私は今、合唱団に所属していて
毎週一度体力づくりとして運動をしています。
私は全く運動が出来ないのですが、成り行きで
今年度その体力づくりのメニューを考える
責任者になってしまいました!

そこでお願いです。
合唱に使う筋肉(主に腹筋、背筋)を
効果的に鍛えるメニュー(1時間程度)
がありましたらぜひ伝授してください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>合唱に使う筋肉(主に腹筋、背筋)を


⇒何でもそうですが、一見一部しか使っていない様でも人体は一部を疲れさせないように全身の筋肉に分散して使っているものです。

で、
どの程度皆さんが遣るのか不明なので、
第一段階に
真向法http://www.makkoho.or.jp/
第二段階に
西醫學健康法http://www3.ocn.ne.jp/~ryugu/nisisiki.htm
第三段階に
ハタヨーガがお勧めです。
ストレッチはハタヨーガをベースに重要な呼吸法を抜いたものですから、特に呼吸筋と其の関連を使うのが目的ですからハタヨーガがよいでしょう。

又、持久力が必要ですから、早歩きから軽いジョギングも居れたほうが効果はあります。

ただ、週に一回だと現状維持も出来ない程度です・・・
良くて精々現状維持です。週2回は欲しいところです。

個人には上記を教えて、他に一回家でやるようにした方が良いでしょう。
    • good
    • 0

私の演劇サークルでやっているメニューです。



・準備運動(屈伸やアキレス腱などです)
・腕立て
 普通 15回
 腕を広く伸ばして 15回

・腹筋
 胸から上だけ上げる 15回
 上のを、足を上げて膝を直角にまげて 15回
 45度まで上げる 15回
 
・側筋
 横向きになって上体を上げます。
 ただし、上げすぎると筋肉を傷めるので程々に。
 右、左ともに15回。

・背筋
 ゆっくりカウント 15回
 早くカウント 15回

 腹筋から下の項目は、最後のカウントで10秒間上げた状態をキープさせます。
 その際、腹筋は肋骨を開く呼吸を意識、背筋は上体だけではなく足も上げ、エビ反りの状態で、手足を開いたり閉じたりすると効果的。
 また、それぞれ終わったら使った筋肉を伸ばす時間をとったほうがいいです。

 この後に柔軟をやって、大体40~50分くらいになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合唱 発声練習法 筋トレ法を教えてください

私は今、高校の合唱部に所属しています。
もうすぐ先輩が引退し、私が部長となります。
そこで、なにか新しいことを始めたいと思っています。

皆さんが過去にやった発声練習、筋トレをおしえてもらえませんか?

Aベストアンサー

仰向けになって首を上げ、ブレスする(首の後ろの筋肉を鍛える)
四つん這いになって(動体と手足の角度は90度)背中を押し上げ(上に持ち上げ)ながらブレスする(背筋を鍛える)
カセットテープ(今あるのかな?)を立てて面積の広い側へブレスで息を吹き、倒す(腹筋を鍛える)
上半身を脱力して背骨の一つ一つを組み上げるイメージで上半身を起こす。
野球のボールを投げる動作をしながら、声を出す(声が遠くへ響くようにイメージする)

などなどいろいろありますが、流派というか、メソッドによってやり方はまちまちです。
可能ならば特定のボイストレーナーにお願いして継続的に発声を見てもらった方が良いと思います。

上にいくつか筋トレを列挙しましたが、そのやり方は文章で伝えきれるものではありません。
導入を検討する場合は、その点を注意してもっと情報を収集してから行って下さい。
なんだか勝手なことばかり書いていますが、発声を変えることで合唱団の歌い方が変わったり、かえって歌えなくなったりすることもあります。

私はそういう団体をいくつか経験しているので、どうしても気になってしまいます。
老婆心ということでご容赦ください。

仰向けになって首を上げ、ブレスする(首の後ろの筋肉を鍛える)
四つん這いになって(動体と手足の角度は90度)背中を押し上げ(上に持ち上げ)ながらブレスする(背筋を鍛える)
カセットテープ(今あるのかな?)を立てて面積の広い側へブレスで息を吹き、倒す(腹筋を鍛える)
上半身を脱力して背骨の一つ一つを組み上げるイメージで上半身を起こす。
野球のボールを投げる動作をしながら、声を出す(声が遠くへ響くようにイメージする)

などなどいろいろありますが、流派というか、メソッドによってやり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報