ベストアンサー選定ルールの変更のお知らせ

東京市場がおやすみの場合、為替は普通に動きますが、相場参加関係者に変化はありますか?

A 回答 (2件)

東京市場が休場となるのは、午後3時以降で土日休日、大発会以前と大納会以降を含みますが、ゴールデンウイークやシルバーウイークなど長期休場となると、ポジションを持つ投資家のリスクは高まると考えられます。


相場参加者には様々な投資スタイルですから一概には言えませんが、東京市場参加者は長期休場となる前にポジション調整をすることはありますよね。
長期運用を考える投資家はあまり値動きには注目しないですが・・。
相場参加者って枠が広い話で、東京市場のみで見ると売買代金の80%が外国人投資家でありながら、固定株主が国内機関投資家や金融機関、個人投資家ですから、利食い中心に考える外国人と配当や株価の成長に投資する日本人との差は大きいですので、市場参加者を十把一絡げに考えることは難しいですね。
低調期はキャッシュポジションを確保することが強みでしょうが・・。
    • good
    • 0

相場参加関係者の変化というのかなにをさすかわからないですが、東京市場が休みでも為替以外でも株式先物など動いているところがあることはありますし、状況がへんかすれば相場参加関係者の意識は変化し、それに応じて売買をすることも当然あるでしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング