尼崎で今色々物件を探しているのですが
不動産屋ももちろん大切ですが
物件を建てる施工会社さんが
一番大切なような気がします。
施工会社さんの良し悪しの見分け方とか
あるのでしょうか?

今見てる物件が2件、どちらの工務店とも年間2000~
3000件建てている工務店らしいのですが
たくさん建ててると量産型で1件1件力が入ってない
ような不安半面
それだけの人が問題なく(?)住んでる
ともとれるのですが、どんなもんなのでしょうか?
後、実際工務店の批評などを
調べることってできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>物件を建てる施工会社さんが一番大切なような気がします。


ある程度までは正しいと思います。

なぜある程度かというと、実際建築費を出すのは施工会社ではなく施主(売り主)だからです。

大手の建設業者などで施主MとWの物件を建築しているのですが、どちらも有名な売り主ではあるのですが予算は大幅に差があります。
その建築業者曰く、「自分達で建設していてもMの物件は買ってもWの物件は買わない」という意見です。
これは、その他の小さな下請け業者の工事の人もある程度同意見だったのですが、Wの物件は床暖房を直にはりつけているので、真冬に床暖房を入れていないと床が冷たくてしかたないとのことでした。
それに対して、Mも床暖房が入っていますが直張りしていないようです。従って、冷たくなりにくい床となっています。(注:マンションの場合上下左右の部屋の室温によって自分の部屋の温度も左右されることがありますので、そう感じない方もあると思います)

上記とは違った考え方ですが、現在は不景気なので多数のマンションを請け負って自転車操業のようになってしまっている工務店も多くなりました。
そう考えると大手工務店・建築業者の方が比較的倒産しにくいとも考えられますから、何かそのマンションで不都合が生じた場合、小さな工務店が請け負っている工事より大手が請け負っている方がまだ安心かなとも思います。

施工業者の実情やその物件の実情を知ろうと思った場合、意外といろんな情報を持っているのは下請けの工務店さんや、現場の警備員の人だったりします。
現地の工事が始まっていて、(もしある程度竣工間際の物件であれば)現地にいってみて、工事関係者を捕まえるものいい方法だと思います。
但し施工業者の人(元請け業者)は評判の悪いことは言ってくれないと思いますから、できるだけ下請けの人などの方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

今のところ
まだ更地の(今なら変更希望をきいてくれる)物件と
もうほとんど出来上がった物件で悩んでいるので
工事関係者とはまったく話ができないです(涙

他の物件に切り替えて
建築中の物件の方を見ていく方が
いいのかもしれませんね・・・

お礼日時:2005/04/19 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング