「しつけ」という意味で子供に言い聞かせていることってありますか?
子供に対して口をすっぱくして言っている事。子供にとっては耳にタコができるくらい聞かされている事。です。

我が家でやっているのはごくあたりまえの最低限のことだと思うのですが、こんな感じです。
●きちんとご挨拶をする
●お話を聞くときは相手の顔を見る
●突然道路に飛び出さない
●物(特に本・新聞・枕など)を踏まない
●物を投げない。粗末にしない。
●出したものはきちんと片付ける
●食事のマナー
 ・立ち歩かない
 ・お箸の持ち方
 ・肘をつかない
 ・左手を添える
 ・口に物が入ったまましゃべらない
 ・箸・スプーン・お皿・食べ物で遊ばない

子供達は現在3歳と1歳9ヶ月なのですが、私は小さい頃(今でも小さいですが、、)から言い続けています。
私の周りには「小さいうちは言ってもわかんないし、変にイライラしたくないから2歳から躾をする」という人(兄)もいます。
確かに、朝から晩までしょっちゅう「○○しちゃダメでしょ!」ばかり言っている感はあります。
が、小さい頃から言いつづけたおかげかどうかわかりませんが、上に書いたことは今のところきちんとできていると思います。
また、私の母は、兄の子より私の子の方が手がかからなくて面倒見やすいと言ってくれました。
何も言わずに思ったとおりに育ってくれるのが理想ですがそんなこと有り得るわけがなく、それなりに躾はしないといけないとは思うのですが「それなり」とは果たしてどのくらいなのか、皆さんのご意見をお伺いしたいと思いました。
また、その他「うちはこんなしつけしてるよ!」とか「こだわりのしつけ」がありましたら併せてお願いします。
無駄に長文ですみません。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

以前保育士をしていました^^



質問者様はすばらしいですね^^保育園でも躾はしていました。今の世の中、とても個性を重んじる傾向がありますが、それは基本がなっていて初めて個性となるのだと思います。

TPOにあわせた振る舞いをちゃんと身につけて、あえてこうしたいというのが「個性」なのではと。。。
でも、今の世の中は、躾も身についていないのに「個性」「個性」と、たんにわがままを許しているだけですよね^^;

保育園でも「コラ!お行儀が悪いよ!」など、食事のマナーやケンカをした時はちゃんと理由を考えながら解決していきますし、人とのコミュニケーションのとり方などちゃんと子供が恥をかかないように、子ども自身が自立していけるように指導していました。

あとは、メリハリに気をつけました。
いつもガミガミいうのでは子供も嫌気がさすでしょうから、外で遊ばせる時は思いっきり遊ばせるとか(服が汚れたとかはあまりいわない・汚れてもいい服で遊ばせる)や、たまに「ごっこ遊び」で私自身がお行儀が悪い子になって、子供がお母さん役とかして視点を変えさせるようなこともしてみたこともありました(これは効果抜群でしたよ(笑))

でもまぁ、どんなに立派に育てても心配をかけるのが子供の仕事なので、人の気持ちだけは察してあげれる人間に育って欲しいと私は願っております。ちょっと話がそれてすみません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は我が子も保育園に通わせており、正直躾の半分以上は保育園にやってもらっている状態で保育園様様なんです(笑)
そうですね。何でも「個性」という一言で片付けられがちですが、基本があってこその個性ですよね。
とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/20 12:05

はじめまして。


私も息子(現在小2)を保育園に預けて働きましたが、私は躾云々よりも、とにかく4歳くらいまでは、昼間離れている時間を埋めることに必死でした。
スキンシップとって、お互いニコニコしていられるように、ということを優先していましたので、あまり「○○しちゃダメでしょ!」と言った覚えはないです。生活の中で自然に教えてはいましたが、意識して「躾!」と思ってはいませんでした。
食事中に立ち歩いたら追い掛け回して遊ばせながら口にスプーンを運ぶ、お片づけしなかったら親が片付ける・・なんてことも日常茶飯事。質問者様が聞いたら卒倒しそうですよね?(大汗)
でも、上記くらいのことなら、いつの間にか身につきました。
何も言わずに思ったとおりに育ってくれるのが理想とのことですが・・・「何も言わずに」は無理ですけど、「小さいころから耳にタコができるくらい口をすっぱくして言わなくても」、思ったとおりに育つこともありますよ。親がイライラするのが一番悪影響じゃないでしょうか。そういった意味では私はお兄様寄りの子育てですね。

この回答への補足

ご回答・アドバイスをいただいた皆様、どうもありがとうございました。

実は、今回質問させて一番強く感じたのは「質問することの難しさ」でした。。
「親がお手本を示し、子供はその親の姿を見て成長する」というのはわかるんですが、小さな子供にはそれはわからないですよね。
例えば、食事中に立ち歩いているお子さんの場合、両親が食事中に立ち歩いていたからそういう行動をするとは限りません。
両親がきちんと座って食事をしていたとしても、子供は立ち歩いてしまいますよね。
つまり「食事中に立ち歩くことはよくない」ということは『親がお手本を示す』だけでは子供は理解できないと思うんです。
そのために言う小さな小言みたいなことを聞きたかったんです。
私が書いたこと以外になにがあるかなぁ。。と思って。

最後にこのようなことを書いて不愉快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、すみません。。
でも、躾に対して悩んだことがないわけではありませんので、皆さんからいただいた言葉はどれも私の心に響くものでした。
今後また躾に対して悩むことがあれば皆さんの言葉を読み直して参考&励みにしたいと思います。
本当にありがとうございました。

最後に。ポイント発行について悩んだのですが、私の心に一番強く響いた、考えさせられる、ご意見をいただいた方、2名に差し上げたいと思います。

補足日時:2005/04/21 11:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
兄寄りの意見、とても参考になりました。
なるほど~。言われてみると最もですね!
決して意識して「しつけしつけ!」と思ってそればかりやっているわけではないのですが、でも傍から見ればそのように映ってしまう可能性もありますね。
イライラしないように余裕を持って・・と思っている時点ですでにイライラしているんですよね(笑)

お礼日時:2005/04/21 09:43

保育関係の仕事をしています。

しつけに関する書籍などいろいろ読みましたが、リンクにある本は読みやすく、実際に実践してみて効果があったのでおすすめです。

基本的に、こちらが感情的になってしまうと「怖いからとりあえずその場だけ言うことを聞く子」になってしまうと思います。怖い人がいなくなれば問題行動をおこしますし、自分が大きくなって、怖い人が怖くなくなれば言うことを聞かなくなるわけです。ですから、他の方も書かれていましたが「そうすることはあなたにとって良いことはなんにもないですよ」という事実を「淡々と」伝えることにしています。

それから、守ってほしいことは子どもといえども「お願いね」と依頼するようにしています。依頼すると守ってくれたときに「ありがとう」と声が掛けられるので、子どもも何となく嬉しく感じるようです。命令口調は成功率がとても低いですし(反抗期になればなるほど)、「口やかましい人」と嫌われる確率が高いです(笑)。

あとはワガママでごねたときに、やはり感情的にならずに、冷静に「無視」することにしています。「これだけごねてヘソを曲げれば絶対に相手が折れる」という「ごねとく」を知っている子どもが増えている気がします。たぶん、我が子かわいさに「もう、しょうがないわねぇ」と妥協してしまうのでしょう。気持ちはわかるのですが、それは親には通じても、世の中では通用しないことなので「どんなにごねても無駄」ということをわかってもらうようにしています。

個人的には挨拶や「ありがとう」等は、教え込むのではなく、大人がお手本を見せていくことで、まねしていくものではないかと思います。

なかなか理論通りにはいかないのが子育てであり、幼児教育だと思います。あくまでもひとつのパターンとしてなにかの参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750315 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保育関係の仕事をしているとのことですが、普段から子供と接することが多いのでしょうね。
ご意見、とても参考になります。
「お願いね」は私もよく使いますよ!頭ごなしに言うよりも優しく「お願いね」と言った方が子供も快く動いてくれるような気がします。
挨拶、「ありがとう」・・親のお手本を見て自然とできるようになるのはいつ頃でしょうか。
子供達を保育園に通わせていますが、通園途中で会ったとき「おはようございます」と声をかけても返事をしない子けっこう多いです。
保護者の方はみなさん元気に挨拶を交わしていますが。
ですので、私は子供に「ご挨拶は?」と促すようにしています。

お礼日時:2005/04/21 09:56

我が家でも言い聞かせて来たのは同じ様な感じです(5歳の女の子)。


プラスするとしたら‥
(1)人(他人)に迷惑を掛けない
(2)公共機関(病院など含)では騒がない(ふざけない、走らない、大声を出さない)‥などでしょうか?
これは1歳ちょっとから病院はどういう人が来る所なのか?どうして騒いだらいけないのか?騒ぐとどうなるのか?などを何度も繰り返し言い聞かせたせいか?記憶の中で騒がれた記憶がありません。
病院で大騒ぎする子供‥走り回る子供‥それはまだしも親が知らんふりで、挙句の果てには注意した人を睨み付けたり「オバちゃんに怒られるからやめな~」などの注意の仕方の親を見ていると腹が立ちます。
親の注意の仕方が最近は「問題あり」なのって多いですよね。
自分自身も気をつける様にしています(反省)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
親の注意の仕方、私も気を使います。
とくに主人や義父母は「そんなことしたらお母さんに叱られるよ」と言っているようで。。
それで子供が納得しては意味がないんですよね。
なぜ「してはいけないのか」という理由がわからないと。
むずかしいですね。。

お礼日時:2005/04/20 15:52

こんにちは! 



私が子供達(現在10歳と5歳です)に、子供達が小さい頃(多分1歳になる前から)から、教えていることは・・・・・

1.「ありがとう」と「ごめんなさい」はちゃんと言う。

2.「自分が人にしてもらったら嬉しいことを、ほかの人にもその通りにしてあげる」(キリスト教の聖書から)

3.「自分がされて嫌なことは、他の人にもやらない」(ただし、自分がされて嫌でないことでも、他の人にとっては嫌なこともあるので注意する)

4.完璧な人はいないのだから、人(自分も含めて)良いところを見付けてそこに注目するようにする

5.(嫌なことがあっても嬉しいことも必ずあるので)「いつも喜び、感謝する」

の五つです。

今のところ、本当に優しい良い子に育ってくれています。
子供達に感謝!です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
お子さんは優しい良い子にお育ちなのですね。
うらやましい!
私も将来、子供達のことを「優しい良い子」だと思えるように子育てしていきたいと思います(私自身の気持ちの余裕も含めて)

お礼日時:2005/04/20 13:27

現在8歳と5歳の子供たちと奮闘中です。

私は、赤ちゃんのころからずっと話しています。年齢的に分かろうが分かるまいが、話していないと決して分かるようにはならないと思うからです。それに、いつから分かるなんて線引きは不可能ですし、たとえ線を引いてもその時から方針変えるわけにもいきませんしね。

子供たちに接するときに私が気にかけているのは、
1. 「だめ」は極力言わないようにする
2. 叱るときは、あなたたちが大好きだから叱るんだと言う
3. 子供の人格を尊重する
4. 自分の言動と子供たちに言っていることが矛盾しないように頑張る (^^;

1. 「だめ」を言うかわりに「こうしようよ」と好ましいやり方を提案する。「だめ」ばかリ言われていると大人でも落ち込むし、子供たちに「自分はだめなんだ」とは思ってほしくないから。でも、自分でも100%出来ているわけではなく、「だめ」を言いすぎて反省することもしばしば。
2. 子供たちにとっていやなことばかり言って「自分は嫌われている」とは決して思ってほしくないので、いちいち「大好きだからおこるのよ」と付け足してます。第一、本当に嫌いならエネルギー使って叱ったりしない。疲れますよね、叱るのって。
3. 子供は自分とは別の人格だから、まったく思い通りになるなんてありえない、と割り切る。諦めじゃなくって、子供の話をよく聞いて、ありのままを受け入れようと心がけています。(ちがうんじゃない?とろいなぁ、と思うこともありますけどねー。)
4. 親は子の鏡です。これに一番気を使います。言葉遣いでも、生活態度でも、親がするように子供はするようになります。究極の躾って、親が良いお手本を見せることじゃないかと思います。そう言いつつ、私もちゃんと出来なくて子供にしかられていることもあります、反省。それでも、完璧な人間になんて大人でも成り得ないことを子供にも分かってもらった上で、より良い方向に努力しつづける態度を見せていれば、親子ともに切磋琢磨し向上心をもちつつも、肩の力を抜いて気楽に成長していけるかなぁと、思っています。

これが絶対、というのがないのが育児。
試行錯誤しながらも、楽しく育てていきましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
本当、叱るの疲れます。
叱らないで済むなら叱りたくはありませんが、そのまま放置はできないですからね。。
「親は子の鏡」
そうですね。子供は親のことを良く見ていると思います。すぐ真似されますし、それを見て自分の言動を直すこともしばしば(苦笑)
子供と一緒に成長できれば。と思っています。
子供が1歳なら、私も母親としては1歳なんですよね。
完璧な子育てなんてできるわけないですし、そもそも何が完璧なのかもわからないですし。。
楽しく子育て頑張りたいと思います!

お礼日時:2005/04/20 13:25

ご質問者さまの挙げた項目は、我が家のものとそっくり同じでびっくりしました。


社会生活を送る上での、ごくごく最低限の暗黙の了解と言うか当たり前のことだと思います。

私は多分、ご質問者さまよりも、ものすごく口うるさいママだと自負しています。(^_^;)

子供は小学1年生と幼稚園年中さん(男児2人)です。
最近私の小言を聞かない振りをするので
(本当に耳に入っていないのかも・・・怒る口調って子供の耳の届かないそうです)
頭にきます。
でも、ここはおさえて。。。。。

「ありがとう」「ごめんなさい」&「食事のマナー」
この3つだけは、何よりも口うるさく言っています。
(最低限、この3つが守れない男、私は彼氏にも旦那にもしたくないなぁ、という理由と、
人間的に最低と思う理由から)

でも、口で言うだけじゃだめなんですよね。
「親の背中を見て育つ」と言うように、親が自ら行動しないと、子供の心に伝わらないんですよね。

背中で語れるママになれるよう、努力中です。。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
怒る言葉が耳に届かない・・というのは聞いたことがあります。
実は私の主人がそうなんです。
義父はあまりガミガミいうタイプではないのですが叱るときはかなり大きな声だったようで、一時は普段の義父の声を聞くだけで耳鳴りがしていたようです。
「背中で語れるママ」・・いいですね。
私もそうなりたいです。

お礼日時:2005/04/20 13:14

ありとあらゆる事を言ってきました。


ほんとに口煩い母親だったと反省しています。子供はもう成人していますが 今思うことは「育てたように子は育つ」ということです。
子供は親のすべてを見ています。いいことも悪いことも。
それを見て育つと思います。
子供にこんな風に育って欲しいと思ったら親がそれを普通にしていればきっとそうなると思うのです。
面倒をみやすいというのはそれは大人にとってということですよね。
躾はいったい何の為に誰の為にするのかというのが基本だと思います。
躾は親も一緒に身につけていくものですものね。
年齢に合わせた躾というのは具体的にはわかりませんが親が言っていることがちゃんとわかる年なら どうしてそうしなければいけないのかという事をお話してあげるのもいいかもしれませんね。
私は教育の専門家でもなく普通の三人の子の母ですが巣立った今でも反省を含めて子育ての難しさをヒシヒシと感じています。
子供さんの健やかな成長をお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
子育て、本当難しいです。
「正解」がない分、理想ばかり追い求めている気がしてなりません。
無理のある子育てでは意味がないとは思うのですが、育て方にも子供にも多くを求めすぎているのだと思います。
子育てを楽しんではいるのですが、ふと子供の将来を考えるといろいろ考えすぎてしまいます。

お礼日時:2005/04/20 13:09

中学生と小学校の高学年の男の子がいます。


毎日何かしら子供を叱っていますが、小さい頃からよく言うのは
「人にしてもらって当たり前と思ってはダメ」
でしょうか。
毎日きちんと暮らしていけるのは自分をとりまく人のおかげだと認識してほしいので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>毎日きちんと暮らしていけるのは自分をとりまく人のおかげ
そうですね。周りの人あってこそですものね。
私もついつい忘れがちですが、この気持ちを大切にしたいと思います。

お礼日時:2005/04/20 13:05

私は「マイ育児理念」みたいなのを持っていて、基本的にそれにそって生活しています。

それは
1.挨拶をきちんと、大きな声で
2.自分のことは自分でする
3.まずは自分が考える
4.動植物を大事にする
この4つだけです。

1~3は私が出来なくて社会に出て物凄く苦労したんです。社会に出て他の人は当たり前に出来てるということに気がついて、凄いカルチャーショックでした。

質問者様が言われてるようなことは当然躾けられてきたので、学校などで苦労することもなく、食事マナーで恥をかくこともなかったのですが、何かもっと根本的な人間性がなかったような気がします。器だけ立派で中身が空っぽ…という感じでした。

あいさつもよその人には出来るんですが、ごめんなさいがきちんと言えなかったり、形だけしか言ってなくて反省はしてなかったり。きっと「謝ってれば何とかなる」と思ったんでしょうね。家族内ではおはようの挨拶すらなくて、家族の関係は悪かったのです。

なので形的なものではなく、もっと根本的な部分を伝えて言ってます。
もちろん質問者さまのようなことは、生命の危険にかかわることがありますので、それは口をすっぱくして言ってます。今はそんなに注意することもなくなりました(5歳です)。

小さいから言ってもわからないというのは、私は違うと思うんですけどね。小さいからこそ、何度も言ったらわかってくれると思います。
そういう親子関係を築くのもある意味躾かもしれませんね。

食事のしつけは椅子やテーブルとの関係も大きいようなので、難しいなぁと思います。他の事はなるべく自分が気をつけて、親が見本になれるようにしています。なのでたまに足でドアを閉めたりすると、子供からこっぴどく怒られます…(苦笑)。
子供が怒るってことは悪い事だって分かってるってことだから、反省もしつつ良かったなぁと感じてます。

みんなは「親がダメダメだから子供がしっかりしてくるのね」なんて言いますが(苦笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
sisyuumishinさんはとても素晴らしい躾をされているのですね。
形的なものではなく根本的な部分。。
子供を育てるのは難しいですね。
親のしつけ、育てかた一つで子供の人生をも左右してしまう可能性がありますし。
かと言って考えすぎると何がなんだかわからなくなります。
子供と一緒に成長していけたら。と思います。

お礼日時:2005/04/20 13:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング