自己破産した人がいますがその人には昨年免責が下りました。しかし免責不許可事由にあたる事をしているのですが下りた免責を取り消す事が出来ますか?
自己破産の理由はその人の浪費(自宅以外にマンションを借りていた。女を作って遊び歩いていた。欲しい物は車であろうと何であろうと買い続けた。)以外の何物でもなく、自己破産を申し出る前に特定の消費者金融にだけお金を返しています。(友人が保証人になっているので迷惑をかけたくないと言う理由から)自己破産の理由についてはどうも親の借金を返済する為と偽って嘘八百を並び立てたようです。その様な場合免責は取り消す事が出来ますでしょうか?出来るとしたらどの様にしたら出来るのでしょうか?どなたか教えて頂けたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

旧破産法366条ノ5によると(新法でも同じですが)、免責許可が取消されるのは、



(1)詐欺破産罪として刑事事件の有罪が確定した場合で、債権者が申立てた場合
(2)「破産者ノ不正ノ方法ニ因リテ得ラレタル場合」で、債権者が確定後1年以内に申立てた場合

のいずれかです。お尋ねのような件では、詐欺破産罪(旧破産法374条)の要件は満たしませんので、(2)となります。

ただ、免責決定も一つの裁判であり、それなりの既判力を持って確定するものですから、原則的に申立ては認められません。

債権者名簿に載っている債権者には免責確定前に異議申し立ての機会があります。そのときに異議を言わないで、後から蒸し返して、免責許可の取消を求めるのですから、なぜそのときに言わなかった(言えなかった)のかということについて、合理的な理由が説明できないと難しいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速回答頂きありがとうございます。その人が自己破産する事は知らされましたが何時の時点で異議を申し立てるのか知りませんでした。私に知られると異議を申し立てられると思い知らせなかったそうです。異議を申し立てられると困ると思ったと言っているのですから、今からでも申し立てが出来るのかと思いました。でも既判力を持っているものですのでやはり無理なのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「入札の取り消し」による「出品取消システム利用料」

同じような質問がある中すみませんが、よろしくお願いします。

「出品取消システム利用料」についてですが、「入札の取り消し」だけならかかりませんよね?
また、「入札の取り消し」をしたあとに「オークションの取り消し」又は「オークションの早期終了」をしなくてもかかりませんよね?

現在、入札1です。
入札者の評価150(非常に良い)-30(非常に悪い)
最近の評価では4週間以内で12(非常に良い)、20(非常に悪い)

とても不安なので「入札の取り消し」を考えています。
ちなみに、注意事項にも評価の悪い方は取り消しをさせて頂きますと記載してあります。

「入札の取り消し」を実行する前に、追加説明に「評価を拝見したところ、とても不安なため入札の取り消しをさせて頂きました。ご了承ください。」と記載した方がよいですか?

Aベストアンサー

ヤフオクと仮定して、入札の取り消しだけならお金はかかりません。
入札を取り消すと、次の画面が出てきて「この入札者をブラックリストに登録しますか」と表示されます。
登録すれば終わりです。

入札の取り消しに追加の説明は不要です。

Q自己破産の免責不許可の理由を知りたいです。

自己破産のとき免責がおりない対象になりますか?自己破産を考えてます。数年前に旦那の名義で住宅ローンを組んだんですが、そのとき旦那にほかの借金があると組めないと言われて、私が借金してそれを返しました。

知人にその相談をしたら、そういう理由で作った借金は免責がおりないかもと言われました。
どうしてかは分からないのですが、知人もそういうことを人から聞いたと言ってました。

実際はどうなのか色々聞いてみたのですがよく分からなかったので今回質問させていただきました。
詳しい方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

免責不許可・不許可の要件は、破産法252条に明記してあるんですが、matui55verさんの事情は確かに252条第1項第4号「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」に該当する可能性が高いかと思います。

ただ、旦那の借金を返すために、自身が借りても、何年か返済して頑張っていたり、もうのすごい高額な借金をしていなければ(1,000万円とか)、破産管財人が就いて、免責不許可事由があっても免責させても良いか調査して免責させる、裁量免責というものがあります。

あまりにも酷い借り方をしてなければ、免責される可能性は十分ありますよ。また、詳しい事情はわかりませんが、場合によっては、「旦那の借金を肩代わりしたんだから、旦那さんに債権(お金返してねっていう権利)がある訳でしょ。旦那さん。いくらか返してください。そのお金で債権者にいくらか配当します」と破産管財人から言われる可能性もあるかもしれませんが。

Qエクセルの取り消し線が引けない!!

いくつかのセルをドラッグして(列ごと、行ごとに一括でという感じです)取り消し線を引こうとしたのですが、一つのセルだけ取り消し線ができなかったので、その一つのセルだけ「セルの書式設定」で確認したところ、「取り消し線」のチェックボックスにはちゃんとチェックがついてるんです。でも表示は取り消し線が入ってないんです。どうしてでしょうか?どうしたら取り消し線をつけることができるでしょうか。

ちなみに、そのセルの文字は数字のみです。かなは一切ありません。

Aベストアンサー

その数字は"4"ですか?
MS Pゴシックで取消線を引くと、
"4"の横棒と取消線が重なっているようです。

そうではないとのことですと、状況をもう少し教えて下さい。

Q相手が自己破産をし、その免責から外れていた。

お金(200万円)を貸していた人が自己破産をし、免責が下りていたと言っていますが、裁判所からも通知が無く、調べたところ債権名簿に私の名前は載せていなかったようです。
返済を求めると「弁護士さん(相手の)が支払っては駄目といってるので」と答えるのですが、他の人達に免責が下りた場合は駄目なのでしょうか?
こちらの相談を参考にさせて戴くと「債権名簿に記載されてなければ請求出来る」とあるのですが、私が相談した弁護士さんは裁判所で免責を下した場合難しいと言っています。
貸したお金も自己破産(保証人になっていた両親も一緒に)の弁護士費用に使ったようです。
貸してすぐに手続きを取っているので、詐欺行為として訴える事とや、給料からの返済請求など出来ないものでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 相談した弁護士さんは裁判所で免責を下した場合難しいと言っています。
難しいと言っているだけで、出来ないと入っていません。つまり、出来る可能性もあると言うことです。
免責対象の債権でも、支払う必要がないと言うだけで、請求されない権利があると言うことでもありません。請求をする権利はあります。

> 債権名簿に私の名前は載せていなかったようです。
> 「債権名簿に記載されてなければ請求出来る」
名簿に記載されていると、手続きの過程で異義等の意見を述べる機会があります。詐欺的な借り入れだと、この異義により免責が降りないなどのことがあります。
これを防ぐためにわざと記載しないようなことをして破産することを防止するため、通常は「債権名簿に記載されてなければ請求出来る」と、考えて良いはずです。

 まずは支払い督促等で請求。破産を理由とした異議が出ても、裁判所が判断してくれるでしょう。金額が大きいですから、はっきりとした決着を付けてはどうでしょうか。

Qoutlook expees メール送信の取り消し方法

Outlook expreesのメール送信をした際、取り消しをしようとしましたが、「メールの取り消し」という項目を探してみましたが、見当たりません・・。
一度送信したメールを取り消し、相手に送ってしまっても未読の場合取り消しが可能の、取り消し方法をどうか教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

皆さんがおっしゃっているように、
一度送信してしまったら、送信を取りやめることは出来ません。

予防策として、Outlook Expreesで
「ツール」→「オプション」→「送信タブ」の「メッセージを直ちに送信する」
のチェックを外しておくと、送信ボタンを押してもすぐには送信されず、
一度「送信トレイ」に置かれ、もう一度上の「送受信ボタン」を押すまで送信されません。
ちょっと考える時間が出来るので、送信した瞬間に「あっ!しまった!」
というのは防げるかもしれません。確かにこれは良くあることですし。

すでに設定されていたらあしからず。

Q自己破産免責決定後7年が、過ぎたので2回目の破産したいのですが

一度自己破産を申請して、免責が決定しました。10年以上経過した現在、別の理由で、再度自己破産を申請したいのですが、出来ますか?別の理由だと免責は下りますか?免責が下りなかったらどうなりますか?友人からの質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあってどういう理由で破産(免責)を申立てようというのですか?前回が生活費不足で、今回が突然の保証債務の履行によるもの、等、まったく違う理由ならば、同じよりはやりやすいことがあります。しかし、その陰に、家計管理不良、過剰なブランド物買い漁り、ギャンブル、風俗通い等があり、事実を隠しているといえるようなら裁判所の心証は悪いですよ。10号には引っかからなくともそれ以外の免責不許可事由に該当すれば結局免責はおりません。
この場合、他の回答者ご指摘のように、破産はできても免責はでないため、返済の義務は残り、しかも期限の利益が失われるため、現状の債務元金+延利全額一括での返済を請求されることになります。

それと、わからない点が多すぎるのでこういう質問をあげられる時には可能な限り明確に状況を明らかにされることをお勧めします。
前述のようなギャンブル等はあるのでしょうか?今回免責されたい債務を負ったのはどこからで(銀行等か、クレサラか、その他か)、いつ負ったのですか?生活費不足なので…ということだったのであれば、今回破産を回避するために、これまで仕事をしていなければ仕事に就いたりとか、生活保護を受けたりとか、相応の努力はされたのでしょうか?
理由如何によっては、任意での債務整理や民事再生、特定調停等のほうが望ましい解決になることも考えられます。また、どういう理由であれ、多重債務の根本的原因が解決しない限り、7年ごとに破産申立(あくまで破産申立だけであって、いつも免責がおりるとは限らないことにご注意を)することになるかと思われますが、この点ご友人の認識はいかがでしょうか?

いずれにせよ、実際に整理を望まれるなら弁護士に相談されることをお勧めします。

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあって...続きを読む

QWord2007の取り消し線の色を変える方法

Word2007の取り消し線の色を変える方法ありますでしょうか?
元の文字と取り消し線の両方を同じにすることはできます。しかし文字はもとのままで、取り消し線だけをたとえば赤にする方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!
当方使用のWord2003で確認してみましたが、
取り消し線の色変更は出来ないみたいですね。

↓の画像は無理矢理って方法になりますが、
オートシェイプの直線を赤にして文字の上に重ねています。
この方法が一番簡単なのではないでしょうか?

尚、フォントサイズは24pt・線は2.25ptにしています。

他の方法としてはフィールドコードを使う方法もあるみたいです。
URLを貼り付けておきます。
http://hamachan4.exblog.jp/3211842/
以上、参考になれば幸いです。m(__)m

Q自己破産 免責決定後に・・・・。

自己破産 免責決定後に・・・・。

詳しい方教えてください。

身内が経営している会社の保証人となり(父、兄弟3人が働いていたため断りきれず)負債額が多く、5年前自己破産をし、所有の財産、家族を失い、精神的にも肉体的にもぼろぼろになり、3ヶ月の精神病院生活、職場では退職も勧告されました。

自己破産 免責決定後に会社の債務の保証人の一部が明るみとなり、(調べた範囲以外の債務があった。社長は自転車創業的にお金を借りていたのでどれが返済しているかもわからず)このたび
支払いが滞っていると打診があり簡易裁判になりました。

このような場合、意図的にはずしていたわけではなく申請を行っていなかったのですが債権者にはこの旨を伝えお願いをしましたが、このような事態となりました。

当時、お世話になった司法書士さんからは意図的にはずしていたわけではないので有効になるだろう。と言われましたがどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、免責の効果は全ての債権者に主張できますから、免責の効果が及ばない債権というものは存在しません。
 ただし、債務者がわざと債権者一覧表に搭載しなかった債権は非免責債権になります。ただし、この場合も債権者が破産について悪意なら別です。

 故意にのっけなかった場合は当然、非免責債権の可能性が高く、無過失でのっけなかった場合は非免責債権になることはありませんが、過失がある場合は下級審で解釈が分かれていたと記憶しています。

 極めて難しい問題で、弁護士会が出しているマニュアルすら専門家でも謝った解釈をしているものが出やすい論点だとしています。したがって、詳しい専門家に裁判自体を依頼した方がいいと思います。

Q内定取り消しを撤回することはできるが、企業側へのペナルティを科す事は現在の法律ではできない

度々の勉強会のテスト結果の末、ある会社から内定取り消しを促され、承諾すれば会社側から内定を取り消した様に処理をして、私が傷つかないようにすると言われ、再三平日と勉強会中に呼び出され、その度に、“あなたを雇うことはできない。雇ってもあなたに与える仕事はない。この仕事には向いていない。内定取り消しを承諾しなさい”と言われ続けました。
その後の内定者勉強会にも出席できず、学校側とも相談して内定取り消しを承諾しました。
私が内定取り消しを承諾すると、会社側は“私側から内定を辞退したように処理をしたい、その方が私にとって良い”と言い、内定取り消しの文書を送らず、“私の方から内定を取り消した様に処理をさせろ”とe-mailと電話を何度もしてきました。
私はハローワークの勧めに従い、3週間ほど、その会社とは連絡を取らないようにしてきました。
すると相談したハローワークの方から会社側は私を4月から入社させる気だと連絡がありました。
ハローワークの方の話によると“内定取り消しを一度促しても、内定取り消しをしても、もう一度内定者を雇いたいと言う企業に罰則や企業掲載の禁止などのペナルティを科すことは出来ない。内定取り消しを受けた人の内定取り消しを撤回することはできるが、企業側へのペナルティを科す事は現在の法律ではできない。”と言われました。
私はその会社に入るつもりはありませんが、ここまで馬鹿にされて泣き寝入りは嫌です。
どなたかよい知恵を貸して下さいませんか?

度々の勉強会のテスト結果の末、ある会社から内定取り消しを促され、承諾すれば会社側から内定を取り消した様に処理をして、私が傷つかないようにすると言われ、再三平日と勉強会中に呼び出され、その度に、“あなたを雇うことはできない。雇ってもあなたに与える仕事はない。この仕事には向いていない。内定取り消しを承諾しなさい”と言われ続けました。
その後の内定者勉強会にも出席できず、学校側とも相談して内定取り消しを承諾しました。
私が内定取り消しを承諾すると、会社側は“私側から内定を辞退したよ...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか賢い事を社会労務士の先生が思いついたものですね
内定取り消しを行う場合は説明責任が必要ですので
徹底して取り消しができるまで説明会を繰り返す
その後、内定取り消しの後の内定を促す事でリスクを減らす
最後内定を希望してきたら入社後に解雇を行う

ハローワークとしても内定があるものに
仕事の紹介はできませんので
質問者様のような中途半端な形になってしまいますね
ご自身から内定取り消しのお願いをする必要が出てきます。

でも、内定取り消しを行いたい企業に入っても
倒産するとか解雇するとかになるので
気持ち良く内定取り消しに応じる方が得策

企業側(実態は印鑑なんですが)が優遇される形で
個人情報が利用されるので企業にペナルティを行うと
質問者様のベメリットが拡大するだけです。

そんな事よりも内定取り消しに応じることで
何かしらの取引を行う方が賢いと私は思いますけどね

Q自己破産の免責決定について

自己破産について質問です。
申立て後~免責決定までの間、債権者より意義申立てされた場合決定期間はどれくらい延期になるのでしょうか?
申立てされたら破産は出来なくなくなるのでしょうか?
サラリーマンですから給与以外収入なく、資産もない同時破産です。
以前商売をしていて個人補償した分なので、債務のトータルは、現在の年収の12倍の金額です。

Aベストアンサー

こんばんは。質問事項に対してですが
1 債権者より異議申し立てがあった場合、期間はどのくらい延期になるのでしょうか?
これについては、そんなに延期はされないと思います。よほどの事が無い限り、最悪でも1~2ヶ月程度では無いかと思われます。
2 申し立てされたら破産は出来なくなるのでしょうか?
そんな事はありません。ただし、事情によって「免責の一部不許可事由」となり、債権の一部を除いての免責となる場合もあります。「すべて正直に申告している」からと言って、必ずしも免責不許可事由に当らない訳では無いのでご注意を。
一般的に「免責不許可」になるケースとしては
1 借金を作った理由が浪費や賭け事・博打(パチンコ・マージャン等)の場合
2 破産するのを分かっているのにも関わらず、借金を作った場合
3 人を騙してお金を取ったり、借りたりした場合
  (クレジットカードで買い物をして、すぐに買った物を質屋等に入れて換金した場合も含む。)
等々が挙げられます。
それから、給与生活者との事ですが、給与額は20万円を越えてますか?給与差押額は、法律で規制され、最低限の生活費(およそ20万)を除いた額ということになっているようです。
また、強制的に取り立てるためには、公正証書などを作成していなければ、債権者が裁判を提起~勝訴し、判決等を得なければならないため、そんなにすぐに差押が出来る訳ではありません。
もし訴訟を起こされたら、早く弁護士に相談することが必要です。その訴訟に対して応訴する等の行動を起こし、免責確定まで引き伸ばしをしなければなりませんので。
万が一、差押をされても生活費が不足し、実際に生活できないのであれば差押さえの一部、または全ての執行停止を裁判所に申し立てることが出来ます。

こんばんは。質問事項に対してですが
1 債権者より異議申し立てがあった場合、期間はどのくらい延期になるのでしょうか?
これについては、そんなに延期はされないと思います。よほどの事が無い限り、最悪でも1~2ヶ月程度では無いかと思われます。
2 申し立てされたら破産は出来なくなるのでしょうか?
そんな事はありません。ただし、事情によって「免責の一部不許可事由」となり、債権の一部を除いての免責となる場合もあります。「すべて正直に申告している」からと言って、必ずしも免責不許可事由...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング