私は西村京太郎さんの本が読みやすくて楽しかったのでよく読んでいたのですが、最近、どうも気になってきたことがあります。

決定的な証拠を情報屋から聞いたり、偶然に何かを見つけたり、最近読んだ「特急 おおぞら 殺人事件」にいたっては、犯人が住職に送った遺書のようなものが決定的な証拠になっておりました。

今までは特に気にならず楽しく読んでいたんですが、最近はこの偶然性が多いと面白くなくなってきました。

理論的につめていって犯人を特定するお勧めの本がありましたら教えてください。西村京太郎さんぐらいの読みやすい本だと特にありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

やはりなんと言っても高木彬光かなと思います。


理論的につめていって犯人を特定する、
いわゆる昔ながらの推理小説ですよね。
氏の作品はすべて面白いですが、やはり有名な
神津恭介シリーズをおすすめします。
また論理的につめていくという形で一番好きなのは、
やはり神津恭介シリーズですが、
「成吉思汗の秘密」「邪馬台国の秘密」「古代天皇の秘密」
の三作はおもしろいですよ。
神津恭介が入院し、暇つぶしにしては大きなテーマですが、
現在残っている資料だけで、こじつけやアナグラム、強引な解釈などせず、ただただ当然の帰結として
歴史のこの謎を解くことができるのか、という内容です。
犯人捜しではないですが、本当に面白いです。
成吉思汗の秘密は、源義経=成吉思汗説を検証、
邪馬台国の秘密は、まんま、邪馬台国はどこかを検証、
古代天皇の秘密は、初期の天皇にまつわる様々な疑問(やたら長生きしてたり、人間関係だったり)を検証するというものです。
古典的推理小説ファン(僕もそうですが)は、必ず楽しめると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まずはおすすめの神津恭介シリーズに挑戦してみたいと思います。

回答を読んでいると今すぐにでも読みたくなってきました。

お礼日時:2005/04/20 11:31

ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」が純粋論理小説などといわれており、理詰めの推理で評価が高い作品です。

わずかな手がかりから推論の展開させて状況を特定するといった作品です。
翻訳ものですが、短編集なので読みやすいと思います。

国内では有栖川有栖「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」と続くシリーズ物が、奇抜なトリックに頼らないロジックの緻密さがあります。

この回答への補足

この場を借りて回答者様全員にお礼を申し上げます。

回答者様にあげていただいた本は必ずそれぞれ1冊は読ませていただこうと思います。

ありがとうございました。

補足日時:2005/04/20 11:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

#3の方にも書きましたが、海外のものは今まであまり読んでいませんでした。
「この人だれだっけ、さっき出てきた人かな」なんて思って前のページに戻ったり、表紙に登場人物のリストが載っていると何度も見直したりしちゃうんです。

でも、おすすめの本は読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/04/20 11:47

 仰ってるのは、いわゆる「本格派」と呼ばれるものだと思います。


 だとすると、国内では綾辻行人ですかね。本格派の代表といわれています。「館シリーズ」は確かに面白いですよ。やや、ホラーっぽいところがありますが。
 海外なら、エラリー・クイーン、ヴァン・ダイン、ディクスン・カー(またはカーター・ディクスン、同一人物です)といったところでしょうか。
 エラリー・クイーンは日本でもファンが多いので、ご存じかも知れませんが、「国名シリーズ」や「中途の家」などは初期の傑作だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「本格派」と言うのですね。

海外のものを読んでいると名前とか地名がなかなか覚えられないのであまり読んでいないのですが、おすすめのものは挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2005/04/20 11:43

最近は偶然性に依存した安易な推理小説が多すぎると思います。

もう亡くなった某女流作家のは口紅に青酸カリを混ぜるなどめちゃくちゃな設定もあったようです(変色するそうです)。

初期の松本清張の短編は、無理がなくて面白いです。
個人的におすすめは「坂道の家」「一年半待って」や、黒字の絵シリーズですね。長編はいいと思いません、点と線なんて無理があります。問題は不倫ネタが多いのと、後期は長いだけの駄作が多いです。社会勉強になる面もあるので、よかったらお読み下さい。

あと、出来不出来の波がありますが、夏樹静子さんのも面白いと思いますよ。
宮部みゆきさんはえらい人気ですが、人気が先行し過ぎ。多少偶然性もありますが「火車」は面白いと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

松本清張さんの本は何冊か読んだことがあるのですが、短編は読んだことがありませんでした。
短編を挑戦してみようと思います。

「火車」は気になっていたんですが、あまりにも人気があるのと厚いため胸内側ポケットに入れにくい(あまりバッグを持たないので)と言うことで避けていました。

お礼日時:2005/04/20 11:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの女性作家の推理小説を教えてください

女性作家の推理小説はあまり読んだことが無かったのですが、最近よく読むようになりました。なにかお勧めのものがあれば教えてください。
最近読んだものは、近藤史恵・篠田真由美・若竹七海・松尾由美などの本です。
推理小説家ではないかも知れませんが、女性作家では恩田陸や三浦しをん、高村薫、五條瑛などの作品をよく読みます。お願いします。

Aベストアンサー

皆さんが薦めていない女性作家をご紹介します

永井するみ 農業ミステリー『枯れ蔵』や最近文庫化した『ランチタイムブルー』 最近はミステリーより女性心理物が多いです(『ボランティアスピリット』など)

畠中恵 時代物『しゃばけ』や少年ミステリ『百万の手』、今後が期待される新進作家

光原百合 『十八の夏』や『時計を忘れて森へいこう』、暖かい作風が心に染み入ります

青井夏海 寡作ながら『赤ちゃんを探せ』『赤ちゃんがいっぱい』の助産婦シリーズはNHKドラマ化されました

矢口敦子 家族問題や医療ミステリ等幅広い作風の作家です。最近、久し振りに新作が出た作家です

雨宮町子 ホラー系が多い作家ですが『私鉄沿線』『殺される理由』等の短編はオススメ

桐生裕狩 ファンタジー系の『夏の滴』、ノベル探偵の作品もある、これも今後注目の作家(作風は女性っぽいのですがもしかしたら男性かも)

最後にまとめてホラー系女性作家を名前のみご紹介

和田はつ子、春口裕子、新津きよみ、森真沙子

毛色の変わった作家をご所望なら、ピンクのぶたシリーズの 矢崎存美、科学系記憶ミステリの 北川歩美

PS.今回あえてご紹介しませんでしたが(既読だろうとの勝手な判断)、ミステリ・SF・ファンタジー等幅広い作風の 柴田よしき は全作品オススメです

皆さんが薦めていない女性作家をご紹介します

永井するみ 農業ミステリー『枯れ蔵』や最近文庫化した『ランチタイムブルー』 最近はミステリーより女性心理物が多いです(『ボランティアスピリット』など)

畠中恵 時代物『しゃばけ』や少年ミステリ『百万の手』、今後が期待される新進作家

光原百合 『十八の夏』や『時計を忘れて森へいこう』、暖かい作風が心に染み入ります

青井夏海 寡作ながら『赤ちゃんを探せ』『赤ちゃんがいっぱい』の助産婦シリーズはNHKドラマ化されました

矢口敦子 ...続きを読む

Q西村京太郎の短編

西村京太郎の短編に、どのようなものがあるか、
調べています。

ページ数で、50ページ以下(多少上回ってもOKです)で、
どのような短編があるか、ご存じの方、教えてください。

あるいは、短編集にこのようなものがあるというかたちでもけっこうです。書籍名をご教示いただければ、幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

2006年9月までの作品ならば、ご本人の公式サイトの中に
作品リストの一覧表があります。
斜体文字の本が短編集との事で、収録作品のタイトルも載っています。
ページ数までは分かりませんが…ご参考までにどうぞ。
公式サイト
http://www.h6.dion.ne.jp/~jikenbo/index.html
作品一覧ページ
http://www.h6.dion.ne.jp/~jikenbo/cases.html

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~jikenbo/index.html

Q現代の海外の本格推理小説でおすすめを教えて

日本の推理小説もいいのですが、たまには海外の推理小説、とくに本格ものを読みたいと思っています。

先日ネットで調べて、評判のよかったYの悲劇やアクロイド殺しなどを読んでみたのですが、どうにもしっくりきませんでした。半分くらい読むと、なんとなくトリックがわかってしまうのです。

たぶん古典の本格推理は、のちの推理小説の基礎となっているのだろうと思います(独断&偏見ですが)。現代日本の推理小説をある程度読んでしまうと、二度刷り、三度刷りのトリックをどうしても見かけてしまうわけで、元祖の古典本格推理のトリックにだまされなくなってしまう気がするのです。そう思うと魅力に欠けてしまいます(違っていたなら、ご指摘お願いします^^;)

あと、正直、読みづらいなとも感じました。
時代がかっているのもイヤなんです(じゃ読むなという謗りはごもっとも)

そこで、古典ではなく現代、海外ではどんな本格推理小説があるのか(もしくは本格推理自体マイナーなのかもしれませんが)おすすめ作品を教えてください。
あくまで現代(70年代以降くらい)の本格モノでお願いします。

ちなみに、私の好きな日本の作家は、笠井潔、法月綸太郎、京極夏彦など。爆発力のあるトリックで一撃必殺(占星術殺人事件など)といった作風よりも、地味だけれども網の目のような構成で(パズラー的な)、探偵の推理のキレで魅せてくれる種類のほうがいいです。登場人物が格好いいとなおいいですけれども。

では、お願いします。

日本の推理小説もいいのですが、たまには海外の推理小説、とくに本格ものを読みたいと思っています。

先日ネットで調べて、評判のよかったYの悲劇やアクロイド殺しなどを読んでみたのですが、どうにもしっくりきませんでした。半分くらい読むと、なんとなくトリックがわかってしまうのです。

たぶん古典の本格推理は、のちの推理小説の基礎となっているのだろうと思います(独断&偏見ですが)。現代日本の推理小説をある程度読んでしまうと、二度刷り、三度刷りのトリックをどうしても見かけてしまうわけで...続きを読む

Aベストアンサー

警官を主人公にするなど現実味を加えた分
本格推理的な要素が若干減退しているのが、
現代の推理小説かと思います。
その意味では、笠井、法月あたりを期待するのはちょっと難しい。

1970年代以降で考えると……

コリン・デクスター
いろんな仮説を比較検討するところが面白いというやや特異なタイプです。
駄目だとわかった場合は、一から別の仮説を組み直します。
『ウッドストック行き最終バス』『キドリントンから消えた娘』あたり。

P・D・ジェイムズ
地味です。重厚です。でも結構トリッキーな面もあります。
『わが職業は死』『ナイチンゲールの屍衣』『黒い塔』あたり。

レジナルド・ヒル
結構分厚いですが、読みにくくはなくユーモアもあります。
『薔薇は死を夢見る』『子供の悪戯』あたりは楽しめると思います。

この他に、1960年代ですが、
ハードボイルドの皮をかぶった本格推理的な小説として
ロス・マクドナルドがあります。
『さむけ』『ウィチャリー家の女』『一瞬の敵』あたり。

さらに時代を遡って1940~50年代になりますが、
きっちりした伏線で切れ味の鋭い作家に
クリスチアナ・ブランドがいます。
『はなれわざ』『ジェゼベルの死』なんていいですよ。
別に古典ほどの古さは感じさせません。

警官を主人公にするなど現実味を加えた分
本格推理的な要素が若干減退しているのが、
現代の推理小説かと思います。
その意味では、笠井、法月あたりを期待するのはちょっと難しい。

1970年代以降で考えると……

コリン・デクスター
いろんな仮説を比較検討するところが面白いというやや特異なタイプです。
駄目だとわかった場合は、一から別の仮説を組み直します。
『ウッドストック行き最終バス』『キドリントンから消えた娘』あたり。

P・D・ジェイムズ
地味です。重厚です。でも結構トリッキ...続きを読む

Q安部公房さんの本で、特に好きなのは何ですか? 因みに自分は、安部公房さんの本は全部読んでいます。 特

安部公房さんの本で、特に好きなのは何ですか? 因みに自分は、安部公房さんの本は全部読んでいます。

特に好きなのが「砂の女」、「壁」、「砂漠の思想」、「笑う月」、「密会」です。

Aベストアンサー

「燃え尽きた地図」何度読んでも違う景色が見えます。読み飽きません。

Qアッと驚く結末の日本の推理小説、作家を教えてください。

こんにちは。
私は推理小説、特に「驚愕の結末」や「大どんでん返し」
「読者が書き手にまんまと騙される」といったものが大好きです。

いろいろ読みましたが、そういったジャンルでは、
綾辻行人さんの館シリーズが一番好きです。
昔では小泉喜美子さんの「弁護側の証人」もよかったです。
ちなみに、折原一さんのはちょっと叙述が複雑すぎて、
かえってインパクトが薄いかなと思いました。

皆様オススメの、アッと驚く結末の日本の推理小説、
作家を教えてください。
(社会的弱者や貧しい人を扱った暗くて悲しい話以外で
お願いします。)

Aベストアンサー

文庫本の帯にも「驚愕の結末」「大どんでん返し」とかかれているのでご存知かもしれませんが、貫井徳郎さんの「慟哭」。
「どんでん返し」を十分に念頭において、注意深く呼んでいったので納得のいく結末ではありましたが、十分楽しめました。彼の他の長編作品もそれぞれ少しずつパターンを替えた「どんでん返し」を味わえました。

Q苦役列車の西村賢太

西村賢太さんの苦役列車を読んだのですが、私小説という定義がよくわかりません。
以下に質問をまとめます。l

(1)苦役列車に出てくる出版社の登場人物は架空の人なのか?

(2)私小説とは実際の経験したことであり、そこに脚色はされていないのでしょうか。

(3)主人公の貫多自身が西村賢太であるなら、何故名前を変えているのでしょうか。

(4)西村賢太さんの過去に刊行した小説は全て私小説なのでしょうか。

(5)エッセイと私小説はどうちがうのでしょうか?

解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『苦役列車』を含めて、西村賢太氏の作品は未読ですが、「私小説」というものについての質問ということで、回答いたします。

(1)実在の人物かもしれませんし、架空の人物かもしれません。それは作者のみが知っています。また仮に実在の人物であっても、発言や行動のすべてが実際にあったこととは限りません。

(2)「私小説」は、あくまでフィクション(虚構、作られた「物語」、うそ話)です。すべて実際にあったことを書いているなら、それは「ノンフィクション」というジャンルになり、「ドキュメンタリー(記録文学)」になります。

(3)「物語」だからです。あくまで実体験を元にした「物語」なので、名前も虚構の名前にしているのだと思います。

(4)これは未読なので分かりません。

(5)エッセイは、作者が経験したことやその時に思ったことを書き連ねたものです。いわば日記とか感想文に近いもので、「物語」の体裁をなしていません。「私小説」はあくまで実体験に基づいて構築された「物語」です。

Qある推理小説の名称と作家名

 ある推理小説?の名称及び作家名を教えてください。内容は次の通りです。
「殺人者が殺人を犯すと必ず自分の犯した行為を恐れ、食事ものどを通らず、夜も眠れないと我々は通常想像する。しかし、それは殺人者の心を想像する我々の心が弱いからである。実は本当の殺人者は殺人を犯した後、いつもと変わらずおいしく食事を摂り、夜も健やかに眠り、朝もいつもと変わりなく目覚めるものだ。…」
 今から30年ほど前読んで記憶に強烈に残っているのですが、作家名と作品名を思い出せません。ある推理小説の文庫本で短編集の一つだった思います。フランス?のバーグ?とか言ったのか?再度読み直したいと思って、本屋とかカタログ、インターネット等で調べても全くわかりません。お願いします。どうか教えてください。
 

Aベストアンサー

実はこの質問が気になって登録しました。私もそういう文章をどこかで読んだ気がします。
補足を読んで、「世界」「短編」「バーグORバーク」というキーワードで一つ思い浮かんだ短編があります。
トマス・バークの「オッタモール氏(オッターモール氏)の手」です。
創元推理文庫の『世界短編傑作集4』と光文社文庫のエラリイ・クイーン編『世界傑作推理12選&ONE』に収録されています。
ただ、この短編の名前を思いついても、ストーリーはおぼえているのですが本が手元にないし、断言できないんですよね…。でも内容的にはそういう文章がありそうなミステリです。
週末にでも図書館にあれば調べてきたいと思います。気になる~。
http://homepage1.nifty.com/ta/sogen/an.htm#m1
http://homepage1.nifty.com/ta/sfq/queen2.htm#104

Q小説を読んでから書くのと、読まずにひたすら書くの、どちらが上達が早いのでしょうか

私はライトノベル作家を目指して、小説を書いています。
ふと疑問に思ったのですが、時間をかけていろんな小説を読んで勉強してから書くのと、小説はあまり読まずにひたすら書くのと、どちらが上達が早いのでしょうか。もちろん、書くのも読むのも怠ってはいけない、という事はわかっていますので、例えばの話です。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書くほうがいいですね。
私は、四年間小説について勉強していますが、教訓を得た経験が山ほどありますw
文章はいかに削るかが勝負なので、文章をひたすら勉強するのも一つの手ですよ。
私はひたすら書く派です。

Q自分がハマッている作家の推理小説はありますか?

こんにちは。

最近、無性に推理小説を読みたくなっています。

前は、下の作家の方中心に読んでいました。

東野圭吾
宮部みゆき
綾辻行人
西村京太郎
松本清
横溝正史

上の作家以外の作品でオススメはありますでしょうか?

NGなのは、ラブコメ、ファンタジー、怪奇現象の要素があるもの。


しばらくブランクがあって読まなくなっていたので
最近人気の作家さんも知らないので

もしよろしければ
ご自身の注目している方の小説もオススメがあればヨロシクおねがいします。

Aベストアンサー

有栖川有栖  柴田よしき  大倉崇裕  石持浅海  似鳥鶏  坂木司  法月倫太郎  恩田陸  北森鴻  北村薫  森村誠一  連城三紀彦  竹本健二
など。
もちろん上記の作家の中にも、ものによってはSFやファンタジー要素の入ったものもあるので、それらは自分でより分けてください。

Q西村賢太氏 

西村賢太氏の苦役列車を読みました。

もともと本ぎらいな私が、夢中になれました。

何に引かれたのか自分でも、まだ整理中ですが、2冊目を今、注文しました。

本好きの人からはどう映るのか賛否もあるかもしれませんが
とにかく西村賢太という人のことを知りたいです。

ファンの方、またはアンチの方のご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

現在刊行されている西村健太氏の単行本8冊の内7冊は読み終えました。
氏の作品は強烈な私小説で、上記7冊の中で1話を除き全て同じ主人公の話です。
私が最初に読んだのは「二度はゆけぬ町の地図」でしたが、その強烈な主人公の個性にすかっり
はまってしまい、文字通り「クセ」になってしまいました。
インタビューでは私小説とは言え、主人公は本人をデフォルメした人物像と説明していますが、そのハチャメチャぶり、自堕落ぶりはすさまじく、いかに小説だとは分かっていてもモデルがいるので、本当にここまで書いていいんだろうかと思わせる部分がかなりありました。
また氏はこんな最低な人間もいるんだから、自分を卑下している人達にも希望を与えたいと言うようなことも言っていました。
読んだらすぐに分かりますが、その文体は特徴的で一つの文章がとても長いです。また氏には大変失礼な話ですが、中学を出ただけの氏なのに私にはとても読めないような難しい漢字、古い漢字が多用されており、どこで勉強されたのだろうかと不思議になる位です。
誰にでもお勧めできる作品ではないですが、はまる人にはとてもおもしろい作品だと思います。
芥川賞受賞会見における「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」との発言も話題を呼びましたよね。

現在刊行されている西村健太氏の単行本8冊の内7冊は読み終えました。
氏の作品は強烈な私小説で、上記7冊の中で1話を除き全て同じ主人公の話です。
私が最初に読んだのは「二度はゆけぬ町の地図」でしたが、その強烈な主人公の個性にすかっり
はまってしまい、文字通り「クセ」になってしまいました。
インタビューでは私小説とは言え、主人公は本人をデフォルメした人物像と説明していますが、そのハチャメチャぶり、自堕落ぶりはすさまじく、いかに小説だとは分かっていてもモデルがいるので、本当にここまで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報