今日初めてこの【OKWebコミュニティ】を利用させて戴いています。よろしくお願い致します。ガンのことが良く分からない方に分かりやすく具体的に『良性ガンと上皮内ガン』について説明したいのですが、うまくイメージできず、困っています。より具体的に簡単に説明する手法をアドバイスして戴きたくここに掲載しました。皆さんお忙しいとは思いますがよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 補足です。

体の細胞はきちんとした規則にしたがって、作られています。目の細胞は目の細胞 手の細胞は手の細胞というようにです。新陳代謝という言葉がありますが、常に細胞は新しく入れ替わっています。(古い細胞が死滅し新しい細胞ができている)
しかし、なかにはその規則を無視した細胞が現れることがあります。これを新生物といいます。
もちろんガンもそうですし、おできのようなものもそうです。しかしガンでは命を落としますが、おできでは命を落としません。
同じ規則を無視した細胞なのに、どこが違うのかということですが、それは規則の無視の仕方が違うのです。定義としては、良性では細胞の分裂がある程度でとまる。転移をしない 浸潤しない ということがあげられます、それに比べ悪性は分裂がとまらない、分裂の仕方が不規則(3つに分かれたりする)細胞の形が汚い 正常細胞との強化が不明確 などがありますが、まだはっきりした定義が確立されていないということも事実です。
しかし、今までの経験則と症例の組み合わせから、すでに学問が形成されていますので、一目見ただけで良性とわかるものもあるし、顕微鏡で細胞を見てこれは良性だなとわかるものもあります。
しかし、良性と悪性がしっかり線引きできるかというとそうでもなく

良←------------------境界悪性---------------→悪
  大丈夫です     様子を見ましょう     ガンです

というような感じになります。
しかし、こういった新生物に関しては悪性より良性の方が圧倒的に多いですが・・・  
 
ですから、基本的に良性と悪性の違いというと先に言ったように    細胞の分裂がある程度でとまる。転移をしない 浸潤しない いいかえればそれによって命の危険性がないものということになりましょうか

参考URL:http://mcdd.dyndns.org/myhomepage/cont10.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfisherさん、遅くなりました。本当にまたまた補足の回答まで戴きましてありがとうございます。『規則の無視の仕方が違う。定義として、良性では細胞の分裂がある程度でとまる。転移をしない・浸潤しないということ。』とう所と、『良性と悪性がしっかり線引きできるかというとそうでもなくと言った図で示して戴いた部分』がとても分かり安かったです。感謝です。starfisherさんはお医者様ですか。ありがとうございまた。n821021k

お礼日時:2005/04/22 21:07

引用ですが


”初期段階のガンで、がんが粘膜の一番上の上皮内に
とどまっていて、粘膜の一番下を構成している基底膜がまだ破壊されていない状態を上皮内がんといいます”
良性ガン?良性でしたらガンではないですが

境界悪性というものもあり難しく考えると難しくなりますが

細胞の形、大きさ、浸潤の程度から、判断し良性と判断されれば良性腫瘍となります。
(一見でわかるものもある)
脂肪腫のような軟部腫瘍や子宮筋腫などは良性腫瘍ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfisherさん、早速の回答ありがとうございます。上皮内ガンになる前の段階を良性腫瘍と考えればいのですネ。それでよろしいですか。良性ガンと言う言葉はないはずですネ。上皮内ガンのイメージはできますが、良性腫瘍のイメージは分かりにくいものでした。子宮筋腫は良性であるというのは分かりやすいです。
ありがとうございます。n821021k

お礼日時:2005/04/20 01:05

一言で表すなら、「良性=質」「上皮内=場所」ですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

yopparさん、早速の回答ありがとうございました。とても簡潔な表現なので、最初の掴みで利用させて戴きます。ありがとうございました。n821021k

お礼日時:2005/04/20 00:53

一言で表すなら、「良性=質」「上皮内=場所」ですね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上皮間葉相互作用って?

上皮間葉相互作用によってできる
たとえば、外胚葉と内胚葉からできる器官ってどういう意味ですか?


また、爪や聴覚神経は外胚葉由来で、肝臓は内胚葉由来・・・
臓器や器官はいろいろありますが、覚えるしかないのでしょうか?
それとも、器官のある場所が分かれば判断できるのでしょうか?

Aベストアンサー

「上皮間葉相互作用」というのが理解できていないのでもうしわけありませんが、内胚葉と外胚葉について。

人は受精卵から成長します(発生)ね?受精卵が分裂していくと、「胚」と呼ばれるようになります。
そして少し発生すると、「外胚葉」と「内胚葉」と呼ばれる部分に分化し、その間に「中胚葉」もできてきます。
それがどんどん発生が進んでいけば、いろいろな器官が出来上がるんです。
たとえば、外胚葉の細胞をずっと追跡調査をしてみたとしましょう。すると、神経の細胞や皮膚の細胞など、「外胚葉由来」の器官の細胞になっているはずです。もちろんどんどん分裂していますから、個体の状態では多くの細胞に分裂・分化しているでしょうし、途中で死滅した細胞もあると思いますが(余計わかりにくくなったら、スルーしてください)
逆にいえば、神経(外胚葉由来)をずっと胚の時代までさかのぼっていけば、外胚葉の細胞に行きつくわけです。
それが外胚葉からできる(外胚葉由来の)器官というわけです。
中胚葉、内胚葉も同様です。

さて、覚え方ですが、これはどういう風に胚が発生するかを考えるといいのですが、三次元のよくわからない立体ですので、はじめのほうしかなかなかわからないと思います。
でも、傾向はありますよ。これは発生過程に依存しているもので、現時点での器官のある場所では判断できないのでご注意ください。

まずは外胚葉。
名前のとおり、外側です。つまり、皮膚(表皮)をつくるのが外胚葉です。
この外胚葉、はじめの頃にくぼみを作って、「神経管」という管を作ります。これが神経のもとです。ですから、外胚葉は皮膚と神経系(脳も含む)。

そして内胚葉。
これは中側。つまり消化管です。肝臓、胆嚢、膵臓は消化管ではありませんが、消化器なのでこれも内胚葉(だった気がします)。呼吸器は消化管から枝が伸びてできますし(だから咽頭で消化管と合流しているのです)尿路(尿管や膀胱、尿道)も内胚葉です。
※泌尿器でも腎臓と性腺は中胚葉なのでご注意を!

中肺葉。
内胚葉と外胚葉の間にできたものですが、まず心臓のもとを作ります。だから血管系。そして体腔をつくります。だから骨格筋など。そして、腎臓と性腺。中胚葉は一番複雑ですが。

こうして系統だてて覚えるとわりと早いです。
爪や毛髪、汗腺などは皮膚の一部と考えられるから外胚葉由来。聴覚神経も神経の一部なので外胚葉。肝臓は消化管だから内胚葉由来、という風に。

発生学は自分でイラストを見ないと絶対にイメージがつかめないと思うので、発生学のテキストをぜひ見てみてください。胚の断面図が載っていると思いますので。
そして私が出した例も、かなりアバウトな上自信はちょっとないので、教科書を見てくださいね。あくまで覚え方です。

長くなってごめんなさい。大変だとは思いますのが、がんばってください。

「上皮間葉相互作用」というのが理解できていないのでもうしわけありませんが、内胚葉と外胚葉について。

人は受精卵から成長します(発生)ね?受精卵が分裂していくと、「胚」と呼ばれるようになります。
そして少し発生すると、「外胚葉」と「内胚葉」と呼ばれる部分に分化し、その間に「中胚葉」もできてきます。
それがどんどん発生が進んでいけば、いろいろな器官が出来上がるんです。
たとえば、外胚葉の細胞をずっと追跡調査をしてみたとしましょう。すると、神経の細胞や皮膚の細胞など、「外胚葉...続きを読む

Q上皮内ガンと子宮腫瘍のちがい

タイトルの通りなのですが、上皮内ガンと子宮腫瘍のちがいを教えて下さい。また、どちらが生命保険加入しにくいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 質問の意図がよく分かりませんが、こんな回答でよろしいでしょうか。
 まず、「腫瘍」という用語には、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」が含まれます。「ガン」という病気は「悪性腫瘍」の一つです(厳密にはイコールではありませんが)。
 さて、ご質問の「上皮内ガン」ですが、とっても初期のガンと理解して頂ければいいと思います。転移している可能性はほとんど無く、手術や放射線治療で治癒率はとっても高いですが、あくまでも「悪性腫瘍」です。「子宮腫瘍」と言った場合、「ガン」だけでなく、「子宮筋腫」などの良性腫瘍も含まれます。ちなみに、「上皮内ガン」であってもほおっておけば進行癌になり転移したり、命に関わる事がありますが、「子宮筋腫」のような良性腫瘍の場合、大量の出血がなければ命に関わる事は少ないです。
 もう一つ補足ですが、子宮癌には大きく分けて「子宮頚癌」と「子宮体癌」があり、「子宮頚癌」の方が初期の段階で健康診断などで見つかる事がおおいので、子宮の「上皮内ガン」は恐らくとっても初期の「子宮頚癌」だったんだと思います。

 私は保険屋ではないので、ここから先の回答はあくまで参考程度にしてください。
 保険加入の際にこれまでにかかった病気について聞かれると思います。その際に、「子宮腫瘍」と解答しますと、それが、「子宮頚癌」か「子宮体癌」か「子宮筋腫」かその他の子宮腫瘍か、また、その腫瘍がどのくらい進行していたか、を聞かれると思います。「上皮内ガン」で手術をうけており、3~5年以上再発がなければ「治癒」として扱ってもらえると思いますので、生命保険加入の際にはあまり問題にならないと思います(もちろん医師の診断書が必要です)。というわけで、質問の後半部分の回答としては、「どちらが有利ということはなく、実際どのような病気だったかがキーになる」、ということになります。

 質問の意図がよく分かりませんが、こんな回答でよろしいでしょうか。
 まず、「腫瘍」という用語には、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」が含まれます。「ガン」という病気は「悪性腫瘍」の一つです(厳密にはイコールではありませんが)。
 さて、ご質問の「上皮内ガン」ですが、とっても初期のガンと理解して頂ければいいと思います。転移している可能性はほとんど無く、手術や放射線治療で治癒率はとっても高いですが、あくまでも「悪性腫瘍」です。「子宮腫瘍」と言った場合、「ガン」だけでなく、「子宮筋腫...続きを読む

Q素粒子の相互作用について

19世紀までに知られていたものは重力相互作用と電磁相互作用であったのですが、
重力相互作用と電磁相互作用以外にも相互作用が存在すると考えられたのはなぜでしょうか?
また、
重力相互作用と電磁相互作用以外の相互作用として、強い相互作用と弱い相互作用の異なる2種の相互作用が存在すると考えられたのはなぜでしょうか?

うまい説明の仕方が分かりません。
どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中性子が発見されて、それが原子核の中で陽子と結合
していることが分かった時点で、結合している理由が
説明つかなくなったからです。

重力では弱すぎる。中性子は電気的に
中性ですから、電磁相互作用で引き合う
はずがない・・・

電子や陽子といった電磁気的な力に
打ち勝つため、中性子と陽子は
電磁気的な力より「強い力」で
引き合っているはずだとういうのが、
発想の原点です。

Q上皮内ガンの診断確定も、病理組織学的検査?

先生方にお尋ねします。

がん保険請求の条件として、
『ガンの診断確定が「病理組織学的所見(生検含む)」により、なされること』とあります。
 
★この場合の、「病理組織学的所見(生検含む)」とは、
  具体的にどのような検査ですか?
 
★何のガンの時(種類、部位)に行われるのですか?
 
★「上皮内ガン」の時も、「病理組織学的所見(生検含む)」の
  検査が行われるのですか?
  部位によって異なるのでしょうか?
   (その場合、どの部位に病理組織検査がなされますか?)


素人ゆえ、質問自体、上手に出来ずに申し訳ありません。
ガンの診断確定の方法の現状が知りたくご質問させていただきました。 (夫のがん保険加入に際し、疑問が生じたため)

何卒よろしくお願い申し上げます。
 

Aベストアンサー

★この場合の、「病理組織学的所見(生検含む)」とは、具体的にどのような検査ですか?
病理組織検査は太めの針や鉗子と呼ばれる道具で、がんがある部分の細胞の塊(組織)をとってくることです。これを生検とよび、バイオプシーとも呼ばれます。とってきた組織を顕微鏡標本にして、顕微鏡でその組織がどのようなものかを検査するのが病理検査で、そのときの所見や診断が病理組織学的所見であり、病理組織診断となります。
細胞を少しだけ採取する細胞診と呼ばれる似たものもありますが、これとは区別されます。
 
★何のガンの時(種類、部位)に行われるのですか?
あらゆるがんです。全てのがんはその組織診断か、細胞診で診断されて初めて確定診断となります。

★「上皮内ガン」の時も、「病理組織学的所見(生検含む)」の検査が行われるのですか?部位によって異なるのでしょうか?(その場合、どの部位に病理組織検査がなされますか?)
上皮内がんだと、主としてその組織診断で確定されます。

なかなか難しいですね、どのくらいの基礎知識があるのか分からないので。

Qminimalな電磁相互作用とは?

http://questionbox.jp.msn.com/qa767600.html

ここのページにも書かれていますが、
電磁相互作用のない場合のハミルトニアンを H→H-eA0,p→p-eA と置きかえればいいことを意味します。この相互作用をminimalな電磁相互作用と呼んでいますが、minimalな電磁相互作用は荷電粒子がローレンツ力によって運動することを保証するものとされています。
このminimalな電磁相互作用というのが分かりません。
電磁相互作用がほとんどない状態なので最小の(minimal)という用語が使われているのだと思うのですが、
ローレンツ力は電磁相互作用ではないのでしょうか?
それと電磁相互作用がない場合、このような変換を行える意味も分かりません。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

>電磁相互作用がほとんどない状態なので最小の(minimal)という用語が使われているのだと思うのですが、

それは誤解ではないでしょうか?

「ミニマルな相互作用(minimal interaction)」
という用語の「minimal」の意味するところについては
岩波書店の「理化学辞典」第五版
http://www.amazon.co.jp/dp/4000800906/
の「ゲージ理論」の項目に記述があります。


この質問に限りませんが、ちゃんと勉強するのであればいきなりネットで聞くのではなく、まず書籍で調べることをお勧めします。
(あるいは先にネットで回答が得られた場合でも、後で必ず書籍や論文に直接当たって確認すべきと思います。)
ネットでの回答には間違いが多いのと、書籍であれば得られるはずの関連知識(前提条件など)が得られないから、というのがその理由です。

Q良性の腫瘍、放っておくとガン化する?

今月のあたまに、乳がん検診をしたら、視触診ではわからなかったものの
マンモで良性と思われる腫瘍が見つかりました。
3ヶ月後に再検査して、場合によっては紹介状を書くと医師に言われているのですが
放っておくとガン化するのでしょうか?
検査したのは掛かりつけの婦人科で同時に子宮頸がんの検診もしました。
両方とも市の検診で毎年ここで受けています。

Aベストアンサー

生検していないので、「思われる」です。100%良性と診断したら、3ヶ月後ではないでしょう。明らかに良性ではないから、3ヶ月後の再検です。疑わしくなければ1年後だと思います。3ヶ月後にあまり変わらないなら、まあ良性と思われるということになって、経過観察(自分で触診と何ヶ月後かの再検)になるでしょう。形態に変化があれば、エコーと針生検になると思います。もしよほど心配で、3ヶ月待てないなら乳腺外科に行って検査をするのがよいと思います。3ヶ月で良性の物が癌化するというより、最初から癌なら顕著化するということだと思います。お大事に。

Q電磁相互作用について。

電磁波を勉強するうちに次のところで行き詰まりました、、。わかる範囲で良いので教えてください。
電磁相互作用を導く為に
1.複素スカラー場に対する局所ゲージ変換不変性からゲージ場を導入する。

2.1を用いてスカラー場と電磁場の電磁相互作用を導く。

上記のやりかたで導かれる、電磁相互作用をすべて教えて下さい。

Aベストアンサー

電弱相互作用のことですか?

電磁相互作用とは何の話のことでしょうか?
古典電磁気学のベクトルポテンシャルの話ですか?
(クーロンゲージとかの話?)
それとも、ワインバーグ・サラムの電弱相互作用の
ゲージの話ですか?
(後者なら、答えれませんが…。)

もしも古典電磁気学の話なら、何を聞きたいのか
質問をもう少し分かりやすくしてもらわないと、
多分誰も答えられないのでは??

Q良性の腫瘍はガン化する?

30代後半、女性です。未婚、妊娠・出産・授乳経験なしです。

まだ確定はしていないのですが、
今年の市の乳がん検診でエコーで腫瘍らしきものが見つかりました。
3ヶ月後の再検査で大きくはなっていないので、
問題なし、次は6ヶ月後の検査になりました。

良性の腫瘍ってガン化するのでしょうか?

実は1年前に右足親指の爪の生え際あたりに
グロムス腫瘍(良性らしい)というのが出来て、
除去手術をしたのですが、完全には取れなかったらしく
今は経過観察で3ケ月に1度受診しています。
今回は1ヶ月後になりました。
今度の受診のときに腫瘍がどうなっているか、
調べて欲しいということは可能なのでしょうか?
最初はエコーで調べました。

Aベストアンサー

良性の腫瘍が癌化するかどうか、で言うなれば有ります。

乳癌患者女性で有名なブロガーさんがいますが、その方は過去良性の腫瘍が胸右側に
出来たそうです。
その時は経過観察になった様ですが2年程して検査結果で
良性だった腫瘍が悪性化していると云う事が分かり、手術を受けて現在化学治療を
継続していると云う方もいますし

親戚の方が同じく良性腫瘍を患い、経過観察を経て1年程した頃
悪性化してしまい同じく手術を受けた方がいらっしゃいます。

同じく婦人科病気で卵巣腫瘍も『一度良性だった物が悪性になる事は無い』と
豪語して勘違い発言をされる方もいらっしゃいますが
実際は良性腫瘍でも年齢だったり状況によっては悪性化する場合も有るとされています。

変異が有り良性が悪性になる事は普通に有る事です。

検査を続けて行き、必要で有れば除去手術を早い内に行うのが安心かと思います。

婦人系の癌は、一般的な臓器癌と異なり進行が早いのです。
悪性になってしまえば、とても早いスピードで増殖して行きますし
他の部位に転移すれば残された時間もそれだけ少なくなります。

私が先生から聞いた話では、半年毎に検査を受けていて問題無かった患者さんが
同じく半年後に検査を受けた時、悪性癌を発見した事例も有ると(腹水も蓄積し末期レベル)
聞き怖くなった事が有ります。

つまり悪性になった婦人系癌は半年有れば急成長し、末期にまでなると云う事です。
臓器癌は年単位でゆっくり悪化して行きます。

検査については、希望されれば可能かと思います。
『問題無い』と検査をしなくても・・と言われたとしても
体、命は貴方の問題ですから、早め早めに適切な対処をして貰う事が一番です。

早い段階で綺麗に取り除ければ問題は無いと思いますが
微量でも癌化する可能性が有る細胞を残してしまえば、突発的にそうなる可能性は
否定出来ないと云うのは事実だと思います。

良性の腫瘍が癌化するかどうか、で言うなれば有ります。

乳癌患者女性で有名なブロガーさんがいますが、その方は過去良性の腫瘍が胸右側に
出来たそうです。
その時は経過観察になった様ですが2年程して検査結果で
良性だった腫瘍が悪性化していると云う事が分かり、手術を受けて現在化学治療を
継続していると云う方もいますし

親戚の方が同じく良性腫瘍を患い、経過観察を経て1年程した頃
悪性化してしまい同じく手術を受けた方がいらっしゃいます。

同じく婦人科病気で卵巣腫瘍も『一度良性だった物が悪性...続きを読む

Q分子間相互作用

こんにちは。
分子間相互作用についていくつか質問があります。
(1)疎水性相互作用は純水中よりも、真空中の方が小さいのは真空中ではこの作用が働かないからで良いのでしょうか?

(2)疎水性相互作用は溶媒によって左右されますが、純水中と30%メタノール中で比較した場合はどたらの方が大きいのでしょうか?どちらも極性溶媒ですよね・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「疎水性相互作用」というのをどういう意味で使っておられますか。
私は分子間相互作用に親水性相互作用と疎水性相互作用があるというふうには思っていませんでした。

分子間力にはいろんな効果が含まれています。極性構造があればイオン間の相互作用に準ずる引力が生じる事が予想されますから分子間力は大きくなります。極性構造がなくても分子間の凝集は起こるのですから何らかの引力が存在するはずです。そういう力として求められたものがファンデルワールス力(分散力)です。この力は全ての分子で働きます。この力は距離が離れると急激に弱くなります。

分子間力は分子と分子の間に働く力ですから当然、間に何もない状態を考えています。その意味では真空中です。間に水があればその分子と水との間に働く力を考える事になります。
間に水がくることが出来るかどうかは分子と分子、水と水、水と分子のそれぞれの間に働く力の大きさの兼ね合いになります。
水にはかなり大きな極性があります。極性のある分子が水には溶けやすいです。極性のない分子は間に水をはさむことが出来ません。水と水の間に働く力のほうが強いのですから水は水とくっついて集まってしまいます。水とくっつくことのできない分子は仕方なしに水からはじき出されたようにして集まります。密度が小さければ浮くことになります。

分子の構造が決まればどういう種類の分子間力が働くかが決まります。分子間力の大きさは具体的な物質とその配置で変わってきます。距離が大きくなれば小さくなります。物質の組み合わせが変われば力の性質は変わってきます。どういう力が効いてくるかが変わってきます。

・疎水性相互作用とは何でしょう。
・(1)疎水性相互作用は純水中よりも、真空中の方が小さいのは
 これの意味が分かりません。

・(2)疎水性相互作用は溶媒によって左右されますが、
 これの意味も分かりません。

疎水性相互作用とはファンデルワールス力のことを言っているのですか。ファンデルワールス力は分子間力の中で一番弱い力です。水に混ざるということは極性構造があるということですからその物質に働いている分子間力はファンデルワールス力だけのときよりもつよいはずです。でもファンデルワールス力も働いています。合わさって働いているのですが強いほうの力が表に出てきたというだけです。ファンデルワールス力の大きさが大きくなったり、小さくなったりするわけではありません。間に水が入ったので距離が大きくなったということでの大きさの変化は当然ありますが。
とにかく何を言っているのかよく分からないのです。

(2)も同様です。
水、エタノールのどちらにも溶けるということは極性があるということです。エタノールの方が極性が弱いですから、極性の大きい物質は水の方によく溶けます。極性が弱くなると水には溶けにくくなります。しかし、水よりも極性の弱いエタノールであれば極性が弱くて水に溶けないような物質でも混ざりこんでいくことが出来るかもしれません。
これはファンデルワールス力の大きさが変わったのではありません。その分子の持っている分子間力でくっつくことでき来る相手は何かが変わったのです。水と水の結合の間に割り込んでいくほどの強さはないが水よりも結合の弱いアルコールの分子の間であれば割り込んでいくことが出来るということです。水では極性の構造が両側にあります。アルコールの場合、極性構造が分子の構造の片方(頭とします)にあります。頭の部分でしか強い分子間力は働かないのです。極性のない方(尻尾)ではファンデルワールス力にあたる力しか働きません。

でもこういうことを(2)のようには表現しないはずです。

「疎水性相互作用」というのをどういう意味で使っておられますか。
私は分子間相互作用に親水性相互作用と疎水性相互作用があるというふうには思っていませんでした。

分子間力にはいろんな効果が含まれています。極性構造があればイオン間の相互作用に準ずる引力が生じる事が予想されますから分子間力は大きくなります。極性構造がなくても分子間の凝集は起こるのですから何らかの引力が存在するはずです。そういう力として求められたものがファンデルワールス力(分散力)です。この力は全ての分子で働きま...続きを読む

Q下垂体腫瘍は良性でもガンになりますか?

題名通り下垂体の良性腫瘍は「ガン」になるのですか?
良性でも治療が必要なのですが、最悪手術までなります。
ガン保険は効くのでしょうか?

Aベストアンサー

>下垂体の良性腫瘍は「ガン」になるのですか?
医学的にはがんではありません。


>ガン保険は効くのでしょうか?
これは契約してあるがん保険の内容次第です。
契約内容にあれば,保険金は出るでしょう。
確認してみる必要があると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング