ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

自転車のダイナモはモーターと同様の構造で、発電された電気は交流だと思うのですが、正しいでしょうか?
電球を点灯させるだけなら整流の必要も無いので普通は交流のままにしてあるだろうと思うんですが。
子供向けの電気の実験に使おうと思っていてちょっと急いでます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 


 
 交流です。No4でお示しのサイトのものは全て
直流が必要なら、迷わず整流ダイオードを使ってください。
よろしかったら直流にしたあと何にお使いになるのか教えていただければ。


 余談;
中の永久磁石の磁化方向が軸方向を向いてることから『ファラデーの単極発電機(非常に低い電圧の直流が発生する)』だと思ってる方がときたまいらっしゃいますが、単極発電機ではありませんので。
 
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1281068
    • good
    • 1
この回答へのお礼

> よろしかったら直流にしたあと何にお使いになるのか教えていただければ。

鉄道模型の電源にして、競争させようかと思っています。ということは直流なので、整流ダイオード準備ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 09:34

>電球を点灯させるだけなら整流の必要も無いので普通は交流のままにしてあるだろうと思うんですが。


お考えのように、普通のものはマグネットローターでステーターに交流が発生します。
定格電圧は6Vですが、当然回転速度で変わり、がんばれば、もう少しいくと思います。
子供向けの電気の実験に使おうと思っていて、お急ぎならば、直ぐに行動なさり、ご自分で測定すれば、確信を持って指導できると思います。
    • good
    • 0

自転車の発電は交流です。



かなり頑張ってペダルを踏んでも得られる電圧はせいぜい10V程度までです。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~daiq/sub2-1-1.htm
    • good
    • 0

壊れてもいいような、おもちゃのモーターをつないで見ればいいと思います。

(半回転でブルブル)
    • good
    • 0

ダイナモは交流電力を発生させます。


直接直流が出るのは電池などです。
手回し発電で聞けるラジオは、整流して直流にしています。
直流ダイナモとして売られている商品は、みな交流を
直流にしています。

参考URL:http://www.hisatomi-kk.com/gl-1/P3.pdf
    • good
    • 0

NO1 補足。



発電機から発電される電源は直流でマイナスとプラスが交互に変わる交流ではありません。交流にするには、発電機から発電された直流をインバーターで交流にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ご回答ありがとうございます。
soda--sodaさんに再度質問ですが、私は(電池や太陽光発電を別にすると)発電機の構造というのは #3 さんが挙げて下さっている
http://home.kasai.sanyo.co.jp/kyoei/page-idea.html
にあるようなものしか知りません。もし直流で発電されるのであれば、どういう物理的原理でなされるのか、お教え頂けませんでしょうか?

お礼日時:2005/04/19 16:49

ダイナモ


自転車の発電ランプは、電気を起こすダイナモ部と電気を光に変える電球部に分かれます。
自転車のダイナモは交流ダイナモです。

参考URL:http://home.kasai.sanyo.co.jp/kyoei/page-idea.html
    • good
    • 0

私の知っている範囲では、全て交流でした。


おそらく、自転車のライト用の発電器は全て交流ではないかと思っています。
直流にする必要が無い事と、直流にするためのメカニズムがあると、その分故障が起きやすくコストがかかるからです。
    • good
    • 0

自転車用のダイナモから発電されるのは直流です。

+-が交互になる交流ではありません。自転車用のダイナモは12Vの直流です。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作交流モーター

大○のマッチの缶で交流モーターを自作したいのですが、交流モーターは中が永久磁石で外が電磁石ですよね。その中の永久磁石をどうするか迷ってます。普通の鉄を磁石にくっつけておくと磁石になってることがありますよね。その磁石が十分交流モーターに適しているか知りたいのです。

Aベストアンサー

 
 
 電気が好きな高校生さんでしょうか、発電機(ジェネレータ)なら磁石が弱くてもそれなりに微弱な電圧は出ますよ。

  発生電圧 = コイルの巻数×速度×磁石が出す磁界の強さ

です。ただ、LEDを点けるとか電池を充電するのなら それなりに強い磁石と回転速度が要ります。自転車の発電機のように。

 身の回り?で、磁石や巻線や軸受けが一式揃ってるものとして、パソコンの送風ファンの廃品がお奨めです。DC12V用は中に直流電圧を交流に変える回路が入ってまして、トランジスタと「ホール素子」というのが付いてます、とても小さな部品ですが回路工作ができる人は遊べます。それを外してコイルから配線を外に引っぱり出せばそのまま交流発電機です。

 クラッシュして死んだハードディスクも使えます。こっちは高速回転あたりまえなので軸受けがしっかりしてるし片支持なので、色々な工作の回転台に使えます。解体が簡単ではないですが、開けると鏡のような円盤が入ってます。ものによってアルミだったりガラスだったりします。



 参考知識; 強い永久磁石を必要としない発電機として、自励(じれい)発電機というのがあります。弱い永久磁石にコイルを巻いて、そのコイルに発電した電気で電流を流すことで、磁力を強めていくのです(永久機関ではありません。)自動車の発電機にはこれが使われてます。強い磁石は高価なので。
自作は簡単ではないですがクルマの修理工場で廃品を手に入れて解体すれば銅線がいっぱい手に入ります。



 なお、専門用語では モーターは機械的動力を発生するものという意味です。発電機はジェネレーターですね。
 
 

 
 
 電気が好きな高校生さんでしょうか、発電機(ジェネレータ)なら磁石が弱くてもそれなりに微弱な電圧は出ますよ。

  発生電圧 = コイルの巻数×速度×磁石が出す磁界の強さ

です。ただ、LEDを点けるとか電池を充電するのなら それなりに強い磁石と回転速度が要ります。自転車の発電機のように。

 身の回り?で、磁石や巻線や軸受けが一式揃ってるものとして、パソコンの送風ファンの廃品がお奨めです。DC12V用は中に直流電圧を交流に変える回路が入ってまして、トランジスタと「ホール素子」...続きを読む

Qダイナモって何ですか?

そのままですが、ダイナモとは、何ですか?

Aベストアンサー

基本的には発電機のことです。自動車で現在使われている物はオルタネーターと呼ばれる種類のものです。実はオルタネーターとは三相交流発電機をさすことばなのですが、実際に自動車に搭載されているものは直流出力です。自動車の搭載されているオルタネーターは内部にレクチファイアー(整流器のことで交流を直流に変換します)を持っていて三相交流を整流して直流として出力します。また、よほど古いものでない限りレギュレーター(電圧調整器)も内部に組み込まれていて、エンジンの回転数や負荷の変化があっても出力の電圧が変動しないようになっています。

自動車が実際使用されている状況ではエンジンが動作している間は、この発電機による電力で車両が使用する電力をまかない、さらにバッテリーを充電することも行っています。したがって、この装置に問題があるとバッテリーが上がってしまったり、内部に組み込まれたレギュレーターの異常で電圧が上がりすぎるなどの現象が起こると可電圧でバッテリーや自動車に取り付けられた電気装置を破損してしまうこともあります。

Q発電量が多い自転車のダイナモ

発電量が多い自転車のダイナモ
ダイナモからいろいろな回路を作ろうと思い、発電量の多いダイナモを探しています。
先端についている電球・LEDの種類、こぐのが重くなる、直流交流云々はどーでもいいです(電球ははずして使うし、体力無いからこぐのはトレーニング?にもなるし、交流は直流に直して使うから)。
とりあえず、発電量が時速15kmで25W以上のものがいいです。
メーカーもドコでも良いです。ハブでもブロックでもどっちでも良いです。
とりあえず、発電量が多いものを探しています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1です。
ブロックダイナモに関しては、あくまで定格が6Vとなっているだけで、ボルテージレギュレータなぞ入っていない直結なので、速度が上がれば上がるほどどこまでも電圧は上がります。
実際、下り坂全開でライトをつけて走っていて、電圧上がりすぎて電球切れたことありますし。(笑)
おそらく、15~20キロあたりで6V前後になるんじゃないかと思います。
(タイヤの大きさにもよりますけどね)
なので、下り坂などで40キロ、50キロというスピードを出した場合、10Vとか12Vとか、定格の倍くらいの電圧が出ていても不思議ではありません。
逆に言えば、速度が低いと6V未満しか出ません。
おそらく、基本的にはハブダイナモも同様かと思います。
(LEDライトの場合は、おそらくライト側に電圧調整の回路が入っているかとは思いますけどね)
なので、電圧を一定で抑制したいのであれば、自分で定電圧回路(レギュレータ)を組み込むしかないと思います。
車の発電機の場合は、永久磁石ではなくフィールドコイルで磁場を発生しているので、一定の電圧になるとフィールドコイルの電流をON/OFFを繰り返すことでそれ以上の電圧上昇を防止していますが、ブロックダイナモでは永久磁石なので、そういう器用な真似はできないので、何がしかの工夫が必要だと思います。
(私はそこまで電気に詳しくないので、後付けのレギュレータを成立させる回路はわかりません)

最近は、6V6Wどころか、通常の6V3Wのブロックダイナモでも、ダイナモ単体の部品はなかなか手に入りにくくなっています。
ほとんどがライト一体型になってしまっているので、ダイナモとライト別体のものを探すしかないと思います。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/others/maruzen.html
http://www.cycle-yoshida.com/sanyo/light/nh174sxt7_page.htm
こんな感じの、ライトとダイナモのセットになっているものを探して、ダイナモだけ使う感じになると思います。
正直、昔あったような6V6Wシングルや6V3Wダブルなどのダイナモは、今では作られていないんじゃないかと思います。
(昔はスポーツ車には6Wシングルや3Wダブルが標準だったんですけどね)
なので、6V6Wなどがほしければ、ネットオークションなどで根気良く探すか、昔からやっている自転車屋さんにデッドストックが転がっていないか探してもらうなどの方法しかないかもしれません。
(もしくは、使ってない古い自転車を持ってる人に、ダイナモを譲ってもらう、という手もあります)
なにしろ、今ではブリヂストン・ジュピターやパナソニック・レギュラーなどの実用自転車にもハブダイナモがついてる時代ですので・・・

ラジコン用などの大出力モーターをブロックダイナモ代わりにする、というのは不可能ではないと思います。
(発電機とモーターは、はっきりゆーて中身は基本構造同じですしね)
まあ、取り付けのステーなどに一工夫必要かとは思いますが。
大型のモーターであれば、それだけ大出力が出せるでしょう。
極論、オートバイ用セルモーターとか使えば、かなりの出力が出せると思いますが、エネルギー保存の法則から、大出力を出すためには、それだけ回転がめちゃめちゃ重くなるため、多分まともに走れるシロモノではないと思います。
(回転の重さだけでなく、モーターそのものの重量もかなりありますしね)
ラジコン用モーターあたりが実用上の限界な気がします。
(原付スクーター用くらいなら、もしかするとギリギリいける・・・かも?)

最後に、質問事項とは直接関係ないんですが・・・
返信されるとき、「補足」ではなく、「お礼」を使ったほうがいいですよ。
「お礼」であれば、回答者に無条件で返信があった旨メールがいきますが、「補足」だと、通知メールを受け取るように設定しないとメールが来ないため、わざわざ過去に回答した質問に定期的に巡回して見に来ないと返信があったことがわかりません。
で、通知メールONに設定すると、他の回答者の回答の書き込みがあったときにもいちいちメールが来るので、私はうっとうしいので基本的に全てOFFにしています。
(そういう人は多いと思います)
なので、原則的には「お礼」を使うことをおすすめします。

No1です。
ブロックダイナモに関しては、あくまで定格が6Vとなっているだけで、ボルテージレギュレータなぞ入っていない直結なので、速度が上がれば上がるほどどこまでも電圧は上がります。
実際、下り坂全開でライトをつけて走っていて、電圧上がりすぎて電球切れたことありますし。(笑)
おそらく、15~20キロあたりで6V前後になるんじゃないかと思います。
(タイヤの大きさにもよりますけどね)
なので、下り坂などで40キロ、50キロというスピードを出した場合、10Vとか12Vとか、定格の倍くらいの電圧が出て...続きを読む

Q昔の自転車に比べて今のは発電機をまわすペダルの力がいらないのはなぜ

昔の自転車は発電機をタイヤに押し付けていました。
発電しているときは、タイヤを漕ぐのに力が要りました。
当然、発電に力を取られるので、ペダルが重くなるのは
しかたがないと思っていました。

ところが今の自転車は、タイヤの軸のなかに発電機が入っていて、
電気をつけているときでも、ペダルは軽いそうです。
発電にエネルギーをとられるのは同じなのに、どうして軽いので
しょうか?

昔の自転車が発電機により、タイヤが横方向に押し付けられるため
(スラスト力)重くなるののだとしたら、タイヤと軸の横方向の
接してる部分がすりへると思うのですが、どうなのでしょうね。

Aベストアンサー

発電機の効率の違いについてはもう回答があるので
「タイヤと軸の横方向の接してる部分がすりへると思うのですが」
の方ですけど
実際かなりすり減っています。タイヤも横から押し付けられて凹んでいるでしょう
それと音もかなり大きな音が出ていた。
結局摩耗しながらの発熱と騒音(振動)とタイヤを常に変形させる力でもエネルギーを捨てているのでは。

質問者の方はご承知のようですが、電力を消費していない時はハブダイナモでも押し付け式でも負荷はほとんど無くなっています。
押し付け式ダイナモの配線をOFFにすれば無負荷時の抵抗を確かめることができますが、この方法では負荷がかかっている時のローラーとタイヤの間でのスリップ損失がわかりません。

Q自転車用のリムダイナモをモーターにできないか

モーターと発電機の基本原理が同じ事から考えて、「自転車のダイナモに直流電流を流してやればモーターのように回転するのでは?」との仮説をたてて実験してみました。
実際には、直流電源装置を使用して6V位まで電圧を上げていったのですが、一瞬だけ回転しかけて、そのあとは止まってしまいました。指ではずみをつけるように回転をかけてみても回りません。それ以上に電圧をあげていくと、ダイナモ自体(内部)が微振動をはじめるので、危険を感じてそれ以上は上げられませんでした。
リムダイナモの内部構造図をネットで探してみたところ、通常のモーターとは違っているようでした。

リムダイナモの構造上の問題で不可能なのか、電圧や電流など実験のやり方が悪かったのか、自分ではわかりません。
どなたか、教えてください

Aベストアンサー

電機子が固定、界磁が回転する交流発電機です
界磁は永久磁石です
直流を印加しても回転磁界が得られないので回転しません
交流を印加して手で起動すれば連続回転するかも知れません
原理的な構造図をアップしておきます
図で回転磁石とコイルに発生した磁極が逆になった状態で停止してしまいます
コイルを常に回転させておかないと連続回転しません
このように回転する磁界を回転磁界と言います
直流で回転磁界を発生させるには整流子を使います

Q“ダイナモ”って何ですか?

旧型オデッセイに乗っています。
最近、車がオカシイのです。
・遠出をしようと2時間くらい山道を走ったところで信号が赤になって止まったら、そのままエンジンが止まってしまった。→そのままかけようとしてもエンジンはかからず、アクセルを踏みながらセルを回したらとりあえずかかったがエンジンを踏みつづけていないとすぐ止まってしまう状態。1時間くらいボンネットを開けて放置しておいてその後エンジンをかけたら普通にかかったので乗って帰ってきた。→ディーラーで調べてもらっても原因は不明。「インジェクションかもしれないかなあ」という程度。インジェクション交換はしていない。
・ある日の昼間、3時間ほどあちらこちらに寄りながら外出していて、家に帰って1時間後にまた外出しようとしたらキーレスエントリーでドアが開かなかった。もちろんライトもつかないし、エンジンをかけようとしてもセルも回らない。→他の車からバッテリー充電しながらエンジンをかけたらかかった→バッテリー交換した。
・夜出かけようと思い、エンジンをかけてスモールライトをつけた状態で窓を開けようとしたら一瞬パネルが暗くなってアイドリングが下がった。その後出かけたが特に問題はなし。(多少アイドリングが低いような気が…)

ある人に話したら「ダイナモかなぁ」と言われましたがダイナモって何ですか?ダイナモが駄目になるとどういう症状がでるのでしょうか。教えて下さい。

旧型オデッセイに乗っています。
最近、車がオカシイのです。
・遠出をしようと2時間くらい山道を走ったところで信号が赤になって止まったら、そのままエンジンが止まってしまった。→そのままかけようとしてもエンジンはかからず、アクセルを踏みながらセルを回したらとりあえずかかったがエンジンを踏みつづけていないとすぐ止まってしまう状態。1時間くらいボンネットを開けて放置しておいてその後エンジンをかけたら普通にかかったので乗って帰ってきた。→ディーラーで調べてもらっても原因は不明。「インジ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ダイナモとは発電機のことです。

車は常にバッテリーを使用しているのではなく、
エンジンがかかってしまえばダイナモが働き、バッテリーへの充電状態になります。
しかし、ダイナモに異常(発電しない状態)があればバッテリーを消費し続けてしまいます。
従って、ダイナモが働かない状態で走行していると、エアコン、ライト、音楽等の
装備がすべてバッテリーでまかなわれているため、バッテリーがあがってしまうのです。

バッテリー交換後の状態を見るとダイナモの可能性がありますが、
質問前半部分の状態を見るとダイナモかな?という疑問があります。

私も過去にダイナモが故障した経験がありますが、そのときは完全に動かなく
なってしまいました。(バッテリーをすべて使い切った状態)

バッテリーも放電させてしまうと使いものにならなくなってしまうので、
早めにダイナモの点検をされた方がよいかと思います。

Qハブダイナモの電圧

ハブダイナモの自転車があるのですが、改造を考えています。

ライトをLEDにしたいのですが、電球は確か6Vのクリプトン球だったと思うのですが、ハブダイナモは電圧は徐々に上がって20V弱にまであがりますよね

あれは大丈夫なのでしょうか?
保護回路みたいなので、6V以上でないようにしているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハブダイナモについてこちらのページで詳しく解説されていますので、改造するのであれば参考になると思います。
http://www.soaring.co.jp/rwstuff/rwstuff.htm

QACモータを水車の発電機として使うことは可能でしょうか?

DCモータに回転を伝達して,発電機として使用する
ことを検討していたのですが,ブラシの問題や価格の
問題からACモータを使った方がいいかもしれないと思ったのですが,ACモータは逆に発電機として使う事は可能なのでしょうか?可能ならば詳しいホームページなど教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

補足です。
私は小型モーターの世界しかおつきあいが無く、発電器には無縁なので、用語は回答2の方の方が正しいと思います。
で、回答1をわかりやすく修正します。

家庭用の誘導モーターで、発電器に使用できる物はありません。
たとえば扇風機や冷蔵庫のモーターなどは、原理的に発電できません。

電気子と界磁にコイルを使ったモーターならば、発電に使用できます。
ただし、電機子に電流を流すのにブラシが不可欠ですから、ブラシレスはムリです。
家庭用のACモーターで発電に使用できてブラシレスというのはも見た事がありません。

一番簡単なブラシレスは、電機子にコイルを使用しない物です。
ただ、その構造の誘導モーターでは発電は不可能です。
電気子が永久磁石になっている物なら発電できますが、そういう構造の家庭用モーターは見たことがありません。

他の方の回答にもありましたが、すなおに発電器を使用するのが得策かと思います。
小さい物では自転車用の、もっと大きな物では自動車用の発電器が手軽だと思います。

Q自転車のランプがつかない

最近自転車のランプがつかないのですが、修理できるかチェックする時のポイントや
、交換になった場合の値段などを教えていただけないでしょうか。
ランプは、タイヤとの摩擦で回るタイプのもので、
乾電池を入れるタイプではありません。
情報が不足していましたら補足をさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ダイナモとライトが一体型の場合を想定して書かせて戴きます。
ライトがつかない場合の多くは電球ではなく、接触不良によるものです。

.まずは外部から…
ダイナモ(発電機…タイヤに当たってぐるぐる回る所)
の下に電線が見えると思いますが、抜けていないか確認して下さい。
抜けていた場合は下の所の飛び出した所を見て下さい。
穴があるのがわかると思います。
下から上へ押さえると配線が差し込めるようになります。
そこへ電線の銀色の部分を差込み手を離すと、抜けなくなります。
(まず、接触不良の第一の原因になる場所でもありますので、電線の銀色の部分がくすんでいる場合は軽く爪などでこすってあげて下さい。)
.次にレンズ(光る所)を外します。
ネジ1本で止まっていて片側が爪になっていますので、ネジをレンズが浮く所まで外し、
爪の所から抜いて下さい。
やっと電球です。一度覗いて切れているか見て下さい。
見て切れている場合は中に予備があると思いますので、交換して下さい。
(見てわからない場合は、電球を振ってみてカラカラ音がするようであれば、切れてます。)
この時、口金(電球のネジの所)と接触する金具が見えると思います。よく見ると大抵は錆びてます。
ここがライトがつかない原因で一番多いところです。
その錆をサンドペーパーがあれば一番いいのですが、
ない場合はドライバーの先でも結構ですので、錆をしっかり取り除いて下さい。
あとは、電球の口金と磨いた金具がしっかり当たる事を確認しながら、元に戻して下さい。
…ここまで出来たら、さあ点灯するかテストしてみて下さい。
(どうでしょうか?)
…ここまでやってダメであれば、自転車店に“GO”
もう一ヶ所接触不良を起こす所があるのですが…
(ダイナモライトと自転車を留めている金具部分)
ここは、角度を間違えるとタイヤのサイドが削れて破れたり、重くなったりしますので
“プロ”にお願いして下さい。自転車店の方も同じ事を試されると思います。
それで点かなければ…交換って事でm(__)m
値段的には、このタイプであれば工賃込みで2500円位みておいて戴けるといいと思います。
(お釣りがあればラッキーって思えますもんね(笑))

ダイナモとライトが一体型の場合を想定して書かせて戴きます。
ライトがつかない場合の多くは電球ではなく、接触不良によるものです。

.まずは外部から…
ダイナモ(発電機…タイヤに当たってぐるぐる回る所)
の下に電線が見えると思いますが、抜けていないか確認して下さい。
抜けていた場合は下の所の飛び出した所を見て下さい。
穴があるのがわかると思います。
下から上へ押さえると配線が差し込めるようになります。
そこへ電線の銀色の部分を差込み手を離すと、抜けなくなります。
(まず、接触...続きを読む

Qダイナモランプと点灯虫の違いは?

http://item.rakuten.co.jp/e-cycleparts/b63u/
http://item.rakuten.co.jp/e-cycleparts/b63ut/
このどちらかで迷ってるんですが、ダイナモランプと点灯虫の違いはなんですか?
点灯虫モデルのほうが少しだけお値段がするんですけど。。

Aベストアンサー

点灯虫は センサーによってつくタイプで
LED式になってますので昼間のように明るく球切れもない。

http://www.kyuusyuusyaryou.com/BSwhiteflashone.htm

ダイナモランプは従来と同じだと思います


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング