもりだったのですが、10月から何か規定の変更があったそうで”お勧めの商品”への乗換えを進められました。据え置きというのは預金のようなものだと思っていたのですが、違うのでしょうか?ほかに保険に加入しているのでこれ以上保険を増やすつもりも無いのですが?何かよいアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

私は第一生命で?百万、満期過ぎて2年越えたものがありますが1年を超えたころから
手を変え品を変え、これを買えといろいろ宣伝に来るようになりました。
 最近保険が売れない上に回転資金が厳しいのでしょう。
 仕組み上保険商品はどの商品も最低3年以上置かないと定期預金より低いものばかりであるはずです。

 それを超えて使う見込みがない¥があるなら合う商品があるかも知れません。
 老後まで使う予定がない¥があるならいくつか銀行よりお得なものがあるはずです。
 ただ破綻騒ぎもあるますし、慎重に選択を。
 私は家を買う都合そろそろ引き戻します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報