以前に、雲が反射する太陽光は常に3.3%(違うかもしれません)だというような話を聞いたことがあります。
3.2%になると地球は砂漠化し、3.4%になると氷河期になるというような内容でした。
真偽の程や、詳しくご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

雲の反射率に限らず、地球の気候を決定するパラメータはさまざまなものがあります。

例えば、反射率なら雲だけじゃなく海洋や陸地、さらには大気中のゴミ(エアロゾル)による反射も重要です。ですから、科学者はこれらのパラメータを適当に(いろいろなデータ、例えば衛星観測などに基づいて)設定してやり、コンピュータでシミュレーションをして気候変動を予測しています。ゆえに、3.3%というような具体的な数字は、いろいろなパラメータをある値に仮定したときに出てくる値であって、ほんとうかどうかは誰にもわかり得ません。また、雲の反射率が変わることにより、他のパラメータにも影響を及ぼしていくことも当然ありえます。
長くなりましたが、結論としては
「具体的な数字は、あるモデルを仮定した場合に対してのみ有効であり、あくまでも仮説である。」ということです。
実際、人類の活動により発生した二酸化炭素が本当に温暖化に影響を与えているかでさえ、確実にYESだとは言いきれないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くにご回答下さったのに、お礼が遅れて申し訳ありません。
詳しく、お答え下さって有難うございました。
理系ではありませんし、
ほんの少し聞いただけなので、よく分らなかったのです。
すっきりしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/23 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆既日食で90%隠れてるのに90%暗くならないのはなぜでしょうか?

先日の皆既日食、TVの各局でも自分でも空を見たりして拝見しました。そこでTVを見ていて疑問に思ったのですが、90%以上太陽が隠れているのになぜか回りは薄暗くなる程度で、そんなに暗くなりませんでしたよね。

90%隠れたら90%暗くなると考えていたのですが、東京でも75%隠れていたそうですが暗くなりはしたもののそこまでといった感じではありませんでした。

さらにはTVで見ているともうほんわずか、もうほぼ99%(スジ程度しか太陽がない)状態でも回りはそこそこ明るかったです。皆既になる瞬間にどっと暗くなる感じでした。

あの程度の細さの太陽でもそこまで明るさを保てるものでしょうか?
回りの雲などに反射して光線が届いてるとしても理解できないぐらいでした。なにか他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

食分:日食の場合、太陽がどれだけ欠けたか、の割合を指します。貴方がまさに90%以上、等々書かれている数字の事です。

>直径方向の比なので、面積比にはなっていない>これがちょっと分かりませんね。

食分は、(同じく日食の場合)太陽の直径の何パーセントまで隠されたか、で表示します。面積の何パーセントが隠されたか、ではありません(し、ましてや視直径の比ではありません(^^))。分かりにくかったですね、ごめんなさい。

食分が50%の場合の例を簡単なイラストにしました。太陽が残っている白い部分が(面積では)50%を超えているのが直ぐお分かりになるかと思います。

Qさくら開花予想で開花が100%の日が満開のはずなのに、100%の日を満開予想日に指定しない

さくら開花予想で開花が100%の日が満開のはずなのに、100%の日を満開予想日に指定しないのはなぜですか。 80%あたりが満開と指定されていることが多いです。

Aベストアンサー

開花予想や開花日は、「開花が100%の日」ではありません。
また、気象庁では満開予想はしていません。
なお、満開とか100%開花と思われる頃は散り始めにもあたります
満開を「開花80%あたり」とすれば、見ごろの期間が多く取れるので、
観客に対する情報としては適切かと思います。

Q太陽の活動が停滞し始め、6年後に氷河期?

今ヤフーのトップニュースで

 【モスクワ6日時事】ロシアの天文学者、アブドサマトフ天体観測研究所研究員は6日、太陽活動の停滞から、6~7年後に世界の気温が次第に低下し始め、17~18世紀に続く「ミニ氷河期」に入る可能性があると予測した。ロシア通信とのインタビューで語った。今冬ロシアなど欧州全域を襲った寒波も地球冷却化現象の可能性がある。 

この文章にある17世紀~18世紀に続くというのはどういうことなのでしょうか?
17世紀から18世紀の間も微妙に氷河期だったのですか?
そして実際に6年後上記文章に書いてあることが起こった場合、地球は深刻な事態になるのですか?

Aベストアンサー

マウンダー極小期というのがあったそうで、地球全体の平均気温が0.5℃程度低かったと考えられているそうです。
http://www.coe.env.nagoya-u.ac.jp/meeting/domestic/fyh16/sympo001_answer002.html

あくまでも平均なのでよくわかりませんが、昨年末のような寒波が冬の間ずっと続くとか、夏は30℃以上にならないとかいうことが起こるかもしれませんね。

化石燃料の値段が高騰、繊維の値段も高騰、
作物が育たなくなり、食べ物の値段も高騰、
数十万人規模の死者が出てもおかしくないかも。

しかし、地球にとってはその方がいいのかもしれません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo23.html

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

Q青い夕焼け空に浮かぶ赤い雲

空が青い理由や夕日が赤い理由は多くのQ&Aでわかりました。ありがとうございます。
でも、夕焼けで赤いのは地平線に近いところで上のほうは青いままです。その辺りに雲があると青い空に赤い雲が浮かぶように見えます。わかるようでわからないので教えてください。

昔から一番スキな空の景色です。

http://www.artfarm.co.jp/habu/

Aベストアンサー

空が青い理由や夕日が赤い理由をご存じなら、じっくり考えれば分かるだろうと思います、が。空が青い理由は、青い光が大気中の埃や水分子で散乱され、視線方向に入って来るからです。散乱はあらゆる所で起こっていますので、太陽の周りだけでなく空全体が青くなります。太陽が沈む時も太陽の周りだけは赤くなりますが、それ以外では昼間と同じように青い光の散乱が起きていますから、太陽から離れると青いままです。太陽の周りが赤くなる理由はご存じですね?つまり、夕方になっても太陽の周辺以外は条件が変わらないから、青いままなのです。青い空の前の雲が赤くなるのは、2番煎じですが太陽からの赤い光を雲が反射しているからです。見ている方向が同じなのに?とお思いですか?正確な表現ではありませんが分かりやすく言うと、雲の水滴は粒が大きいので赤い光も反射できますが、空のチリは小さいので青い光しか散乱できないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報